【人民服検証】イオンのパジャマと人民服を着比べてみた → 寝心地はイオンだが圧倒的な目覚めは人民服!

約1カ月前、無印良品の「性別のない服」が “まるで人民服だ” とネット上で騒ぎになったため、ガチの人民服と着比べてみた。その後、同じく中華人民服の香りが漂うユニクロのワークシャツも検証。しかし、両者ともに本物の前では……ただのオシャレ服でしかなかった。

もはや無敵レベルの強さを誇る人民服。圧倒的な凄みを目の当たりにした記者としては、もう人民服とタイマンを張る相手は出てこないと予想していたのだが……どうやらイオンが挑戦を名乗り出たもよう。マジかよトップバリュ。その心意気、買ったぞ!

・イオントップバリュ

イオンで購入したのはパジャマ。生活品質向上ブランドTOPVALUの「寝返り快適設計PAJAMA」である。上下セットで2071円、満足品質の商品を低価格で提供しているトップバリュだから期待値は高い。もちろん人民服として……ではなく、パジャマとしてだ。

ちなみにこちら、夏に快適なサッカー生地を使用している。なんでも肌触りの良いデコボコ生地のことを「サッカー」と呼ぶらしい。もちろんボールを蹴るスポーツとは無関係……って、そんなことはどうでも良くて、注目すべきポイントは背面内側の「Relax & Sleep」という文字だ。

正直、この「リラックス & スリープ」という一文があるかないかで、パジャマ全体の印象が変わる。割と地味なベージュのパジャマだから、屋外で着たらそれなりに人民服っぽい。しかし、サッカー生地とメッセージのW効果で、着用すれば自然とリラックス & スリープな表情になるのだ。

一方で、人民服の内側には「Red Hot outerwear company」と書かれてある。詳しくは説明しないが、とにかく北朝鮮の熱烈な志向を象徴する一文と言えるだろう。

だからなのか、着用すれば信じられないレベルで背筋がピンと伸びる。まるで「普段から、かなりハード目に体幹トレーニングを行っています」的な姿勢の良さをキープできるぞ。肩パットも入っているから、見ようによっては憧れのアスリート体型とも言える……かもしれない。

では、どちらがパジャマとしてオススメなのかと言うと、そんなもんイオントップバリュに決まっている。朝、鳥の声や柔らかい日差しで目が覚めるのは、間違いなくイオンだ。

人民服を着て寝た場合、おそらく極限まで鍛え抜かれた体幹の強さによって、ほぼ直角の姿勢で目覚めるだろう。朝、夜に関係なく圧倒的な目覚めを体感できる。

つまりだ、私たちは着る服によって人格を自由自在にチェンジできるかもしれない。外見はもちろん、内面さえも着る服にコントロールされてしまうということ。リラックス & スリープの服を着たら穏やかに、レッドホットを選べば不屈の精神と強力な体幹を手に入れるだろう。

イオンのパジャマと人民服……たしかに似ているが、相手に与える印象はまるで異なることが分かった。きっと世間で「人民服にしか見えない」と言われている数多の服も、人民服独特の凄みまでは出せないだろう。ってか、そもそも凄みって必要なのだろうか。とりあえず、現場からは以上です。

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

自宅で使える「ホテル用パジャマ」が気持ち良すぎ! オリエンタルホテル広島のナイトウェアは天国一直線の快適さ

キモティー!! これは数年前に元プロ野球選手のG.G.佐藤さん(愛の波動砲)が発したセリフだが、現在進行形で私は超キモティー。どうしてかと言うと、夏前に「ホテル用パジャマ」を新しく購入したところ、これが快適すぎてタマランのだ。

やはり夏はホテルのパジャマが至高……適当に買ったような服で寝ることなんてできないと改めて思っている。今年の主役はオリエンタルホテル広島のナイトウェア。何がどう最高なのかは以下の通りである。

・売り切れ続出のホテルウェア

安定感があるホテルのウェアは触ってよし、着てよし、寝てよし。なぜ、ホテルのものはあんなにも着心地がいいのか。何なら家に持って帰りたい……そう思ったことのある人も多いだろう。

ただ、それは叶わぬこと……と思いきや、実を言うと一部のホテルは買うことができる。私は約4年前に京都ホテルオークラのナイトウェアを通販で購入して以来、夏はホテルのパジャマと決めている。んで、今年もスカウトして新人選手を入団させようとしたワケだ。ただ……!

あろうことか、どのホテルも売れ切れ続出。子ども用などは残っている場合もあったが、基本的に売り切れまくりだった。やはり一度ハマると抜け出せない人は多いのだろう。

いやはや、今年は新人選手を獲得できないのかな……そう途方にくれたのだが、捨てる神あれば拾う神あり。偶然にもGoogleの検索予測で出てきたのが「オリエンタルホテル広島」だった。

・ホテルらしい梱包

私自身、宿泊の経験はないだけに、表示されるのは多くの人が検索しているということ。よく調べてみたら、ファッションデザイナーの横森美奈子さんがプロデュースしているらしいし、ホテルのパジャマファンの中で熱烈な支持を受けているのかもしれない。

そうじゃないと検索上位に出てこないしなぁ〜なんてアレコレ妄想していたが、悩んでいる場合じゃないのでもちろん即ポチ。ちなみにオリエンタルホテル広島のパジャマはワッフル素材で6480円、送料別途960円だった。

数日後、宅急便で届いて開封……!

なんと 袋イン袋……!

さらにもう一丁袋イン袋で丁寧に梱包されていた。納品書がきちんとした封筒に入れられている上に、お礼の文字も添えられているあたり、ホテルらしい気配りが垣間見えてスゴくイイ。もうこの時点でだいぶキモティー。

・開放感タップリでスヤァ

取り出してみると、オリエンタルホテル広島のパジャマは上下別だった。

これって意外と締めつけられるんじゃ……と思いきや、そんなことなかった。腰回りのゴムは絶妙な強弱で……

まったく苦しくない!

長袖&長ズボンだけど、暑苦しさも感じない。あとは快適な睡眠を提供してくれるか。肌に触れる面積が少なく、開放感タップリですでにイイ予感しかしないが……これは……

キ、キ、キ……キモティー!!

天国一直線の快適さである。また、少し汗をかいた状態で着てみたのだが、乾くのも早くて言うことなし。何ならもう1着欲しいくらいで、結果的にドラフト成功で先発ローテーション入りまで決まった。

現在、もう1着買うか他の再販を待つか猛烈に悩んでいる。これから寝苦しい夜を過ごすことになるだけに再販はあると予想しているが、そこのところどうなのだろう。もうちょっとだけ待ってみるかなぁ。

参考リンク:オリエンタルホテル広島
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24