ワークマンのライダー向けブランド「イージス」は冬バイクの救世主となるか!? 生粋のバイク乗りが本気でレビュー

機能性の高い商品ラインナップで、一般層からの支持も高まっているワークマン。そんなワークマンが、いまライダーからも熱い視線を浴びていることをご存知だろうか。特に注目されているのは防寒性能に優れたアパレル「イージス」だ。

寒くて寒くて仕方ない真冬のバイクだが、はたして「イージス」は救世主となりうるのだろうか。購入を迷っている貴方のために、バイク乗りの視点でレビューします!

・温もりが欲しくて

風を切りながら走る冬のバイクは、拷問と言ってもいいほど寒い。というか寒いを通り越して冷たい。しかし筆者もそうなのだが、車を持っておらず冬でもバイクに頼らなければいけないという人は多いだろう。

そんな冬バイクの切り札になるかもしれないのが、今回紹介するワークマンのアパレルブランド「イージス」である。公式ホームページでも防寒性能の高さが紹介されており、検証してみる価値は大いにありそうだ。

イージスだけでも複数の製品がラインナップされているのだが、今回は特にライダーにオススメと書かれている「H700 イージス透湿防水防寒スーツ(冬1)」を試してみることにした。

・運動性能は申し分なし

さっそくワークマンへと赴き、商品をゲットした。価格はジャケットとパンツの上下セットで6800円となっている。実際に着用して、まず最初に筆者が好感を持ったのはパンツのストレッチ性だ。

というのも、ミッションタイプのバイクは車体を跨ぐようにして乗車するから。特にシートバッグなどを装備している場合、かなり高く足を上げて車体を跨がなければいけない。

その点でイージスのパンツは股下部分のストレッチ性が非常に高く、乗降の際に全くストレスを感じない。

なんならディラン・マッケイばりに足をピーンと伸ばしても窮屈さはゼロ。これならビバリーヒルズツーリングだって行ける!

・そして防寒性能は

さて、運動性能から先に言及したのには理由がある。それは肝心の防寒性能が、着た瞬間に「うおっ!」となるものではなく、時間が経てば経つほどジワジワと実感できるものだからだ。

この日の筆者は、商品の購入とレビューを兼ねてバイクでワークマンまで出かけた。購入した商品を着用して自宅まで15kmほどの距離を走行。さらに駐車場で写真を撮影したりしていた時間も含めると、かなり長時間を屋外で過ごしたのだが……。

ビックリするほど寒くない!

なにせ風を通さないというのが良い。外からの風が入ってこないということは、すなわち自分の体温が外に逃げないということでもある。したがって時間が経つほどポカポカ度が右肩上がりに増すのだ。

しばらく着用してから空調の効いた屋内に入ると、軽く汗ばむほど。そしてこれだけ暖かいにも関わらず、モコモコ感は抑えめ。ジャケットもパンツ同様、動きやすさは申し分ない。これスゴイですよ!

・減点事項は無い

まあバイク乗りの視点から厳密に見ると、細かなツッコミどころもなくはない。例えば首部分の前立て。これが顔に被るほど大きいので、ヘルメットを着用する際に干渉して、少しアゴヒモが締めづらい。

しかし、前立てが風防として防寒上の役割を担っていることを考えれば、これを減点材料とするのは酷だろう。先にヘルメットを被ってからジャケットの前を閉めればいいだけの話でもあるし。

また袖口部分には親指を通す穴が付いており、リストガードとしても使えるようになっている。この状態(リストガードに指を通した状態)で腕を伸ばすと、少しジャケット全体が突っ張る感じは覚えた。

走行中はグローブを着用する人が多いだろうし、「バイクに乗る」という観点からはリストガードの必要性は感じなかった。ただ、あって困るわけでもない。

揚げ足を取れば多少のツッコミどころはあるものの、買ってガッカリするようなマイナス材料は全く見当たらなかった。

商品に関するレビューは以上である。価格、運動性能、防寒性能などトータルで考慮して「買い」かどうか判定するならば……筆者の見解はズバリ「買い」だ!

参照元:ワークマン「イージス
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【センシティブ】ヴェネツィアで買ったエプロンを持て余している話 / つけると何をとは言わないが、出してるみたいでソワソワする

旅行やら出張先で買った土産物というのは、往々にして持て余される運命にある。意味不明な木刀とか、背中になにやら文字が入った法被とか、覚えのある方はそこそこいることだろう。

私(江川)の家にもその手のものがある。イタリアはヴェネツィアで買ったエプロンだ。見つけたときは「やべぇ!」となったし、持て余し続けて何年も経つ今でも「やべぇ!」となる代物。「やべぇ!」とはなるものの、ヤバいがゆえに使用がはばかられ、結果として持て余している。

・センシティブ

何がどうやばいのか。一言で言うと、センシティブなのである……。

あれは、滞在中にアクアアルタ(洪水みたいなやつ)に見舞われた時のこと。海水が引いたばかりで水浸しになっていた島内をうろうろしていた時に、ボッタ値の土産物屋でみつけたのだ。

モチーフはダビデ像。ミケランジェロ作の、あの有名な彫刻である。日本人なら、誰しも義務教育課程のどこかで、その写真を見たことがあるはずだ。なんら恥じる点など無いイタリアの至宝、人類史上最高の芸術品の一つ。

そしてそのエプロンは、ダビデ像の写真がプリントされている。

いや……正確には、ダビデ像のセンシティブな部分のみが主にプリントされている

記事の都合上はっきりと活字化することはできないので、想像していただきたい。あのダビデ像である。ダビデは、ゴリアテとの決戦の最中。何一つ身を守るものをまとわず、石を投げようとしている。

そう、何一つ身を守るものをまとっていないのである。つまり、ダビデのセンシティブなセンシティブもまた、何にも守られず、センシティブな状態にあるのだ。

記事では都合上、写真をそのままお見せすることができない。しかし、ダビデ像のセンシティブな部分がセンシティブな状態にあることは小学生でも知っている事実。しかし最高峰の芸術作品なのだから、センシティブではあれどそう気にすることは無いかもしれない。

・巧みなデザインセンス

ただし問題のエプロンは、イタリアンファッション界の巧みなデザインセンスによって、ダビデ像のセンシティブな部分のセンシティブ度を、劇的に上昇させることに成功しているのである。

どういうことなのか……

エプロンの上のほうから解説しよう。ダビデ像の写真がプリントされているわけだが、ダビデの顔は、いや、鎖骨から上辺りは完全にカットされている。

では上の部分には何がプリントされているのか……ずばり、ダビデの乳首である。エプロンの構造上、上のほうは布の幅が狭い。しかし、ダビデの両方の乳首に関しては、何が何でもエプロンの枠に入れてやるという執念を感じる配置になっている。

そしてダビデのお腹があり、その下には当然のごとく、ダビデのセンシティブなセンシティブがド真ん中にプリントされている。なお、プリントの配置は絶妙に調節されており、着用するとダビデのもろもろの各部位が、着用者のそれらの部位と近い位置にくるようになっている

つまりこのエプロンを着用すると、ダビデのセンシティブなセンシティブによって、まるで着用者がセンシティブなセンシティブをセンシティブしているかのごとく見えてしまうのである。

エプロンそのものを眺める分には別にどうということもない。しかし、いざ着用するとなるとこれが微妙にソワソワするのだ。そこはかとない「出してる」感。そこで、「やべぇ!」などといって笑ってくれる人がいるなら、ネタとしてはアリだろう。

しかし一人暮らしならどうだ? 一人誰もいない部屋で、見た目がセンシティブな状態になるエプロンをつけてソワソワした気分に浸るおっさん……ちょっとレベルが高いのではなかろうか?

そういうわけで、持て余しているのだ。かれこれ7年くらい持て余している。しかもこのエプロン、ヴェネツィアで買ったものだが、割とイタリア内ならどこに行っても売られている

つまり、ヴェネツィア土産としての立場は微妙な代物だ。唯一の救いはタグに「MADE IN ITALY」と書かれていることだろうか。一応イタリア土産としてはそれなりの体裁を維持している。

今でも売られているのかは知らないが、もしイタリアで見かけて買いそうになったらこの記事のことを思い出してほしい。めっちゃナイスに思えるだろうが、いざ所持してみるとマジで持て余す。でも、人にあげるならいいかもしれない。

参考リンク:Wikipedia(ダビデ像)
執筆:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ファッションの都「イタリア」で買った服を日本で着ようとしたら…鏡を見て愕然とした / イタリア旅行あるある?

散々言い尽くされてきたことではあるが、イタリア人はオシャレである。実際にイタリアに行き、そう感じたのは私だけではないだろう。さすがにファッションの都とか、ファッション大国などと言われるだけのことはある。みんなカッコいい!

そんなイタリアで、私も服を買ってみることにした。そして帰国し、その服を着て職場へ行こうと思ったら、鏡を見て愕然としたのだ。何が起きたのかというと……

パツンパツンやないか!

「まぁ、アリの範囲かな?」と思わなくもない……

ような……

やっぱりパツンパツンやないか!!

──と、鏡の前で叫ぶ羽目になったのである。なぜか? ただ単に、イタリア滞在中に体重が急増したからだ。購入した時はちょうどいい感じのサイズだったが、その後にイタリアで食いまくっていたら、気づけばピチピチになってしまったのである。

ご存知の通り、イタリアは美食の国。これ以上説明する必要はないだろう。

・安い服だけど

まぁ私の場合、「イタリア」と言っても購入した店はフィレンツェのH&M。バリバリのファストファッションなので、価格的には安い。私が買ったシャツは、たしか10ユーロほど(約1200円)程度だったように思う。

だからそこまでダメージは大きくなかったものの、高い店で服を買った人や、服目的でイタリアを訪れた人が私と同じミスを犯した場合はショックが大きいに違いない。注意されたし。

・イタリアで服を買う際の期待

余談だが、私がH&Mに行った理由は気候的に長袖が欲しかったから。つまり防寒目的だった(イタリアには半袖しか持って行ってなかった)のだが、自分の中に期待がなかったといえばウソになる。オシャレ化への期待が……! イタリアの服を着るだけで、変われる期待が……! カッコよくなれる期待が……!!

だから、世界中にあるチェーンと分かっていても、H&Mの店舗に入ったときは緊張した。「俺、イタリアで服買おうとしてるで」と思ったら、何かがこみ上げてきたというか、以前の記事で紹介した「初めて美容院に行った思春期の男子」のような気持ちになったというか……お分かりいただけるだろうか?

「全然分からない」という人もいるかもしれないけれど、とにかく私としては購入すること自体が特別な体験であった。なので、シャツに対する思い入れも強い。これは服というより、もはや1つの勲章なのだ。だから、これからずっと大切に持ち続けて……

でもやっぱりパツンパツンやないか!

終わり

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【選ばれし者】キツイくらいが丁度いい! 厳しい環境で芽吹く蕾… 四コマサボタージュ第62回「素質ありっ!」

SMとかで緊縛って縄を使ったのがあるんだけど、アレは縛ることを専門にしてる「緊縛師」って人がいて、監修しているらしいんだ。その人たち曰く、痛いように見えてそうでもないように気をつけていて、素人が真似をすると怪我したり痕が残ったりと危ないらしいんだ。

漫画:ザックKT-4

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【夢実現】憧れだった「肩に革ジャンを羽織る」行為に挑んでみた! あるアイテムと合わせると絶望的にダサくなると判明……

私(佐藤)は約半世紀(45年)生きてきたが、いまだに理解できないものがたくさんある。宇宙の神秘はもちろんのこと、身近なもので言えば「ファッション」もそのひとつだ。自分に似合うモノは何か? 着合わせが良いとはどういうことなのか? 今のトレンドは?

挙げたらキリがない。それらのなかで、もっとも私にとってナゾだったのが、「肩で革ジャンを着る」行為だ。なぜ袖を通さないのか? そう思いながら、いつか自分でもやってみたいと思っていた。とうとうその夢を叶えたのだが、あるアイテムを合わせると立ちどころにダサくなってしまった。なぜだ?

・革ジャンとツバの広い帽子

私の印象では、肩で革ジャンを着る類の人たちは、ツバの広い帽子を被っている傾向にある気がする。幸い革ジャンは、2012年に韓国を訪れた際に購入し、いまだに愛用している。

7年も前のことなので詳しく覚えていないのだが、東大門(トンデムン)の市場で、4万円で購入したと思う。イタリア製とのことだったが、その真偽は不明だ。

ツバの広い帽子は、いままさに日本から去ろうとしているフォーエバー21の閉店セールで物色。60パーセント割引の帽子が会計時さらに10パーセントオフで、都合410円で販売していたので、コレを購入。

以上で準備完了。あとは、肩に革ジャンを羽織るようにして着て、街に出かけるだけだ。いくぞ!

・ファッション極めた!

とりあえず、編集部近くの新宿3丁目の交差点まで出て、適当に写真を撮ってみる。すると……

あれ? ちょっと待って。私の想像では、私ごときのありふれたオッサンが肩で革ジャンを着ても、フワフワして落ち着かない仕上がりになると思っていたのだが……。

も、も、も、もしかして!?

似合っちゃってるーーーッ!?

最初にも述べた通り、私にとってファッションとは理解できないもののひとつだ。しかしそれはもう過去の話、ファッション? わかるよ! 自分に似合うモノを着たら、それがもうファッション、オシャレとはそういうものだ!! と断言できてしまう。なぜなら、今まさに私は、肩で革ジャンを着こなしてしまっているからだ!

ファッション、チョロすぎて笑った。もう怖くない。これから毎日肩で革ジャン着まくってやろう。袖通せ! って声が聞こえるまで続けるぞ! という訳で、いつものコーヒーショップ、行きますか!

・ファッション迷子

せっかくサングラスも持ってきたので、かけておこう。そんな訳でやって来たのは、タリーズの隣のドトールである。ここのタピオカうめえんだよな!

ここで、撮影に同行したYoshioが妙なことを言い出した。

Yoshio「なんかダサくなったぞ」

え? たった今、ファッションを極めてめちゃくちゃイケてるオッサンになったばかり。この先、冬の最中でも革ジャンに袖は通さん! と誓いを立てたばかりなんだが。なにがダサいんだ? 

どうやら、サングラスをかけた様子がダサいらしい。撮影した写真をYoshioに見せてもらうと……

うん、これはたしかにダサい

1分前に極めたはずのファッション、もう迷子になってしまってる。なぜだ? なぜダサくなった? サングラスかけるとカッコよくなるのが普通じゃないの? ねえ、誰か教えて?

一応、ここまでの筋書き通りに、気取って黒糖タピオカミルクを飲む流れで撮影を続けてはみたものの、終始ダサい。

ポーズを変えても、アングルを変えても、ただダサさがそれに付きまとうだけであった。

やっぱり革ジャンの袖通して着ます! だって寒いもの!!

お・し・ま・い

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

クレオパトラも使っていた可能性 / 2000年前の古代エジプトでイケてた香水が復元される

美女というのはいつの時代も……ともすれば時代を超え、本人の死後も人々の注目を集め続けるものだ。古代エジプトはプトレマイオス朝の実質最後のファラオ、クレオパトラ7世はその頂点だろう。全世界共通で「美女」というイメージを持たれている。

そして美女たるもの、美のための努力は欠かさない。クレオパトラは様々な美容法を実施していたことが知られているが、このたび彼女もワンチャン使っていたかもしれない、当時の香水が復元されたぞ! 最先端古代エジプトファッション界の香水だなんて気になるじゃないか……!

・古代ギリシャ語の文献

2000年以上の時を超えて古代エジプトスタイルな香水を復元したのは、ハワイ大学オアフ校の研究者、ロバート・リットマン氏とジェイ・シルバースタイン氏。テル・ティマイ(Tell Timai)と呼ばれるナイル川近郊の遺跡での、とある発見がきっかけだ。

出土したのは、何らかの液体の販売、あるいは製造をしていたと思われる建物の跡。なんでも金貨や銀貨、ジュエリーなどと共に、釜と小さな瓶が出土したそうなのだ。

もとよりテル・ティマイはメンデジアン(Mendesian:かつて存在したMendesという町の名から来ていると思われる)やメトピアン(Metopian)という、香水の産地として有名だったらしい。そのこともあり、研究者たちは出土した建物の跡を、当事の香水商だと考えたそう。

それで興味が湧いたのかは知らないが、研究者たちは古代ギリシャ語で書かれた文献を頼りに、当事のメンデジアン香水やメトピアン香水を復元してみることにしたそう。

・ベースはミルラ

彼らによると、香水のベースとなる素材は両方ともミルラという樹脂。漢字だと没薬(もつやく)で、現代でも割と普通に香水やらエッセンシャルオイルやらに配合されているものだそう。

シルバースタイン氏が海外メディアIFL SCIENCEに語ったところによると、メンデジアンは軽いお香のような香り。一方のメトピアンはより強めで、どこかじゃ香のような香りがするそう。

クレオパトラ的にはメンデジアン香水がお気に入りだったのか、メンデスの町で作られる香水を彼女が重用していたことを示唆する文献もあるそうだ。香水はよくわからないが、今でいう『シャネルNo.5』のような感じだったのだろうか。

ちなみに研究者たちは、よりパーフェクトに香水を再現するための試みも続けているそう。具体的には、遺跡から出土した瓶を解析。内容物についての手がかりが発見できないか頑張っているのだとか。あくまで古代ギリシャ語のレシピからの再現ということで、多少は違う匂いな可能性もある……ということだろうか。

まあファラオが好むものだし、何にせよ超一流なのは間違いないだろう。とりあえず今のところ、クレオパトラさんは軽いお香みたいな香りだったんですね? ということで女性の皆さん、史上最も高名な美女のスタイルはミルラベースのお香っぽい香りみたいです。明日のファッションに取り入れてみてはいかがでしょう。

え、よくわからない? 実際に嗅いでみたい? そんなあなたに朗報です。再現された香水ですが、2019年9月15日までワシントンD.C.のナショナル・ジオグラフィック博物館にて展示されているそうです。お盆休み明けに有給をブチ込んで、ちょっと行ってみてはいかが?

参照元:ハワイ大学IFL SCIENCEナショナル・ジオグラフィック博物館(英語)Instagram natgeomuseum
執筆:江川資具
イラスト:いらすとや


Source: ロケットニュース24

【本気】30代になって白ブリーフという選択肢を考えてみる / ボクサーパンツと比較したらアレ以外は負けているところが見つからなかった

私(hirazi)は32歳。同世代の男性であれば、半数以上が小学生で白ブリーフから卒業していると思う。白ブリーフからトランクス、そしてトランクスからボクサーパンツへという流れが王道であろう。

洗脳されたかの如く、ずっとボクサーパンツを履いてきた私。しかし、冷静に考えてみると、最も機能性が高いパンツは白ブリーフではないか? という疑念が芽生えた。そこで実際に白ブリーフを履いて考察してみることに。

・白ブリーフの定義と予選落ちのトランクス

本題に入る前に大前提をお伝えしたい。独断と偏見の塊と思われるかもしれないが、それも承知の上だ。

まず1点目、ボクサーパンツはボクサーブリーフと言う呼ばれ方もするが、ブリーフはあくまでも、白くてビキニ寄りの形をしたパンツのことである。

白くなかったらブリーフではない。そして、ビキニ寄りの形じゃなかったらブリーフではない。つまり、ボクサーブリーフはブリーフであってブリーフではない。それが私の勝手な見解である。

2点目はトランクスについて。このパンツは、残念ながら予選落ちである。なぜなら、私が細身のズボンを履くことが多いため、ダボつくのだ……実用性においては致命的と言えよう。これにより、ボクサーパンツと白ブリーフの一騎打ちとする。

・白ブリーフとの再会そして合体

前置きが長くなってしまったが、本題に入ろう。今回、私が購入したのは『グンゼ』の白ブリーフ。消臭機能も持ち合わせた優れものだ。

さっそく開封していく。パッケージから取り出した瞬間、懐かしい思い出が脳内を駆け巡り、懐かしい学び舎に思いを馳せる……もう1度あの頃に戻りたい

思い描いていたイメージよりも股上が長かったが、そんなことはどうでも良い。これが正真正銘の白ブリーフということに変わりはない。さて、運命のフィッティングだ。20年以上ぶりに白ブリーフを履いてみたところ……

フィット具合はボクサーパンツと完全に同じである。正直に言うと、そんなことは分かりきっていた。

だがしかし! ボクサーパンツと白ブリーフの形を比べてみると、白ブリーフはビキニに近い。つまり体感としては変わらないものの、肌の露出が多い分、わずかながらも蒸れにくいはず。

さらに!! パンツの面積が少ないということは、細身のズボンを履いた時に、よりフィットするということだ。ここまでは完全に白ブリーフに軍配が上がっている。さすが白ブリーフ。

・白という色によるメリット

次は色によるメリットをお伝えしたい。白ブリーフは白であることが、唯一無二の存在意義でもある。

これをデメリットと勘違いされる人も多いが、明らかにメリットだ。それは何故か? 大便を漏らしたかもしれない……そんな時すぐに発見することができるからである。

匂いは繊維を越えて漂ってくるだろう。一刻も早く漏らしたという事実を認識し、匂いの元を取り去らなくてはならない。早急なる処置により、大事故を防ぐことができるのだ。

白いボクサーパンツを履けば良いじゃん」という声も聞こえてきそうだが、一喝したい。白という色を選択する時点で、前述したフィット感で軍配が上がる白ブリーフを選択すれば良い話なのだ。またしても白ブリーフの勝利。

・白ブリーフ唯一の欠点

白ブリーフの欠点。それはたった1つ。いざという時、女性からあまり良くない印象を持たれる可能性があることだ。もしかしたら偏見かもしれないので、数名の女性に白ブリーフを履いている男性はどう思うか、実際に聞いてみたところ……

「ハッキリ言って引く」
「ボクサーパンツにしてもらいたい」
「マザコンぽい」

など厳しい声が寄せられた。分かってた……分かってたよ、そんなこと……! しかし、そんな女性たちには「それなら君もTバックを履いてくれないか?」と白ブリーフ男性陣営から要求したいと思う。

・これからも白ブリーフを履き続ける

白ブリーフとボクサーパンツについて比較してみた結果、女性ウケという点を除いては白ブリーフの圧勝になった。そして、お察しかもしれないが、私もいつの間にか白ブリーフガチ勢になっていた。ギャグのように思われるかもしれないが、この記事で書いた内容は真剣に導き出したベストアンサーである。

この記事を読んで、白ブリーフありかも? と思った男性がいたら1度試してみて欲しい。そして、肌身をもって魅力を感じてもらえたら幸いだ。もちろん、私も白ブリーフを履き続けるだろう……デートのとき以外は

参照リンク:GUNZE
Report:hirazi(ひらじ)
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24