【ポケモンGO】知っておきたい「ARマッピング」のやり方とコツ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 相棒ポケモンは育てているかな? お兄さんは一時期ほぼほぼやってなかったんだけど、やっぱりメダルを金にしたくて3カ月前くらいから毎日必死にハート稼ぎをしているところさ。ようやく30匹くらいと最高の相棒になったけど、金メダルまであと1年はかかりそうだよ!!

それはさておき、2020年10月後半に実装された『ARマッピング』をもうみんなはやってみただろうか? ぶっちゃけお兄さんは「ほーん」って感じでスルーしてたんだけど、報酬に “ポフィンのみ” があると知ってからは全力スキャン! 相棒のためにもポフィン長者を目指してるよ!!

・報酬には「ポフィンのみ」も

ポケストップの精度をより向上させるため(?)に導入されたARマッピング。簡単にいうと、これまでは平面で表現されていたポケストップを立体的に表現するための取り組み……らしい。それに伴いフィールドリサーチのタスクには「ARマッピング」が追加されている。

個人的に導入から数日間、報酬は「モンスターボール」や「げんきのかたまり」しか目にしなかった。そのため1度もARマッピングをせずに流していたが、冒頭でお伝えした “ポフィンのみ” である。基本的には購入(1個100ポケコイン)するしかないポフィンが報酬ならこれはウマい。というわけで、ARマッピングのタスクを消化してみることにした。

で、実際にARマッピングをスキャンしてみて感じたことは「コツがいるな」ということ。まずは以下でARマッピングの手順をご覧いただき、後でコツを補足しよう。

1: タスクをタップする(右側の矢印のあたり)

2: 対象のポケストップまで行き、スキャンを開始

3: ゆっくりとカメラを動かしつつ対象をスキャン

4: スキャンした画像をアップロードする

5: 報酬を受け取る

最大のポイントは「3」のスキャンの仕方。スキャン中は常にカメラを動かす必要があり、動きが検知されないとスキャンが停止してしまう。ゆっくりでいいので、スキャンが終わるまではカメラを動かし続けることを意識しよう。1度のスキャンは30秒を見ておくといいハズだ。

また、アップロードする画像の容量は30~60MB(お兄さんの場合)とそれなりに大きい。Wi-Fiの環境下でアップしないとまあまあの通信費がかかってくるため、心に余裕がある人は家なり会社なりで画像をアップロードするといいだろう。ただし、アップロードが完了するまでは、新しいARマッピングのタスクは拾えない。

・無限ポフィンも可能かも

通信費を考慮しないならば、個人的にこれだけでポフィンはかなりウマいと感じている。しかも1度スキャンしたポケストップでも再度ポフィンが出る場合があるから(というか、普通に出る)現段階では “無限ポフィン” も不可能ではない。こ、これは……?

なお、現段階でARマッピングのスキャンは端末によって対応していないため注意が必要だ。iOS、Android共に対象の端末についてはナイアンティックのサポートページを確認してほしい。中には起動した瞬間にフリーズしてしまう機種もあるようだ。

というわけで、報酬次第ではなかなかウマいARマッピングのタスク。百聞は一見に如かずなので、ナイスな報酬が出たら1度タスクを消化してみるといいだろう。どうか末永くポフィンが報酬で出ますように……! そしたら1日1スキャンしますので……!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】チラーミィの「限定リサーチイベント」を高速でこなす方法 & 当日やるべきこと

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! GOバトルリーグは試してみたかな? お兄さんは早く次の5戦がしたくてガムシャラに歩いてるよ。バトルパスを使ってもいいんだけど、ガチ勢が多いとも聞いたから小心者のお兄さんはビビっちゃってるよね!

それはさておき、2020年2月2日(日曜日)、およそ10カ月ぶりとなる「限定リサーチイベント」が開催される。登場するのは初実装となる「チラーミィ」だから、どなた様もシャカリキに頑張ることだろう。今回はその対策と「イベント当日にやるべきこと」を紹介するので、ぜひ参考にしてくれよな!

・チラーミィが登場

まずはイベントの概要から。開催日は2月2日の日曜日、時間は14時から17時まで3時間、登場するのはチンチラポケモンの「チラーミィ」である。チラーミィは「チラチーノ」に進化するが、その際「イッシュのいし」が必要だから、色違いやオスメスを考えて複数個のイッシュのいしを準備しておこう。

さて、初めて限定リサーチイベントが開催されたのは、約1年前の「ヒンバスデイ」が最初であった。その後、ほぼ1カ月おきに「パールル」「ハスボー」が登場したことを考えると、同イベントは “冬の風物詩” 的な位置づけなのだろう。ズバリ、来月と再来月も開催が濃厚だ。

イベントの内容としては、ポケストップから排出されるタスクをこなし、報酬のポケモン(今回ならチラーミィ)をゲットしていくというシンプルなもの。初回の「ヒンバス」こそ地獄の難易度であったが、続く「パールル」と「ハスボー」が比較的イージーモードであったことを考えると、今回も優しい設定……と思われる。というか、そうであって欲しい。

んでもって、自慢じゃないがお兄さんは「パールル」と「ハスボー」をそれぞれ100匹近くゲットし、色違いもそれぞれ7~8体は捕獲した。あくまでタスクの難易度と運に依存するが、まずはお兄さんなりの「高速でリサーチイベントをこなす方法」をご紹介しよう。

・1: とにかく準備が大事

ハイパーボールを用意しておくことは当然として、当日は大量のポケモンをゲットすることになる。手持ちのポケモンがパンパンのトレーナーは、できる限りボックスを整理しておこう。最低でも300くらいはボックスに余裕を持たせることをオススメしたい。

・2: チラーミィはその場でゲットするな

タスクをこなし「チラーミィ、ゲットだぜ!」……と行きたいところだが、お兄さんはその場でゲットせず逃げる派だ。理由は「ゲットする時間がもったいないこと」そして「ボックスの圧迫を防ぐため」である。チラーミィはイベント終了後にゲットすればヨロシ。ただし、報酬は100個までしか貯められないので、色違いだけはその場で捕まえてしまおう。

・3: ポケストップの多いエリアでプレイしろ

どんなタスクが出るか現段階では不明だが、このイベントこそポケストップの多いエリアでプレイするに限る。むしろそれが全てだ。具体的にどこがオススメとは言わないが、密度はあまり関係ない。「歩ける範囲で最大限にポケストップが多いエリア」を主戦場にすべし。

・当日やるべきこと

お次に「当日やるべきこと」についてだ。発表によると当日は、コラッタ・ラッタ・ピカチュウ・サンド・ニドラン♀・ニドラン♂・オタチ・マリル・ジグザグマ・プラスル・マイナン・ビッパ・ミネズミ……など、子年にちなんだポケモンが多く出現するという。

このうち「ビッパ」を除くほとんどのポケモンに色違いが実装されているが(野生で出るかは別にして)、今回はそこじゃない。全トレーナーが手あたり次第に捕まえるべきポケモンは「マリル」である。繰り返す、マリル一択だ。

なぜならば、マリルの進化系「マリルリ」はスーパーリーグで最強の一角を担うポケモンで、普段は野生でほとんど出現しない。GOバトルリーグの本シーズンのことを考えると、今回はマリル厳選のラストチャンスと見ていいだろう。PVPの準備が出来ていないトレーナーも「マリルリ」だけは絶対に育てておいた方がイイ。

まとめると、当日はタスクをサクサクこなしつつ、出現した全マリルを捕獲していくといいハズだ。そのためにはボックスの整理を始めとする準備が大切。道具・ボックス・コンディションをしっかりと整えておこう。

大丈夫。きっと大丈夫。たぶんハスボー & パールルくらいの頻度で色違いも出るハズ……! タスクも難しくないハズ……!! 地獄のヒンバス級にはならないハズ……ッ!! 仮にヒンバス級だったらみんなで盛大に泣こうぜ! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】フィールドリサーチの報酬が変更! 注目は「トレーナーと対戦する」だ!!

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も図鑑を見てニヤニヤしてるかな? お兄さんはキラフレンドの導入もあって全キラまで残り9つになったよ! ただ9月後半にはイッシュ地方も追加されるし、なんだかんだ先はまだ遠そうだよね!!

それはさておき、本日2019年9月2日「フィールドリサーチのタスク報酬」に変更があった。現在のところ確認できているのは約20種類のタスク変更で、中でも注目は「トレーナーと対戦する」である。なぜならば……!

・タスクの内容と報酬が変更

なかなか野生で出現しないポケモンを、ピンポイントで狙い撃ちできるフィールドリサーチのタスク報酬。苦労して集めた割には滅多に色違いポケモンが出現しないことはさておき、可能性がある限りコツコツ頑張るのがトレーナーの宿命(さだめ)である。

さて今回の変更で、現在のところ当編集部で確認できているポケモン出現のタスクは全21種類。そのうち色違いポケモンが実装されているのは17種類。まだ手に入れていない色違いポケモン、どうしても欲しい色違いポケモンがいたら、まずはタスク集めから始めよう。

・タマゴを1個かえす → ハネッコ

・イーブイのGOスナップショット写真を5枚撮る → ゴクリン

・ポケモンを交換する → ドーミラー(色違いチャンスあり)

・ポケモンを3匹送る → ヤミラミ(色違いチャンスあり)

・ポケモンを15匹捕まえる → サンド(色違いチャンスあり)

・ポケモンを1匹進化させる → カラカラ(色違いチャンスあり)

・フェアリータイプのポケモンを5匹捕まえる → マリル

・ノーマルタイプのポケモンを5匹捕まえる → ジグザグマ(色違いチャンスあり)

・あくタイプのポケモンを3種類捕まえる → ポチエナ(色違いチャンスあり)

・エスパータイプのポケモンを3匹捕まえる → スリープ(色違いチャンスあり)

・こおりタイプか、くさタイプのポケモンを4匹捕まえる → パウワウ(色違いチャンスあり)

・ポケモンを捕まえるときにきのみを5個使う → ユキワラシ(色違いチャンスあり)

・ポケモンを捕まえるときにズリのみを5個使う → ウリムー(色違いチャンスあり)

・ポケモンを捕まえるときにナナのみを10個使う → ストライク(色違いチャンスあり)

・ギフトを10個送る → ニューラ(色違いチャンスあり)

・相棒と歩いてアメを3個もらう → ポニータ(色違いチャンスあり)

・みず、でんき、ほのお、いずれかのタイプのポケモンを3匹捕まえる → ドードー

・チームリーダー対戦を2回する → ネイティ(色違いチャンスあり)

・トレーナーと対戦する → ラクライ(色違いチャンスあり!)

・グレートスローを3回投げる → ミミロル(色違いチャンスあり)

・カーブボールのグレートスローを5回連続で投げる → パッチール(色違いチャンスあり)

・色違いラクライが実装!

注目はなんと言っても「色違いラクライ」が初実装となった「トレーナーと対戦する」だ。フィールド上でも野生のラクライはちょいちょい見かけるが、ドジョッチ級の湧きまくりではない。気が遠くなる作業ではあるが、コツコツとタスクをこなしていこう。

また、定期的に模様が入れ替わるパッチールも、8番から3番に変更されている。当然、色違いパッチールの模様も3番になっているから、こちらも気長にコツコツとタスクをこなしていくべし。その他では、レア度が高いドーミラーの「ポケモンを交換する」あたりも注目だ。

というわけで、ウルトラボーナス直前の変更ではあるが、トレーナー諸君は張り切ってタスクをこなしまくっていただきたい。もう1度言うが「トレーナーと対戦する」は絶対に捨てちゃダメだぞ☆ それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24