【PCコラム】ひらめいた! 外付けHDDをPCに接続する前に「中身」を把握する方法

データを保存するための記憶媒体、それが「HDD」ことハードディスクである。近ごろは「SSD」っていう速くて小さい記憶媒体が一般的だったりもするけれど、まだまだ価格はチト高い。逆に安さで言ったらHDD。私は3つの「外付けHDD」を常日頃から持ち歩いているのだが……

どのHDDに何が入っているのか、わからない〜!

それゆえ、いつも、接続しては「あ、違った」を繰り返しストレスを溜めているのだが、このたび革命的な解決方法をひらめいてしまったので情報共有しておきたい。外付けHDDをPCに接続する前に「中身」を把握する方法、それは……

白いマスキングテープを……

HDDに貼り付けて……

ペンで中身を書けば良いのである!

アラフォー以上の方々であれば「ビデオテープ」や「カセットテープ」のラベルだと思ってもらえればOK。アレをHDDでやれば良いのである。

日々進化するテクノロジー。HDDの容量も、そして性能も、昔に比べたら夢のよう。しかし、進化しすぎて何かが見えなくなることもある。そんなときこそ、いにしえの知恵だ。アナログ万歳! ローテク万歳!!

参考リンク:Transcend「StoreJet 25H3」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24