ハンニバル・レクター博士の元ネタ殺人鬼のドキュメント! Netflix『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』が今だから判明する事実の連続だった

『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』に登場する殺人鬼ハンニバル・レクター博士。トマス・ハリスを知らなくとも、レクター博士の名前は知っているという人も多いだろう。

そんなレクター博士にはモデルとなった殺人鬼が何人かいるのだが、その1人であるヘンリー・リー・ルーカスのドキュメントが2019年12月6日にNetflixで公開されている。本人映像や関係者への緻密なインタビュー、そしてDNA検査などを経て判明していく事実は衝撃の連続。これは今だからこそ作れるドキュメントだ

・トップクラスのシリアルキラー

アメリカのシリアルキラーの中でも、トップクラスの有名人であるヘンリー・リー・ルーカス。彼の名前をネットで検索すると、ズラーッと出てくるまとめには、「300人以上を殺害した殺人鬼」「自供での殺害件数は3000件以上」などの言葉が目につく。

事実、大量殺人鬼として知られる人物のため、パブリックイメージはそんなところだろうと思うが、同時にこうも語られている。「ヘンリーには虚言癖があった」と。

・“シリアルキラー” ヘンリー・リー・ルーカスの誕生

Netflixの『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』では、この虚言癖の部分がクローズアップされている。母親の殺害で1960年に刑務所に入り、情緒障害で釈放されているヘンリー・リー・ルーカス。そんな彼の名が知れ渡るのは、15歳の恋人ベッキーと82歳の老婆ケイト・リッチを殺害した容疑で再び逮捕された1983年だ。

『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』が追うのは主にこの1983年の逮捕から。ケイトの殺害容疑の罪状認否で「殺人罪の容疑を理解しているか?」と判事に問われたルーカスは、突然こう答える。「判事……残り女性100人の殺人は?」と

当時の映像が流れるその裁判のシーンはまさに混乱と呼ぶにふさわしい。判事は目を剥き、取材に来ていた新聞社は一斉に報道、特捜本部も結成される。“シリアルキラー” ヘンリー・リー・ルーカス誕生の瞬間だ。

・全米が揺れる

彼の悪名は知れ渡り、全米全土から未解決事件を追う刑事がルーカスの元に集まりだす。その刑事たちに、ルーカスは次々と殺人を自白。日本のメディアが取材するひと幕では「日本にも行ったことがある」と発言している。これが「300人以上を殺害した殺人鬼」「自供での殺害件数は3000件以上」の元だ。

ところがどっこいドキュメントの内容は、この時点で半分にも到達していない。ここで出てくるのが前述の虚言癖の部分である。ルーカスの自白に矛盾を感じた検事フィーゼルは事実の調査に乗り出す。

一方で、ルーカスの自白により、全米未解決事件を次々と解決するヒーロー的存在となっていたテキサス州の保安官たちは自白が嘘だったらヤバイ。そのため、フィーゼルと対立する形に。やがて、ルーカスを挟んでの検事 vs 政府の戦いへと発展していく。

・もうめちゃくちゃ

現在のフィーゼルや元テキサス州の保安官が当時のことを語っているのだが、今でもお互いを疑っているのがリアルだ。正直、歴史的事件の関係者から、ここまで赤裸々に本音を引き出したNetflixは天晴と言う他ない。

さらに、後半では、最初に死んだはずのベッキーが登場したり、ルーカスが自白を覆したりもうめちゃくちゃ。一体どこまでが事実でどこまでが嘘なのか

・今だからこその新事実

なぜ、40年くらい経った現在であっても、いまいちハッキリ決着していないのかと言うと、2001年に服役中のルーカスが老衰で死亡してしまったから。全ては墓の中……。

と思いきや、本ドキュメントは、ルーカスが自白した犯罪についてのDNA鑑定の結果をもって締めくくられている。まさに今だからこそ判明する事実。今だからこそできるドキュメントだ。

大量殺人鬼というイメージの裏に隠れた闇を糾弾する『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』。ガチさがビンビン伝わって来る内容は、突き刺さるようにとんがっている。さすがNetflix。これが海外ドキュメント。1話40分で、全5話とシリーズものとしては長くはないので、予定のない1日に一気見がオススメ。

参照元:Netflix『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

大久保駅から5分「ハンニバル」で味わえるチュニジア料理が至高! 半熟卵に脳がトロけるチュニジア式春巻きや、全てのプリン好きに教えたい神がかったプリンなど

またしても激ウマな異国料理のレストランに出会ってしまった。回りくどいことをせず、今回はストレートに紹介しようと思う。大久保駅、新大久保駅、あるいは新宿駅から徒歩圏内にあるチュニジア料理店「ハンニバル」だ。

チュニジアからやってきた、マスターのモンデール氏が作るチュニジア料理の数々はマジで半端無い。この「ハンニバル」こそ、日本国内にあるチュニジア料理店において最もリアルで、最もウマい店のうちの一つ……いや、チュニジア本国のレストランよりもガチかもしれない。病みつき待ったなしなクオリティと、その秘訣を紹介するぞ!

・ハンニバル

まずは店名の「ハンニバル」だが、由来については聞くのを忘れた。まあチュニジア料理だし、チュニジアといえばカルタゴの遺跡。そしてカルタゴといえば人類史上最も偉大な戦術家の一人、ハンニバル・バルカ。店名の由来も彼……だとは思う。

だが、マスターのモンデール氏は実に陽気かつ気さくな雰囲気のナイスガイ。料理のこと以外ではジョークを飛ばしまくるので、ワンチャン「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターだとか言い出しそうな気もする。などと、いきなりどうでもいいことからスタートさせてしまったが、そんな茶目っ気たっぷりなマスターのいる、居心地のいい店だ

店の所在は、記事の最後に住所を書いておくので各自ググって欲しい。説明が手抜き? いやいや、大久保駅周辺の混沌を極めまくった路地の一角にあるのだ。なかなか文章でお伝えできる感じではない。大久保駅からなら徒歩5分程度だが、新大久保駅や新宿駅からでも徒歩10分くらい。アクセスは良好だ。

その一角で最も植物に包まれ、いかにも地中海チックな青を多用した外観が目印。

また、店先にメニューも出ている。入店前にもろもろチェックできるのは、敷居が低くてグッド! 店内に入るとそこは完全に地中海沿岸。というかチュニジアである。青と白で統一されたコーディネート。

この青はチュニジアンブルーというらしい。首都チュニス近郊の景観を特徴づける色なのだとか。どんなものかと「チュニジアンブルー」でググってみると、青と白に統一された海辺の町並みが出てくる。旅行雑誌とかTVとかで見た気がする。なるほど、こういうことか。

また、天井からぶら下がるランプが特徴的なことよ。その変わった装飾から生まれる複雑な影が壁に投影される様が、異国情緒を大いにあおる。こまごまとした壁の小物なんかも雰囲気ありまくりだ。

・セルティア

未知の国の料理屋に来たら、最初はやはりその国を特徴づける酒から入ることにしている筆者。チュニジアは何かな……? と思ったら、ビールかザクロ酒、あるいはチュニジアワインを勧められた。

確かにチュニジアといえばワイン。その歴史は紀元前まで遡ることができる。一つレビューをお届けしたいところだが、ワインは飲めないので是非皆さん自ら味わってみていただきたい。残るはザクロかビール。イメージ的に、ザクロは食後の方が合いそうな気がする。ということでビールをオーダーすると、目の前でモンデール氏がグラスに注いでくれた。

セルティア(Celtia)」というチュニジア産のビールで、日本で言うところのアサヒとかサッポロみたいな、国民的銘柄なのだとか。とてもさっぱりしていて飲みやすく、いかにも温暖な気候の国らしいフレーバー。

例えるなら……沖縄のオリオンビールとか、メキシコのコロナとか、そっち系だろうか。ただしコロナよりもコクがしっかりしていて、オリオンビールよりも苦味がひかえめな気がする。こいつは食べ物の味を邪魔しない、食事によくあうナイスなビールだ。

・ハリッサ中毒

肝心の食事だが、色々メニューを眺めてもやっぱりよくわからなかったので「チュニジアンクラシックコース(4500円)」をオーダー。なんでも「チュニジアの伝統的な料理と当店の人気メニューをお試しいただけるおすすめのコース」ということらしい。

注文から程なくして出されたのは……パンと謎の赤いペースト。

パンはお店で焼いているそう。それはそれとして、この赤いのは何だろうか。モンデール氏によると、ハリッサ(harissa)という、唐辛子ベースのペーストだとか。パンに塗って食べたり、これから出てくる料理にもお好みで入れて食べるといいらしい。

唐辛子か……カラいモノは苦手ではない。ちょっとカラい程度ならイケる。でもそこまで得意ではない。そしてこのハリッサの赤さよ。ちょっと怖いなぁ……と、ややビビりながらパンに塗ってみる。

食べてみると……

ウマい……!

_人人人人人人_
> ウマい! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

その見た目から、唐辛子を濃縮しまくった激辛殺人唐辛子ペースト的な可能性を危惧していた。しかし、それは全くの杞憂(きゆう)だったようだ。たしかにカラいが、これはマイルドな旨みのあるカラさ。パンに塗って食べるとマジで止まらない。

同じようなカラい系の調味料として、昨今は麻辣(マーラー)がブームらしい。確かに麻辣はウマい。しかしハリッサを知ってしまった以上、個人的にはハリッサ陣営を支持したいと思う。これはマジで何にでもあう気がする。合わせる物が無くとも、これ単体をペロペロしながら酒を飲んでも無限にイケる。

・メシュイ

樹液をむさぼるカブトムシのごとく、ハリッサを塗ったパンを食っていると、次の料理がやってきた。

サラダメシュイといい、野菜のペーストサラダ的なものとのこと。色んな野菜を刻んだものをグリルして、ペースト状にしたものをパンっぽいものの上に乗せた感じ。ペーストはなんとなくメキシコのワカモレに似ている気がする。あちらは生だが、こちらは加熱処理され、アボカドは入ってないと思う。

これもなかなかウマく、途中でハリッサを塗りたくるとさらにウマい。モンデール氏いわく、「チュニジアでは、誰かの家に遊びに行ってメシュイが無かったら帰る」とのこと。チュニジア人と友達になり、家に招くことがあればメシュイの用意は忘れない方がいいだろう。

・魅惑のブリック

そして次に出てきたものが、ハンニバルでもトップの人気を誇るというブリック。チュニジア風の春巻きだという。先に述べておこう。「ハンニバル」を訪れたなら、このブリックは何があっても食べるべき。こいつを1度食べると、もう二度と普通の春巻きでは満足できない体になる。この記事のハイライト内の一つだ。

皮に包まれているのは、何種類かの野菜、ツナ、そして卵。素材はシンプルだ。中の卵はトロットロで、テンションが上がる。半熟の卵って皆大好きでしょ? ちなみに、安易にナイフとかで切ると、せっかくの卵が流れ出して哀しいことになってしまう。

モンデール氏によると、卵をこぼさないようにするには縦にもって上から順番に食べるのがいいらしい。パーフェクトな あんばい に揚げられた皮のパリパリ感と、正体不明だが美味いことだけは確かな味付けが完成度の高さを物語る。

皮のパリパリと卵のトロトロで食べた分だけ耳から脳が流れ落ちそうな幸福感。ウマすぎて100個くらい余裕で食えそうだ。単品でもあるので絶対食うべき。

・ショルバから漂うアフリカみ

ここまでは圧倒的な地中海感で攻めてきている気がする「ハンニバル」。しかし、ブリックの次に出てきたショルバというスープはチュニジアもまたアフリカの一員であることを思い出させる味だった。

日本で言うところの味噌汁的なポジションらしいが、食い応えはぶっちゃけメインディッシュ並みだ。野菜と魚(この時はヒラメだった)のミネストローネに、大麦だかの、米に似た細長いよくわからない穀物っぽいものが入っている料理。

ミネストローネという通り、それなりに地中海を挟んで対岸のイタリアっぽさがあるこちら。しかしトマトの使い方というか、味付けの方向性が、ナイジェリア料理屋の「エソギエ」で感じたゴリゴリのアフリカみを思い出させる。相変わらずの安定したウマさだが、両方の食文化が混ざりあった感じに興味深さを感じざるを得ない。

・タジン

大陸や海を渡る食文化に思いを馳せていると、さらに面白いものが登場。タジンという、モッツァレラチーズとホタテのキッシュである。

キッシュはフランスのものだが、タジンはちゃんとしたチュニジア料理。しかしキッシュはもっと肉や野菜メインのパイっぽい気もする。対してこちらには魚介がゴリゴリ入っている。むしろイタリアのフリッタータにアフリカみを足した版……とでも言おうか。何にせよ、感じるのは文化的な類似性。

はたしてこれらの似通った料理が、生物の収斂(しゅうれん)進化的に全く個別に発生し、同じような方向での変化を経て現在の形に至ったのか。それともどこか特定の発祥の地があって、変化を生じた長柄順番に伝わっていったのか。あるいはその両方が混ざり合った感じなのか……。一瞬まじめに考えそうになったが、とりあえずウマいので細かいことはおいておこう

・メインはクスクス

もう既にかなり色々食ってきたのに、実はまだメインディッシュは出ていない。恐るべしチュニジア料理。コースのメインを飾るのはクスクスという粉食(ふんしょく)。これはチュニジア固有のものではない。北アフリカ辺りが発祥らしいが、ヨーロッパやらブラジルやら中東やら、割と世界中で食べられている料理だ。

ゆえにご存知の方も多いだろう。コース料理の場合はラム、チキン、ベジタリアンから選ぶことができる。今回選んだのはラムのもの。なお、単品で頼む場合は、白身魚バージョンがあったりする。こちらに関しては特に言うこともあるまい。しっかりとウマい

クスクスってなぁに? という方もいるかもしれないが、日本でよく食べられているもので例えるのは難しい。大まかな料理方法から察していただきたい。小麦を練って作った粒状のものを、肉、ジャガイモ、にんじん、そしてひよこ豆などをオリーブオイルで炒め、トマトベースのシチューで食べる……的な感じだ。

新大久保の「ハンニバル」は遠いという方でも、クスクス自体は割と色んなところで食べられるので、最寄で試してみてほしい。初めてであれば、米よりも小さい粒状のモノを主食にするという体験自体も楽しめるのではなかろうか。

・素材は現地産

とまぁメインまでウマいウマいと食べていると、マスターのモンデール氏が気になることを口にした。

モンデール氏「ウチは、ホンモノにこだわってるからね」

食べた感じでは、日本人向けなアレンジなどされていない感じがするし、そもそもモンデール氏もチュニジア人。チュニジア人シェフが作るウマいチュニジア料理なのでホンモノなのは自明の理だろう……と思っていたら、そういうことではないようす。

ホンモノとは、素材まで現地のものにこだわっているということのようだ。例えば使われるチーズ、クスクス、スープに入っていた謎の米のようなものもチュニジア産。最初にパンと共に出てきたハリッサも、日本で売られているものは「苦くてマズイ」とのことで、チュニジア産。

そういいつつ、パッケージからして見るからにチュニジアンな各種材料をポンポン棚から取り出して見せてくれるモンデール氏。感心していると、「オリーブは好き?」と言って、冷蔵庫からオリーブを出して、食べるように勧められた。

酒は好きなので、つまみとしてオリーブはそこそこ食べるが違いが分かる自信は無い。それでもモンデール氏から渡されたチュニジア産オリーブを食べてみると、オリーブの味の内、旨みなどの良い部分も、エグみのような好みの分かれる部分も、味の全てが濃厚で強烈だった。マジに素人でも分かるレベルで違う

チュニジアの気候区分は、地中海式気候とステップ気候、そして砂漠気候であり、日本とは何一つ同じところがない。それならば育つ植物の味も変わってくるだろう。魚などの鮮度が重要なものも、夏の間は日本で仕入れているが、寒くなったら可能な限り冷凍便で取り寄せるそうだ。

モンデール氏によると「日本のは味がウスいからね」「チュニジアは素材が生きてるよ」「同じシェフが同じ方法で作っても、チュニジア産じゃないとチュニジア料理にはならないよ」とのこと。ちなみに食材ゲットの方法は、チュニジアに買いに戻るという力技。

実は筆者が訪れる2日前まで、「ハンニバル」は何週間も閉店していたのだ。店のHPには食材を仕入れるため休みますとだけ書かれていた。ずいぶん長く休むんだなと思っていたが……ガチにチュニジアまで食材を買いに戻っていたとは知らなかった。はたして採算が取れているのか気になるところだが、「利益よりも、ホンモノ」だそうだ。まさに職人気質。

・チュニジアンプリンは全プリン民が食べるべきプリン

さて、そこそこな長さになってきているが、いよいよ最後のデザートタイム。プリンを紹介しよう。ただの手作りプリン程度なら、写真だけ載せて「おいしかったです」とかで終わらせるところだが……このプリンがマジでスゴかった。

名前は「チュニジアンプリン」と、ひねりも何も無い感じ。だがこのチュニジアンプリンは、我々が日々食べるジャパニーズプリンをグレードアップさせる可能性を秘めたものだった。料理名としてはプリンだが、注目したいのは黄色いプリン本体ではなく、プリンと共に器の中にブチ込まれているモノだ。

それはハルヴァという、アーモンドやらゴマやらをペースト状にしたお菓子みたいなヤツである。ちなみに、トッピング自体はアプリコット、デーツ(ナツメヤシの実:甘くてウマい)、そして生クリームと、まあそこそこ普通。デーツだけは日本じゃ珍しいかもしれない。

話をハルヴァに戻そう。クシクシした不思議な食感で、甘くて香ばしく、最高にプリンのトロトロ感と合いすぎてヤバい。ぶっちゃけプリンというよりは、プリンがメインのパフェといった感じなので、プリンがウマいというとちょっと語弊があったかもしれない。でもチュニジアのプリンはきっとこうなのだろう。何にせよプリンにハルヴァを入れるのはマジで大正解

食べたくてググッたら、モンデール氏が使ってるヤツは無かったものの、同じメーカーの別の風味のハルヴァを楽天で発見した。「Halwa Chamia」という商品である。マジでこれ、その辺のプリンにブチ込んでパフェみたいにして食べてみて欲しい。ウマすぎて、ハルヴァ無しのプリンをプリンとはみなさない過激派になってしまいそうだ。

とまあそんなこんなで、何もかもが最高にウマかったチュニジア料理。上でもそれっぽいことを書いたが、日本でもおなじみのイタリア料理的な側面があるため、味覚的にもなじみやすいと思う。また、今回は4500円のコースだったが、ご覧の通りかなりの量が出てきた。

4500円程度なら、その辺の居酒屋チェーン店で美味くも無く、量も少ないつまみと、水で薄められた不味い酒をちょっと飲んだら超えてしまう金額だ。それが「ハンニバル」なら、かなりお腹いっぱいになれて、全てが素晴らしくウマかった

小食な方は……とりあえず単品でマストなブリックと、お好みでクスクスとかそういうのを頼むといいだろう。単品だともっと色々な料理があるので何度も通って冒険するのも良さそうだ。また、常連さんが結構来て混むので、電話で予約することをおススメするぞ! 

・お店の情報

店名 ハンニバル
住所 東京都 新宿区 百人町 1-19-2 大久保ユニオンビル 1F
時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 なし(食材買い付けでチュニジアに戻る時があるので、HPで確認するといいかも)

参考リンク:ハンニバルハルヴァ(楽天)
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24