【なぜ?】アメリカ人が日本の本屋にブチキレ! その理由がおっしゃる通りすぎた

こんなの当たり前でしょ。何を言ってもそう言う人はいる。辞書を引いてみると、当たり前の意味は「だれが考えてもそうであるべきだと思うこと」だ。では、逆に聞きたい。それって本当に当たり前だろうか

海外の人に話を聞くと、普段我々が当たり前だと思っていることに衝撃を受けている場合がある。日本に住んで5年くらいになるアメリカ人はなぜか本屋にブチキレていた

・アメリカ人から見た日本の本屋の変なところ

「Why!?」と声を荒げたのは、日本で生活するアメリカ人・厚切りデイヴ(仮名)さん。本が好きなデイヴさんは、日本の本屋で非常に不便を感じた点があるという。

厚切りデイヴ「なんで日本の本屋は、同じ作者の作品なのに別々の棚に置かれてるの? 意味わかんないYO!」

──確かに、小説の文庫とかは同じ作者でも出版社別に置かれてるね

厚切りデイヴ「私は日本語できるけど、それでもどこに誰の本があるか分からない。出版社とか買い手には関係ないじゃん。外国人は本屋で本探せないよ」

──とのこと。確かにおっしゃる通り。っていうか、言われてみたら日本人でもアレ結構不便なんだよな。いっぱいある出版社いちいち正確に把握してるわけじゃないし、たまに小さい町の本屋で文庫を作者別にまとめてる店あるけど、やっぱりめちゃくちゃ探しやすいし。そこでふと疑問に思った

「そもそもなぜ出版社別で分けられているんだろうか?」

──。前述の通り、探しにくいのは日本人も同じなのである。じゃあ、この陳列方法は誰のためのものなんだろうか。

・本屋に理由を聞いてみた

考えれば考えるほどに意味がわからないため、思い切って紀伊国屋書店新宿本店に聞いてみた。なぜ文庫は作者別ではなく出版社別に分けられているんですか

紀伊国屋書店「出版社がバラバラになってしまうと探しづらいからです」

──え? 誰がですか?

紀伊国屋書店「お客様です」

──なんと書店側は「客のためにやっている」との答え。マジか。探しやすいと思ってあの陳列方法を採用していたとは……。まさに思いやりが裏目に出るパターンだ。

そう考えると、90年代の恋愛ドラマくらいすれ違っている日本の書店独自の陳列方法。時は2019年、これって本当に当たり前

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【ブチギレ】使用済みの『傘を入れておくビニール袋』を使ったら「貧乏くさい(笑)」って言われたんだけど何か問題あんの?

昔よりはかなり少なくなった気がするが、やはりこのシーズンは梅雨の影響で雨の日が多い。当然ながら傘が手放せない日が続くワケで「梅雨の時期だけは折り畳み傘をかばんに忍ばせている」という方も多いことだろう。

つい先日のこと。私、P.K.サンジュンは区役所を訪れた。その日は朝からあいにくの空模様で、私の手にはビニール傘が握られていたのだが……。市役所の入口に設置されていた『傘を入れておく用のビニール袋』の件で大変イヤな気持ちになったことをご報告したい。

・消えゆく傘立て

市役所に限らず、最近は公共の施設で “傘立て” を目にする機会がだいぶ減ったように思う。おそらく、傘の取り違えや盗難で設置する側も余計な手間がかかったのだろう。その代わりに多くなったのが『傘を入れておく用のビニール袋』である。

市役所に限らず、コンビニでもスーパーでもレストランでも、この『傘を入れておく用のビニール袋』を採用している施設は非常に多い。傘を取り間違える可能性はないし、ビニールに入れておけば床が水で濡れることもないから、採用する施設が多いのも頷ける話だ。だがしかし……。

私は以前からこの『傘を入れておく用のビニール袋』について、ちょっとしたことが気になっていた。それは、使い終わったビニールたちの無念さとでも言うべきだろうか、要するにビニールたちを最大限使い切ってあげていないと感じでいたのだ。

・あまりに短い命

例えば、スーパーのビニール袋ならば家に持ち帰り二次使用もできるし、我が家では実際にそうなることが多い。だが一方で傘を入れておく用のビニール袋は、わずか数分、長くてもせいぜい1時間程度で、その生涯に幕を閉じてしまうのだ。

デビュー初戦が同時に引退試合でもある彼ら、傘を入れておく用のビニール袋たち。その儚さを感じ取るようになって以来、私は新品のビニール袋ではなくゴミ箱に捨ててある “使用済みの” 傘を入れておく用のビニール袋を使用している。もちろん、彼らは新品同様の働きをしてくれることは言うまでもない。

ところがどっこい、いつものように市役所でゴミ箱から、使用済みの傘を入れておく用のビニール袋を拾うと、真後ろにいた60代半ばとおぼしきご婦人2名が「貧乏くさい(笑)」とコソコソ話をしているではないか……。

ババア、ゴルアアアアアアァァアアアアアアア!!

え? なんなの? 別にババアに迷惑かけてないじゃん? というか、なんなら俺が貧乏くさくてもババアが貧乏になるワケじゃないじゃん? しかもちょっとエコじゃん? 地球に優しいじゃん? 少なくとも芳香剤だか香水だか知りませんけど、あなた方が発している毒々しいニオイよりはね!!

……とは、さすがにその場では言わなかったが、ちらりとババアたちの方に目をやると、意気揚々と新品のビニール袋にド派手な花柄の傘をしまっていらっしゃった。まあいいんだけどさ! でも使用済みのビニール袋を使うことって、そんなにみっともないことなの? 別によくない? 自分、誰にも迷惑かけてないッスよ!

・使用済みでもいい人いるよね?

まあ、ゴミ箱を漁っているように見える行為が貧乏くさく見えたのだろうが、水が付いたビニール袋しか入っていないので、別に汚くはないし、私はこれからも使用済みを使うだろう。というかアレもさ、ゴミ箱じゃなくて「使用済みをご利用の人はこちら」とか書いておいてくれれば、そっちを使う人も多いと思うんだけどな!

執筆:P.K.サンジュン
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24