ファミマの「のり弁」でペペロンチーノを作ってみたらこうなった!

ペペるペペればペペる時ィィィイイイ! どうもこんにちは。ペペロン星児です。ペペロンチーノが大好きで毎週作っている私。オリーブオイルと唐辛子のハーモニーは、シンプルながらも飽きない奥深さがあります。

そんなペペロンチーノをパスタ以外で作ってみたらどうなるのか? というわけでさっそく作ってみましょう。今回はファミマの「のり弁」をペペってみました

・弁当の基本

多くの弁当屋では「のり弁」は最安のラインナップ。しかしながら、安定の味は、言わば弁当の基本と言えるでしょう。ファミリーマートで売っていたのは『明太子海苔弁当(税込430円)』でした。それではペペっていきましょう。材料と手順は以下の通りです。

・ペペのり弁のレシピ

【材料】
ファミリーマート「明太子海苔弁当」:1個
塩:小さじ1杯
コショウ:小さじ1杯
こんぶ出汁:小さじ1杯
輪切り唐辛子:ひとつまみ
オリーブオイル:適量
ニンニク:ひと欠片

【つくりかた】
1. フライパンにオリーブオイルを引き、ニンニクを炒める

2. ニンニクの香りが立ってきたら唐辛子を投入

3.「明太子海苔弁当」をそのまま投入

4. ご飯の塊を崩すように混ぜながらこんぶ出汁、塩、コショウで炒めたら……

5. 完成!

気をつけるポイントは2つあります。まずは全て弱火でやること。そしてもう1つは 4 の工程についてです。

米の塊と具のフィッシュフライなどをバラそうとしても、菜箸でやると、米がカチカチすぎて刺さるだけになり、手間取ると唐辛子が焦げます。スプーンとかでやればウマくできるかも。ちなみに私は唐辛子を焦がしてしまいました

・香りの臨場感が4DX

それはさて置き、香りがとてもコンビニ弁当とは思えません。ニンニクの香ばしい匂いの臨場感がヤバイ。「明太子海苔弁当」が普通の映画館だとしたら「ペペのり弁」は4DX。あらゆる角度から胃袋を揺さぶる香りです

食べてみると、唐辛子やコショウのピリッとした辛さとニンニクの豊潤な旨み。この辺はイメージ通りですが……

嬉しいのはご飯がパラッとしていること

・蘇るご飯

私はずっと、コンビニ弁当のご飯の塊感が好きではありませんでした。レンチンしても残るこの塊感が嫌で、コンビニ弁当をあまり買わないほどに。

でも、ペペのり弁当はそんな塊感が完全に払拭されています。しかも、揚げ物もサクサクになっており、パラッとしたご飯の中にサクサク食感がたまに顔を出すのもグッドですね。

それでいて、奥からはしっかりとのり弁っぽい味も。「コンビニ弁当って米が固まってるのがなあ……」と思いながらも、今夜もコンビニ弁当を手にしてしまうあなたは、1度ペペってみると変わるかもしれません。ペペロンチーノは裏切らないのだから。

Report:ペペロン星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

主要コンビニ3社の冷凍餃子を食べ比べたら残酷な結果に…ブッチギリでウマかったのは……

そうだ……この世界は……残酷なんだ。結論から言うと、とても残酷な結果が出てしまった。今回、主要コンビニ3社(セブンイレブン・ファミマ・ローソン)の冷凍餃子を食べ比べてみたのだが、あまりに差があったのだ。これは陸上トラック2周分!

……と言ってもピンとこないはずなので詳しく説明しよう。何がどう違ったのか。そしてブッチギリでウマかったのはどこなのか──。

・各社の餃子スペック

まずは各社の製品を紹介しておこう。ちなみにどこのコンビニも焼き餃子5個入りで、袋のままレンジにぶちこんで2分弱加熱したらOKである。

1. セブンイレブン

商品名「レンジで焼き餃子」
価格138円
190kcal
95g

2. ファミマ

商品名「ジューシー豚肉焼餃子」
価格162円
235kcal
100g

3. ローソン

商品名「国産豚肉の焼餃子」
価格138円
182kcal
85g

これといって大きな差はないものの、ファミマが少しばかりカロリーと価格で他を上回っている。なお、価格についてはキャッシュレス還元やらポイントやらがあるが、記者の支払った金額を記載した。

・もっともウマかったのはセブン

3種類を詳しくレポすると長くなりそうなので、もう結果から言ってしまおう。順位はずばり「セブン→ファミマ→ローソン」だ。まずセブンについて触れていくが、頭1つ……いや頭5つ分くらいは抜けていた。最大の勝因は “方向性” がハッキリしていたところ。

おそらく、商品を作るにあたって “肉汁系でウマい餃子” という軸があったのだろう。一口に餃子と言ってもいろんな形があるが、セブンは肉汁系で欲しいポイントをきちんと押さえていた印象で迷いがなかった。

コンビニだからまぁw いくらセブンでもねぇw

なんてナメた状態で口に入れたら思わず箸がピタッと止まるような味だ。セブンの自社商品は間違いない──そのようなイメージがつきつつあるが、改めて実感するような一品だった。さすがセブン!

・お値段以上のファミマ

そしてお次はファミマ。どちらかというとポイントは押さえていて、こちらの餃子は中身で勝負。生姜やニラといったクセのある素材を上手に閉じ込めており、味の方もお値段以上だ。

レンチンでここまでの餃子が食べられるならば合格点。気軽&短時間で美味しい餃子を食べたい人は満足できるレベルといっていい。あと、肉汁のフィールドで勝負はしませんよ的なメッセージを受け取ることができた。

・ローソンの餃子

最後にローソン。前述したように、他2社と比べるとどうしても劣ってしまう。とはいえ、決してマズいというわけではない。普通に食べられるが、どうしても “弁当の中に入っている餃子” 感は拭えない。

コンビニそれぞれ得意不得意なジャンルはあると思われるが、あと一歩踏み込んで欲しかったところだ。悪魔のおにぎりが作れるローソンなら、悪魔の餃子だって不可能じゃないだろう。なんというかこう……中毒になるレンチン餃子を期待したい。

結果として、セブンの圧勝で幕を閉じたコンビニの冷凍餃子。個人の好みで順位は変動することもあるだろうが、セブンの餃子に驚く人は多いはずだ。なにせたった138円。早くて安くてウマいと3拍子揃った冷凍食品なのだから。

Report:レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【デカい】巻いてドォォーンと5巻半! ファミマ限定アイス『たっぷりショートケーキ』がデカくてウマくてギルティすぎ! 最大クラスの大きさで202円(税抜)

コンビニで「ポケットサイズ☆」「食べきりサイズ♪」という言葉をよく見るようになり、ハッと気づくと何でも小さくなっている気がする今日このごろ。押し寄せる少量化の波がヤバイ……!

だがしかし! そんな波に抗うかのような商品が2019年11月19日にファミリーマートから発売されたのだ。『たっぷりショートケーキ(税抜202円)』、アイスクリームなのだが明らかによく見るサイズよりデカいのだ。

・明らかにデカい

目の錯覚かと思ったが、実際に手で持ってみるとやはり大きい。コーンの上に鎮座するアイスはドォーンと5巻半もあり、全長20cm。紙パックジュース(12cm)と並べるとすごい存在感だ。


だがこの『たっぷりショートケーキ』はただ長いだけではなく、量も大容量。中身も決して細くはなくギッチギチにつまっている。明らかにデカい。

・どれくらい大きいのか聞いてみた!

このアイスはファミマのアイスのなかでも、一体どれほど大きさなのだろうか。気になったのでファミリーマートの広報に問い合わせてみたところ……

──『たっぷりショートケーキ』はこれまで販売されたアイスのなかで一番大きいものなのでしょうか?

ファミマ広報「以前にも『たっぷりアップルパイ』という商品がありました。たっぷりシリーズと銘打っているわけではないのですが、同じ大きさのものがありました」

とのこと。このサイズは今回がお初ではないそう。しかし、

ファミマ広報「PB商品の『ワッフルコーン 北海道ミルクバニラ』が3巻半なので、5巻半というのは相当の量があります」

実際に『ワッフルコーン 北海道ミルクバニラ(税抜180円)』を確認してみると、確かにコーンの上にあるアイスは3巻半である。

並べると圧倒的な大きさだ。この5巻半という大きさはファミマ最大クラスと言っても差し支えないだろう。

・約束されたウマさ

そんな『たっぷりショートケーキ』を製造しているのは、『ガリガリ君』でおなじみの赤城乳業だ。お、それだけで美味しさが約束されたようなもの。実際に食べてみると……うまい!

白のバニラ部分にはクッキーが混ぜ込まれている。アイスの水分を吸って少し柔らかくなったクッキーがケーキを思わせる食感を演出。そしてほんのりクリームチーズの味わい。それがクルクルと螺旋状に巻かれた赤いイチゴソースと混ざり合って……クリームチーズとイチゴって合うんだよなぁぁぁ!!!!

予想通り文句なしのイチゴのショートケーキ風アイスであった。それが食べても食べてもなくならない幸せ……作った赤城乳業は神!! この大容量で202円とはファミマも神! ファミリーマート限定なので気になる人は今すぐファミマへGOだ!!

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【コスパいいコンビニ】安くてボリュームのある「肉まん」はどれだ!? ローソン、ファミマ、セブンの「一番安い肉まん」を比較 / 最もお買い得な店を検討してみた

寒い日の肉まんは幸せの塊。ホワァ~っと立つ湯気が、かじかんだ手を優しく包み、パクっと食べるとその熱がスーッと胃に下りて体の真ん中から温めてくれるよう。最高すぎる!

すっかりコンビニの冬の定番メニューになった肉まんだが、いま一番安いヤツでも120円くらいするのね……心なしか昔より小さくなった気もするし? ここにも「少量化」の波が来ているのだろうか? 少しでも安くてボリュームのある肉まんを買おうと思ったらどこに行けばいい?

・ローソン、ファミマ、セブンの「一番安い肉まん」を比較

ということで、コンビニ大手であるローソン、ファミリーマート、セブンイレブンでそれぞれ一番安い肉まんを購入した。

パッと見たところ、なんだかファミマのものが一回り小さいように見える。ザックリ直径を測るとローソンは約9.6cm、セブンは約9.7cmであるのに対し、ファミマは約9.0cm。「ファミマの肉まんが小さい」と感じたのは見間違いではなさそうだ。

ということは、今回の「価格×重さ」の比較ではファミマは「値段の割に少量」ということになるのだろうか? 実際に測ってみた。

・ローソン「ジューシー肉まん」の場合

価格:121円(税抜、以下同じ)
総重量:111g

具の重さ:31g

・ファミマ「熟成生地の本格肉まん」の場合

価格:121円
総重量:104g

具の重さ:37g

・セブン「もっちりジューシー肉まん」の場合

価格:120円
総重量:106g

具の重さ:35g

これは……! 結果はなんとなーく予想はつくものの、グラムあたりのお値段を計算してみると

ローソン:1.09円 / g
ファミマ:1.16円 / g
セブン:1.13円 / g

ファミマぁ……

ああ、見たまんまかよ! ということで「安くてボリュームがある」と考えられるのはローソンという結果になった。

・食感は目隠ししてもわかるほどの異なる / 特に皮に特徴あり!

ローソンは皮が最もフワッフワ! 口に入れた瞬間に溶けるかと思うほどエアリーで「ハフハフッ」と湯気ごと食べられて体もポカポカになるのだが、冷めると皮がヘタってその食感が損なわれてしまうのだった……。腹は満たされるが、温かいうちに食べないと気持ちの面での満足度が少し下がってしまうかもしれない。

ファミマは「熟成発酵生地使用」というだけあり、モッチリモチモチ。『551の蓬莱』ほどではないものの同じ系統のズッシリ系だ。具も隙間なくミチっと詰まっており、皮に対する具の比率が最も高いという結果に。総量は少なくても良いから肉を食べたいという人はコチラの方がオススメだ。

そしてセブンはというと、ローソンとファミマのものが特徴的だったのに対し、「平均値を取ってきた」という印象であった。


普通のコンビニの肉まんが食べたいという人はきっとセブンの味が好みだろう。

こちらもどうぞ★ → 『コスパいいコンビニ』シリーズ

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【徹底比較】コンビニのフライドポテトはどこが最強? 大手4チェーンの商品を食べ比べたら、1つだけブッチギリで美味いポテトがあった!!

僕ピーターパン、ネバーランドから来たの──。子供の頃から味覚が大して進歩していない筆者は、いまだにポテトとかチキンとか子供好きしそうな食べ物が大好きである。

特にフライドポテトは大好物中の大好物。そこで今回は、コンビニ大手4チェーンのフライドポテトを徹底比較してみることにした。食べ比べた結果、チート級に美味しいポテトを発見したぞ……!

・大手4社の商品を比較

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ。各社の販売するフライドポテトを食べ比べ、どれが美味しいか勝手に順位を決めちゃうぞというのが今回の企画だ。まずは各商品の価格を見ておこう。

セブンイレブン → 162円
ファミリーマート → 158円
ローソン → 140円
ミニストップ → 203円

価格だけ見るとミニストップが唯一の200円オーバー。これがブッチギリで美味しいと思ってしまいそうだが、相手がコンビニ界の3強だけに勝負の行方はどう転がるか分からないところだ。それでは早速、第4位から発表していくぞ!

・第4位 ファミリーマート

Tポイントを10000ポイント以上所有している筆者としては残念だが、最下位はファミリーマート。購入したのはファミポテ(皮付き)で税込158円。

一言でいうと、ポテトに覇気がない……。食感がモサッとしているというか。ポテトは時間の経過により食感が落ちる面もあるし、たまたま購入した商品がそうだったのかもしれない。しかし店頭に並んでいる以上、筆者の手にした商品をもって「ファミマのポテト」だと評価されても、それは仕方のないことなのだ。

とにかくポテトは食感が命。食感が冴えないファミマを最下位とさせていただいた。

また、ファミポテは自分で塩をかけてシャカシャカして食べるスタイル。最初これは良いと思った。自分好みの濃さにできるからね。

ただ実際にやってみると、なかなかベストな塩加減というのが難しい。塩の小袋には「全量を目安に」と書かれているが、全部かけると辛いような気もする……。そして、シャカシャカしても各ポテトに均等に塩をまぶすのが難しい。

残念ながら、ポテトではあまり元気がなかったファミリーマート。ぜひ他の商品で巻き返してほしい。

・第3位 セブンイレブン

第3位はセブンイレブン。購入したのは「サクッとフライドポテト」で税込162円。

食感・塩加減ともに可もなく不可もなくといった感じで、評価に困る。商品名に「サクッと」とあるものの、そこまで食感がサクッとしているわけではない。ややパンチを欠いた印象。

そして価格は今回紹介する4商品のなかで2番目に高いものの、ボリュームは圧倒的に少なかった。

・第2位 ミニストップ

第2位はミニストップ。購入したのはエックスフライドポテトで税込203円。

これは今回の検証でコンビニ数店舗を巡った筆者の印象だが、他3チェーンではポテトを扱っている店舗とそうでない店舗がまちまちなのに対し、ミニストップではほぼ例外なくエックスフライドポテトを置いているような気がする。

主力的な位置づけの商品というだけあって、味は申し分なし。商品名のとおりエックス型の形状をしており、これが飽きの来ないサクサクした食感を演出している。今回紹介する商品のなかでは最もサクサク寄りの食感ながら、ポテト本来のホクホク感も残している。

価格は最も高いものの、味の良さを考慮すれば文句はないだろう。それでも2位に甘んじたのは、さらなるインパクトを残した商品があるということだ。その商品とは……!

・第1位 ローソン

第1位はローソン。購入したのはフライドポテトで税込140円。

一目見て、筆者は思った。こいつが優勝だな……と。だって「美味しいポテトの見本」みたいなルックスをしているんだもん。皮ごとザックリとカットされたポテトは、他3チェーンの追随を許さぬ圧倒的な「じゃがいも感」を放っている。

そして食べてみると、やはり感じるのは圧倒的な「じゃがいも感」! ホクホク加減がダンチなのだ。これですよ。これ。私がポテトに求めているものは。百年の知己に出会ったような気分である。

しかも、今回ラインナップした商品のなかでは断トツで美味しいにもかかわらず、価格は何と最安の税込140円……。圧倒的な差を付けての優勝である。

というわけで、大手コンビニのポテトを食べ比べる今回の企画はローソンの圧倒的優勝に終わった。しかしコンビニ商品は日進月歩のスピードで進化を遂げているだけに、新商品が投入されれば他チェーンの巻き返しも十分にあるだろう。それまで私はローソンのポテトを食いながら待つ!

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ファミマ限定の『ハードマニア刺激的わさび味』が病みつき必至! ビールに合いまくる~!!

「一度きりの人生。 怖いのは、死ぬことじゃなくて、退屈なこと」とルパン三世が言っていた(TVアニメ『コピーキャットは真夏の蝶』より)。確かに “刺激” のない人生なんてツマんないよなあ~。とは言え、ルパンのように日々の生活で刺激満載という人はレアだろう。

そんなあなたにオススメなのが、ファミリーマートで限定発売されている『ハードマニア刺激的わさび味』だ。食べた瞬間「つーーーーん」と鼻にクルお菓子で、一度食べたら病みつきになること間違いなしである。こんな刺激、ナカナカないぞっ!! 

・ただ辛いだけじゃない

『ハードマニア刺激的わさび味(税込138円)』は、ハードな食感の生地と激辛なフレーバーを楽しむことができるスナック菓子とのこと。袋を開けると、鼻にガツンとワサビの匂いが飛び込んでくる。これは食べなくてもわかる。確実に辛いヤツである。

恐る恐る口に運んでみると、想像を裏切らない、いやそれ以上の刺激。辛いモノが苦手な人であれば、涙が出るに違いない。しかし不思議なことに、ただ辛いだけではない。まるでワサビをそのまま齧(かじ)っているような旨味があるのだ! 

・ボリッとした歯ごたえがウマい

ほっそりとした華奢な見た目であるが、食べてみるとボリっとしていて歯ごたえ十分。この食感、嫌いじゃない。むしろ好き! そして噛めば噛むほど、ワサビの味が口いっぱいに広がってウんマイ!! 

いやはや、これほど本格的なワサビを感じられるスナックは珍しいのではないか。しかしアレですな、言わなくてもわかると思うが、これは確実にビールが合いますな。ピリッとした風味をビールでゴクゴクと流し込んで、丸呑みするなんて最高じゃないか。

『ハードマニア刺激的わさび味』を片手に「ぷは~っ」とビールを一気飲みしてしまったが、致し方ない。今後、酒のつまみとして我が家に常備されることだろう。ちなみに『ハードマニア』シリーズには、わさび味以外に “激辛Wブレンド味” もある。気になる人は、ファミマへ急げ! 

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

小倉駅のファミマで「生ビール」の販売が始まったってよ! 最高なんだけど○○はいらないかもな!

コンビニで生ビール” は、まだまだレアな存在だ。個人的には、コンビニを出てすぐに「ビールでプハ~」したいタイプではないが、目の前にビールサーバーがあったら買いたくなる気持ちも分かる。とくに夏の生ビールは最高だからな。そんなもん100パー美味いだろ。

──とまあ、いきなり何の話かというと、福岡県北九州市の「ファミリーマートJR小倉駅店」でも、2019年7月末から生ビールの販売が始まったらしい。ファミマで生ビールかぁ~なんて想像をしていたら我慢できなくなってしまい……気づいたら小倉駅まで来てしまった。

・JR小倉駅店

それではさっそくファミマへGO! と思ったのだが……おい小倉駅、ファミマばかりじゃねえか。駅員さん曰く「3階に2店舗、1階に1店舗あります」とのこと。勢力スゲーな。そして、どうやら1階の店舗がウワサのJR小倉駅店らしい。ここ大事。生ビールは1階のファミマだ!

ということで、駅ビル1階の在来線改札口手前にあるファミマに到着。いたって普通のファミマに見えますが……私は100m手前くらいから気づいてましたよ。何に気がついたかって、そりゃあ、もちろん……

生ビール販売」の貼り紙ですよ。

・アサヒスーパードライの生

どうやら「アサヒスーパードライ(420ml)」の生ビールが1杯380円(税込)らしい。コーヒー同様、レジ内にあるサーバーで注いでくれるようだ。ってか、マジのマジで「ファミマで生ビール」か……よし、昼(13時)だけど関係ねぇ! 記念に一杯もらおうじゃないか!


プシューと泡まで丁寧に注がれた生ビール……はぁ~やっぱり、最高ですねぇぇぇええええええええ

そしてもちろんファミマだから、おつまみの品揃えは鬼だ。同店では、小倉土産コーナーも充実していて「黄金の鶏皮揚げ(480円)」なんか最高だろう。「お母さん食堂」の惣菜も侮れない。


・小倉宿 駅から三十歩横丁

また、同店から徒歩スグの場所には「小倉宿 駅から三十歩横丁」があり、11時のオープン直後から多くの来店客でにぎわっている。同エリアの昼飲みニーズが高まっていることもあり、ファミマでも生ビールの販売を始めたのだとか。なるほどね。

ちなみに店員さんが、持ち歩きやすいように完全密閉タイプのフタをしてくれたのだが……あれはいらないかもな。丁寧なのはありがたいが、やっぱり生ビールはすぐ飲みたい。ただまあとにかく、仕事帰りはもちろんだが、祭りが開催される時にも「ファミマの生ビール」は手軽でイイかも。機会があればぜひ!

・今回ご紹介したファミマの詳細データ

名称 ファミリーマートJR小倉駅店
住所 福岡県北九州市小倉北区浅野1-1-1 JR小倉駅 1階改札横

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ファミマ】Hanako監修の台湾風アイスがもはや “濃厚マンゴーソース” ! 牛乳に溶かすとウマかった → 爽やかマンゴーミルクタピオカに

コンビニにはそれぞれ特徴があるが、「台湾」にチカラを入れている印象が強いのはファミリーマートだ。過去にもルーロー飯やアイスなど様々な商品を販売してきた。

そんなファミマで、またまた台湾風スイーツが先行販売されている。それは雑誌『Hanako』が開発・監修したアイス『タピオカマンゴージャスミンティーアイスバー』だ!

・Hanako監修の台南アイス

2019年7月30日より全国のファミマで先行発売した『タピオカマンゴージャスミンティーアイスバー(税抜160円)』だ。マンゴーの聖地「玉井」を有する台湾南部の都市・台南をイメージしたものだという。

さっそく開封してみると、とろけるようなマンゴーの香りが! 口に入れた瞬間、トロ~リ溶けるアイスは、まるで「濃厚なマンゴーソース」だ。そしてジャスミン茶の香りで後味スッキリ。

アイスというより飲み物のような……これ、溶かしたら飲み物になるんじゃないか?

・飲めそう → 牛乳に入れてみた

レンジで溶かすという方法もあるが、アツアツなものを飲むのも大変なので、マンゴーと相性が良さそうな牛乳に入れてみることにした。

グラスにそそいだ牛乳の中にドボンと入れ、クルクル。しばらくすると柔らかくなってくるのでアイスの棒は外しておこう。そしてさらにクルクル……いい具合に溶けたところでグイっと飲んでみると……嗯嗯嗯、好喝~!!(んんん、美味しい~!!)

・ヨーグルトを足すとマンゴーラッシー風に

やはり最初ににらんだとおり、濃厚トロッとしたマンゴーと牛乳の相性は抜群。さらにジャスミン茶のフレッシュな香りが、この “マンゴーミルク” の味わいをさらに上品にしてくれている。タピオカの食感も悪くない。これはアリ! アリ寄りのアリだ。

もはやお店で売っているようなタピオカドリンク。溶かして美味しいのは、元が美味しいからこそだろう。気になる人は試してみてほしい。さらにヨーグルトを足すとマンゴーラッシー風にもなって好(ハオ)である。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24