最強ビジネスホテル『ドーミーイン』のカップ麺「ご麺なさい」がタダなのに美味い! イラストはナメてるが疲れた身体に染み渡る懐かしい味!

豪華な朝食ビュッフェと温泉大浴場で知られる人気ビジネスホテルといえば、もちろん「ドーミーイン」だ。これまでは全国各地のご当地朝食を紹介してきたが、実を言うと、ドーミーインはラーメンもかなり有名……らしい。

というのも先日、出張帰りの知人から「もちろん知ってるっしょ?」と言わんばかりの表情で、ドーミーインのカップラーメンを渡されたのだ。一応ありがたく受け取ったものの、よーく見ると……おそろしくダサいパッケージに『ご麺なさい』と書いてある。おい何だよこれ!

・ご麺なさい

パッケージ中央にいるのは、ドーミーインの宣伝部長として活躍している「ドーミーいんこ」という名の妖精だ。そもそも謝られる覚えはないから別にいいのだが……全然「ごめんなさい」の表情はしていない。いや、ナメてんじゃねぇぞ!

ちなみにラーメンは、知人が連泊をする際に「清掃不要」を申し出たらホテルからプレゼントされたものらしい。なるほど、それで「ごめんなさい」ということか……まあ謝るようなことではないな。むしろタダでカップラーメンは嬉しい。

イラストはナメてるが、さすがドーミーインである。神サービスと言えるだろう。

・名物の夜鳴きそば

もともとドーミーインでは夜遅くに戻ってきた宿泊客に、小腹を満たす醤油ラーメン「夜鳴きそば」を無料提供しているらしい。んで、それがスゲー美味しいと話題になって製品化。今では、夜鳴きそばの提供時間に間に合わなかった方にも『ご麺なさい』を配っているそうだ……

イラストはマジでナメてるが、さすがドーミーインである

・醤油ベースの懐かしい味

何も知らなければ、迷わず我が家の棚へ放り込んでいただろう。まさかこいつが最強ビジネスホテル・ドーミーイン自慢のラーメンだったとは。なんだかじわじわテンションが上がってきたぞ……もう今すぐ食べるしかねぇぇ! ということで開封した。

かやくを投入して熱湯を注げば、4分で完成である。

さあ、それでは実食だ。麺を持ち上げてほぐしたら、昔懐かしい醤油ラーメンの香りがふわりと漂う。ほほう、これはけっこう期待できまっせ。ってことで、麺をすすってみると……予想は的中。昭和な味わいが口いっぱいに広がった。これはウマい!

ドーミーイン自慢の「鶏がら醤油スープ」は1口すすっただけで、旨味の余韻がじんわりと残る。そして、もっちり食感のちぢれ麺がスープとよく絡んでウマいのだ……ってか、これがタダってマジかよ。万人受けする昭和ラーメンを無料提供するとはさすがだな。

・ネットでも購入可能

さて、今回ご紹介した『ご麺なさい』は、ドーミーインストアでも1箱12個入り1800円で販売している。ただ、こーゆーのって狙って食べるよりも偶然ラッキーで食べる方が断然ウマいんだよな。ドーミーインのプチサプライズ、機会があればぜひ堪能してみてほしい。

参考リンク:ご麺なさい
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【どう思う?】ホテルの大浴場における「洗顔フォーム」のポジションにモヤモヤが止まらない話

本当は毎日湯船に浸かりたいのに、掃除が面倒なのでシャワーで済ませてしまう33歳の男です。そんな私(あひるねこ)にとって、銭湯や温泉は心からリラックスできる最高の場所に他ならない。しかし……どうもモヤモヤしてしまうことが一つあるのだ。

詳しくは後ほど書くが、この現象を引き起こしているのは「洗顔料」の存在である。シャンプー、コンディショナー、ボディソープと並ぶ入浴時の必須アイテムが、どうしてこうも俺を悩ませる惑わせる壊してくのか。

・モヤモヤしちゃう

まずハッキリさせておきたいのは、このモヤモヤは銭湯では発生しないということだ。主にホテルの大浴場や大きめの温泉施設といった、比較的キレイで設備がしっかりしている場所で起きることが多い。逆のように思うかもしれないが、事実そうなのだから仕方ないのである。

・ホテルの大浴場にて

去年の話だ。私が宿泊したビジネスホテルには、天然温泉ではないものの大浴場が併設されていた。ホテル自体、数年前に完成したらしく、脱衣所には明るく清潔な雰囲気が漂っている。実に好(ハオ)なり。

ネットで予約した際、ホテルのサイトには大浴場について「シャンプー・コンディショナー等完備」という表記があった。このホテルに限らず、よく見る文面だと思う。なので私は当日、着替え以外は何も持たず手ぶらでホテルへ向かった……

っていうのは嘘でーーーす!

・嘘です

実は洗顔フォームだけ持って行きましたーー!! そう、この後どうなるかを予測して、あらかじめ洗顔フォームだけは持参したのだ。そう何度もダマされてたまるかよ。さあ、ここからはモヤモヤについて本格的に怒っていくぞ。

・洗顔料のポジション

大浴場に入って洗い場に座ると、サイトの記載通りシャンプーとコンディショナーのボトルが1本ずつ用意されていた。これは共用ではなく、各席(?)に置いてあるものだ。加えてボディソープのボトルまであり、一見文句のつけようがない布陣に思える。

しかし、この隊列にいつも参加していないのが洗顔料なのだ。例えばスーパー銭湯なんかだと、上記の3本に加えて洗顔料のポンプが用意されている場合もあるにはある。が、私の経験上、その不在率は圧倒的だ。ドラえもんの “みんなで大冒険する” 系エピソードに、出木杉が参加しているくらいのレアケースなのである。

とは言え、洗顔料がただ純粋に「ない」だけでは、私もこんなにモヤモヤしない。では、なぜモヤモヤしてしまうのか? ここで思い出していただきたいのが、脱衣所の洗面台上のメンツだ。風呂から上がった人がドライヤーで髪を乾かすあの場所には、一体何がある? よく思い出してくれ。

・洗面台にあるもの

男湯の場合、置いてある率が高いのは主に綿棒、ヘアトニック、ヘアリキッド、全身に塗るなんか化粧水的なヤツ、そして……洗顔料ではないか。

…………。

いやいやいやいや! お前のポジションはここじゃねーだろ!! シャンプーとコンディショナーの隣にいろやァァァァァアアアアア!

・そこじゃない

そう、私がいつもモヤモヤしてしまうのは、実はこの件なのだ。なぜ洗顔料が外にある? なぜ中にいない? 服を脱いでまず洗面所で顔を洗ってるおっさんを、あなたは見たことあるだろうか? 私は一度もない。顔を洗うのは、頭や体を洗う時と同じタイミングではないのか?

場面をビジホの大浴場に戻そう。私が湯船に浸かっていると、30代後半くらいの男性が一人、頭や体を洗っているのが見えた。おそらく出張で泊っているのだろう。お疲れ様です。すると次の瞬間、男性がスッと立ち上がって外に出て行ったぞ。一体どうしたというのか?

・悲しい光景

数秒後、男性は両手で何かをすくうような恰好で戻ってきた。ま、まさか……。そう、そのまさかである。顔を洗うため、男性は外にある洗顔料を手にプッシュして持ってきたのだ! しかも小走りで……! こぼすまいと小走りで帰ってきたのである……!! つま先でこう、チョン、チョン、チョンと……ッ!

こんな……こんな悲しい光景があっていいのか? 許されるのか!? お前らの血は何色だァァァァァアアアア!!

・願い

私も洗顔料がなくて、仕方なくボディソープで顔を洗ったことがあります。ええ、顔がパリッパリになりました。だから洗顔フォームだけは持参するようにしているのですが……経営者の方々、後生じゃ。せめて1本、1本だけでいいので、洗い場にも洗顔料を置いてもらうことはできませんか? あの悲しく、そして切ない光景を、世界から根絶するためにも……。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【小声】ひつまぶし食べ放題で1泊6000円代!? ビジネスホテル『ベッセルイン栄駅前』が名古屋旅において無双すぎる

知らない街を歩いてみたい♪ 旅は良いものだ。普段の場所から離れて遠くの街へ。心の垢を落とすのにもちょうど良い。そんな旅において重要なのが泊まる場所

この度、私(中澤)が名古屋で泊まったビジネスホテルがかなり素敵だったためご紹介したい。泊まるだけで、名古屋に来た目的の半分くらいは満たせてしまった

・ひつまぶし食べ放題

皆さんは、名古屋と言えば何を連想するだろうか? 私の場合はグルメ! ひつまぶし、みそカツ、どて煮、あんかけスパゲティーと名古屋はとにかくB級グルメの宝庫である。もはや、大阪以上に「食い倒れ」と呼べるのではないだろうか

名古屋に来たからには名古屋メシを堪能しないといけない。それは私にとって半ば使命のような欲求だった。そんな欲求が、今回泊まったホテル『ベッセルイン栄駅前』の朝食1回で全て満たされてしまったのである。朝起きて、朝食を食べに2階のラウンジに行くと……

みそカツ!

どて煮!!

ひつまぶしィィィイイイッ!!!

ビュッフェ形式の朝食は名古屋メシのオンパレード! しかも、嬉しいのは、ひつまぶしがちゃんとタレと共に炊き込まれていること。ビジネスホテルの朝食にもかかわらずかなり本格的なひつまぶしを食べることができる。ウンマッ!

もちろん、ビュッフェのため、サラダやフルーツ、パンなどの洋食もよりどりみどり。かなり手抜かりのないラインナップと言えるだろう。

・オープンしたばかり

と、この朝食だけでも名古屋のビジネスホテルの中で無双しているわけだが、細かい点で、いくつか気に入ったポイントがあったため追記したい。

実はこのホテル、2018年11月1日にグランドオープンしたばかりなため、とにかく新しくてキレイなのだ。フロントも廊下もキラッキラである。さらに気に入ったのがベッドの固さ

・住みたい

私はホテルによくある「ぼふっ!」と背中が沈むようなふわふわすぎるベッドが苦手で、寝不足になったりするのだが、ここのベッドは非常に寝心地が良かった。

ある程度の固さがあるのだが、だからと言って固すぎない。寝やすすぎてチェックアウトぎりぎりまでゴロゴロしてしまった。このベッドから離れるのが名残惜しい。もはや住みたい

そうそう、チェックアウトと言えば、デフォルトでチェックアウト時間が11時なのも嬉しい。朝のバタバタとは無縁で、観光などで使う場合にも最適だ。ちなみに、チェックアウト時間は追加料金(1時間あたり1000円)を払えば14時まで延長することができる。

・1泊の値段

でも、お高いんでしょ? ここまで読んできてそう思った読者の方もいるかもしれない。宿泊の値段は曜日や時期によって様々だが、サイトで直近の料金を検索してみたところ……

最安値で税込6200円(朝食付き)。

2019年6月の月曜日と日曜日は全て6000円代で、繁忙期や予約時期などによって上下するようだ。ちなみに、私が泊まった6月7日金曜日は税込み1万100円だったが、正直、1万円代でも十分満足だったので、6000円代でこのクオリティーは無双すぎる。

なお、立地に関しても、名古屋市を代表する繁華街の駅・栄駅の出入り口から徒歩1分くらいと旅人にとって最強。名古屋旅の際は、1度このビジネスホテルで宿泊日の値段を見てみることをオススメしたい。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ベッセルイン栄駅前
住所 愛知県名古屋市中区錦3-14-13

参照元:ベッセルイン栄駅前
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24