12回住み替えした人が初リノベした!ヴィンテージ家具が似合う家

DK

Hさん夫妻は東京都大田区で築20年、専有面積75.78平米の中古マンションを購入。工事費 1162万円(税・設計料込み)で人生初のリノベーションにチャレンジしました。

人生の節目ごとに12回もの住み替えを体験してきたというHさん。初リノベで実感したのは「家に合わせるのではなく、自分たちの暮らしに合わせてつくるとストレスがない」(夫)ことだったそうです。

セレクトオーダーで浮いたコストを上手に活用

LDK

リノベのきっかけは、なんと「休みの日に子どもと行けるイベントを探していて、たまたま今回リノベを依頼したブルースタジオのイベントに参加したこと」(夫)だったとか。

基本的なゾーニングは変えていませんが、LDKは和室をなくして広さを確保。ハンモックやターザンロープを設置した楽しいスペースもつくれるほどのゆとりが生まれました。

重厚感のある木のキッチン腰壁は、夫妻が以前から集めてきたヴィンテージの家具に合わせて製作したものです。

LDK

ダイニングの椅子はフィン・ユールやカイ・クリスチャンセンなど名作揃い。生地を張り替えて使っているそう。照明器具や本棚もヴィンテージです。

LDK

リビングダイニングの床は、念願のヘリンボーンフローリングに。ブラックウォールナットが高級感を醸すと同時に、ヴィンテージ家具ともよく馴染んで見えます。

キッチン

キッチンはブルースタジオの定額制セレクトオーダー式サービス「TOKYO*STANDARD」を利用したオリジナルです。
決められたアイテムから設備や素材を選ぶシステムで、コストや手間が抑えられるます。「浮いたお金で当初から欲しかったミーレの食洗機を購入しました」と妻。

アイランドキッチンの背面には収納を設け、黄色の壁がチャーミングなパントリーもつくりました。

DK

足音などを気にしなくて済む1階にあるH邸。向かいが公園なので、キッチンやダイニングからも緑が楽しめます。

暮らしやすさを向上する回遊できる動線

子ども室

子ども室は淡いブルーのアクセントウォールとアーチが印象的。子ども室はキッチン側から入れるようになっていて、奥の寝室ともつながっています。

寝室入口

寝室の玄関側には「板チョコみたいなデザインが気に入って」(妻)というイギリス製アンティークの扉を採用しています。扉側にはWICがあり、ここからは玄関ホールを経由して洗面スペースへ向かえるため、身支度の動線もスムーズです。

玄関

玄関は下駄箱と棚をオープンにし、廊下も同じ床材にすることで広がりを演出。色鮮やかなヴィンテージのポスターが空間のアクセントに。

洗面

剣持勇デザインによる秋田木工のスツールが上質感を演出する洗面スペース。以前はコンパクトだった洗面スペースは、玄関からリビングダイニングへ向かう廊下側に出し、オープンなスタイルとしました。

つまり、キッチン→子ども室→寝室→玄関→洗面兼廊下→リビングダイニング、と回遊できるようになっているのです。「ぐるぐる回れて、動線的にも使いやすい」と夫。

水回り

洗面スペースのミラーは、美容室用の姿見を横にして使用したもの。洗面ボウルと水栓には、クラシカルかつエレガンなトコーラー社製を採用しています。
設備と内装を一新したトイレも、まるでアート空間のよう。

セレクトオーダーを賢く利用しながら、夫妻の個性あふれる住まいに仕上げたH邸でした。

設計 ブルースタジオ
撮影/水谷綾子

※情報は「リライフプラスvol.34」取材時のものです

Source: 日刊住まい

新築を部分リノベ。名作家具と暮らすミニマル空間

「中古住宅をリノベーションして暮らしたい」と考えていたデザイナーの小林さん。

物件探しに難航していたあるとき、売れ残って手頃な価格になっていた東京・杉並区の新築分譲住宅に出会いました。

駅近の立地も希望通りだったためリノベーション前提で購入し、2階のみブルースタジオに工事を依頼。

お気に入りのデザイナーズ家具に囲まれて暮らす、長年の夢を叶えました。

2階の間仕切りをなくして開放的なワンルームに

キッチン

新築で購入したメリットを生かして、1階は子どもが大きくなるまで既存のまま活用し、家族が長い時間を過ごすLDKがある2階だけをリノベーションすることを決めた小林さん。

学生時代からミッドセンチュリーのインテリアが大好きだった夫がイメージしたのは、大好きな家具が映えるミニマルな空間でした。

LDK
LDKの隣にあった個室の壁を取り払ってワンルームにし、キッチンはフロア全体を見渡せる配置に変更。

リビング奥の窓辺には、フリーランスのデザイナーである小林さんのワークスペースを新設しました。

アール壁が部屋の奥へと視線を導きます。

ロフト

2階に張られていた天井を取り払い、屋根を支える小屋組みの構造を表したLDKはのびやかな印象に。

閉じられた空間だったロフトにはLDKを見下ろせる換気用の小窓を開け、キッチンに立つ家族と会話ができるようにしました。

モノトーンのミニマルな空間を実現

キッチン

室内は、モノトーンを基調に雰囲気を一新しています。

シンクで作業しながらダイニングの家族と会話ができるオープンキッチンは、ワークトップや面材にマットなブラックのメラミン化粧材を使ってシャープな表情に。

暖房入りの床は、既存床に白いタイルを貼り重ねました。

キッチン

モノトーンの空間にアクセントを添えるのは、パントリーの壁面に使ったピンクと柔らかな曲面のデザイン。

見せたくない冷蔵庫は壁と一体化した扉の内側に収納し、キッチンの一部は鏡張りにして空間を広く見せるよう演出しています(写真右)。

さらに、以前住んでいたマンションで感じていたという「残念なディテール」も変更。

例えば収納扉はツマミや扉の枠をなくして壁とフラットに納め、床と壁の境に付けられている巾木もなくしました。

お気に入りの家具や照明を厳選した理想の空間

デザイナーズ家具たち

ミニマルな空間で存在感を放つのは、小林さんが選び抜いたお気に入りのデザイナーズ家具たちです。

ベルギーの木製家具ブランド、エスニクラフトの幅2mのダイニングテーブルは無塗装の無垢材を使っており、木の経年変化を楽しめるのが魅力。

ダイニング照明はアルヴァ・アアルトの名作「ゴールデンベル」を3灯吊りで合わせ、モノトーンの空間に合わせて黒いフレームのYチェアをセレクトしました。

壁になじむよう白を選んだバーチカルブラインドは、窓の上ではなくあえて天井際の高い位置に取り付けることで窓の高さを演出し、空間に広がりをもたらしています。

水栓

オープンキッチンで存在感を放つキッチン水栓は、ホースが引き出せるマットな黒い仕上げのシャワー水栓に。

照明
パントリー内部のピンクの壁を照らすフロスのブラケットはマイケル・アナスタシアデスのデザインで、細いパイプに支えられたライトが宙に浮かんでいるかのようです。

LDK
厳選したアイテムが並ぶお気に入りの住まいに、待望の長男も加わった小林さん家族。

「長年の夢が叶いました」と、うれしそうに話してくれました。

もっと詳しく見たい方は、ぜひ「住まいの設計2019年2月号」も参考にしてみてくださいね。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計/ブルースタジオ
撮影/伊藤美香子

Source: 日刊住まい

回遊できる快適動線と家族全員の居場所があるLDK

家族が増えたことで住み替えを考えはじめたOさん夫妻は、住んでいた千代田区のマンション内の約90平米ある物件が売りに出ていることを知りました。

買い替えをしようと、当時住んでいた家を売りに出したところ、良い条件で売却ができ、住み替えとリノベーションに移行。

テレビ番組で知ったブルースタジオのリノベーションサービス「TOKYO*STANDARD」を活用し、工事費1400万円で家族がのびのび暮らせる家を完成させました。

家族全員の居場所があるLDK

アイランドキッチンのあるLDK

中学の同級生という夫妻は、妻の実家が近く、近所に友達も多い馴染みのあるエリアに住み続けることを選択。

前の家は約60平米で、長男が生まれたことで手狭に感じていましたが、住み替えたあとの家は約90平米。

個室を減らしてLDKを格段に広くしたことで、TRUCKのデスクを置いた夫のコーナーや子どものための畳スペースを作ることができました。

LDKの一角のキッズスペース

夫妻はTRUCKの家具が大好きで、ソファやカップボードも以前から愛用していたものだそう。

この家のテーマカラーとなっている鮮やかグリーンがの扉の先は寝室。

スチールサッシの室内窓が、リビングと寝室をつないでいます。

漆喰仕上げの壁

「どこかに漆喰を使いたい」というOさんの希望で、寝室とLDKを仕切っている壁だけ漆喰仕上げに。

そして、リビングをなるべく広く取るために収納の位置を工夫。

キッチンの裏側に大型のWICとSICを作ることで、リビングは子どもにもペットにも快適な広さを実現できました。

 

ブルーが印象的なアイランドキッチン

TOKYO STANDARDのオリジナルキッチン

キッチンは「TOKYO*STANDARD」のオリジナルシステムキッチン。

本来は壁付け用ですが、Oさんはアイランドを希望したので、キッチンの周囲を木の壁で囲んでカスタマイズ。

この壁は手元の目隠しという役目も。

リビングダイニング側のスペースをマガジンラックに利用したり、ステンレスカウンターをつくるなど、オプションでオリジナルの造作を加えました。

キッチン奥にクロゼット

キッチン脇のドアの向こうは大型のWIC。

可動棚とハンガーパイプを取り付け、家族の衣類をまとめて収納しています。

WICの突き当たりを曲がると玄関につながる、回遊性のある間取りです。

 

将来の変化が楽しみな寝室

グリーンがアクセントの寝室

寝室からLDKにも水まわりにもアクセスできる動線で快適。

寝室にもアクセントカラーのグリーンを大胆に使っています。

寝室

将来はこの寝室に子ども室をつくる計画。

変化する可能性大なので、壁の撤去や新設がしやすいように、床をつくってから壁を立てました。

 

アートが迎えてくれる玄関

ゆったりとした土間玄関

玄関にはアートやプランターボックスの植物を飾って賑やかに。

向かって左にLDK、右に浴室と寝室があります。

ゆったりと広さを確保したので、ベビーカーなどを置いても余裕。

大容量のWIC

傘立てのある隙間収納の奥に、船舶用の丸窓をつけたドアがあり、L字型の大型WICにつながっています。

ドアを開けるとまずはシューズクローゼット、そしてその奥は衣類をまとめているWIC、その先はLDKと回遊性のある間取り。

玄関で靴を脱ぎ、奥で普段着に着替え、リラックスしてLDKに出ていくというユニークな動線を、この大収納がつくり出しています。

玄関

玄関入って右手のアーチ型の開口部を抜けると、水まわりや寝室があるプライベートゾーンへ。

鮮やかな色をアクセントにしたサニタリー

水まわりの配置は大きくは変えていませんが、設備も内装も一新し、収納を充実させました。

防振対策をして大型ジェットバスを入れる、洗面室に人造大理石のカウンターをつける、壁にガラスモザイクタイルを貼るなど、オプション仕様でグレードアップ。

トイレの壁にもグリーンを配して明るく楽しげな印象に。

 

リノベーションを進めるうちに、やりたいことがどんどん出てきてオプションが増えていったというOさん夫妻。

予定よりもコストはかかりましたが、自分たちらしい住まいが完成し、のびのびと子育てを楽しんでいます。

このリノベーションをもっと詳しく見たい方は、ぜひ『リライフプラスvol.15』も参考にしてみてくださいね。

リライフプラスvol.28

日本で唯一のマンションリノベーション専門誌

【巻頭特集】転勤、結婚、出産…リノベした家で、新しい人生を!私たち、人生の転機にリノベしました 【第2特集】やっぱりイイね! 団地リノベ

Amazone詳細ページへ

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等は取材時のものです。

設計 ブルースタジオ

撮影/山田耕司

Source: 日刊住まい