あかぎれ、さかむけ…手荒れに悩む女性が多い都道府県はどこ?

寒くて空気が乾燥したこの時期の家事で一番きついのは、何といっても水仕事でしょう。水仕事で手や指が荒れてしまい、あかぎれやさかむけに悩んでいる女性は少なくないと思います。

液状絆創膏などを展開する株式会社東京甲子社では、手荒れに関するアンケートを実施。手荒れに悩む女性には、都道府県による傾向が見られたといいます。
また、水仕事の負担感を減らす筆者おすすめの便利家電も紹介します。

あかぎれ、さかむけ、切りキズに悩む女性が多い都道府県は?

シンク

kouchan / PIXTA(ピクスタ)

今回の調査は、普段から水仕事を含む家事に従事している女性を対象にしたアンケートです(全国に住む30~50代既婚女性4,700名)。

まずは秋冬シーズンに手指の症状で悩んだことがあるかを聞くと、「あかぎれ」(手指のひびが深く、赤い内部が見えるもの)は73%、「さかむけ」(爪の生え際の皮膚が荒れて、指のつけ根の方に細くむけること=ささくれ)は91%、「切りキズ」(水などがしみるもの)は85%の女性が「ある」と回答。

また、どの都道府県に住む女性がそれぞれの症状に悩んでいるかを調査した結果は、以下の通り。

1位になったのは、あかぎれは栃木県、さかむけは熊本県、切りキズは三重県でした。北海道や東北六県、東京都、沖縄県などがランクインしていないなどの傾向が見られました。

また、秋冬に「あかぎれ」や「さかむけ」、「切りキズ」がつらいと感じる瞬間について聞くと、圧倒的に「食器洗い」と回答した人が多かったです。

食器

冷たい水だけでなく、スポンジによる刺激や食器用洗剤がしみることなど、食器洗いはもっとも手荒れをしている時にやりたくない家事なのかもしれません。

水仕事による手荒れが減った便利家電はこれ!

食洗機

kenji / PIXTA(ピクスタ)

敏感肌の筆者も、寒い時期には手や指がしょっちゅう荒れてしまいます。ひどい時にはゴム手袋をつけて食器を洗っていましたが、ゴムによってかぶれてしまったことも。

そうした経緯もあり、今の戸建てに引っ越す時には真っ先に食洗器の導入を夫に相談し、ビルトイン食洗器を設置。卓上タイプと違って上部から食器を出し入れできて姿勢が楽なので、あらゆる点で体への負担感がないところが気に入っています。

床拭きロボット

食洗器と同様に手や指への負担感が減った便利家電は、水拭きも乾拭きもできる床拭きロボット掃除機です。

子どもが産まれたことでフローリングを清潔に保ちたいと、それまでは定期的に雑巾がけしていましたが、戸建てだと面積も広くてなかなか大変。しかし、床拭き掃除ロボットを導入してからは雑巾がけの必要がなくなりました。

そのほかにも、洗濯が終わったばかりの濡れて冷たい衣類をハンガーにかけて干す必要がなくなったガス乾燥機や、大変だった窓掃除が一気にラクになった窓用バキュームクリーナーなど、便利家電やお掃除グッズのおかげで家事における水仕事の負担がグッと減りました。

この寒い時期の水仕事を伴う家事の身体的負担に悩んでいる方はぜひ、こうした便利家電やお掃除グッズを導入してみてはいかがでしょうか

【参考】
~「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?~ 乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ県」全国TOPは栃木県! 「さかむけ県」1位は熊本県、「切りキズ県」1位は三重県に

Source: 日刊住まい