【救世主】子供の鼻水吸引器「メルシーポット」が神すぎる3つの理由 / お高いが値段以上のいい仕事! 赤ちゃん期に買って良かったぶっちぎりNo.1

私はこんなに子供に無関心だったのか。そう思うほど、親になって初めて知ることは多い。私もいろいろあるのだが、そのひとつが「子供は鼻をかめない」である。冷静に考えたらできなくて当然だが、周りに子供がいなくて考えたことがなかったんだ……。

そんな乳幼児の鼻水問題で活躍してくれるのが「鼻水吸引器」である。子供の鼻から鼻水を吸い出すアイテムで1000円〜5000円くらいで買えるが、なかにひときわ高価なものがあった。

その名は『メルシーポット(1万2100円)』。正直、高い。だが中途半端なものを買って失敗したくなかったので思い切って買ってみたところ、結論から言うとマジで神! もうメルシーポットなしの育児なんか考えられない。

・高級鼻水吸引器「メルシーポット」

我が家の双子は、特に次男の鼻水量が異常。よく赤ちゃんの鼻水を放っておくと中耳炎になるというが、息子はご多分に漏れず中耳炎になりかかった。なぜこんなに簡単に風邪を引くのか。そして鼻が出続けるのか。鼻が詰まって寝られないから夜泣きもする。もう母のHPは限界よ!

・神である3つの理由:第1の理由「子供を抱っこしながら扱える神仕様」

ということで導入したのが『メルシーポット』だ。メルシーポットはザックリいうと本体、チューブ、そして吸引した鼻水が入るカップの3構造だ。チューブをつけたカップを本体に取り付け、スイッチを入れるだけで扱える。

使うときはたいてい片方の手で子供を抱いているだろう。片手だけで扱えるというメチャクチャ親切な設計なのだ。さらにパーツがうまくハマっていないと動かない点も、安全面に気が配られていて好感度が高い。子供はすぐ触るから……。

・第2の理由:プロ級の吸引力

操作面はバッチリ家庭向き。だがその吸引力はプロ級だ。小児科や耳鼻科でもメルシーポットを置いているところもあるという。さて、実際にチューブの先を子供の鼻の穴にあてると……

ジュボッ!

取れた! さらにチューブの先端がピッタリいい場所にくると

ジュボボボボボボボボボボ!

まぁ取れる。とにかく取れる。

ゴボッ! ジュボバビッ! ジュジュジュジュジュ……

頑固な鼻クソも余裕で吸い出す。吸い終わったものを見ると脳みそも一緒に出てきたかと思うほどの量で、よくこんな小さなお鼻の中に入っていたなぁと思うくらいだ。

・第3の理由「親にも子にも負担が少なくお鼻スッキリ」

パワーがあるのでたった数分でお鼻はスッキリだ。そう、この「数分で解決」がどんなにありがたいことか!

鼻吸引器導入前、息子は常時鼻から滝のような鼻水を流していて、鼻水にかぶれティッシュの摩擦で鼻が真っ赤だった。手動タイプを使ったときは時間をかけた割に鼻水は全然取れず、私はイライラ、子供も辛そうだったのに……ほんの数分で鼻スッキリ、一晩の安眠を得ることができるのである。親にも子にも負担が少ないのがいい。これが1万2000円のチカラなのか!

もっと早く導入しておけばよかったー! でも出会ったときに思い切って買って良かったー! 鼻水がひどいお子さんがいるご家庭には全力で勧めたい‼

・神すぎた! ただし……

メルシーポットは息子たちが0歳のときに買ったので、購入してもう1年ほど経つ。一般的にひとりで鼻をかめるようになるのは3〜4才頃だというので、あと2年近くはお世話になることになりそうだ。風邪っぴきのときは、お風呂上がりと朝にメルシーポットで鼻水を吸い出すのが我が家の決まりだ。コンパクトなので帰省先に持っていけるのも良い。

そんな神すぎるメルシーポットだが、ひとつ注意したいのは大人1人で使用する際に結構な地獄絵図となることだ。子供は、まぁ嫌がる。地獄のように泣き喚き、暴れ倒すのだ。

そこまで嫌なものなのかと、メルシーポットを自分でも試してみたところ、メッチャ痒くてくすぐったかった! 違和感はありますよねえ。でもそれはどうしようもないので、子供にはせめて「お鼻ブーンするよ! スッキリするよ!」と笑顔で伝えている。

それが功を奏してか、メルシーポットを見せると、なんと自ら鼻にチューブを入れるようになったのだった。まだ泣くことは泣くけど……息子はお鼻スッキリの快感を学んだようだ。

参考リンク:「メルシーポット」
Report、イラスト:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【異論があればどうぞ】ベビーフードの利用は逆に「意識高い」と思うのだが / まだ「意識低い」「愛情がない」とか言ってるの? デメリットがあれば教えて

離乳食期を迎えるお子さんをお持ちのパパママなら一度は考えたことがあるだろう。「ベビーフード使う?」

我が家には子供が3人いるが、離乳食期にはよくベビーフードを取り入れていた。そしてそのメリットをひしひしと感じたものだ。手間が省ける、赤ちゃんと触れ合う時間が増えた……という親目線のメリットも大いにあったが、何よりベビーフードの利用が子供のためになったと思っている。

「栄養士でも何でもないお前が何言ってんの?」とお思いの方もいるかもしれない。プロでないからこそベビーフードの上手な利用は赤ちゃんのためになると感じているのだ。なぜなら……

・ベビーフードは「プロ監修の食品」

ベビーフードとはその道のプロが開発した食品だからである。プロが1日中、1年中、食材と真剣に向き合い赤ちゃんのために味付けや栄養バランスを考えて作られたものだ。

つまり離乳食の「お手本」なのである。

子供が多く、身近に赤ちゃんがいた時代なら親になる前でも何となく離乳食が何たるかを知る機会もあっただろう。しかし核家族化した現代では知る機会も少ない。私もそんな1人で、ベビーフードから「そのとき赤ちゃんに必要なこと」を多くを学んだと感じている。

もちろんレシピ本やサイトにも書いてあるが、「実物を見て、実際に味を見てみる」とでは理解度が全く異なったのだ。具体的に挙げると

【月齢にあった固さやサイズがわかる】

離乳食初期はドロドロのペースト状にする。それは難しいことではなかったが、私はその後、どのタイミングで次のステップに進めばいいかよくわからなかった。そこで参考になったのがベビーフードだ。ベビーフードは月齢に応じた固さや大きさで作られている。

月齢があがる度に商品をチェックして「もうちょっと固くてもよかったね」「大きすぎた!知らん間にスパルタ式になっていた……」とその都度、成長に合わせたサイズや固さに軌道修正。そうやって離乳食を進めることができた。

【月齢にあった味付けがわかる】

子供用の食事は味付けを薄めにというのは常識。そして月齢があがるごとに調味料を取り入れてもOKというのも常識。でも実際にどれくらいの味なのかをハッキリ答えられる人は何人いるだろうか。

だがベビーフードの味を見ればその疑問は一発で解決だ。レシピ本にも分量などは表記されているが、自分の舌で味を知っておけばレシピの幅も広がるのではないだろうか。大きさや固さ同様、プロが「これだ」と示した味を知ることで家で作る際に大変参考になった。

【取り入れにくい食材が手軽に摂れる】

また、家では取り入れづらい食材を簡単に取り入れられることも大きなメリット。この点で私がもっともベビーフードのありがたみを感じたのは「鶏レバー」だ。もし自分で作るとしたら新鮮なレバーを売っている店をさがし、買いに行き、下処理して調理してペースト状にして……ってそれだけで日が暮れるわ! 

多くの種類を食べておくことは、0〜1歳児での保育園における給食対策にもなる。多くの園ではアレルギーの観点から「初めての食材はおうちで」「家庭で食べたことがない食材は園では食べさせられない」としているだろう。手間がかかるものや入手しづらい食品はついつい漏れがちだが、そこもカバーしてくれるのがベビーフードである。

──以上の点から、ベビーフードは親が楽するために存在するのではなく「赤ちゃんのため」だと感じた次第である。ほかにも野菜が足りないときにベビーフードで補ったり、旅行先での食事にしたりと大活躍してくれた。

・デメリットがあるなら逆に聞きたい

ベビーフード自体にも助けられたし、それをお手本とすることで自作する際にも大変参考になった。商品選びも自作メニューの参考にした際も常に子供にとって最善であるように心がけたつもりだ。きっと他の親御さんも同じであるはず。「ベビーフード=愛情がない」とは言わせない。

そんなベビーフードのデメリットはあるのだろうか。ひとつ言えるのは「高額になりがち」ということ。

いま店頭に並ぶ主要メーカーのものは保存料などは無添加、産地の表記も当たり前。さらに有機野菜使用などこだわりがある方向けの商品も多い。1食すべて市販のベビーフードでそろえたなら、ものによったら大人の昼食代を越えてくるだろう。

そのあたりをどうとらえるかは個人の価値観によるが、そこはどの価格帯の商品を使うか、そして使用頻度などで折り合いをつけられるのではないだろうか?

実際に育児をしてみて、ベビーフード批判の根底には「楽することへの罪悪感のようなもの」があるように感じる。でも「育児にヒィヒィいうことが美徳」ではないはず。

最も大切なのは「子供の命を守り、育むこと」であり、現代の多くのベビーフードはそのラインをしっかり越えている。上手な取り入れ方はむしろ「意識高い」と思うのだが……皆さんはどう思うだろうか?

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【パパママ必見】フォローアップミルクが余ってるみんなー! 凍らせてかき氷にしたらフワトロ「台湾風かき氷」になるよ / ミルク消費&子供も喜んで一石二鳥

フォローアップミルクが余ってるお家はいねが~!? 母乳やミルクを卒業する1歳前後から足りない栄養を補うために「フォローアップミルク」に切り替えるというのはよく聞くが、それと同じくらいよく聞く話がある。

うちの子、フォローアップミルクを飲まないんです!」と。

あんなにミルクが好きだったのに……なぜなのか。我が家の子供もご多分にもれずフォローアップミルクが苦手で余りまくっている。そんななか……ふと凍らせてかき氷にしたところ、フワフワトロトロ! 台湾風かき氷「雪花冰(しゅえふぁーびん)」のようなスイーツが出来上がってしまったのだ!

【材料】

・フォローアップミルク:かき氷用の容器にはいるだけ
・フルーツソース(なくてもOK)
・練乳:ミルク150mlに対し小さじ1(なくてもOK)
・好きな果物

【作り方】

1.フォローアップミルクを分量通りに作る。甘くしたい場合はここで練乳を混ぜる。フォローアップミルク自体に甘みがあるので、個人的には練乳なしでOKだと思う。

2.かき氷用の容器に入れて凍らせる。

3.完全に凍ったところで、かき氷機で削り、フルーツソースや果物でトッピングする。


──以上である! 

今回は、Amazonベストセラー常連のかき氷機「ドウシシャ 電動かき氷機 ふわふわ とろ雪」を使ってみたぞ。すると……フワッフワ! 子供も大喜びだ。

暑いので子供もアイスを食べたがるけど、市販のアイスやかき氷って幼児には甘すぎるんだよね~。でもこれなら、甘さも量も大人がコントロールできて安心!

また果物たっぷりだから、シロップのかき氷よりヘルシーだろう。そもそもフォローアップミルクが「足りない栄養を補う」ことが目的なので、一石二鳥だ。

だが1つ気になることが……凍らせたことで品質に影響はないのだろうか。森永乳業のお客様相談室に問い合わせてみたところ

「(凍らせても)品質には問題ないかと思います」

とのこと。ただ家庭の冷凍庫では雑菌がつく可能性があるので、凍らせたら早めのご使用を、とのことだった。うんうん、フォローアップミルクに限らず、家の冷凍庫で凍らせたものは早めに、ですよね! 了解です!!

また、同じくフォローアップミルク「ステップ」を販売している明治乳業では公式にフォローアップミルクを使ったアイスのレシピの紹介もあるので、凍らせること自体は問題なさそうだ。

これで消費期限内にフォローアップミルクを使いきれそう……ヨカッタヨカッタ。ただ、美味しいので食べ過ぎてお腹を壊さないようにだけ気をつけよう!

参考リンク:森永チルミル「ざくざく☆チルミルシャーベット」、明治ステップ「かぼちゃのアイスクリーム」
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

大人も泣ける? アンパンマンの映画をガチで見た結果…悔しいくらいにウルッときた /『きらめけ!アイスの国のバニラ姫』ネタバレなしレビュー

元気100倍! 今日も多くの子供たちを笑顔にしてくれる『アンパンマン』。その劇場版31作目となる『それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫』が2019年6月28日(金)に公開となった。

同作は幼児向けアニメでありながら、ときに大人の心をゆさぶるガチ作品でもある。そんなアンパンマン劇場版の最新作をいい年した大人が真剣に見にいった結果……なかなか胸にささる内容! 子供そっちのけでウルッときた。

・ 『きらめけ! アイスの国のバニラ姫』あらすじ

物語の舞台はアイスの国。歴代の城主たちは魔法のスプーンでアイスを作り、それを世界中に届けていた。しかし、いま、アイスの国にはアイスがない。現・主(あるじ)のバニラ姫がアイスを作ることができないからだ。

バニラ姫は練習に励むが成果が出ず、教育係のお小言にも嫌気がさし、お城を飛び出してしまう。そこでアンパンマンたちと出会い、大切なことに気づいていく……

──というストーリーだ。「ゲストキャラが、アンパンマンたちとの交流を通し成長を遂げる」というのは、王道中の王道。また、バニラ姫の「あるはずの能力を発揮できない」という特徴は第19作『シャボン玉のプルン』や25作の『とばせ! 希望のハンカチ』を彷彿とさせ正直、既視感ありだ。

・新鮮なヒロイン像

だが、バニラ姫に注目して見ると、印象が変わってくる。バニラ姫はゲストキャラ史上1、2を争う礼儀正しさ! ワガママでも意地っ張りでもない「いい子」。彼女の本音に関する描写が少なく、表面上は問題を抱えているようには見えないのだ。

いや、単に描写がないというのではなく、彼女自身が本心を見失っているというか、「アイスの国のお姫様だからアイスを作らなければならない」という義務にがんじがらめになっているように見えた。

現実ではそんな「生きづらそう」な振る舞いをするのは、幼児というより大人だろう。アンパンマンワールドでは、なかなかお目にかかれないキャラ設定だ。それだけに、王道×日常ベースでありながら新鮮さを感じたのだった。

・大人、不覚にもウルッとくる

さて、バニラ姫はあることをきっかけに「何のためにアイスを作るのか」「何のために生きているのか」の答えを見つけ出し、アイスを作れるようになる。詳しくは映画本編をご覧いただきたいが、「魔法のスプーンが○○に○○されてしまう」という事件はなかなかのインパクトだった。

そこからは、

アンパンマン達ピンチ

バニラ姫、覚醒でナイスアシスト

「アンパンマン新しい顔よ!」

アンパンチ、からの「ばいばいき〜ん!」

と、お決まりのパターン。にもかかわらず、バニラ姫の葛藤や成長にウルッときてしまったじゃないか! 悔しいが見事にやられてしまった!

・「何のために」を考えさせられる良作

さて、バニラ姫のように、目の前にある辛さに思考を持っていかれ、物事の本質を見失うというのは誰にでも起こりうることだ。仕事や育児などで経験されたことがある人も多いのではないだろうか? 私はある。そんなバニラ姫のような悩みは、まさに『アンパンマンのマーチ』の歌詞

「何のために生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そんなのは嫌だ(『アンパンマンのマーチ』より引用)」

そのものとも言える。私も今、何のために頑張ってるんだっけなぁ……一度、立ち止まると今やるべきことが見えてくるはずだ。大人にこそ見てほしい映画。アンパンマン、幼児専用みたいな顏をして、やっぱり深い。

参考リンク:『それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24