【バレンタイン】超人気ラーメン店「ソラノイロ」が本気を出した『カカオ薫る白いチョコレート麺』を食べてみた結果…

いつの頃からかは知らないが、なぜかバレンタインの時期になると「チョコレートラーメン」を限定販売するラーメン店が増えてきた気がする。そんな風潮に、私、P.K.サンジュンは一言だけ申し上げたい。「誰が得すんの?」と──。

これまで数回に渡り「チョコレートラーメン」や「チョコレートつけ麺」を食してきたが、結局は「食えなくはないけど普通の方がウマい」という結論に落ち着く。だがしかし、日本屈指の人気店『ソラノイロ』ならば……! ソラノイロが本気を出せばあるいは……!!

・2日間限定メニュー

名物の「ベジソバ」がカップ麺になってしまうほどの超人気ラーメン店『ソラノイロ本店』が2020年2月13日と14日だけ、25食ずつ販売するのが「カカオ薫る白いチョコレート麺」である。

カカオ薫る白いチョコレート麺──。そう聞いただけで「おいしそう☆」なんて思うのは、薄っぺらいなんちゃってインフルエンサーか、常人の20倍カロリーを摂取する「泣き虫サクラ(漫画・餓狼伝を読んでね!)」くらいであろう。ハッキリ言って食欲はそそられない

・過去にはチョコミントラーメンも

……んが、ソラノイロの神髄は「ベジソバ」ではなく、型に捉われない斬新な一杯にこそある。これまで「さくらんぼ冷やし麺」「青汁冷麺」「夏野菜とフルーツの塩冷麺」などを限定販売しており、さらに2019年には「チョコミントラーメン」を発表した。

その「チョコミントラーメン」を1時間近く並んで食べたのが、何を隠そう……私だ。ぶっちゃけ「おふざけラーメン」をイメージしていたものの、結果的には「チョコミントラーメンにおける最高傑作」とまで思ったから、「カカオ薫る白いチョコレート麺」にも期待できる……と信じたい。

・行列はあたり前

さて、18時からの販売開始に合わせ1時間ほど前にソラノイロに到着すると、早くも行列が……。当然、狙いはただ1つ「カカオ薫る白いチョコレート麺」である。おそらく並んでいるのは猛烈なソラノイロファンか、超ド級のラーメンマニアであろう。みなさん、本当にお好きですね☆

それはどうでもいいとして、「カカオ薫る白いチョコレート麺」は1杯1300円。純粋にラーメン1杯のお値段と考えた場合、そこそこ高い部類に入るだろう。大丈夫か、ソラノイロ。大丈夫か、カカオ薫る白いチョコレート麺。俺はまだ信じているぞ……!

・麺はチョコレート麺

席について待つこと数分。「カカオ薫る白いチョコレート麺」がやってきた。何も知らずにパッと見たら「ポタージュ系?」と思うであろう乳白色のスープは、ごくごくナチュラルなたたずまい。よく見ないと気付かないほど、チョコレートの気配は消えている

スープには豆乳のような優しい口当たりで、そこにチョコレート感はなかった。……んが、麺は「チョコミントラーメン」でも使用されていたチョコが練り込まれた麺で、褐色のボディは己のチョコを隠す気ゼロである。

そして不思議なことに一口目だけ、ファーストコンタクトだけはチョコではなく小麦を強く感じた次第だ。そう、美味しいラーメン屋さんで一口目の麺をすすった時のあの感覚。二口目以降から徐々にチョコの風味が勝っていったから「入口はラーメンで出口はチョコ」のような摩訶不思議なラーメンである。

さらに不思議なのは、最後までイヤな気持ちにならず食べ切れたということ。フルーツの酸味やごぼうチップの香ばしさがアクセントになり、甘くなりかけた舌を引き戻す役目を果たしていた。「仕上げてきたな」──。これが「カカオ薫る白いチョコレート麺」を食べ終えた率直な感想だ。

・チョコレートラーメンを出す理由を考える

おそらくこの時期のチョコレートラーメンは、ラーメン屋にとって目一杯の創作が許される数少ないタイミングであり、また逆に1度手を出してしまうと避けられないイベントでもあるのだろう。とどのつまり “腕の見せ所” に違いない。

個人的には「ベジソバ」の方が俄然好きだが、ニューヨークあたりで「カカオ薫る白いチョコレート麺」を販売したら1万円くらいで売れる……気もする。少なくともチョコレートという無茶なお題がありながら、ラーメンとして高いレベルで完成していた。

というわけで、ソラノイロの「カカオ薫る白いチョコレート麺」は決してゲテモノラーメンではないから、興味がある人はぜひご賞味いただきたい。「カカオ薫る白いチョコレート麺」は2月13日と14日の18時から、ソラノイロ本店で25食限定で販売だ。

参考リンク:ソラノイロ公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【挑戦】「TENGA」を被ってみた

男性諸氏に質問したい。TENGAは知ってるな? 知ってるだろ。ではそのTENGAを被ったことはあるだろうか? おそらく大多数の人が「ない」と答えるだろう。実は被ることのできるTENGAがあるらしい。

そこで私(佐藤)は、すぐさま販売している場所まで急行。無事に購入できたのでTENGAを被ることに挑戦してみたぞ!

・西武池袋本店3階婦人服フロア

問題のTENGAを売っているのは、東京・池袋の西武池袋本店。現在期間限定で「TENGA STORE TOKYO」をポップアップストアで展開している。驚いたことに、このストアは3階の婦人服フロアにあるのだ。バレンタインが近いということで、TENGAチョコを販売しているそうなのだが、女性用品のフロアでポップアップストアを行うとは、西武もなかなかやるな。

TENGAチョコは毎年ネット上で話題になる商品だ。カップのなかにチョコレートが入っている。ハイカカオ・抹茶・ストロベリーの3種あり、販売価格はそれぞれ540円。

小分けになったチョコも、TENGAの形をしているところが面白い。

・TENGAを被る

さて、ここからが本題だ。いよいよTENGAを被る時がきた。

いや、正確に言おう。もう被っている。信じられないかもしれないが、私は今まさにTENGAを被っているのである

私がTENGAを知ったのは、いつのことだったか? すでにそんな過去のことを忘れるくらい、TENGAは身近なものと化してしまっていた。そしてついに被れる日が来るとは誰が予想しただろうか?

お~い! TENGA被っちゃってるよ~!!!!

という訳で、TENGAを被ってみたいという人は、西武池袋本店に行ってみることをオススメする。ちなみにデザイン違いの被ることのできるTENGAは、オンラインショップでの購入も可能とのことなので欲しい人はそちらもチェックしてみて欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 TENGA STORE TOKYO
住所 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店(3階婦人服フロア 特設会場)
会期 2020年2月5日~14日
営業時間 10:00~21:00

参照元:西武池袋本店TENGAオンラインショップ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

幸楽苑の「チョコレートらーめん」と「ホワイトチョコレートらーめん」を正直レビュー / 事前の予想を覆すまさかの結果

そろそろバレンタインデーが近づいてきた。主にチョコレートを扱う企業にとってはビッグな商機。しかし、世の中には普段チョコレートと全く無縁にもかかわらず、バレンタインに全力で乗っかるところもある。

その一つが、ラーメンチェーン店でおなじみ「幸楽苑」。去年「チョコレートらーめん」を出したと聞いてトチ狂ったのかと思ったが、今年は「ホワイトチョコレートらーめん」なる新作もあるとか。まさか好評だったということだろうか? これは両方食ってみるしかねぇ!

・いざ実食

お値段はどちらも税込み640円。なお、一部店舗では販売してない場合もあるとのこと。テーブルにはチョコレートラーメンのメニューがあったが、それによると販売期間は2020年1月30日から3月11日まで。また、2月14日からはチョコラーメンを食べた人限定で、先着100名に日本酒をプレゼントするらしい。

メニューには「禁断の恋♡」などと書いてあるが……2年連続で、しかも新作を引っ提げてきた以上、本人たちは禁断だと思っていないに違いない。それはともかく二つとも同時に注文。

両方並べてみると、ノーマルな「チョコレートらーめん」の方は見た目からしてチョコレート感があって違和感が強い。しかし「ホワイトチョコレートらーめん」はどうだ。ぱっと見「豚骨バター」的なものだと言われたら信じてしまいそうなくらい普通の見た目。

それぞれ上に普通のチョコレートとホワイトチョコレートの板が乗っているが、ホワイトはバターに見えなくもないしな。そしておまけなのか何なのかわからないが、チロルチョコが2個ついてきた。

・チョコレートらーめん

まずは去年に引き続き登場の「チョコレートらーめん」からいってみよう。どうやらベースは普通の醤油ラーメンのもよう。めちゃくちゃチョコレート色のスープに不安しか感じない。

トッピングされている板チョコはどんどん溶けていく。ネギなどと絡み合って、ぶっちゃけ見た目的にはゲテモノじみた感じを否めない。いざ食べてみると……

えっ……?

_人人人人_
> 普通 <
 ̄Y^Y^Y^Y^ ̄

信じがたいかもしれないが、マジで普通のラーメン。溶けかけの板チョコの塊の部分などは確かに甘くて違和感はあるが、それとて不味いとは言えない。まあ甘いメリットは感じないが、全く不味くはない

というかこのスープ、一見するとガチにチョコレートフォンデュ的な印象を抱くが……もしかして言うほどチョコレートではないのでは? カカオの香りはガッツリするし、チョコレートっぽい油脂を感じはする。しかしそこまでチョコレートじゃない気がする。むしろカカオ

正直なところ、特別美味いとも不味いとも言い難い。何の違和感もなく普通に食べられる。なんだろう。カカオフレーバーで板チョコが微妙に乗ってた醤油ラーメンというかなんというか。アリか無しかで言えば、あってもいいんじゃねって感じ

個人的に、トッピングの板チョコは徹底的に溶かしまくるか、あるいは先にレンゲですくって食べてしまう方がいい気がする。微妙に溶けかかったチョコの塊とネギとかチャーシューの組み合わせは、正直に言って微妙。でも溶けてしまっていたら全く気にならない。

・ホワイトチョコレートらーめん

続いては見た目が豚骨バターなホワイトチョコを攻めてみよう。こちらはベースが塩ラーメン。

トッピングのホワイトチョコは、その見た目からどこまでもバター的な印象を抱かせる。しかし、これもやはりよく溶かした方がいいだろう。よく混ぜてから食べてみると……

おや……

これは……

_人人人人人人人人_
> アリじゃね? <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

カカオフレーバーはこちらの方がやや弱い。ホワイトチョコ成分はよく溶かされた結果、ラーメン全体に程よいまろみを付与することに成功している気がする。

塩ラーメンがベースなのだが、ホワイトチョコの分だけ油脂が多めになったからだろうか? むしろ豚骨ラーメンのような気配を感じる。また、麺とスープも油脂の分だけ通常よりよく絡んでいる気がする。

ホワイトチョコレートの甘さはほとんど無く、ほのかに香るカカオと謎の豚骨っぽさが怪しさを醸し出すものの、総評としてはそこそこイケるラーメンではなかろうか。ノーマルのチョコよりも個人的にはこちらの方が好きだ。

ということで、幸楽苑がバレンタイン商戦に向けて仕掛ける「チョコレートらーめん」と「ホワイトチョコレートらーめん」。見た目や、チョコとラーメンという組み合わせ的にも不味そうなイメージがあった。しかし、いざ食べてみると実態は割と普通。

ネタ的には、ガチにヤバすぎるモンスターを生み出してくれた方が嬉しかったという気持ちは無くもないが、ちゃんと食べて大丈夫な感じにまとまっていたぞ! 好奇心を刺激されて気になっていた人は、安心して食べに行ってくれ!

参考リンク:幸楽苑
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24