1台に3タイトルも入ったレトロゲーム機「ポケットプレイヤー」が最高すぎる! 『ドルアーガの塔』の音楽が良すぎて泣いた!!

以前の記事で、わずか9センチのゲーム筐体「タイニーアーケード」について紹介した。おそらく40歳以上の世代のゲームおじさんにとって、ゲーム筐体を所有するのはひとつの憧れだったはず。それが手のひらサイズになる日が来るとは、その当時、想像もしていなかっただろう。

ただでさえ小さくなったことを少し寂しく思っていたら、2019年6月、さらにすごいゲーム機が発売していたらしい。それこそが「ポケットプレイヤー」という代物だ。このゲーム、なんと1台に3つのタイトルが入っている! しかもだッ!! 『ゼビウス』や『ドルアーガの塔』までできるじゃないか! 買うしかねえだろーーッ!!

・1つに3タイトル

発売されているのは、ポケットプレイヤー『ギャラガ』ポケットプレイヤー『ディグダグ』だ。それぞれドン・キホーテで3980円(税別)だった。最初は1つに1タイトルかと思っていた。しかし、よ〜くパッケージを見てみると……

ギャラガには『ギャラクシアン』『ゼビウス』が!

ディグダグには『ディグダグ2』『ドルアーガの塔』が入ってるじゃないか!

ゲーム機を2台も買う予定ではなかったが、ゼビウスとドルアーガの塔をやりたかったので、やむなく2台とも購入してしまった。製造元はアメリカの「dreamGEAR」で、レトロアーケードゲーム機の製造も行っている。ちなみにこの製品は画面サイズ2.75インチのフルカラー。単4電池4本、もしくはマイクロUSB端子で電源供給。3.5mmのヘッド端子まで付いている。

・ギャラガ、ギャラクシアン、ゼビウス

起動すると、最初にゲーム選択画面が表示される。ギャラガの方で確認してみると、3つのゲームそれぞれを選択してプレイできた!

まずはこの製品のメインタイトルのギャラガだ。残念ながら、少し前にタイニーアーケードでプレイ済みなので、それほど懐かしい印象は受けない。が! やっぱりプレイしてみると楽しい。

次はギャラクシアン。ギャラガよりも誕生が少し早かったために、ゲーム画面やサウンドに古めかしさを感じる。それも含めて、非常に懐かしい! そしてショボい!! そのショボさがまたいい。ゲーム内容は単調だが、飽きずに1時間くらいプレイしていられそうだ。

そしてなんと言ってもやりたかったのはゼビウスだ。私(佐藤)はこのゲームをゲームセンターでもファミコンでもプレイしていた。ゲーム内に出現する「ナスカの地上絵」を見ることが夢だったが、シューティングゲームが下手すぎて、当時その夢は叶うことはなかった。

こうして手軽にゼビウスをプレイできるようにはなったが、きっと地上絵を見ることはないだろう……。

・ディグダグ、ディグダグ2、ドルアーガの塔

ディグダグの方でも、やはり3つのタイトルを確認できた。

ディグダグは、当時のナムコ(現バンダイナムコ)らしい、可愛らしいキャラデザインとサウンドが印象的な作品。プレイヤーが動くと音楽が鳴る仕様のことをすっかり忘れていて、「このゲーム、無音だったっけ?」と思ってしまった。

次にディグダグ2だが、驚いたことに私はこのゲームの記憶が完全に欠落してしまっていた。たぶん、プレイしたはずなのに、まるで初めてプレイするゲームのような印象を受けた。これが老化というやつか、ディグダグのことはよく覚えているのに、2のことは全然覚えてない……。

そして今回プレイするのが最も楽しみだったのが、ドルアーガの塔だ。何が良いってこのゲームは音楽がイイ! プレイ開始時の音楽からプレイ中の音楽、そしてステージクリア時のファンファ―レも最高なのである! 久々に1面をクリアしただけなのに、ちょっと感動してしまったじゃないか(涙)。

最近のゲームの美麗なグラフィックも良いだろう。けど、これらのレトロ作品にはゲームの原点が詰まっている気がする。これらの作品を知っている人はもちろん、全然知らない人も是非一度プレイしてみて欲しい。どこか懐かしくて心が和むはずだから。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

「トイレットペーパーを発射する “おもちゃ銃” 」で遊んでみたら意外なほど爽快だったけど、あまりにも明確な欠点があった

エアガンや水鉄砲など、子どもに限らず大人も楽しめるおもちゃ銃。使われる弾丸はBB弾やゴム弾、はたまた水だったりと様々だが、このたびなんとトイレットペーパーを弾丸にするおもちゃ銃を発見した。その名も「トイレットペーパーブラスター」である。

説明によると、水とトイレットペーパーを融合させて弾丸を精製するらしい。仰天のシステムではあるが、しかし「ビチョビチョのトイレットペーパー」ってこの世で最も爽快感から縁遠いものの1つではないだろうか。その銃は本当に楽しいのだろうか。逆に興味が湧いてきたので遊んでみることにした。

・高まる不信感

おもちゃ銃の醍醐味と言えば、やはり弾を発射した時や的を撃った時の爽快感だと思う。だがビチョビチョのトイレットペーパーからそれが得られるのだろうか。

そもそも「水とトイレットペーパーを融合」というのが新しすぎて、どんな具合なのか定かではない。実物を手にすれば全てわかるはずだ。ということで、さっそく詳しく見ていきたい。

「トイレットペーパーブラスター」はバンダイナムコグループのシー・シー・ピーという会社から発売されている。価格はAmazonで1900円(2019年8月16日現在)。パッケージには商品に関する紹介が書いてあった。

水と組み合わせる事によってトイレットペーパーを発射するただ一つの銃」と、いささかダイソンめいた文言が目に映る。「おや?」と思ったが、たまたまかもしれないので心の中にしまっておく。

続けて視界に入ったのは、「トイレットペーパーブラスターを体験した男性」の写真だ。しかも彼の感想まで載っている。

「もしあなたがトイレットペーパーブラスターを持っていて そこにトイレットペーパーと水があれば、あなたは最高の体験をすることができるでしょう」

正直に告白すれば「相当にうさんくさい」と思ってしまったが、なんとか抑え込む。

視線を移すと、弾丸に関する説明も記載してあった。ウォーターポンプで水を供給してペーパーを溶かし、空気を圧縮するとともに、それらを融合させるとのこと。

そうして精製された弾丸は、トイレットペーパー1ロールにつき最大約650発も撃てるらしい。撃てすぎではなかろうか。

さらに驚くべきことに、最大飛距離は約9メートルだという。待ってほしい。本当か? 本当にビチョビチョのトイレットペーパーがそんなに飛ぶのか? ぐったりとした放物線を描くのが関の山ではないのか? ここに来て今まで抑え込んでいた不信感が噴出してしまった。

だってビチョビチョのトイレットペーパーだぞ……とますますヒートアップしかけたが、ギリギリで思いとどまる。とにかく検証するしかない。それにもしかしたら、こちらが勝手に思い込んでいるだけで、そこまでビチョビチョではないのかもしれない。

・芽生える爽快感

そんな可能性に望みをかけ、パッケージの封を開けることにする。

中から銃を構成するパーツを取り出し……

説明書に従って組み立てていき……

トイレットペーパーを取り付け、銃上部のレバーを引いて内部に巻き込ませる。発射の前には毎回この装填が必要となる。

最後に水道水を入れたウォータータンクも取り付けて、銃の方は準備完了。

あとはどのようにして遊ぶかだが、公式HPから専用のターゲットを2種類ダウンロードすることができる。1つはダーツの的のようなタイプ、もう1つは点数表示とトイレの絵が散りばめられた、例えが見つからないタイプのものだ。

半ばヤケ気味に後者のターゲットを印刷し、部屋の壁面に張りつける。

いよいよ銃発射の段階となった。不安と緊張に苛まれながら精神を集中させていく。「トイレットペーパーブラスター」……あの紹介文が本当に正しいのなら、私に最高の体験をさせてくれ……ダイソンのような希少性を感じさせてくれ……。

そして願わくは、そんなにビチョビチョじゃありませんように……!

わななく指をトリガーに置き……

ターゲット目がけて、発射────

ボバッ!!!!!!!!

……!!

一瞬の出来事だった。だが確かに弾は飛んでいった。グリップを握っている手には、発射の感覚がジンジンと響いている。恐る恐るターゲットに近づいてみると……

あぁ……

めちゃくちゃビチョビチョ……!!

そしてめちゃくちゃ絵面が汚い。湿りきったペーパーの断片が広範囲に張り付いている。想像を超えるビチョビチョ具合に加え、想像を超える飛び散りっぷりだ。普通のおもちゃ銃ならこんなことにはならない。規格外にもほどがある。

しかし……何だろう、胸に湧き上がるこの感情は。もう1度撃ちたい。いや、もっと撃ってみたくてたまらないのだ。その感情の正体を確かめるべく、ターゲットを新しいものに取り換えてから、再びグリップを握る。心の赴くまま、2度、3度と銃を発射した。

バチュッ!! ブビャッ!!

ビャチャチャアアァッ!!!!

楽しい……!!

そう、楽しいのである。弾丸がビチョビチョであることは動かしようのない事実だが、決して緩い速度などではなく、勢いよく的へ飛んでいく。自分の思い違いが恥ずかしい。パッケージには「人に当たっても痛くない」とあったが、これだと多少は痛いのではと思うほどだ。

だが、その速度が実に良い。強烈な威力で弾を放ち、広範囲に飛散させるさまは、まるでショットガン(散弾銃)だ。感覚としては「発射する」というより「ぶっ放す」に近く、そこには確かな爽快感がある。しかも他のおもちゃ銃ではなかなか味わえない類のものだ。

弾を撃つごとに弾痕が異なり、変化があって飽きが来ないのも良い。飛び散り方によってはターゲットにおける得点が何点なのか非常に判断に迷うのだが、そんなのどうでもいいくらいに楽しい。

ちなみに今回使ったトイレットペーパーはシングルで、説明書によるとダブルのものを使うとさらに弾が大きくなり、飛距離も伸ばせるらしい。最大飛距離9メートルというのも、今となっては嘘ではないのだろうと思える。

本当に画期的なおもちゃだ。まさかトイレットペーパーでここまで素晴らしい体験ができるとは。「トイレットペーパーブラスターを体験した男性」に謝らなくてはいけない。どんどん快感にやみつきになってきている自分がいる。夢中になって弾を撃ってしまう。

ブボァッ!! ビュパァアッ!!

バッチャチャァアアア!!!!

いやぁ、楽しい……。思わず歯茎をむき出しにしてニタニタ笑ってしまうくらいには楽しい。ただまぁ……

いかんせん本当にマジで絵面が汚い。

・紛れもない充足感

というわけで、「トイレットペーパーブラスター」は明確な欠点はあるものの、大人でも十分以上に遊べる一品だった。注意点を追記しておくと、屋外推奨のおもちゃではあるが、個人的には後処理が楽な屋内の方が向いているように思う。その際、水に弱いものはよけておこう。

何にせよ、皆さんにもぜひ遊んでみることをおすすめしたい。トイレットペーパーの弾丸と一緒に、固定概念さえも弾け飛んでしまうはずだ。

参照元:トイレットペーパーブラスター 公式HPAmazon「トイレットペーパーブラスター」
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24