伝説のすた丼屋の新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』のコンセプトがパワー系すぎて笑った! これが、ハンバーグの正しい使い方…!!

ただでさえ野郎メシのイメージが強い「伝説のすた丼屋」であるが、本日2020年1月29日より発売となった新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』の場合、そもそものコンセプトが狂おしいほどに漢(おとこ)なので覚悟が必要だ。

いやまさか、すた丼の肉山の中にハンバーグを丸々1個ブチ込んでくるとは思わなかったぞ。やることが完全にパワー系のそれというか、いつまでも変わることのない男子的メンタリティーには感動さえ覚えてしまう。まあ要はバカだ、バカ! さっそく食いに行くぞ! バカ最高ォォォォオオオ!!

・期待の新メニュー

ここのところ、いい感じのヤバイ商品を立て続けに発売している「すた丼屋」。前回食べた『トリプルすたみな爆肉丼』なんて、最終決戦みたいな内容で震えたものである。当然、今日から始まる『パワフルバーグ合盛りすた丼(税込920円)』にも期待したいところ……なのだが。

食券機を前にしてとんでもないことに気付いてしまった。そうか、今日は29日で「肉の日」だったんだ! 貼り紙によると……何ーーー!? マママ、マジかよ! すた丼の肉50%増量キタァァァァアアア!!

その結果……

肉の山の中に……

え?

なんかおる。

箸でよけてみると……。

こ、これは……!

ハンバーーーーーーーグ!!!!!!!

・まさかのダブル主演

なんと増量された肉の隣に、ハンバーグが丸ごと1個ねじ込まれていたのである。ちなみに、ハンバーグが「すた丼屋」に登場するのはこれが初めてとのことだ。いや、ならハンバーグ単体でもよかったろ! 両A面シングルかよ!! しかし、この過剰さこそ「すた丼屋」の本領と言えなくもない。

肉をかき分けるように食べ進め、

いざハンバーグにかじりつく! も……むむ? 「すた丼屋」によると、フライヤーで揚げることで外はカリッ&中はジュワッの新食感になっているという話だったが、私(あひるねこ)が思い出していたのは、子供の頃に食べたお子様ランチのハンバーグだった。

・懐かしい(?)味

そう、あらびき感のある肉っぽさとはまるで無縁で、なんかこうやたら柔らかいのだ。いや、ソースはニンニクが効いているし、これはこれでウマいが、どこがカリッやねんという気はちょっとしてしまったな。もしかして揚げ忘れたのだろうか? まあ、普通揚げないもんね。ハンバーグって。

こうして、豚肉のチェイサーにハンバーグを食べるという狂気の野郎メシタイムがしばらく続くことになる。肉、ハンバーグ、肉、ハンバーグ……。途中で「いやどっちも肉だろ」「ハンバーグはチェイサーではない」と気付きながらも、やはり極上にハピネスなひと時だ。我、カロリーを一身に浴び。

・できれば今日行け

ちなみに360円(税込)追加すると、ハンバーグが2枚になって総重量450gを超えるらしいぞ。なるほど、いよいよ戦争だな。期間限定なので食べたい人は急いだ方がいいだろう。今日中に行けば肉1.5倍だ! きっとあなたはそこで、ハンバーグの正しい使い方を知ることになる。

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【全面喫煙可】昔ながらの喫茶店で頼んだ「ハンバーグスパゲッティ」が昭和世代ドストライクの美味しさだった! 福岡県小倉駅『グリーングラス』

福岡県北九州市の小倉駅といえば、南口側が繁華街として賑わっている一方、北口(新幹線口)側は静かで落ち着いた雰囲気である。そんな北口から歩いてスグの場所にあるのが『グリーングラス』という名の喫茶店。いかにも昭和な佇まいの名物店だ。

なかでもファンが多い人気メニューとされているのが、鉄板ナポリタンの上に手作りハンバーグをドンッとのせた「ハンバーグスパゲッティ」らしい。純喫茶のナポリタンという時点ですでに美味しそうだが……ハンバーグがONとなれば無敵だろう。これは食べるしかねえッ!

・全面喫煙可

グリーングラスは、小倉駅北口を出て左手に進むと見えてくる。年季の入った「キーコーヒー」の青い看板が目印だ。ちなみに、お店は小倉駅に新幹線が開通した1975年に創業。つまり40年以上の長きにわたって営業していることになる。

やや遅めのランチで14時過ぎに入店すると、店内は今どき珍しく全面喫煙可。各テーブルには灰皿がバッチリ置かれている。喫煙者にとっては “聖地” と呼ぶにふさわしい場所だが、苦手な人もいるだろう。昼時ピークの時間はモクモクとのことだ。まあ個人的には問題なし。

・ハンバーグスパゲッティ

さて、喫茶メニュー・食事メニューともに充実しているが、注文したのはもちろん「ハンバーグスパゲッティ(750円)」だ。私はタバコを吸ったことがないが、タバコを吸いながらのんびり料理を待つのも良い気がする。そう思っていると、熱々のやつが運ばれてきた……。

ハンバーグの迫力ハンパじゃねぇぇ!!

なんて挑発的なビジュアルなんだ。空から降ってきた隕石のようなオーラを放つハンバーグ。こ、これが噂の名物グルメか……とりあえず、湧き上がる湯気とジューッというサウンドが食欲をそそりまくるな。マジでテンション上がるぜぇぇえええ!

ってことで、まずはハンバーグにナイフを入れると……おおお~スッゲーふんわり切れる! 隕石かと思いきやマシュマロのような柔らかさ。そんでフォークで上から押すと肉汁がじゅわっとあふれ出るゥゥウウウウー!! これは絶対に美味しいやつです!

食べてみると、フワッと柔らかい食感でガッツリ濃い目の味付け。昭和世代ド真ん中の美味しさである。そしてマジかよ……スパゲッティも超濃いなおい! 食べ応えがあるから、たとえば、午後から気合いを入れたいビジネスマンはランチに食べておくといいだろう。

・リピーターが多いのも納得

とにかくハンバーグもスパゲッティも具材は極端にシンプルだが、ソースの濃さがヤミツキ必至。記憶に焼き付くビジュアルも相まって、リピーターが多いのも納得である。完全に「腹が減った時に思い出すやつ」だなこれは。

なお、同店は朝8時から営業しているので、地元の方はもちろん出張などの用事で小倉駅周辺に泊まる方にもオススメだ。落ち着いた喫茶店だから、打ち合わせなどにも使えるだろう。小倉を訪れることがあればぜひ一度お試しあれ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 グリーングラス
住所 福岡県北九州市小倉北区浅野1-2-6
時間 8:00~21:00
休日 不定休

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【超グルメ】自分で焼くスタイルのハンバーグ専門店『極味や』が最高すぎる! 東京・渋谷パルコ

2019年11月22日、生まれ変わった渋谷パルコが正式にオープンする。実は招待客向けのプレオープン日(20日・21日)が設けられており、私(佐藤)は初日から施設を体験してきた。特に地下のカオスキッチンは「最高!」の一言に尽きる。

そんな素敵な飲食フロアで、今後人気になりそうな「極味や」というお店を紹介しておこう。目の前の鉄板でハンバーグを自分で焼くスタイルのハンバーグステーキ店なのだが、福岡を中心に支持を得ており、このほど初めて東京進出を果たした。マジで美味いぞ、ハンバーーーッグ!

・プレオープンでも1時間待ち

プレオープン初日、私は時間の都合で「極味や」の訪問を断念した。翌21日13時30分頃のお店にたどり着くと、すでに行列。これは正式オープンの時にはかなり混雑する予感。昼時は長蛇の列になるかも。

実際、私が鉄板のカウンター席に着けたのは、並び始めてから1時間後の14時30分だった。プレオープンでも1時間待ちとは……。

注文は席に着く前に行う。メニューを見ると、看板メニューは「極味や ハンバーグステーキ」(120g 1090円、160g 1490円、200g 1890円、いずれも税別)だ。

これにご飯・サラダ・スープ・ソフトクリームのセット(すべておかわり自由)が別途税別350円となっている。私は200gのハンバーグをさらに増量! 20g増量(税別200円)×5でトータル300g のハンバーグをオーダーした。肉食うぞ!

・カウンター席のみ

店内はコの字型のカウンターが2カ所設けられており、それを囲うようにして鉄板が敷かれている。この上でハンバーグやステーキを焼くのである。ちなみに箸は2種類用意されていて、銀箸はハンバーグを焼く用に。そして竹割箸は食事用に使用するとのこと。

焼いたハンバーグは、岩塩・わざび・ゆず胡椒ポン酢・甘ダレ・オニオンソース・肉ダレのいずれかにつけることができる。もしくはそのまま食べても良いそうだ。

・宴じゃ~い!

すべての準備が整った。宴の始まりである! 目の前でスタッフが300gの肉塊をこね始めた。そしてひと通り肉のなかの空気を抜いたところで鉄板という名のリングに……ハンバーグ入場です!

なんという鮮やかな色合い! そしてなんという大きさでしょうか!

見るからに大量の肉汁をそのなかに携えていることが分かります。これはまさに「肉汁核弾頭」、ハンバーグと呼ぶにはあまりにも武骨な「たんぱく質の小惑星」といっても過言ではありません!

ハンバーグをオーダーした人はもれなくその肉塊をスマホで撮影せざるを得ない。そのくらい視覚インパクトが絶大だ。

まず片面こんがりと焼き、プレートにのせるところまでがスタッフの仕事。あとは食べる人がハンバーグを一口大に切り分けて、自ら鉄板で焼く。それが極味やの食べ方の流儀だ。

View this post on Instagram

ハンバーーーグッ!

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on Nov 20, 2019 at 11:19pm PST

・自分で切り分けて焼く!

この段階でハンバーグの中に火は入っていない。したがって、切り分けて鉄板の上でしっかりと焼く必要がある。箸でカットしながらハンバーグを焼く行為はとても新鮮だ。まるで焼肉を楽しむような感覚で、ハンバーグを焼いている自分に気づく。こんなお店、いままで東京になかったぞ!

最初の1片は、肉ダレでいただく。そのままでも肉の旨味が十分詰まっているのに、さらに肉の旨味を閉じ込めたソースにつけると、頭のなかの旨さを計測するメーターが振り切れた! なんじゃこりゃーーッ!! 「ハンバーグ」という一言で片づけるのが惜しくなる、天上界の食べ物のようだ。何が言いたいかというと、「とにかく美味い」である。

肉塊を分解しながら「俺のハンバーグ」を焼き続ける。そのプロセスを4~5度繰り返した結果、ある結論に至った。

オニオンソースで食うのが1番美味い! である。少なくとも私はこれが1番美味かった。

肉の旨味とタマネギの甘さの相性がとても良い。このソースなら、無限にハンバーグを食べられる気がしてくるじゃないか。それにしても、今までにない初めてのハンバーグ体験は感動と興奮に満ちたものだった。シメにソフトクリームを食べて、楽しい昼食は終了した。

・店舗拡大熱烈希望!

極味やは、渋谷パルコの人気店になるに違いない。いまだ1店舗しか東京にないのが非常に残念だ。できればパルコを足掛かりに2店舗3店舗と拡大していって欲しい。1時間並んで食べた価値は間違いなくあるぞ~! パルコの極味や、要チェックや~ッ!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 極味や 渋谷パルコ店
住所 東京都渋谷区宇田川町15-1-B1F
営業時間 11:00~23:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【聖地】「びっくりドンキー」の原点となった店『ベル』に行ってみたら、いろいろ “びっくり” させられた

みんな大好きびっくりドンキー。その記念すべき第1号店は、北海道札幌市にある……と思っている人はいないだろうか? いや、ある意味でそれは正しい。運営会社アレフの所在地も札幌である。しかし、実はびっくりドンキーには、原点となるお店が存在するのだ。

と言っても有名なエピソードなので、ご存知の方も多いだろう。その名は「ベル」。岩手県盛岡市にある「ハンバーグレストラン ベル大通店」である。びっくりドンキーの元祖と呼ばれるこちらのお店に、先日生まれて初めて行ってきたぞ。さあ、聖地巡礼といこう!

・いざ聖地へ

我らが「びくドン」の聖地は、盛岡の繁華街の中にあるらしい。盛岡駅から少し歩いて大通商店街を進んで行く。ちなみに、先日ご紹介した盛岡冷麺発祥の店「食道園」もこのあたりだ。んで、通りからちょいと小道に入っていくと……

え、岩!?

・岩があった

岩じゃ。盛岡の繁華街には岩がおる。何やらゴツゴツとした外観の、アトラクション施設みたいな建物がそこにはあった。おそらく、ここが聖地「ベル」なんだろう。味のある古めかしい看板もいい感じだ。

・マジ元祖

ただ、あまりにも「びくドン」感がないというか、本当にここは全国的なハンバーグチェーンの店舗なんだろうか……? 入口付近でキョロキョロしていると、そんな私の不安を感じ取ってか、「ベル」は優しくこう語りかけてきた。

「ご存知でしたか? “べる” がびっくりドンキーの1号店なのです

はい、ご存知でした! 疑ってすいません!! 実はこれ、びっくりドンキーのホームページにもハッキリ書かれている。1968年12月、ハンバーガー&サラダの店として誕生した「ベル」は、1971年に主力メニューをハンバーグに変更。その後「びっくりドンキー」の名で全国へ展開することになる。

つまり札幌にある びっくりドンキー1号店は、名前が変わってからオープンした最初の店舗ということになるのだ。勉強になりましたね。というわけで、お腹もすいたことだし中に入ろう。

・歴史を感じながら

店内は思っていたよりもだいぶ広く、そしてこれは後で知ったことなのだが、なんと座敷席も選べるらしい。ざ、座敷!? びっくりドンキーで? まるで居酒屋ではないか。さすが聖地。さて、2階に案内される道中にも注目すべきポイントはあるぞ。

階段の壁に飾られたいくつもの写真や資料。これはまさに びっくりドンキーの歴史そのものだ。当時の「ベル」の写真から……

1971年時のメニュー表まで。そこにはハンバーグ200グラムが400円とある。安いッ! と言っても、今の感覚だといくら位なのかはよく分からないが。そしてそれ以上に驚いたのが、メニューにパインバーグがあるってことだ。お前、変化球と思いきや……そんな昔からいたんか!!

・古い洋館のよう

聖地「ベル」は、洋風かつレトロな内装で非常に雰囲気がよろしい。作られた演出としての “レトロ風” ではなく、本気でレトロなのだ。人が通りすぎてすり減ってしまった床に長い年月を感じずにはいられない。ただ、メニュー自体は完全に「びくドン」なので逆に違和感があるな。写真を撮り忘れるくらい、いつも通りの「びくドン」なのだ。

・倍ウマい

結局その日は、安心安定のチーズバーグディッシュを注文。当然いつものバーグが来るわけだが、なぜだろう……いつもよりウマく感じてしまう。時間の流れも心なしか緩やかだ。よく考えたら先月池袋の「びくドン」に行ったばかりなんだけど、まあ、食事って雰囲気も大事よね。

・盛岡に寄った際は

びっくりドンキーのような、でもびっくりドンキーじゃないような……。聖地「ベル」は、そんな不思議な空気が漂う歴史ある名店だった。都心の店舗では決して味わえないであろう温もり、そして独特の匂いがそこにはあったように思う。とびきりの “びっくり” を求め、ぜひまた訪れたいものだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ハンバーグレストラン ベル大通店
住所 岩手県盛岡市大通1丁目4-7
時間 9:00~0:00(モーニング:9:00~11:00、ランチ:10:00~17:00)
休日 日・祝

参考リンク:びっくりドンキー
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ロバート秋山パパが店主『ファンキータイガーアジト』があまりにもファンキー! 激ウマ豪快メニューに度肝を抜かれたでござる

先日、福岡県北九州市の門司港に行った際に、芋洗坂係長がオーナーを務めるお店で「ちゃんら~」を食べたのだが、そこからスグ徒歩圏内の場所に、ロバート秋山竜次さんの父親のお店『ファンキータイガーアジト』もあることを知った。マジかよ。すげーな門司港。

秋山パパのお店といえば、門司港名物の海賊船レストラン「ファンキータイガーカリビアン」を思い浮かべる方が多いだろう。こちら実は、2018年の9月に「船の老朽化」などの理由で閉店したのだが、海から陸に上がってリニューアルオープンしたのが “アジト” なのである!

・全面ピンク

かつて国際貿易で栄えた門司港エリアは、大正ロマン漂うレトロな街並みが特徴的だ。駅前のファミマも景観に配慮をして白黒だったりする。となると、お目当ての “アジト” を探し出すのも大変なのでは……と不安に思ってしまうかもしれないが、ファンキータイガーをナメてはいけない

ファンキータイガーアジト

死ぬほど派手だ。

それにしても全面ピンクとはさすがである。まさにファンキーな外観だが、「ほとんどの内外装工事を、秋山パパと店長の2人で仕上げた」というエピソードも相当ファンキー。あっぱれとしか言いようがない。

・プチ博物館

それでは店内へ。聞くところによると「陸に上がった海賊が潜伏するアジト」をイメージしているそうだが……まず目に飛び込んできたのは、満面の笑みを浮かべる秋山さんのパネルと、人気キャラのトータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIのポスターだ。海賊も土下座するレベルのインパクトである。

他にも、秋山さんが「クリエーターズ・ファイル」で披露したキャラクターの映像や写真展示などもあって見どころ満載。 “プチ博物館状態” の店内は、ファン必見と言えるだろう。

・1番人気のメニュー

さて、注文したのは、同店1番人気の「ハンバーグ in 焼きカレー(サラダ付き1500円)」。門司港周辺には様々なスタイルの「焼きカレー」が存在しているが、その中でもファンの多い人気メニューなのだとか。さあさあ、こんがり焼かれた状態で登場しました。アツアツの器から放たれる香ばしい匂いがたまらん。食欲そそるな~。

さっそく一口食べてみると……おいマジで美味いぞ。とろけるチーズが濃厚なカレーの美味しさをぐっと引き立てて、食べるほどにマイルドかつディープな旨味が増していく。恐るべしコクと旨味、ファンキー過ぎるだろォォォ!

そして、海賊船時代からの名物であるハンバーグは、超ジューシーで食べ応えもMAX。こちら国産牛を100%使用してアメリカ仕込みの味に仕上げたそうだが、こんがり焼きカレーとタッグを組むことで、美味しさのポテンシャルを最大限に発揮したと断言できる。注文に迷ったらこれでOKだろう

・ファンキーな出会いにも期待

この日、残念ながら秋山パパは不在だったが、アジトに潜伏している時には写真撮影にも気軽に応じてくれるという。名物のハンバーグ・焼きカレーはもちろん、ファンキーな出会いにも期待して同店を訪れてみてはいかがだろうか。ちなみに狙い目はオープン直後だぞ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

名称 ファンキータイガーアジト
住所 福岡県福岡県北九州市門司区港町3-14
時間 11:30~21:00
休日 水曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24