【本気】30代になって白ブリーフという選択肢を考えてみる / ボクサーパンツと比較したらアレ以外は負けているところが見つからなかった

私(hirazi)は32歳。同世代の男性であれば、半数以上が小学生で白ブリーフから卒業していると思う。白ブリーフからトランクス、そしてトランクスからボクサーパンツへという流れが王道であろう。

洗脳されたかの如く、ずっとボクサーパンツを履いてきた私。しかし、冷静に考えてみると、最も機能性が高いパンツは白ブリーフではないか? という疑念が芽生えた。そこで実際に白ブリーフを履いて考察してみることに。

・白ブリーフの定義と予選落ちのトランクス

本題に入る前に大前提をお伝えしたい。独断と偏見の塊と思われるかもしれないが、それも承知の上だ。

まず1点目、ボクサーパンツはボクサーブリーフと言う呼ばれ方もするが、ブリーフはあくまでも、白くてビキニ寄りの形をしたパンツのことである。

白くなかったらブリーフではない。そして、ビキニ寄りの形じゃなかったらブリーフではない。つまり、ボクサーブリーフはブリーフであってブリーフではない。それが私の勝手な見解である。

2点目はトランクスについて。このパンツは、残念ながら予選落ちである。なぜなら、私が細身のズボンを履くことが多いため、ダボつくのだ……実用性においては致命的と言えよう。これにより、ボクサーパンツと白ブリーフの一騎打ちとする。

・白ブリーフとの再会そして合体

前置きが長くなってしまったが、本題に入ろう。今回、私が購入したのは『グンゼ』の白ブリーフ。消臭機能も持ち合わせた優れものだ。

さっそく開封していく。パッケージから取り出した瞬間、懐かしい思い出が脳内を駆け巡り、懐かしい学び舎に思いを馳せる……もう1度あの頃に戻りたい

思い描いていたイメージよりも股上が長かったが、そんなことはどうでも良い。これが正真正銘の白ブリーフということに変わりはない。さて、運命のフィッティングだ。20年以上ぶりに白ブリーフを履いてみたところ……

フィット具合はボクサーパンツと完全に同じである。正直に言うと、そんなことは分かりきっていた。

だがしかし! ボクサーパンツと白ブリーフの形を比べてみると、白ブリーフはビキニに近い。つまり体感としては変わらないものの、肌の露出が多い分、わずかながらも蒸れにくいはず。

さらに!! パンツの面積が少ないということは、細身のズボンを履いた時に、よりフィットするということだ。ここまでは完全に白ブリーフに軍配が上がっている。さすが白ブリーフ。

・白という色によるメリット

次は色によるメリットをお伝えしたい。白ブリーフは白であることが、唯一無二の存在意義でもある。

これをデメリットと勘違いされる人も多いが、明らかにメリットだ。それは何故か? 大便を漏らしたかもしれない……そんな時すぐに発見することができるからである。

匂いは繊維を越えて漂ってくるだろう。一刻も早く漏らしたという事実を認識し、匂いの元を取り去らなくてはならない。早急なる処置により、大事故を防ぐことができるのだ。

白いボクサーパンツを履けば良いじゃん」という声も聞こえてきそうだが、一喝したい。白という色を選択する時点で、前述したフィット感で軍配が上がる白ブリーフを選択すれば良い話なのだ。またしても白ブリーフの勝利。

・白ブリーフ唯一の欠点

白ブリーフの欠点。それはたった1つ。いざという時、女性からあまり良くない印象を持たれる可能性があることだ。もしかしたら偏見かもしれないので、数名の女性に白ブリーフを履いている男性はどう思うか、実際に聞いてみたところ……

「ハッキリ言って引く」
「ボクサーパンツにしてもらいたい」
「マザコンぽい」

など厳しい声が寄せられた。分かってた……分かってたよ、そんなこと……! しかし、そんな女性たちには「それなら君もTバックを履いてくれないか?」と白ブリーフ男性陣営から要求したいと思う。

・これからも白ブリーフを履き続ける

白ブリーフとボクサーパンツについて比較してみた結果、女性ウケという点を除いては白ブリーフの圧勝になった。そして、お察しかもしれないが、私もいつの間にか白ブリーフガチ勢になっていた。ギャグのように思われるかもしれないが、この記事で書いた内容は真剣に導き出したベストアンサーである。

この記事を読んで、白ブリーフありかも? と思った男性がいたら1度試してみて欲しい。そして、肌身をもって魅力を感じてもらえたら幸いだ。もちろん、私も白ブリーフを履き続けるだろう……デートのとき以外は

参照リンク:GUNZE
Report:hirazi(ひらじ)
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24