【たばこニュース】第4の加熱式たばこデバイス「PULZE(パルズ)」を吸ってみた!

今日も元気だ、たばこがウマい! 多少の値上げでは禁煙する気が1ミリも湧かない、ニコチン大好きおじさんの佐藤です。2019年5月から福岡県の一部のコンビニで販売している第4の加熱式たばこデバイスの「PULZE(パルズ)」がいよいよ全国発売開始となった。

すでに市場は先行する3製品で飽和しているように見えるのだが、「インペリアル・タバコ」のパルズはどこまでその市場に食い込んで行けるのか? 実力を確かめるために、実際に吸ってみた!

・アイコスに近い加熱方式

第4の加熱式たばこデバイスと言われるのは、先に販売している「アイコス」「グロー」「プルームテック」に続く4番目に登場した製品だからだ。

他の3製品と比較して、パルズともっとも近いのはアイコスである。というのも、パルズはアイコスと似た加熱方式を採用している。アイコスは本体内部のブレードを熱し、パルズは本体内部のセラミック製のヒーター(芯)で高温加熱しているのだ。

ちなみにグローとプルームテックの高温加熱式デバイス「プルームS」は、スティックを加熱する方式なのでアイコス・パルズとは異なっている。

・価格比較

販売価格は通常4980円。現在(2019年10月29日)はキャンペーンで3880円となっている。

参考までに、他の3製品の価格と比較してみると……。

アイコス 3キット 8980円
アイコス デュオキット 9980円
グロー プロ 4980円
プルームS 7980円
パルズ 4980円(キャンペーン価格3880円)

価格的には、通常価格でグローと同じ。アイコス・プルームSと比べると格段に安い。

なお、たばこスティックは「iDスティック」という名称。現在全国展開されているのはミント・メンソールの2種類で、それぞれ460円で販売している。レギュラー派の私としてはちょっと残念……福岡では売っているようなのだが……。

・本体

本体の形状はアイコス3マルチと同じように縦長で、太字の油性マジックのようなサイズ感だ。

充電コネクタはType-C。満充電で20本連続喫煙可能とのこと。アイコス3マルチが10本なので、倍吸えるのも魅力のひとつ。1回の喫煙はパフ数(吸った回数)に関係なく、4分間となっている。

本体中央のスライダーを上に押し上げると、セラミック製のヒーターを確認することができる。iDスティックを取り外す時、もしくは掃除をする時に、このスライダーを押し上げる仕組みだ。そして、中央の4つのランプで加熱状況やバッテリー残量を確認できるようになっている。

・ゴムキャップが……

満充電で20本は結構いい! 日に何度も充電する手間が省けるのは、ヘビースモーカーにとって大いに助かるところだ。しかし! ひとつ気になる点がある。それは、本体上部のiDスティックの差し込み口だ。

上部には「PULZE」と刻印されたゴムキャップがついている。これを外して、iDスティックを挿入する。

挿入に関しては問題ないが、キャップが取れるのは問題だ。きっとこのキャップ、失くす……。喫煙者は割とズボラな人が多く、紙巻きたばこでもすぐにライター失くしたりするくらいだ。たばこそのものを「どこやったっけな?」ってなるケースも全然珍しくないというのに、こんな小さなキャップ失くすに決まってるよ!

・吸ってみた

さて実際に吸ってみよう。本体中央のボタンを1回押すと起動。続けて長押しすると、1度振動して加熱が始まる。加熱モードは2種類あり、通常の加熱モードが高温。最初の振動後にさらに長押しすると、やや温度の低い「エコモード」になる。

実際に吸ってみると、吸い応えはアイコスに近い。熱量が高く、 しっかり “芯” のある味がする。ミントは突き抜けるような清涼感。メンソールはキレのある爽快感がある。

せっかくだし、レギュラーを吸ってみたかった。このパンチならきっと旨味のあるたばこ葉の味を楽しめたはずなのに……。本体性能はなかなか高いコストパフォーマンスを実現していると言っていい。まだiDスティックの種類が乏しいのが残念だ。今後に期待して星3つ……。なお、いつものように、たばこは二十歳になってからということをお忘れなく。

参照元:パルズアイコスグロープルームテックPR TIMES
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24