パリの『マンガ通り』で人気のジャパニーズMANGAベスト5を聞いてみた結果 →「 パリジェンヌは少年ジャンプと刀がお好き」!?

日本のアニメやマンガが海外でも人気のようだが、中でもフランスは特に熱狂的だと伝え聞く。首都パリに通称 “マンガ通り” なる区間があると知り、訪れてみると付近には多くの日本食店や日本の雑貨を扱う店も並んでいた。日本好きの人が集まるゾーンなのかしら?

以前の記事で “スペインの人気コミックベスト5” をお伝えした。スペインで1番人気の『鬼滅の刃』を私は知らなかったのだが、調べたら相当な人気作品と知り反省。アニメを見て予習してきたのである。隣り合うスペインとフランスでランキングに差が出るのだろうか?

そのあたりを探るべく通りをウロチョロすると、目につくのはコスプレ衣装を扱う店の数々。パリのコスプレ人口ってこんなに多いのか……! マンガ通りに数軒あるマンガショップの中で、とりあえずひときわ人の出入りが激しい店に突撃取材を敢行してみたぞ!

・圧倒的品数

今回訪れたのは『MANGA DORI』というお店。

店内は常に客が入れ替わり、立ち読みなどしている隙間はない。

パリジェンヌパリジャンたちはみな狙いを定めて来店しているのだろうか? 商品をパパッと選ぶと、迷うことなくレジへ向かう様子である。

整然とマンガが配置されたスペインのショップと比べると、「狭いスペースでいかに多くの商品を置くか」が店のテーマとも感じられる。日々大量のマンガが売れてゆくとみえて、奥には在庫の入ったダンボールが山積みだ。

店内の本棚をよく見ると、なんと “手前の本の奥にもう1列、別の本が並んでいる” 状態! この画期的手法によって、漫画本を従来の2倍展示することが可能となっている。そして “集英社ごと” “講談社ごと” などに分けられていないため、お目当てを探すのが大変だ。何か別の法則にそって並べられているのだろうか……?

・使い道が気になる

それはそうと入店時から気になっていたのは、店内じゅうに並べられた大量の「刀」である。

それは壁一面……とにかく空きスペースの全てを活用して陳列されていた。

刀のひとつひとつにはマンガ(アニメ)のキャラクターとおぼしき顔写真と名前が添えられている。おそらく作品中でそのキャラが使用している刀のレプリカなのだろう。

刀だけでなく “アックス” とか “ランス” と呼ばれていそうなものも。


ハイリアの盾や……

かぎ爪に……

忍の武器……

ハンマー……

悪魔の実もあるぞ!

マンガ通り周辺にコスプレショップが多数存在していたことからも推測すると、おそらくコスプレの小道具と思われる刀類たち。さすがはファッションの街・パリである。パリジェンヌ・パリジャンたちはマンガを読むだけではなく具現化するのもお好きなようだ。

・人気トップ5を発表

「日本から来た」と告げるとスタッフや周りの客も親切に接してくれた。ランキングを尋ねると売上データを集計した正確な回答をもらえたぞ!

第5位:『ブラッククローバー』

よかった! 知っている作品だ! ……と、言っても読んだことはない。しかし予習が功を奏し、かろうじてタイトルと “魔法モノ” だということは分かるぞ! 舞台が異世界だと外国の人にも受け入れられやすいのかもしれないな。

第4位:『約束のネバーランド』

お店の人は英語をあまり話せないとのことだったが、タイトルを全て日本語で教えてくれたので問題なくコミュニケーションを取れた。第4位の『約束のネバーランド』はちょうど在庫切れらしい。ちなみに簡単には入荷できないのか、店内では “1巻と2巻だけ売り切れ” という状況が多発していた。海外の漫画ファンには苦労も多いのだろう。

第3位:『鬼滅の刃』

ななんと! スペインでは1位だった『鬼滅の刃』が3位にランクイン。『DEMON SLAYER(デーモンスレイヤー)』というかっこいいタイトルがついている。入荷状況等もあるかもしれないが、同じヨーロッパ内でもランキングは微妙に違うようである。

第2位:『ワンピース』

根強い『ワンピース』が第2位。ここまで4つ全てが週刊少年ジャンプの作品だ。なんだかんだ言ってやはりジャンプは王様なのだな、海外でも。そしてワンピースを抑えて1位に輝くのは……もしかして私も大好きなドラゴンボー……

第1位:『僕のヒーローアカデミア』

と、いうわけで『僕のヒーローアカデミア』がこの店で人気ナンバーワンの作品でした!

……タイトルを聞いたことはあるが、漫画知識に疎い私にはイマイチ実感のわかない第1位である。よってこの結果についての見解をきくため、当サイト1の漫画ツウことK.Masami記者に国際チャットを飛ばしてみたぞ。

──『僕のヒーローアカデミア』は日本でどういった位置づけの作品なんでしょう?

「『ヒロアカ』はジャンプの看板作品です。もうすぐ日本で映画が公開される人気作ですよ」

──『ヒロアカ』って言うんだ! どういう内容なんですか?

「言い方は悪いですけど……周りに比べて力を持っていない落ちこぼれな子が、努力と周りからの支援によって段々とヒーローになっていくという王道ストーリーです」

──さすがマサミ記者! じゃあパリで人気というのも納得?

「そうですね。わかりやすいストーリーなので外国で人気なのも分かります」

・やはりパリはガチだった

人気トップ5が全てジャンプ作品という結果になったパリ取材。1位の『僕のヒーローアカデミア』を購入し読んでみた。

価格は1冊5ユーロ(約602円)。コミックの種類にもよるだろうが、全体的にスペインよりもだいぶ割安な印象だ。

さすがフランスというべきか、翻訳の手法が職人技である。効果音に付属するルビも作画を完璧にコピーした字体。場面によっては「海外の作品です」と言われても信じてしまいそうだ。

スタッフのお兄さんに「好きな作品は?」とたずねると、日本語のタイトルをド忘れしてしまったらしく「オーマイガー! 俺はバカだ!」としきりに憤っておられた。そんなの分からなくて当然じゃん、と思ったが、海外ファンにとってそこは譲れぬこだわりなのかもしれない。

パリジェンヌ・パリジャンたちの日本に対するリスペクトがヒシヒシと感じられる店『MANGA DORI』。ここへ来ればひょっとして日本でも手に入らぬ品が見られるかも? パリ中心部からもほど近いマンガ通りへ、漫画好きでなくとも一度足を運んでみてほしい!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

店名 MANGA DORI
住所 23 Rue Keller, 75011 Paris, フランス

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【行け仏】フランスのラグビー専門紙が話題! 見た日本人は思わずニッコリしてしまう件

日本ではラグビーは盛り上がらないんじゃないか。そんな心配はどこ吹く風! 現在、日本で行われている『ラグビーワールドカップ2019』は連日大きな盛り上がりを見せている。

今大会を通し、改めて世界各国のチームに目を向けた人も多いだろう。そんななか強豪フランスがある方面で注目されている。それはラグビー専門紙なのだが、見るとフランス人は混乱! でも日本人なら思わずニッコリしてしまうのだ。

・仏ラグビー紙に日本人がニッコリ

話題のラグビー紙はフランスの新聞『ミディ・オランピック(Midi Olympique)』だ。ラグビー専門新聞だなんて、さすが世界ランク7位の強豪国だ! さて同紙でもW杯前に特集が組まれていたのだが、多くの人がその表紙に釘づけとなった。そこには大きくハッキリキッパリと

「行け仏」

とプリントされているのだ。

意味……わからなくはない! むしろわかる! 勘の良い方、フランス語が堪能な方はもうお気づきだろう。この「行け仏」は、すぐ下に「ALLEZ LA FRANCE」とあるように「行け! フランス!!」と自国を応援する意味なのだ。「仏」はフランスのことであり間違いではない。

しかし漢字になるだけで、ずいぶんと雰囲気が変わりますなぁ。やけにありがたさがアップし、思わずニッコリしてしまわないだろうか。

・フランス人は混乱?

だが、フランス人はそうでもなかったようで、ネット上では「仏(ほとけ)……?」「ブッダ?」と混乱する声も寄せられていた。

そしてその混乱を受け、親切なユーザーにより「ここでいう “仏” とはフランスの漢字表記 “仏蘭西” の頭文字であり、フランスを漢字一文字で表した記号のようなもの。仏教方面の “仏” ではない」との旨が説明されていたのだった。

・翻訳ソフトで試してみた結果 → 人の温もりを感じた

なぜ「行け仏」というパワーワードが誕生してしまったのだろう。Google翻訳の誤訳ではないか、という声もあるが果たしてそうなのだろうか。試しに「ALLEZ LA FRANCE」をGoogle翻訳、Bing翻訳、百度翻訳で日本語にしてみたところ……

Google翻訳:「ALLEZ LA FRANCE」→「フランスへ」
Bing翻訳:「ALLEZ LA FRANCE」→「フランスに行く」
百度(バイドゥ)翻訳:「ALLEZ LA FRANCE」→「頑張れフランス」

百度が一番正確かよォォォォ! それは置いておくとしても、他の訳も「行け仏」からは遠い。もしかして、別の言語をかませた? そこでフランス語 → 英語 → 日本語でも試したところ……

Google翻訳:「ALLEZ LA FRANCE」→「GO FRANCE」→「フランスへ」
Bing翻訳:「ALLEZ LA FRANCE」→「GO FRANCE」→「フランスに行く」
百度翻訳:「ALLEZ LA FRANCE」→「Refueling France」→「給油フランス」

どうした百度!? 一部混乱しているが、どこにも “仏” 要素はないのだった。

恐らくではあるが、この表紙を作った人は意図的に “仏” を使ったのではないだろうか。「行けフランス」だと長く、余白やデザインの関係であえて “仏” で表現したと考えると自然である。中国で発見された巨匠「宮崎グズオ」のときのような機械翻訳にはない人の温もりを感じたのだった。

そんなフランスは、10月2日に福岡で米国との一戦を控えている。もうあんなの見せられたら親近感わきまくりだ。まさか日本人にフランスを応援させる作戦……ではないと思うが、つい応援したくなっちゃうじゃないかー! ALLEZ LA FRANCE! 行け仏!!

参照元:Twitter @midi_olympiqueGoogle翻訳Bing翻訳百度翻訳
執筆:沢井メグ


Source: ロケットニュース24

【ベルサイ湯】宮殿スタイルの銭湯「クアパレス」がゴージャス過ぎてビビった! タトゥーOKで入浴料金430円! 千葉県船橋市

千葉県柏市の住宅街に「ガチのフランス城」があると以前の記事でお伝えした。そして今度は船橋市。なんでも習志野駅からスグの場所には、地元の方が「ベルサイ湯」「習志野のテルマエ・ロマエ」などと呼ぶ “ゴージャス銭湯” があるらしい。おいマジかよ千葉。

ということで今回は、エレガント過ぎる銭湯『クアパレス』に行ってきた。暗闇に浮かぶ幻想的な宮殿……おそらく何も知らなければ、ここが銭湯だとは思わないだろう。とにかく激しくファンタジーな世界が広がっていたので、詳しく紹介したい!

・クアパレス

新京成電鉄・習志野駅から歩いて7~8分の静かな住宅街。まさかこんなところに……って場所で『クアパレス』を発見した。もともと戦後以降は、ザ・銭湯スタイルの「富士見湯」だったが、1990年にアミューズメント・スパとして生まれ変わったらしい。激しいイメチェンだな。

入口からいきなり「サイゼリヤの実写版」みたいな雰囲気だ。大理石のフロアにシャンデリア、ヴィーナスやピエロも大歓迎。下駄箱もLEDライトで、ゴージャス感を演出している。

入浴料金は大人430円。ギラギラの装飾にビビってしまったが、一般的な公衆浴場と変わらない価格設定である。また、フェイスタオルは100円、バスタオルは200円でレンタル可能だから手ぶらで行っても大丈夫だ。それでは中へレッツゴー! で、いきなりですが……

自動ドアの奥に……

ツタンカーメンがいました。

・ベルサイ湯

……それはさておき、もちろんロビーもヴェルサイユ宮殿風である。風呂上がりにパンツ1枚でくつろぐなんて絶対にNG。できる限り、フランス貴族のように上品に振る舞おう。

それでは全裸で浴場へ。男湯も宮殿スタイルのまさに「ベルサイ湯」だった。巨大な円柱が象徴的でエレガントな印象。そして壁面に描かれていたのは、見事な富士山……ではなく、南国ビーチだ。宮殿と関係あるのか分からないが、開放的で気持ちが良いぞ!

・タトゥーもOK

ちなみにタトゥーもOKだ。この日は “タトゥー” というよりは “紋々(もんもん)” をガッツリ入れた方が多数。大きな湯船につかれる銭湯は貴重なのかも。また、子供たちには激しすぎる「5馬力のジェットバス」が流行っていた。油断すると吹き飛ばされる強さである。

他にも漢方風呂や電気風呂、サウナ(別料金)や水風呂もあって、シャンプー & ボディソープも完備。豪華絢爛な内外装はもちろん、銭湯としての設備も十分である。老若男女問わず楽しめるトレビア~ンな「ベルサイ湯」だから、機会があればぜひ足を運んでみてほしい。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

名称 クアパレス
住所 千葉県船橋市薬円台4-20-9
時間 15:00~24:30(土日は14時から)
休日 不定休

イラスト・Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【千葉】フランス城主会公認『コーマル城』で「カフェ利休」を飲んできた / ここが柏市ってウソだろ!

千葉県柏市の住宅街の一角に、フランス城主会公認の “ガチの城” がある。その名は『シャトー・ド・コーマル』で、名称の中に使われている「ド」は、簡単に言えば「正式な城にのみ使うことを許された証」らしい。ちなみに「シャトー」はフランス語で「城」のこと。

とにかく本物の城が……柏市内にある。そもそも本物と偽物の違いもよく分からないが、興味は津々 & 行く気は満々ということで、実際に「コーマル城」に行ってみた。んで、結論から申し上げると、アレは間違いなく本物の城。本物過ぎるほどに、本物であった。

・柏駅から車で約15分

『シャトー・ド・コーマル』は、JR柏駅から車で約15分の場所にある。駅東口から東武バスを利用するなら「刈込(かりごめ)」停留所が最寄りだ。地図アプリを確認しながら、住宅街をさまようこと5~6分。そろそろかな~なんて思っていると案内看板を発見した。順調順調。

そして、看板の案内する方向に視線を向けると……おいおいおいおいいいいいいいッ

マジで城があるんですけど。

住宅街のド真ん中にそびえ立つコーマル城は、恐ろしいほどに高貴な空気、重厚な雰囲気を醸し出していた。さすがフランス城主会から認められた本物の城……柏市内のこの一角だけヴェルサイユみたいである

・黒柳徹子さんが命名した噴水

いよいよ、コーマル城の敷地内へ。まず、前庭にある “百科全書を台座にした噴水” は、黒柳徹子さんが「サロン文化の泉」と命名したものらしい……いきなりスゲーな。黒柳さんも「あらま、お出迎えの噴水が立派ね、ビックリしちゃったわ」と感動したのかもしれない。


それはさておき、恐る恐る扉を開けると……今度は「スカルノ大統領から贈られた極楽鳥のはく製」がッ! てか、もう玄関ホールから、フランス宮廷文化の華々しさを丸ごと感じられるほどエレガントである! スゲエエエエエエーーッ!!


・カフェ利休

つづいて奥の喫茶室へ。こちらは時間が限られる(11時~17時)が、予約ナシで気軽に利用できるからオススメだ。衝撃の連続で少し疲れてしまったため、城主が考案したというコマール城オリジナルコーヒー「カフェ利休(700円)」を頼んで休憩することにした。

コーヒーの伝来には諸説あるが、城主曰く「信長の時代に宣教師が持ち込んだコーヒーを、千利休は抹茶のように飲んだのではないか?」と考え、編み出したのが「カフェ利休」。茶筅(ちゃせん)でコーヒーをたてて、砂糖の代わりに和三盆を使うのが特徴だ。ほほう。

さっそく味わってみると、これがまた不思議な美味さ。まろやかで香りも良く、目にも美しい「カフェ利休」には日本らしさを感じる。450年前を再現していると言っても過言ではないだろう。

・城内を見学

さて、ゆっくりしたところでコーマル城内を見学。今さらだがコーマル城は、城主・高丸さんの自宅で、高丸さん自ら長い年月をかけて完成させたもの。フランス18世紀ロココ様式の建築を、日本の住宅に合わせて忠実に再現したそうだ。マジで言葉が出ねぇです。「舞踏の間」や「学問の礼拝堂」などなど、見どころは盛りだくさんだったぞ。

なお、コーマル城では、毎月コンサートやティーパーティーなどの催しが開かれているという。カフェ利用をするだけでも貴族気分は味わえるが、興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。そして最後にもう1度だけ言っておくが、あの一角はマジでフランスだぞ

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 コーマル城(CHATEAU DE COMAL)
住所 千葉県柏市東柏1-21-15
時間 11:00~17:00
休日 火曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24