【4度目の挑戦】胃がんの原因「ピロリ菌」の除菌に失敗し続けてついに…

胃がんの原因とも言われているピロリ菌。その除菌に何度も失敗し続けたことを、当サイトではこれまで何度かお伝えしてきた。成功確率が9割を超える(※)とされる1回目の除菌(1次除菌)に失敗し、2回目の除菌(2次除菌)にも失敗し、3回目の除菌にも失敗し……。

ついに、大学病院の研究対象にまでなってしまった話を紹介したのだが、覚えておられるだろうか? 知らない人は過去の記事を見ていただくとして、今回は4度目の挑戦の結果をお伝えしたい。

正直なところ、心の中では「諦めモード」に入っていたピロリ菌の4次除菌。指定の日時に大学病院へ行って検査を受けた後、結果が出た頃に診察室に入った。そこで、最初に医師から聞かれたのは……

医師「あれから調子はどうですか? 気分が悪いとか無かったですか?」

──何でそんなことを聞くのか。調子が悪くて当然の結果が出ているということなのだろうか? それはつまり……。と、ネガティブな結果が頭をよぎったそのとき……!

医師「除菌、成功してます」

……

……

……

思わず「え! 本当ですか?」と聞いてしまった私に対して、医師は検査結果を見せながら丁寧に説明してくれる。しかしながら、「マジで?」的な気持ちがどうしても拭えない。

冷静に考えれば、4次除菌まで行ってしまう方が「マジで?」なのだが、負け癖がついてしまったために、4度目の正直で「勝った」ということがすぐには信じられないのである。

だけど、まぁとりあえず何とかなった……ってことだろう。時間の経過とともに、安心感がじんわりと心の中に広がっていく。

・徐々に嬉しさが込み上げる

その後、医師から「ピロリ菌がいたことで胃が傷ついているため、年に1回内視鏡検査を受けるように」的なことを言われて、「マジで……(;_;)」となったが、除菌成功の実感が湧いてくると気持ちが大きくなってくるから不思議だ。

やがて診察室を出る頃には、テンションが上がりまくり、神輿でも担ぎたいくらいの気持ちになっていた。なにせ、やっと……やっと……ピロリ菌の除菌が終わったのだ。今まで長かった。それが、ようやく……!

今日は祭りじゃああああああああああああ! という気持ちにもなるというもの。そして、それをそのまま妻にLINEで伝えたところ……

気持ちが高ぶりすぎて意味不明な盛り上がり方になったことを報告し、このピロリ菌シリーズを終わりにしたい。

・もう1つだけ

最後に、過去の記事でも書いたが重要なことなのでもう1度。私のように4次除菌までしてしまうのがレアなケースなのであって、ピロリ菌のチェック自体はとても簡単だ。

読者のみなさんも、気になったら近くの病院で相談するのがいいかと思う。詳しくは以前の記事を参照して欲しいが、最近は検診や人間ドックでピロリ菌の追加検査をできる場合があるらしいぞ。

※除菌成功確率は、日本ヘリコバクター学会『H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版』より

Report:和才雄一郎
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【胃がんの原因】ピロリ菌四次除菌の「治療費」を見て笑った

胃がんや胃炎の原因と言われているピロリ菌。確率的に考えれば、大体の人が一度の除菌(一次除菌)でOKなはずなのに、私は「何度も失敗した挙げ句に内視鏡検査を受ける羽目になった話」を過去の記事でお伝えした。

その検査結果を受けて、私は先日 医師から四次除菌の薬を処方してもらったばかり。ちょっと前に服用が終わったところで、まだ4回目の除菌が成功したかどうかは分からないのだが……四次除菌の「治療費」を見て驚くことがあったので報告したい。

まず触れておきたいのだが、ピロリ菌除菌の保険ルール。以前の記事で、「一次除菌と二次除菌までしか保険適応にならないので、三次除菌セットは保険が効かない」と記載したのを覚えておられるだろうか?

覚えている人は少ないかと思うが、さすがに私は覚えていた。なぜなら、三次除菌の薬代で1万円近くかかってしまったのだから。忘れたくても、忘れられない。

そして今回の四次除菌。私の気がかりの1つは薬代(治療費)であった。前回で1万円だから、今回はそれ以上でも不思議ではない。なぜなら、四次除菌の治療は大学病院で受けているのだから。下手したら2〜3万かかるってことも……ありえる! そう覚悟していたら……

合計が……!

250円!

前回に比べたら……

超絶激安!!

なぜなのか、説明しよう。簡単に言うと、私の胃にいるピロリ菌がタフすぎて、いわば研究対象になってしまったのである。

なので、明細書にある「投薬」の欄を見ると……

研究費払薬」と記載されている。これのおかげで、前回とは比較にならないほど安くなったというワケだ。有り難いというか、悲しいというか……。安く済んだにもかかわらず、こんなに複雑な気持ちになったことはない。

・お礼

ちなみに、ピロリ菌の除菌の記事を公開した際、応援の声のほか、医療関係者と思われる読者の方から大変貴重なアドバイスをいただきました。この場を借りて、お礼を申し上げます。また、いただいた情報は主治医とも共有しております。本当にありがとうございました。

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24