【ありがとう】スター・ウォーズ最新作の公開を祝して “本気度100%のトリビュート動画” を作ってみた → CG編集ってこんなにキツかったのかよ…

ついにこの日がやってきた! そう、本日12月20日はスター・ウォーズ・シリーズの最後を飾る映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開日だ。

今までたくさんの感動と希望をくれたスター・ウォーズシリーズに何かお礼がしたい。超がつくほどのスター・ウォーズ好きの記者サンジュンに相談したところ、シリーズへの敬意を示すトリビュート動画を作ろうということになった。

結果的に渾身の作品ができあがったのだが、その作る過程が過酷すぎた……CGの世界がこんなにもキツかったとは。

・ライトセーバーのシーンをいっぱい撮りたい!

CG技術を使って映像を作った経験がない我々は、スター・ウォーズの映像や他のスター・ウォーズファンの動画を参考にしながら撮影プランを練っていった。

スター・ウォーズといえばライトセーバーということで、ライトセーバーのバトルシーンももちろん入れることにした。なんなら「ライトセーバーのシーンこそ、メインでしょ!」というノリでたくさん入れることにした。

この軽い気持ちがのちに、途方もない量の作業を生み出すことを我々知らなかった……。

・あまりの過酷さに発狂

慣れない演技に挑戦しながら、戦闘シーンの殺陣をどうするか試行錯誤しながら、撮影を進めていった。撮影にかけた時間は全部で5時間ほど。これででき上がる動画は3分ほど。

「映画の世界って、大変だなあ」とあたかも業界人になった気分で、CGの編集にとりかかる。そして最初のライトセーバーのシーンを編集し始めて、思わず声が漏れた。

なんじゃこりゃああああああ!

3秒のシーンを編集するのに1時間かかったぞ。待て待て、このペースだと3分の動画ができあがるのは……うぎゃああああああ!

・CG編集に時間がかかった理由

なぜこれほどライトセーバーのCG編集に時間がかかるのか。

まずシーンによって被写体とカメラの距離が変わるので、映像上のライトセーバーの太さが毎回変わる。角度も変わる。それに合わせて、CGのライトセーバーの太さや角度を編集しなければならない。

そしてなりより大変なのが、CGのライトセーバーを実写のライトセーバーの上に貼っていく作業だ。使っている動画編集ソフトに「トラッキング機能」、簡単にいうなら映像上で指定した対象物を自動で追いかけてくれる機能があるから、これを使えば楽ちんにCG映像を実写映像に合わせられると思っていた。当初のイメージとしては以下の通りだ。

<当初イメージしていたプラン>
撮影した映像に映る実写のライトセーバーを編集ソフトでトラッキングする(追いかける)→そのトラッキング情報に合わせてCGのライトセーバーを上からのせる

だが実際に編集し始めたら、トラッキング機能がほとんど機能しない。じっとライトセーバーを持っているシーンはなんとかトラッキングできたのだが、戦闘シーンになるとライトセーバーの動きが速すぎて、トラッキングが全くできないのだ。結果的に以下のような作業になった。

<実際の作業>
1フレームごとに実写のライトセーバーの位置を目視し、それに合わせてCGライトセーバーをのせていく

編集が進むにつれ、作業を効率化させるテクニックを身につけたことで、3秒の映像の編集に15分くらいで済むようになったが、それでもひたすら目視しながらCGのライトセーバーを合わせていく作業には身にこたえるものがあった。

・カイロ・レンのライトセーバーに殺意と敬意が芽生える

スター・ウォーズの新3部作の主要キャラ「カイロ・レン」を初めて映画で観たとき、彼が持つライトセーバーの形に胸が躍ったのを覚えている。一般的なライトセーバーとは違い、3つのブレード(刃)を持つそのライトセーバーはまさに男の子の “カッコイイ” を凝縮したようなフォルムなのだ。

今回のトリビュート動画でカイロ・レンのライトセーバーを使ったのだが、編集し始めて、あの憧れだったライトセーバーに殺意が芽生えてしまった。なぜならCG編集の作業量が、通常のライトセーバーの3倍だからだ!

通常のライトセーバーであれば真ん中の長いブレードをCG編集すれば終わりなのだが、カイロ・レンのライトセーバーは真ん中以外に左右に小さなブレードもあるから、そこもCG編集しなければならない。「この2本の小さなブレードさえなければ、今ごろ次のシーンの編集をやれてるのに……」と何度思ったことか。

そしてハッと気がついた。この気が遠くなるような作業を映画製作スタッフは、1作目が公開された1977年から42年間ずっとやってきたのかと。かっこいいライトセーバーを観客に見せるために、人知れない努力をしてきたのかと。

・スター・ウォーズがもっと好きになった

ヘトヘトになりながらトリビュート動画を完成させたとき、最初に心に芽生えのは「ありがとう」という感謝の念だった。

世界屈指のスター・ウォーズ製作陣は私よりはるかに効率的な編集をしていると思うが、それでもあれだけ美しく、あれだけカッコいいCGの世界を作り出すのには並々ならぬ努力が必要なはずだ。それを身をもって体験できたことが本当にうれしいし、スター・ウォーズ作品がより好きになった。

そしてCG技術の魅力にもとりつかれてしまった。だって夢で見ていたファンタジーな世界を自分の思い通りに作れちゃうんだぜ! そりゃ、ワクワクして血がたぎっちゃうよ!

たくさんの想いを込めて作った渾身のトリビュート動画、ぜひ観てほしい。そしてあなたの好きな作品への愛がより深まってくれれば、これ以上に嬉しいことはない。

参照元:YouTube
Report:田代大一朗
Photos:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

「WANDS再始動」について昔のガチファンはどう思っているのか聞いてみた結果…

まさかのWANDS再始動──。この一報を聞いてビビッと来たのは、おそらく40代以上の方であろう。WANDSとは1990年代に一世を風靡した超人気ロックバンドのことで、解散せずにそのまま活動を続けていたら、おそらく今頃はB’z級の大御所になっていたハズだ。

そのWANDSが再始動するとは、当時を知る者として胸アツ以外の何物でもない……と言いたいところだが。少々複雑なWANDS再始動の経緯と合わせ、当時のガチファンにも話を聞いてみたのでご覧いただきたい。

・人気絶頂時に突然の解散

出す曲、出す曲が大ヒット。1990年代、ミリオンセラーを連発していた超人気ロックバンド、WANDS。WANDSを知らない若い人でも、アニメ版「スラムダンク」のエンディングテーマ「世界が終わるまでは……」くらいはご存じのことであろう。

当時はメディアにもほとんど出演せず、ある意味で謎に包まれていたWANDSだが、人気絶頂時、突然ボーカルの上杉昇(うえすぎ しょう)とギターの柴崎浩(しばさき ひろし)が脱退を表明し、WANDSは活動停止に追い込まれた。

その直後、ボーカルに和久二郎(わく じろう)を迎えてWANDSは再始動を試みるが「上杉昇 = WANDS」のイメージは強く、これといったヒット曲を出せずに新生WANDSは解体(解散)。そして今回再始動するWANDSは第5期にあたり、ボーカルは上原大史(うえはら たいし)が務める。

・当時のファンに話を聞いた

WANDSがメガヒット曲を連発していたのは、ちょうど私(P.K.サンジュン)が中学生の頃。当時、WANDSが好きすぎてバンダナまで巻いていた同級生の加藤くん(仮名)に連絡を取り、今回のWANDS再始動について話を聞いてみることにした。

──ねえ、WANDSが再始動するって聞いた?

「ネットニュースで見たよ。でもやっぱり上杉さんじゃないんだね。やっぱり俺的には上杉さんあってのWANDSだから、微妙というか別物というか……よくわからん」

──まあ、そうだよね。上杉さんの真似して赤いバンダナ巻いてたもんね。

「その話はやめろ。でもさ、ギターは柴崎さんなんだね。ちょっと意外だった。当時、上杉さんは柴崎さんのことを超信頼してたみたいだし、実際に2人でWANDSを抜けてal.ni.co(アルニコ)を結成してるしね」

──そうそう。俺がWANDSで1番好きなアルバム「PIECE OF MY SOUL」でも柴崎さんは結構作曲もしてるんだよね。

「サンジュンはあのアルバム聞きまくってたよね。俺も2人が抜けてからWANDSは聞かなくなっちゃったし、al.ni.coも追ってないんだよ。ほら、当時は情報もそんなになくてさ、2人がバンド始めたってのもだいぶ経ってから知ったもんね」

──確かに当時は情報が少なかったからなー。

「あとさ、いま思えば上杉さんと柴崎さんは完全に干されたワケじゃん? ビーイングはB’zだZARDだ大黒摩季だってヒットメーカーが超いたからね。そういう意味でも柴崎さんが復帰してるのは意外かな」

──確かに。当時は今よりも業界のしきたりが厳しそうだしね。で、第5期WANDSを率直にどう思う?

「さっきも言ったけど、上杉さんのいないWANDSはWANDSじゃないから別物かなー。ライブ行きたいとかは思わないかな。たださ、新ボーカルの上原くんの動画見たけど、かなり声は似てるよね。だいぶ寄せてる感じはする」

──俺も思った。声の方向性というか、声質はかなり近いと思う。野太さは上杉さんの方が上だけど。たぶん声だけ聴いたら上杉さんだって思う人もいると思うよ。

「そうそう。だから当時のWANDSを大切にしてくれてる感じはしたよね。まあ、だからいいんじゃない? あとさ、WANDSは名曲がいっぱいあるからさ、これを機にあまり知られていない曲が世の中に出るといいかな」

──「MILLION MILES AWAY」とかな。

「Secret Nightとかな。まあ、WANDSの過去の名曲も多少は注目されるだろうから、生暖かい気持ちで新生WANDSを見守るよ。でもやっぱりいつか上杉さんのいるWANDSが観たいね。俺が死ぬ前に1度でイイから」

──激しくわかる。

文中で触れたように、新ボーカル「上原大史」の声はかなり上杉昇に似ている。「上杉さんのいないWANDSなんて認めねえ!」という人も多いとは思うが、1度動画で上原大史の声を確認したら「ほう、やるな」と漏らすのではなかろうか。

とにもかくにも、40代以上のおっさん、おばさんたちにとっては胸が熱くなるWANDSの話題。この機会に昔のWANDSのアルバムを聴き直すも良し、新生WANDSを応援するも良しである。俺はとりあえず「MILLION MILES AWAY」を聴きます。

参照元:YouTubeWANDSオフィシャルサイト
Report:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24

【検証】Twitterと連携するファンサービス「Fans’」を使って、自分のファンクラブを作ってみた! あらゆるクリエイターにオススメだけど……

以前の記事で、個人がスマホでファンクラブを運営できるサービス「CHIP」を紹介した。私(佐藤)も一丁前に月額100円で会員を募り、約半年の間、運営を続けてきたのだが、2019年5月末にサービスが終了してしまった。少数ではあってもファンの方と交流があったのに。残念だ……。

何かコレに代わるサービスはないのか? そう思い調べていたところ、Twitterと連携できるファンクラブサービスを発見した。それが今回紹介する「Fans’(ファンズ)」である。さっそく登録してファンクラブを開設したので、手順をお伝えしたいと思う。

・サービスの特徴

このウェブサービスの最大の特徴はTwitterと連携できることだ。ファンズに投稿した内容をTwitterにコピペする必要はない。つまり、ファンズに投稿すればTwitterにも同じ内容が反映される。もちろん、ファンクラブのみに限定した内容を投稿し、その通知だけをTwitterに投稿することも可能である。

また、自分の投稿をファンがハッシュタグで拡散する「Fanバサダー」という応援する仕組みも採用している。積極的に応援活動を行うファンは貢献度が上がり、ファンのランクが上昇するのだとか。

本稿では、このサービスのファンクラブの開設にフォーカスして紹介して行きたいと思う。ファンの活動については、公式サイトを参照いただきたい。

そしてファンからの支援金(ファンクラブの月額会員費)はオンライン決済サービス「Stripe(ストライプ)」で受け取ることになる。別途ストライプのアカウント登録が必要になるので、その点も注意していただきたい。

・登録の流れ

さて、ここからアカウント登録の流れをお伝えしよう。まず最初に、メールアドレスを登録する。ただし、登録する前に「利用規約」と「プライバシーポリシー」に目を通すことをオススメする。

登録したメールアドレスにURLが記載されているので、そのURLにアクセスしよう。

アクセスしたページでクリエイター名やプロフィール写真などの登録を行う。

なぜかここで、オンラインの人材マッチングサービス「CLOUD CASTING」との連携確認が表示される。まだ自分のファンクラブを設立してもいないのに、なぜ連携を求められるのか?

そもそも私はCLOUD CASTINGのアカウントを持っていないので、連携をオフにしたまま、クリエイター登録を終えた。

続いてTwitterとの連携。許可すると、Twitter側でもアカウントの利用の可否を求められるので、これを承諾する。

これでファンクラブの開設は完了だ。

実際にページを見てみると、会員ゼロの私のファンクラブが完成している。ここまでは比較的スムーズに手順を踏むことができた。少々面倒なのがここからだ。

・ストライプの登録

先に挙げた支援金の受け取りには、ストライプの登録が必要であることをお伝えした。ファンクラブのホーム画面を開いた状態で、画面上部左端のアカウントメニューを開くと、「支援金について」という項目を確認できるはずだ。

そこを開くと、支援金受け取りにストライプの登録が必要であることが改めて記載されている。アカウントを持っていない場合は、ここから登録へと進む。

こちらの登録には個人情報・銀行などの口座情報が必要になるので、公式サイトのヘルプに記載されている内容と照らし合わせて、間違いのないように入力して欲しい。

・ファン向けコンテンツ

これでおおむね必要な項目の入力は完了である。ここからは細かな項目の設定について紹介したい。このサービスはファンを惹きつけるための内容が充実している。ただの有料会員向けの記事を公開できるサービスではなく、ちょっとした仕掛けでファンを満足させる仕組みが用意されているのだ。

「ファン向けコンテンツ設定」を開くと、「自動送信メッセージ設定」には、登録直後に送信するメッセージや誕生日に送信するメッセージ。そのほか、3カ月・6カ月・12カ月とファン歴に応じた自動送信メッセージを設定することができる

まさかここまで出来るとは……。素人でも、ファンクラブだけはプロ顔負けのレベルで運用できる。

・追加できるコンテンツ

ホーム画面では、投稿(ポスト)のほかにワークス(実績)とプロフィールの設定が可能だ。ワークスではさらに「アートワーク」「ビデオ」「ミュージック」の追加することができ、プロフィールでは「概要」「バイオグラフィ」「リンク」を加えられる。

バンドやミュージシャン、アーティストや漫画家、写真家、コスプレイヤー、モデルなどなど、さまざまな分野で活動する人にとって、この設計はとても有難いのではないだろうか。

・実際の投稿

さて、実際に投稿してみよう。投稿画面を開くと、画面上部に「全体に公開」と「ファンのみに公開」がある。いずれかを選んで、投稿を行う。

全体公開でファンズに投稿すると、同じ内容がTwitterにも反映される。

ファン限定で公開すると、自分のファンにのみ記事が表示され、Twitterにはあらかじめ設定した内容と、ファンズへのリンクしか表示されない。

・月額会費が……

さて、ここまで紹介してきて、1番気になることがある。それはファンクラブの会費の設定だ。CHIPでは月額100円から会費の設定を行うことができたが、ファンズはというと……。

月額300円(税抜)で固定。クリエイターが受け取る支援金は、そこから30パーセント手数料を引かれることになる。

「ファンになるために、月300円払ってください」なんてワシャよう言わん! 100円でも十分だと思っていたのに、300円も……。正直、自分が月額300円払うとなったら、ファンになることを断念するかも。できれば会費の設定はさせてもらいたいところ。今後のバージョンアップで、改善されることを願う。

参照元:Fans’
Report:佐藤英典
Screenshot:Fans’


Source: ロケットニュース24