【突撃】売れないバンドマンがカリフォルニアのフェスに出演します

世界を覆う新型コロナウイルスの脅威。現在の感染者数トップの国はアメリカで、2020年3月13日から国家非常事態宣言が発令されている。そんなアメリカ・カリフォルニアのフェスに私(中澤)が出演します。4月25日に。

いやいやいや! そもそも日本も緊急事態宣言中だし!! 当然そう思った人もいると思う。しかし、外出自粛の今だからこそやる価値があるのだ。なぜならこのフェスは……

配信フェスだから。アメリカはカリフォルニアのラジオ・DKFM が毎年開催している音楽フェス『DreamGaze ATX』。もちろん今年は中止になったのだが、代わりに起ち上がったのが配信フェス『DreamGazeWorldwide』である。

世界中から配信でミュージシャンが出演するこのフェスは、社会的距離を保ちながら音楽を楽しむ試み。これに売れないバンドマンこと私(中澤)も参加することになった。

・4月25日11時

出演するのは私がギターを弾いているバンド『si,irene』。イベント開始は日本時間の2020年4月25日11時から「Facebook Watch」での配信と告知されている。「Facebook Watch」とはFacebookの動画機能で、今回はDKFM公式ページから見ることができるんじゃないだろうか

語尾があいまいになってしまったのは、Facebookで配信ということに私自身全く馴染みがないためだ。とは言え、本場アメリカではNetflixみたいにオリジナルドラマとかあったりするくらいはメジャーなのだという。へー。

・どういう感じになるのかは不明

と、まあ海外ベースのため始まってみないと何も分からないのが正直なところである。それは去年イギリスのフェスに出演した時もそうだった。アンプは何があるのか? 本当に自分たちの枠が用意されているのか? ライブが始まるまで不安だらけだったことを覚えている。

ではなぜ、再び国境を越えて『DreamGazeWorldwide』に参加するのかと言うと、活動の仕方を考えるタイミングが来ていると思うからだ。

ここからは si,irene も関係なく私個人の考えだが、新型コロナがいつ収束するのか見えない現状、「どう活動し表現するのか」はミュージシャンどころかエンタメ業界が取り組むべき命題であると思う。

これまで考える機会はいくらでもあったのにスルーしてきたその問題。それを改めてもう1度正面から考えようというのが私にとっての『DreamGazeWorldwide』である

・以前収録の映像を配信

なお、『DreamGazeWorldwide』では、ライブだけでなく様々なミュージシャンからコメントも届いている。Twitterに投稿された告知動画では、世界中のミュージシャンがコメントを繋いでいた。ちなみに、我々『si,irene』は以前に収録していたリハーサルスタジオでのライブ映像で出演予定

ネットが発達した現代社会において何も1つの場所に集まることだけがフェスの形ではない。また、お金になることだけが音楽の鳴る条件でもない。触れ合えない今だからこそ距離も国境も越えて音楽で繋がろう。今週土曜日の11時に暇だったら「DKFM」のFacebookページを覗いてみてくれ。

関連リンク:「DKFM Shoegaze Radio」Facebook
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【なぜ?】売れないバンドマンがCDショップから大量発注された理由

こんにちは。売れないバンドマンの中澤星児です。2019年でバンド活動は14年目に突入しましたが、全然売れる気配がありません。しかも、今年で37歳。正直、「音楽で食ってく難しさ」を実感しています。

そんな僕が所属するバンドが今度作品をリリースするのですが、いきなりCDショップから信じがたい量の大量発注が! さらに、「コメントを書いてくれ」とのオファーまで。どういうこと!? そこに至ることになった経緯の一部始終をお伝えしたいと思います。

・無名のバンド

そのバンドとは『si,irene』。熱心な読者の方は覚えているかもしれないですが、僕が加入してイギリスでライブをしたバンドです。

こう言うと、「イギリスライブがキッカケ」もしくは「そのバンドが売れているだけ」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、大量発注の件とはあまり関係がありません

そもそも、CDショップから引っ張りだこの売れっ子バンドに僕が加入することはないと思いますし、一緒にリハとか入っていると状況は似たり寄ったりかなと思います。

・力もコネもない

話を戻すと、今度リリースされる作品というのは、『si,irene』が中心となった合計3バンドのコンピレーション。収録されているのは、台湾のバンド『Super Napkin』と日本のバンド『SPIRO』と『si,irene』で、選曲はDJのume-rockさんです。言わば『si,irene』の仲間を集めたコンピですね

レーベルや事務所が企画したものではなく、バンドの繋がりだけで作られた本作。僕は、こういったコンピが好きです。シーンや絆のようなものを強く感じることができるからです

とは言え、広がりで言うと前者より劣るのも事実。しかも、現在、音楽業界はモノが売れない冬の時代。そんな経費と売り上げも含めたミーティングの結果、自分たちで管理できる少量だけプレスすることになりました。

・いきなり大量発注

さて、プレスの発注が終わるとCDショップへの営業です。繰り返しますが、僕たちは売れてないバンド。自分で言わないと誰も本作が発売することを知らないわけです。というわけで、CDショップに「置いてください」と直交渉

「聞いておきますね~」と時にはあしらわれたりしながらも、発売日が近づいてきたある日のこと……

なんと、ディスクユニオンから30本の発注が! 御茶ノ水のディスクユニオンではポップアップスペースでの展開も決定し、コメントPOPへのひと言も求められました。マジでか!?

もちろん、僕も14年やってるので、試聴機に入ったこともありますしコメントPOPも書いたことはあります。しかし、レーベルや事務所などを介さず、無名のインディーズバンドの繋がりのみの本作に、1つのショップから30本の発注が入ったというのはやはりビックリしました。

参考程度に、他に入荷を決めてくれたショップの発注数は次の通りです。原宿『ダンディーミュージックストア』3本、名古屋『FILE-UNDER RECORDS』5本……以上! ディスクユニオン神かよ!! そもそも入荷してくれるだけでもありがたいというのに。

・理由

さて、それではこの30本の発注のカラクリを明かしたいと思います。発売に際して、『si,irene』が用意した仕掛けがあるんですね。実は、この作品……

カセットテープなんです

発売日は2019年10月12日。「カセットストアデイ」という記念日です

「カセットストアデイ」とは、2013年にイギリスで始まったもので、カセットテープの祭典を祝う国際的な年次イベント。日本でも2016年からスタートしており、ディスクユニオンでは毎年この日のために展開が組まれています。

とは言え、カセットストアデイ自体が日本では全然知られていないので、今年もディスクユニオンが展開を組むかは不安ではありました。

店に挨拶に行ったのはカセットストアデイの2~3週間くらい前だったのですが、スタッフさんいわく「まだ3バンドくらいしか来てない」とのこと。盛り上がってねェェェエエエ

しかし、逆に競合相手が少ないからこその大量発注というのはあると思います。売れないバンドマンはカセットストアデイ結構狙い目かも?

・カセットをプレスした方法

ちなみに、カセットのプレスは「CASSSETTE EXPRESS」というサイトで発注しました。音源、デザイン等のデータを揃えてオーダーすればカセットをプレスして送ってくれるというサイトで、オーダーしてからモノが送られてくるまで約1カ月くらいです。

最小ロットも50本からと自分で抱えられる在庫量から注文可で、参考価格は最安10分のテープのプレスで2万9900円。もし、この記事を読んでカセットを作りたくなったミュージシャンがいたら参考にしてください。

最後に、今回のカセットでのリリースは『si,irene』木下くんの「カセットが好き」という言葉から始まっています。もちろん、今年37歳になる僕も音楽に触れた最初の形はカセットでした。友達に借りたカセットをラジカセに入れ、再生ボタンを押した時のワクワクは今でも覚えています

もし、かつて同じ気持ちを感じたことがある人は、ぜひ10月12日カセットストアデイに思い出してみてください。カセット片手にワクワクしながら走った帰り道を。

関連リンク:カセットストアデイCASSSETTE EXPRESSディスクユニオンダンディミュージック
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【突撃】売れないバンドマンが海外夏フェスに出演した結果 → 拍手喝采に震えた

こんにちは。売れないバンドマンの中澤星児です。2019年でバンド活動は14年目に突入しましたが、全然売れる気配がありません。本当なんともならないもんですね

そんな僕(中澤)が、ひょんなことからイギリスの夏フェスに出演することになったのは以前の記事でお伝えした通り。というわけで出演してきたのでレポートします

・私がイギリスでライブすることになった理由

サラッと言いましたが、自分でもイギリスでライブしたことが信じられません。夢だったんじゃないだろうか……と、今でも思います。

なぜなら、アジアでライブしたりフェスに呼ばれたミュージシャンは知り合いにもいますが、イギリスでライブしたという話はインディーズではまず聞かないからです。では、なぜ僕がイギリスに行けたのか? その理由を1行で説明すると……

──イギリスツアーの決まっている友達のバンド『si,irene』のギタリストが抜けたから

詳細については以前の記事をご参照いただければと思います。ぶっちゃけ、凄いのは普通にイギリスツアーが決まってた『si,irene』なんですが、ひょっとしたら僕がこれまで積み重ねてきた結果として結びついた部分もちょっとはあるかもしれません。

・不安

というわけで、途中参加の僕ですが、リハを重ねるごとにバンドサウンドになってくる『si,irene』。人事を尽くして天命を待つ。最後のリハでは、もうステージに立ってみないと分からないというレベルに達しました。僕が渡英する2日前のことです。次にメンバーと会うのはイギリス。

正直、不安がないわけじゃありません。フェスに人が集まったとして、はたして僕たちを見てくれるのか? 例えば、日本のフェスにやって来た全く名前すら聞いたことがない外国人バンドをどれだけの人が見に行くでしょうか。

もちろん、お目当てとカブってなければ見に行く人もいるでしょう。僕もそっち派ですが、見に行ったらガラガラなこともあります。しかも、僕たちはそういったバンドより余裕で無名。どういう雰囲気になるのか……マジで現地に着くまで分かりません

・期待も

一方で、音楽が起こす奇跡を信じているからこそ、まだバンドをやっている僕。多分他のメンバーにしてもなんだかんだ言ってこれに尽きると思います。

つまり、イギリスで『si,irene』の音楽がどう評価されるのか? それは純粋に興味がありました。そんな不安と期待を抱えつつ、ついにフェスが開催される地ブライトンに『si,irene』のメンバーが集結!

ちなみに、ギターとエフェクターも持っていったため、航空会社は30kgの荷物を預けられるキャセイパシフィックにしたのですが、その判断が後に悲劇を招きます。この詳細は以前の記事「【実録】帰国前日に「香港デモ」で飛行機が全欠航! 問い合わせもパンク状態に → そのまま香港入りした結果」をご参照ください。

・出演するライブハウス入り

それはさて置き、話を戻すと、出演するフェスは『AT THE EDGE OF THE SEA』。UKバンド「ザ・ウェディング・プレゼント」が主催して今年10年目になるフェスで、ブライトンの海沿いにあるライブハウス「Concorde2」で開催されるようです。

ライブ当日に機材を搬入すると、「Concorde2」のステージは日本で言うクワトロくらいの広さ。海沿いの壁には窓がついていて自然光が入ってくるのが良い感じ。日本にはあまりない地上のライブハウスでした。音漏れしまくりなのがイギリスっぽい

・迫る出演時間

裏口の廊下の壁には『TEENAGE FANCLUB』や『Asian dub foundation』など、日本でも知られているバンドのポスターも。『si,irene』が出演するのは、サブステージのようで、入り口入ってすぐのバーカウンター前にステージが作られていました。

出演時間はイベントが始まって3バンド目の16時30分。ライブハウスのオープン時間が迫ってくると、外で待つ人の姿が目立つようになってきました。この人達の前で演奏するのかと考えると、背中を緊張が駆け上がります。なんか赤いモヒカンの人いるし……。

徐々に干上がっていくノド。そんな中、1バンド目の『Flower of Hell』がサブステージで演奏を開始しました。ファンファーレ的な音楽が雰囲気に合ってるなあチクショー

View this post on Instagram

ロックの国に来た感じ。

A post shared by si,irene (@siireneband) on Aug 10, 2019 at 7:28am PDT

続いて2バンド目には、主役『ザ・ウェディング・プレゼント』のフロントマンであるデイヴィッド・ルイス・ゲッジのソロプロジェクト『シネラマ』がメインステージに登場。ハァ……ハァ……あと30分……

・ライブ開始

この頃にはメインステージはほぼ客で埋まっている状態に。そんな時、ついに準備のお声がかかりました。フェスなので音響リハは本番前にちょっとやるくらい。水は良し。カポどこいったっけ? っていうか、やたら握力が弱くなってるの何コレ

そうこうしているうちに『シネラマ』が終了しメインステージから流れ出てくる客たち。うわぁぁぁ! 始まっちゃう……!!

脱力して自分のものではないように感じる手足。はたして、本場に受け入れられるのか。考えて考えて考えて考えてずっと出なかった答えを出すのは今! ブチかませ!! これまでの全てを

バンドで一音目を出した瞬間、広がる視界。

考えるより早く指が動く。

その指の動きで頭が鮮明に思い出していく。下北沢の小さいスタジオに通い詰めたこの2カ月のことを。

──曲が進むごとに膨れ上がっていくお客さんの輪。その中には、あの赤いモヒカンの姿も。おいおいマジかよ! 赤モヒ頭振ってる! 見知らぬオッサンも踊りだしたァァァアアア!!

そして、最後の一曲が始まる。

この曲が終わったら奇跡みたいなこの時間も終わってしまう。

あと8小節……あと1音……

──終わった瞬間、巻き起こる拍手喝采。やっぱりこれは夢じゃないだろうか? ボーカルのデビット・リードが「We are si,irene!!」と叫ぶとさらに高く鳴り響く指笛。「we」の中には僕も入っているのです。「We are si,irene」、良い言葉だなあ。

・バンドマンガかよ

ライブ終わり、色んな人に話しかけられ、サインを求められました。僕の人生で1番「英語話せたらなあ」と思った瞬間です。その中には、ライブで踊っていた見知らぬオッサンもいたのですが、スコットランド人ということしかわかりませんでした。

そんなライブ終わりの反応で1番テンションが上がったのは、イカついスタッフさんにグッと親指を立てながら「You guys are fuck’in rock!!」と言われたこと。マンガ『BECK』のワンシーンかよ!

音楽の持つ力を体感できた『AT THE EDGE OF THE SEA』。今考えると、あの30分間は、あらゆる壁を越えて音が響いていた時間だったように思います。まぶしすぎる一瞬の出来事。そして、僕たちの夏は終わったのでした

バンドというのはすべからくこの一瞬を求めているものだと思います。どんなにしみったれたステージでも、どんなにお客さんが少なくとも。孤独を感じる夜はぜひライブハウスに足を運んでみてください。そこには、輝きを求めてもがくバンドマンが必ずいるはずだから。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【大悲報】JUDY AND MARYは再結成しない → TAKUYAさん「僕は望んでない」

あくまで個人的な見解になるが、再結成を望む声が多くても果たされていない音楽バンドTOP3は「BOOWY」「ブルーハーツ」そして『JUDY AND MARY』の3組だろう。1度は解散したものの再結成を果たすバンドは多く、そのインパクトは絶大だ。

ここ数年では「THE YELLOW MONKEY」や「ELLEGARDEN」が再結成を果たし大きな話題を呼んだが、残念ながら『JUDY AND MARY』の再結成はないらしい。2019年7月10日、ギターのTAKUYAさんは自身のTwitterで「再結成を僕は望んでいない」と明かしているのだ。

・伝説のバンド

「Over Drive」「そばかす」「クラシック」……などなど、数々の大ヒット曲を生み出した伝説のロックバンド、JUDY AND MARY(通称・ジュディマリ)。音楽と流行が並行して走っていた90年代の音楽シーンを語る上で、決して欠かせない超絶人気バンドである。

ジュディマリは2001年の東京ドーム公演を最後に解散。YUKIさん、TAKUYAさん、恩田さん、五十嵐さんの4名はそれぞれ音楽活動を続けているが、解散後4人が公の場で揃ったことは1度も確認されていない

だがしかし、解散したバンドが再結成することも珍しくないこのご時世。何よりジュディマリの再結成は多くのファンが望むところだろう。期間限定でもいい、なんなら1日限りでもいい。「もう1度ジュディマリのライブを観たい」と願う人は少なくないハズだ。

だがしかし、冒頭でもお伝えした通りギターのTAKUYAさんは自身のTwitterで「再結成を僕は望んでいない」と明かしている。これはジュディマリの復活の可能性を取材した「週刊女性PRIME」の記事に対するツイートで、その口調から現段階では再結成は難しいのだろう。

・再結成が熱望される数少ないバンド

ネット上では「本当に残念」「いつかもう1度ジュディマリが見たい」「しないと思ってたけど言葉にされるとツライ」などど悲しみの声が多く挙がっている。一方で「再結成しないからカッコいいんだ」「個人個人を応援すればいい」などの声があることも記載しておきたい。

ここまでビシッと言い切ってしまっているので、しばらくはジュディマリの再結成はないのだろう。だがしかし、もしジュディマリが再結成を果たし、ライブで「Over Drive」のイントロなんか流れてきた日には、記者は号泣するに違いない。

冒頭でもお伝えした通り、再結成を果たすバンドは多い。だが、ジュディマリ級に再結成を熱望されるバンドはそう多くないハズだ。もう解散から20年。いつか同じステージに4人が立つ日はやってくるのだろうか?

参考リンク:Twitter@takuya54it週刊女性PRIME
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24