【マトリックス検証】リモコンシャッターで5台のiPhoneを同期撮影したら、トンデモなく無駄な写真が撮れてしまった……

一度やり始めたことは、トコトンやる。それが私(佐藤)が今の仕事を通して学んだことだ。それこそ当編集部の指針、「くだらないことを真剣に」だと私は思っている。そんな私のポリシーなんかどうでも良いとして、まだやるぞ、マトリックス検証を。

これまでは複数台の端末で動画を撮影し、それを切り取って画像を並べていたのだが、どうしても写真で撮りたい! ということで、100均でリモコンシャッターを購入して撮影に挑んだ。そうしたところ、思わぬ失敗をしてしまった末に、無駄な写真を大量に撮るハメになってしまった……

・シャッター音の緊張感

これまではiPhoneを複数台並べ、動画を撮影状態にして「バレットタイム撮影」に挑戦していたのだが、何かが足りない。その何かとは緊張感だ。一発勝負! パシャパシャパシャ!! というシャッター音を聞きながらアクションしたい。ヒリヒリとした撮影現場の緊張感を味わいたいのだよ。そう思い、とにかく100均ショップへ。

ワイヤレスのリモコンシャッターがあったはず。これをiPhoneの台数分用意すればいい。そう思っていたら、ワイヤレスのものがない! 訪ねた店舗には置いてなかった。仕方がないので、有線のシャッターを購入。

線が邪魔だ。とはいえ、ワイヤレスのものをアマゾンで購入していられるほど、私はのんびりできない。思ったらすぐに試したいので、これで挑戦してやるぞ!

・撮影準備

今回は5台のiPhone(すべて5s)でチャレンジ。段取りをしていて、有線がゆえの問題にぶち当たる。クリップスタンドだと端末を普通に置くと、イヤホンジャックにリモコンがさせない……。端末を上下逆さまにして、リモコン装着。これでOK!

今回もポールダンスの練習風景の一部をバレットタイムの動画にしてみたい。ということで、ポールに対して良さそうな角度にiPhoneを並べ、すべてにリモコンを装着しておく。

あとはリモコンを5個同時に押すだけ。非常にアナログなやり方ではあるが、間違いない。失敗はあり得ないやり方である。

とはいっても、連写機能を使わない訳にはいかない。最大10秒のタイマーをセットして、端末の準備は完了だ。

・いざ、勝負!!

改めてポールに向かってカメラを微調整。角度と高さがズレていると、画像をまとめた時に違和感が残るので、ここは細心の注意を払う。

角度に問題がないことを確認し、いよいよ勝負! たった1人で臨む挑戦だが、自分を鼓舞するためにあえて口に出して言う。「よし、行くぞ!」

今までで1番完成度の高いバレットタイムを見せてやる! 「せ~の!」の声と共に、5個のボタンに一気に圧をかけた!! すると……。

100均製品であるためか、微妙な個体差があったようで、押せたモノと押せてないモノが出てしまった! マズイ!!

タイマーを一旦ストップしようにも、止め方がわからない(もう1度シャッターを押すと止まる)。完全にテンパってしまった私は思わずこんなことを口走ってしまった。

「おまえら、やめろ!」

言って聞くようなおまえら(iPhone5s × 5)ではない。当然止まるはずもなく、そのままタイマーのカウントダウンは進ん行く。

8

7

6

5

4

3

2

1

パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ! パシャ!

シャッター音の緊張感はたしかに味わった……。だが、失敗のしようがないやり方でまさか失敗するとは、夢にも思っていなかったぞ。自らの戒めのために、5台のiPhoneで撮影した50枚の画像を公開しておこう

5つの角度から同時に撮影した、「しゃがむオッサン」の画像である

これほどまでに無駄な写真が撮れるとは。リモコンシャッター、恐るべしである。そして私は、今日という日を忘れないだろう。スティーブ・ジョブズもまさかこんな写真を撮るためにiPhoneが利用されるとは、想像していなかったはずである。すまない、スティーブ……

ちなみに、この後に無事にバレットタイム撮影は成功した。5台のiPhoneでは見応えに乏しいのが、正直な感想だ。

これに懲りずに、マトリックス検証は続けて行きたいと思うので、引き続き応援よろしくな!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【マトリックス検証】ポールダンスの動きを「バレットタイム撮影」したらスゴイ画が撮れるんじゃないのか? 確かめてみた!

私(佐藤)の映画『マトリックス』に対する憧れは尽きることを知らない。4作目の制作が発表されてから後は、iPhoneを並べてバレットタイムの撮影に挑戦する日々が続いている。

何度も撮影に挑戦していると、段々上手に撮るコツがわかってくるものだ。バレットタイム撮影に適しているモノが、意外にも私の近くにあることに気付いた。それはポールダンスである。iPhone5台を並べて撮影に挑んだところ、思った以上に上手く撮ることができたぞ!

・バレットタイムに向いている動き

これまでに何度か説明をしているが、改めてバレットタイムについて触れておくと、これは複数台のカメラを並べて1つのアクションを同時に撮影する手法を指す。これまでの挑戦で、撮影には被写体との距離・角度を整え、さらにカメラ性能を出来るだけ統一した方が良いことがわかっている。

さらに被写体の動きも、出来栄えに影響を与えることが見えてきた。ただジッとしているよりも、多少は動いた方がいい。ただし直線的な動きよりも旋回する動きの方が、見映えがする。さらに回転と同時に上下の動きを加えるとなお良い。

これら動きに対する考察を考えると、ポールダンスはバレットタイム撮影に持ってこいであることが、今さら分かった! 2年半も練習を続けているのに、なぜ気づかなかったんだ、俺!

・スペシャルサンクス

ということで早速練習スタジオにiPhone6台を持ち込んで、撮影に挑戦。ポールを中心に、5台を弧を描くように並べて、1台を予備用に設置。

これで準備完了だ。あとはブンブン回りまくるだけ。できるだけ脚を振り回してまわるとなお良しである。

……おっと、とっても大事なことを1つ忘れていた。

バレットタイムの挑戦、私が1人でやっているように見えるかもしれないが、1人では到底できない。動画の編集は全部、編集部のGO羽鳥に任せている。彼なくして、この挑戦はあり得ないので、この場を借りて謝意を伝えたい。ありがとう、GO!

・いざ、撮影!!

いよいよ本番だ。両手でポールに飛びつき、その勢いのまま両脚を前に放り出して、後ろ手にポールを取ってさらに反転する様子を撮ろうと思う。文字にすると何がなんだかわからないと思うが、とにかくそういう撮影に挑戦だ。

行くぞ! まずはポールに飛びつく!

身体を反らせたまま、遠心力に乗ってカメラのある方向へ。身体が前に流れるのを抑える。

ここで脚を前方に放り出す! ヨシ、いいぞ。迫力のある画が撮れているはずだ。

このまま後ろ手にポールを取って、再び身体を反転して元に戻るんだ。

ここでポールに手をーーーッ!!

あら……、脚を振り過ぎてポールに手が届かんかった……。マジかよ……。

ゴン! と軽く後頭部をポールに打った後に、無事正位置に戻ることができた。

事実上失敗の演技なのだが、バレットタイム編集で見てみると、不思議なことにカッコよくなってるやないかい!!

今回の挑戦で、さらに新しい課題が見つかったので、今後も改良して挑戦を続けたいと思う。マトリックス検証は、まだまだ続くぞ~!!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS「再現CGメーカー」


Source: ロケットニュース24

【マトリックス検証】中古のiPhone7台(5・5s・SE)でマトリックスのバレットタイムに挑戦! 猛烈にカッコよく撮影できたぞ~ッ!!

歴史に残るSF映画作品『マトリックス』の続編制作が決定し、私(佐藤)は興奮を抑えることができない。作中に登場する特殊な撮影方法「バレットタイム」を5台のiPhoneで挑戦したことについては、すでにお伝えした通りだ。

しかしまだ足りない! まだこの興奮を抑えられないどころか、ますます公開が待ち遠しくなってしまった! そこで、さらにバレットタイムの撮影をより良いものにするために、東京・秋葉原に中古の端末を買いに行き、同一サイズのiPhone合計7台で撮影に挑んだぞ~!

・中古の5sを4台購入

前回の撮影では、5台の端末で挑んだものの、モデルがバラバラ。SE・7 Plus・XSとモデルが異なるため、カメラ性能や画角にムラがあり、あまり出来の良いものとは言えなかった。

その反省を踏まえて、秋葉原で1台5000円程度のiPhone5sを4台購入。さらに私の使っていない5s。当編集部GO羽鳥のiPhone5とSEを準備。合計7台の同じサイズのモデルを用意した。

端末を据える三脚も、1台に1本用意しようと思ったのだが、この撮影以外に何本も三脚を使う機会がない。どうせ邪魔になる。ということで、100均で吸盤式のスマホスタンドを5個購入。

他のスマホスタンドは横向きでしか使用できなかったのだが、これは縦向きでも置くことができる優れモノだ。

・シャッターを同期

端末それぞれにシャッター同期アプリの「SV Cam」をインストール。古いiOSをアップデートできない端末は、仕方がないので同期を諦めた。

一番大事なのはカメラの位置。せっかく同期していても、肝心なところで被写体がフレームアウトしていたり、隣り合うカメラ同士が近すぎたり離れすぎたりしていても、上手く撮れないのだ。

微調整とテストを繰り返して、いざ本番!

出来上がった、バレットタイムはコレだッ!!

GO羽鳥の昇竜波動拳!

佐藤の旋風脚!

うおおおお! めっちゃカッコ良くなった!! 断然良くなった!

中古とはいえ、せっかく端末を4台も購入したのでこれに懲りず、いろいろバレットタイムを活用するぞ! 今後に乞うご期待!!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24