建売住宅の使い勝手。半年住んで、キッチン、トイレ、バスルームに感じたこと

購入した建売住宅

戸建てのマイホームを検討するとき、注文住宅にするか、建売住宅を購入するか迷うところです。注文住宅なら予算内で希望に沿った設備を選べますが、建売物件の設備はすでに設置済みで選べない状況です。では、実際のところ設備の使い勝手はどうなのでしょうか?

2020年に4LDKの新築の建売物件を購入して、半年間住んでいるという日刊住まいライター。今回は、キッチン、トイレとバスルームの設備に焦点を当ててレポートします。

キッチンは食洗機はついていないが収納はたっぷり。床下収納も!

LIXILのキッチン

筆者宅のキッチンです。メーカーはLIXILでした。

建売住宅ということもあり、通常、システムキッチンでもオプションとなる食洗機の設置はありません。ですから、水切りカゴが欠かせない状況です。

注文住宅なら要望として伝え、キッチンに埋め込み式の食洗機を設置することが可能です。それができなったことは正直残念です。

子どもが2人になり、毎日の食器洗いが大変になりました。もし食洗機がついていたらと思います。

キッチン収納は十分にある

キッチンの収納スペースはたっぷりあります。コンロは3口コンロ、ちなみにガスです。

4人家族だと3口コンロが大活躍!掃除はIHより少し面倒くさいですが、とくに支障はありません。

床下収納のある3畳のキッチン

広さは3畳ほど。通路は広めで、大人2人がキッチンにいても狭さは感じません。床下収納もあります。

床下収納は、開け閉めがちょっと面倒くさいので、なくてもよかったかなと思います。

トイレにはタオルかけや収納はナシ。これも建売住宅の宿命!?

広さは1畳ほどのトイレ

こちらはトイレ。広さは1畳ほどですが、窮屈に感じることもない広さです。

トイレの位置が階段下なので、トイレの天井がデコボコしています。突っ張り棒で収納スペースをつくれないのはちょっと難点。

なんとかして収納スペースをつくるべく、模索しています。

トイレには備え付けのタオルかけや収納はナシ

建売住宅の宿命か、設備はいたってシンプル。備え付けの収納とタオルかけの設置はなく、自分たちで設置しました。

バスルームは約2畳。浴室乾燥機がついていて、広さも不自由ナシ!

2畳ほどのバスルーム

システムバスのメーカーはLIXIL。浴槽と洗い場を合わせて2畳ほどの広さです。

3歳と0歳子どもたちと3人で洗い場にいると、ちょっと狭さを感じますが、大人1人で入浴する場合は、不自由なく入ることができます。

天井には浴室乾燥機が設置

天井には浴室乾燥機が設置されていました。
保育園児が2人いる筆者宅では、子どもたちが毎日持ち帰ってくる洗濯物が多いのが悩み。浴室乾燥のおかげで洗濯物をしっかり乾かすことができて、とても助かっています。

建売物件の水回りをレポートしました。豪華なつくりではありませんが、とくに不便なく生活しています。食洗機やトイレの収納など、ついていたらよかったと思うものもありますが、使いやすさにも問題は感じていません。

住宅購入を考えているけど、筆者のようにとくにこだわりがないという人なら、建売物件も十分にアリだと思います。

Source: 日刊住まい

いい湯だなぁ…家のバスルームをホテルや旅館みたいにしたら、こうなった!

足を伸ばしてゆったり入れる浴槽
疲れを癒すバスルームの満足度は、毎日の暮らしの心地よさに関わる大切な要素です。掃除やメンテナンスのしやすさも大切ですが、今回編集部では「心地よい時間を楽しむ」という観点に注目してみました。これまで取材してきた数々の物件から、2つのオリジナルのバスルームをピックアップしています。

バスルームのプランニングの際、デザインや素材、空間の演出の参考にしてみましょう。住まいのグレードがいっそう上がること請け合いです。

ホテルライクなくつろぎ感のあるバスルーム

最初のケースは(冒頭の写真)、二世帯住宅にリノベーションしたお宅のバスルーム。妻の母と同居することにしたMさん夫妻の住まいです。リノベーションを機に妻は、憧れだった広くて明るいホテルのような浴室を実現させました。

念願の浴室は、勾配天井で高さを出し、デッキとつながる開口部を設けて明るく開放的に。洗面とトイレをひと部屋にした3in1スタイルを採用し、よりのびやかな空間にしています。

また、壁や浴槽のエプロンは、天然石ならではの縞模様が美しいトラバーチン貼り。洗面コーナーまで伸びる鏡に間接照明を仕込んだり、水回り設備のブランドを厳選したりなど、こだわりは細部に及びます。

「オーバーヘッドシャワーもとても気持ちよくて、海外のホテルにいるようにくつろげます」(妻)

足を伸ばしてゆったり入れる浴槽

「足を伸ばしてゆったり入れる」と夫にも、好評な浴槽。鏡の映り込み効果で浴室は実際以上の広がりが。左手に見えるのがデッキの出入り口です。

トイレの前に取り付けたタオルウォーマー

トイレの前に取り付けたタオルウォーマーで冬も快適です。

セラトレーディングの洗面ボウル

セラトレーディングのスタイリッシュな洗面ボウル。カウンターの下や鏡の右端に設けた収納で、洗面回りはいつもすっきり。

ハンスグローエのオーバーヘッドシャワーとハンドシャワー

ハンスグローエのオーバーヘッドシャワーとハンドシャワー。シャンプー置き場もトラバーチン貼りに。

<東京都 Mさんの家>リノベーション設計/DIG DESIGN 撮影/桑田瑞穂

素材の妙と開放感で高級旅館の露天風呂気分を毎日味わう

坪庭のあるバスルーム
坪庭から降り注ぐ日差しで明るい浴室。まるで温泉地の高級旅館かと錯覚してしまいそうなこのバスルームは、浜田さんのお宅のもの。印象的なブルーの十和田石にコウヤマキのバスタブが映え、お湯につかれば正面に坪庭が窓を開ければ露天風呂に早変わりします。

設計当初から、「十和田石を使いたい」と添田さんの夫が望んでいたことから、床全面と腰壁に採用。水に濡れても滑らず保湿性に優れており、濡れると青さが一層際立ちます。

石材は硬質な印象を与えがちですが、バスタブや壁に木をふんだんに使うことで温もりを感じさせ、しっとりとした和の風情も加わります。

「石の模様に見入ったり、外を眺めたりして、ついつい長風呂になります」(夫)

バスタブはオリジナル

バスタブはオリジナル。坪庭側を全面窓にし、反対側の浴室ドアもガラスにすることで、脱衣室、洗面室へも視線が抜け、1坪強という実際の広さ以上の開放感をもたらします。

洗面室

脱衣室と完全に分けた洗面室が隣接します。

(左)壁付けのマリンランプと(右)十和田石の横のラインとヒバ板の縦のライン

壁付けのマリンランプ(写真左)の光が、木に美しく反射してリラックス感を高めます。十和田石の横のラインとヒバ板の縦のライン(写真右)を、直角に交差させることでデザインにメリハリを。「石×木」という質感の違う素材による、組み合わせの妙も楽しめます。

<神奈川県 添田さんの家>設計/acaa 撮影/目黒伸宣

Source: 日刊住まい

バスタイムをもっと快適に。リラックス&リフレッシュできる最新アイテム

積水ホームテクノのバスルーム「バスサルーン エスコート」

(写真提供/積水ホームテクノ)

心身ともにリフレッシュできるバスタイムは、まさに至福のひととき。より充実したバスタイムを実現するために、各社から様々な工夫を凝らしたバスルームやバス周辺機器が登場しています。

リラックスとリフレッシュを追求した機能と、優れたデザインを兼ね備えたアイテムを日刊住まい編集部がリサーチしました。さっそく見ていきましょう。

洗い場がゆったり。業界トップクラスの広さ!

上の写真は積水ホームテクノのバスルーム「バスサルーン エスコート」。

積水ホームテクノ「バスサルーン エスコート」を上から見たところ

(写真提供/積水ホームテクノ)

浴槽と洗い場のサイズはご覧の通り。ゆったり浴槽につかれて、のびのびと体を洗える心地よさが大きな魅力です。独自形状の「ウェイビー浴槽」は、親子で入っても余裕の広さ。満水時の湯量が抑えられ、節水効率も優れています。

洗い場は、体を洗っていても壁に手が当たらないほど広く、高断熱仕様の床も相まって一年中快適に入浴できます。浴槽の曲線とコーナーカウンターの配置で生まれるゆったりとした洗い場は、戸建住宅では業界トップクラスの広さです。

「肩楽湯」や「腰楽湯」で深いくつろぎを

TOTOのバスルーム「シンラ」

(写真提供/TOTO)

TOTOの「シンラ」は、究極のリラックス&リフレッシュを追求。人間工学の研究から生まれた新形状の「ファーストクラス浴槽」を搭載し、体にかかる負担を軽減しています。

さらに、大流量の幅広吐水で肩から温まる「肩楽湯」と変化のある刺激が楽しい「腰楽湯」併用で、くつろぎはさらに深いものに。

クリーン技術の「きれい除菌水」で仕上げる「床ワイパー洗浄(きれい除菌水)」で、バスルームのきれいが長持ちするのも特徴のひとつです。

まるでリゾート!リラックス感のあるデザインや照明にも注目

パナソニックの「L-CLASS BATHROOM(Lクラス バスルーム)」

(写真提供/パナソニック)

パナソニックの「L-CLASS BATHROOM(Lクラス バスルーム)」は、露天風呂のような開放感でリゾート気分を味わえます。

写真の「湯上がりを愉しむとっておきの隠れ宿タイプ」は、檜や御影石の風合いを生かしたカウンターや、心地よいリズムで体を刺激する「リゾートバブル」などを採用。とっておきの隠れ宿にいるようなくつろぎを味わえます。

LIXILのバスルーム「SPAGE(スパージュ)」

(写真提供/LIXIL)

LIXILの「SPAGE(スパージュ)」は上質な人造大理石「グランザ」の浴槽やカウンター、天然石を再現したタイル壁など、こだわりのマテリアルが豊富。
写真のようなブラックコーディネートに仕立てれば、より落ち着いた印象に。明暗の調整が簡単なライン照明は心身を解きほぐすのに役立ちます。

浴槽の縁から流れ込む、厚さ4㎜のお湯のベールがやさしく肌をなでる「アクアフィール(肩湯)」を使えば、心まで解きほぐされる新感覚のバスタイムが楽しめますよ。

繊細かつパワフルな「パウダーレイン」でリラックス

ハンスグローエ ジャパンの「シャワーヘブン 1200/300 4ジェットオーバーヘッドシャワー」

(写真提供/ハンスグローエ ジャパン)

繊細さとパワフルさを両立させたシャワーが、ハンスグローエ ジャパンの「シャワーヘブン 1200/300 4ジェットオーバーヘッドシャワー」。ゆったり使える大型サイズに加え、こだわりの水流で心身ともにリラックスできます。

とくに、ヘッド部の両側に配した4つのウィングから、絹の糸のように繊細かつパワフルに降り注ぐ「パウダーレイン」の浴び心地は極上です。

海外にステイしている気分!エレガントなデザインのバスタブ

セラトレーディングのバスタブ「セラ オリジナル コレクションが続々登場(CEY41814R)」

(写真提供/セラトレーディング)

船のようなフォルムの「セラ オリジナル コレクション(CEY41814R)」は、非日常を味わえるセルフスタンディングタイプ。きめ細かい人工大理石を用いた、なめらかでマットな質感が魅力。陶器にはない雰囲気を醸し出します。

同シリーズには洗面器や手洗器もあり、トータルコーディネートも可能。

デュラビット・ジャパンの「Happy D.2 Plus フリースタンディング バスタブ(#700453-80)」

(写真提供/デュラビット・ジャパン)

こちらはデュラビット・ジャパンの「Happy D.2 Plus フリースタンディング バスタブ(#700453-80)」。つなぎ目のないパネルが美しいアクリル製バスタブです。

内面をホワイト、外面をシックなカラーの「グラファイト・スーパー・マット」のツートンカラーにすることで、より洗練されたデザインに仕上げられています。

バスルームや周辺機器にこだわって、おうち時間をより充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

【商品の問い合わせ先電話番号】
積水ホームテクノ/03・6328・0623 セラトレーディング/03・3796・6151 デュラビット・ジャパン/03・5428・4605 TOTO/0120・03・1010 パナソニック/0120・878・709 ハンスグローエ ジャパン/03・5715・3073 LIXIL/0120・179・400

Source: 日刊住まい