【ポケモンGO】11月の「コミュニティ・デイ」はヒコザル! 実は意外と…

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もロケット団とのバトルに精を出しているかな? というか、リーダーたちってなかなか強いよな? お兄さんはアルロとの初バトルで3回も負けちゃったよ! ずっとその場にとどまるのが恥ずかしいよね!!

それはさておき、来る2019年11月16日(土曜日)は月に1度のお楽しみ『ポケモンGOコミュニティ・デイ』が開催される。シンオウ地方の御三家の1つ「ヒコザル」が大量発生するのだが……。意外と〇〇なコミュニティ・デイとなりそうだ。

・ヒコザルが大量発生

まずは11月のコミュニティ・デイの概要からお伝えしよう。開催日は11月16日(土曜日)の11時から14時までの3時間、大量発生するのは「ヒコザル」だ。当然、色違いヒコザルもこのタイミングで登場するから、きっちり3匹の色違いを確保しておきたい。

ルアーモジュールの効果が3時間継続するのはいつも通りで、他には「タマゴをふ化させるのに必要な距離が1 / 4」のボーナスが発生する。また、イベント開始から終了2時間後までにゴウカザルに進化させると、特別なわざ「ブラストバーン」を覚えるぞ。

・色違いの確保以外に…

さて、今回のコミュニティ・デイだが、正直に言ってしまうと「色違いの確保」以外にあまりやることが見当たらない。ほしのかけらを使っておくと、タマゴ効果でほしのすながチョイチョイは貯まるものの「すな〇倍」と比べた場合、旨味はそこまでないハズだ。

また、あくまでトレーナーの進捗具合にもよるが、どのタマゴを割っても当たりが極めて少ないのも悩ましいところ。10kmタマゴならモノズ、フカマルなどが当たりなのだろうが、かつてリオルやリーシャンを求めてタマゴを割りまくっていた時期と比べると、個人的にテンションは上がりづらい。

さらに言うと、確かに「ブラストバーン」は強力なわざなのだが、トレーナーバトル用のゴウカザルを作る必要は現状だとないハズだ。現在、トレーナーバトルは “みずタイプ” の全盛期。みずが弱点のほのおタイプはそれだけでも活躍できる見込みが薄い。

・オススメのプラン

上記のことを踏まえて11月のコミュニティ・デイは「色違いの確保」及び「ロケット団とのバトル」に励むことをオススメする。というのも、リーダー戦は6回したっぱと戦う必要があり、思ったほどリーダー戦をこなせていないトレーナーも多いことだろう。

リーダーは夜中の時間帯は出現しないので、日中に3時間がっつりポケモンが出来るコミュニティ・デイは大変貴重だ。ヒコザルをポチポチしながら黒いポケストップを巡り……。これが11月のコミュニティ・デイの正しい楽しみ方……だと思われる。

とにもかくにも、今回のコミュニティ・デイは血眼になるほど全力を出す必要はないハズだ。意外とやることはない。とはいえ、残り1時間で色違いが捕れてなかったら必然的に血眼になるんだけどね! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24