【猛暑対策】高級肌着最前線! エアリズムでは感じることのできない「極上の着心地」に出会ってしまった

日本全国、どこに行っても暑い! 連日猛暑を記録しており、万全の対策でこの暑さを乗り切って欲しい。さて、私(佐藤)はこれまで、高級パンツ高級海パンの比較検証を行ってきた。

今回は高価格帯の肌着の比較を行ってみたいと思う。「肌着? Tシャツで十分だ」と言っているそこのアナタ! 価格に応じた高機能の肌着があることを、ぜひ知って欲しい。着心地が段違いだから!!

・4000~5000円の肌着

過去2回の検証では、私がパンツを試着する都合上、「閲覧注意」とさせて頂いたが、今回は安心して欲しい。私のハシタない姿をお見せすることがないので、恐れることなく本稿を読み進めて頂きたいと思っている。

今回も商品を購入したのは、伊勢丹新宿店である。ここのメンズ館地下1階には紳士用下着が数多く取り揃えられており、今回チョイスしたのは3つの商品。価格は4000~5000円の品々である。価格の低い方から見ていこう。

・ワコールメン「薄い、軽い、涼しい 半袖シャツ」

最初に私が目をつけたのは、ワコールの商品。陳列されているサンプルに触った時に、思わず「お!」と思って購入。販売価格は税別4500円。

商品説明によると、吸汗速乾・通気性に優れ、綿混素材を採用しているそうだ。

スウェーデン生まれの抗菌防臭加工(ポリジン加工)を施しており、匂いにくいのもこの商品の特徴らしい。

実際に着てみると、肌に触れたその瞬間からスッと汗が吸い取られるかのようだ。ベタベタした肌の感触が軽くなった気がする。

ほど良い着圧がありながら、身体にまとわりつくような感じがない。優しい着心地は、女性下着専門メーカーならではかもしれない。

・グンゼ「SEEK PREMIUM LINE」DRYFEEL

グンゼの「SEEK」シリーズのなかでも高級商品の「PREMIUM LINE」。さらにそのなかでもサラリとした着心地にこだわったのが、この「DRYFEEL」である。販売価格は税別4800円。

この商品は素材にこだわっており、上質なエジプト超長綿の細番手(ほそばんて)双糸(そうし)を採用し、ドライ性の高いポリエステルを組み合わせることで、サラリとした肌感を実現しているそうだ。

また、汗ジミを防ぐ加工を施しており、アウターへの汗移りを軽減するという。

実際に着てみると、一般的なTシャツでは到底マネすることができない、 “肌に馴染む” 感触がある。

グンゼといえば、はき心地を追求した紳士下着「エアーズ」が好評だ。着心地、はき心地へのこだわりは、この商品にも確実に生かされている。身体によく馴染み、ワイシャツの下に着ていることを忘れさせてくれるような気さえする。

・SIDO「HOHTAI T」

今回選んだ商品のなかで、もっとも意外性に富んだ商品はこの「HOHTAI T」だ。販売元の「SIDO(志道)」は包帯を衣料用生地として独自開発し、パンツやTシャツなどの商品にして販売しているとのこと。販売価格は税別5400円。

驚いたのはこの商品、包帯生地を縫製しているだけあって、非常時にカットすると包帯として活用できるそうだ。

商品の最大の特徴はやはり生地にある。包帯生地により、通気性と保湿性を両立し、汗をかいても蒸れにくいつくりをしている。

他の2つの商品と比べて生地は厚めではあるものの、触った感触は軽やかだ。

着た感じは、伸縮性の高い「天竺素材」を思わせる。まとわりつかずザラリと肌に触れ、密着しつつも、内側に空気を含んでいることがわかる。

ただ、気になるのは「シャツの透け」だ。生地の性質上、シャツの線がクッキリと見えてしまう。上に着るものがワイシャツでなければ、この商品は十分アリだ。

・もっとも気に入ったのは……

3商品を着比べた結果、私は個人的にワコールの「薄い、軽い、涼しい 半袖シャツ」が1番気に入った。まず最初に着た時の吸汗性能がとても高いこと。そして風通しがよく、乾きが早いことがその理由である。この極上の着心地は、涼感に優れているユニクロのエアリズムでも感じることができない。

猛暑対策にひと工夫が欲しいという人は、高級肌着を選ぶのも良いのではないだろうか。

参考リンク:ワコールメングンゼSIDO
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【本気】30代になって白ブリーフという選択肢を考えてみる / ボクサーパンツと比較したらアレ以外は負けているところが見つからなかった

私(hirazi)は32歳。同世代の男性であれば、半数以上が小学生で白ブリーフから卒業していると思う。白ブリーフからトランクス、そしてトランクスからボクサーパンツへという流れが王道であろう。

洗脳されたかの如く、ずっとボクサーパンツを履いてきた私。しかし、冷静に考えてみると、最も機能性が高いパンツは白ブリーフではないか? という疑念が芽生えた。そこで実際に白ブリーフを履いて考察してみることに。

・白ブリーフの定義と予選落ちのトランクス

本題に入る前に大前提をお伝えしたい。独断と偏見の塊と思われるかもしれないが、それも承知の上だ。

まず1点目、ボクサーパンツはボクサーブリーフと言う呼ばれ方もするが、ブリーフはあくまでも、白くてビキニ寄りの形をしたパンツのことである。

白くなかったらブリーフではない。そして、ビキニ寄りの形じゃなかったらブリーフではない。つまり、ボクサーブリーフはブリーフであってブリーフではない。それが私の勝手な見解である。

2点目はトランクスについて。このパンツは、残念ながら予選落ちである。なぜなら、私が細身のズボンを履くことが多いため、ダボつくのだ……実用性においては致命的と言えよう。これにより、ボクサーパンツと白ブリーフの一騎打ちとする。

・白ブリーフとの再会そして合体

前置きが長くなってしまったが、本題に入ろう。今回、私が購入したのは『グンゼ』の白ブリーフ。消臭機能も持ち合わせた優れものだ。

さっそく開封していく。パッケージから取り出した瞬間、懐かしい思い出が脳内を駆け巡り、懐かしい学び舎に思いを馳せる……もう1度あの頃に戻りたい

思い描いていたイメージよりも股上が長かったが、そんなことはどうでも良い。これが正真正銘の白ブリーフということに変わりはない。さて、運命のフィッティングだ。20年以上ぶりに白ブリーフを履いてみたところ……

フィット具合はボクサーパンツと完全に同じである。正直に言うと、そんなことは分かりきっていた。

だがしかし! ボクサーパンツと白ブリーフの形を比べてみると、白ブリーフはビキニに近い。つまり体感としては変わらないものの、肌の露出が多い分、わずかながらも蒸れにくいはず。

さらに!! パンツの面積が少ないということは、細身のズボンを履いた時に、よりフィットするということだ。ここまでは完全に白ブリーフに軍配が上がっている。さすが白ブリーフ。

・白という色によるメリット

次は色によるメリットをお伝えしたい。白ブリーフは白であることが、唯一無二の存在意義でもある。

これをデメリットと勘違いされる人も多いが、明らかにメリットだ。それは何故か? 大便を漏らしたかもしれない……そんな時すぐに発見することができるからである。

匂いは繊維を越えて漂ってくるだろう。一刻も早く漏らしたという事実を認識し、匂いの元を取り去らなくてはならない。早急なる処置により、大事故を防ぐことができるのだ。

白いボクサーパンツを履けば良いじゃん」という声も聞こえてきそうだが、一喝したい。白という色を選択する時点で、前述したフィット感で軍配が上がる白ブリーフを選択すれば良い話なのだ。またしても白ブリーフの勝利。

・白ブリーフ唯一の欠点

白ブリーフの欠点。それはたった1つ。いざという時、女性からあまり良くない印象を持たれる可能性があることだ。もしかしたら偏見かもしれないので、数名の女性に白ブリーフを履いている男性はどう思うか、実際に聞いてみたところ……

「ハッキリ言って引く」
「ボクサーパンツにしてもらいたい」
「マザコンぽい」

など厳しい声が寄せられた。分かってた……分かってたよ、そんなこと……! しかし、そんな女性たちには「それなら君もTバックを履いてくれないか?」と白ブリーフ男性陣営から要求したいと思う。

・これからも白ブリーフを履き続ける

白ブリーフとボクサーパンツについて比較してみた結果、女性ウケという点を除いては白ブリーフの圧勝になった。そして、お察しかもしれないが、私もいつの間にか白ブリーフガチ勢になっていた。ギャグのように思われるかもしれないが、この記事で書いた内容は真剣に導き出したベストアンサーである。

この記事を読んで、白ブリーフありかも? と思った男性がいたら1度試してみて欲しい。そして、肌身をもって魅力を感じてもらえたら幸いだ。もちろん、私も白ブリーフを履き続けるだろう……デートのとき以外は

参照リンク:GUNZE
Report:hirazi(ひらじ)
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24