パラパラ漫画を映写できる「アニメーションプロジェクター組立キット」を作ってみたら…思っていたのと違った

パラパラ漫画……すべてのアニメーションの原理であり、授業中の究極の暇つぶし。普通は自分でページをめくって遊ぶだろうが、LED電球を組み込んで壁に映写できるキットを発見した。

学校教材や知育玩具を数多く作っている信頼のアーテック製。価格も手頃で、夏休みの自由研究にも役立つだろうと思い作ってみたら……想像と違う結果になってしまったのでご報告したい。

・「アニメーションプロジェクター組立キット」

価格は大手ネットショッピングサイトで1000〜1500円程度。本体となる紙パーツの他、LEDをつけるためのソケットや銅線、電池ボックスなどが入っている。

両面テープやボンドも同梱されている親切設計。こういった細かい気配りがあると、ユーザー目線のキットだなと安心できる。中には開発者しか作れないような、独りよがりなキットもたまにあるのだ。ただ、両面テープは粘着力が弱く、組立途中ではがれてしまうこともあった。

それでは作業開始。電球部分から作っていく。紙パーツはダンボール紙で、かなり丈夫にできそう。

アニメーションする部分は、印刷済みのイラストが同梱されている。クマのようなウサギのような動物のキャラクターだ。宙返りする動きかな?

ドラム状に丸めて、連続した静止画を作る。オリジナルのイラストを使いたい場合は上から貼り重ねることになる。完成後に貼ることもできるが、組立途中で貼ってしまうと簡単だろう。

説明書と見比べながら配線していく。ビニール導線をちょっとだけ切って金属部分を出し、同じく金属部分に巻き付ける。理科だったか技術家庭科だったか、学校の授業でよくやったな。

本体と機械部分を組み合わせて完成だ。ハンドルがついていて、ドラムが風車の羽根のように回る。

・さっそく上映会だ!

LEDの光は頼りないので、なるべく暗い場所、なんなら完全な暗室がいいだろう。筆者はクローゼットに閉じこもった。まだ日没前だが窓のないクローゼットで、しかも外は昼から大雨なので家全体が暗い。

LED電球にはちゃんとスイッチがあって、オン・オフできる。紙工作なのに凝っている。

スイッチを入れるとちゃんと点灯してホッとした。正しく配線できている証拠だ。それでは明かりを消して投影してみる。

わくわく……

ふぁっ!! なんか怖い!

もとは可愛いクマちゃん(?)だったはずなのに、なぜか心霊写真みたいになっている!

満面の笑顔なのも余計に怖い!

おかしい、パッケージの見本写真とはほど遠い。ピントが合っていないせいかと思ったけれど、どうやってもこれ以上は鮮明にならない。

ハンドルを回してアニメーションさせてみたが、かろうじてなにか映っている、というのがわかる程度で、動いているようにも見えない。ぼんやりと不鮮明で、キャラクターかどうかさえ判別できないのだ。いい大人が真っ暗なクローゼットに閉じこもってカメラを構え、なにをしているんだろうと我にかえる。

なお、筆者は1人でクローゼットにいたが、写真になにか気づいていないモノが映っていたとしても、決して知らせないで欲しい……。

・無念である

残念ながら、見た目は本格的なのだが、アニメーションを楽しむことはできなかった。なにが原因だろうか。作業工程は簡単で、説明書もわかりやすいので間違えるような部分はない。光源が弱いのかな? お子さんの自由研究にと考えている方は注意して欲しい。

なお、ダイソーサイエンス(DAISO)の「アニメのしくみをしろう!」は 光源もなく自分で動かすという単純な仕組みだが、本当に動いているように見えるのでオススメだ。

参考リンク:Amazon(販売ページ)
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【最高】7000円のプロジェクターで部屋をホームシアター化してみた → 大満足だけど激しく後悔させられた

映画好きの夢、それはもちろんホームシアターである。自宅で映画を大画面で思う存分に浴びる……憧れるぅ~! でもホームシアターセットってウン万円するから手が出ないよなぁ。──とか思っていたら、プロジェクターは安いものだと1万円を下回ることを最近知ったのだ。

しかもスマートフォンやパソコンとも簡単に接続できるというので、実際に買ってみたら コレが大満足。でも、“良い買い物をしたか?” というと、答えはNO。最悪の買い物をしたと言わざるを得ない。是非みなさんは、わたしのような失敗をしないように。

今回、わたしが入手したのは小型プロジェクター『QKK』。増税前の9月中旬にAmazonで購入した時点では7180円と、お買い求めやすい価格で手に入れることができた。

箱の開けてみると、本体のほかに電源アダプターやHDMIケーブル、リモコンなどが同梱されている。製品自体はどうやら中華圏で製造されたモノらしいが、日本語の説明書(なんとか判読可能)も入っていた。

ちなみに、本体はティッシュ箱より少し大きいぐらいのサイズだろうか? 重さは片手で楽々に持てるほど軽いので、持ち運びもカンタンだ。

 

・まずは接続の準備

で、いよいよコイツを使って私の寝室をホームシアター化させる。ちょうど真っ白い壁があるので、プロジェクターを映し出すのにおあつらえ向きなのだ。

まずは、本体の底面にネジ穴があるので……

100円ショップで買ったスマホ用の三脚を取り付け……

ベッドの枕元にあるヘッドボードに設置! 

そして、HDMIケーブルとパソコンを接続し、電源を入れればセット完了だ。

 

・いよいよ起動

さっそく起動させてみると……ホーム画面は日本語だ! ありがたい。

プロジェクター側にHDMIを接続している端末(パソコン)を認識させれば……

パソコンとプロジェクター画面がシンクロ! あとは、好きな映画をパソコン側で再生させるだけだ。すると……

自宅の壁に映画が大きく映し出される……YES! ホームシアター化、大成功だ~♪ ちなみに筆者の視聴環境だと、画面の横幅が170センチ。文句なしの大画面である。

Netflix、Amazon Prime、Hulu なんでも大画面で見られる!

もちろん、Youtubeだって見ることができるぞ!

ちなみに音声はプロジェクター本体に内蔵されているスピーカーから出るが、音質はまずまずといったところ。ファンの音も多少はするが、気になるほどではない。より良い音質で見たくなったら、別途スピーカーを接続してもいいかも?

 

・スマホ接続で「映画天国」へ

映画を大画面で鑑賞できるのは嬉しいのだが、いちいちパソコンとつなげるのが仰々しいというか、わずらわしいというか……。そもそもパソコン持ってないわ! という人も最近はいるだろうし……。

でも大丈夫。こやつ、スマートフォンとも接続できるのだ!

ということで、手持ちのiPhoneとプロジェクターをつなげるためにApple製「Lightning – Digital AVアダプタ(5800円)」も入手。ちなみに他社製のアダプタなら2000円ほどで購入できるが、Apple製品は純正品以外のアクセサリだと認識しないことが多いのは、iPhoneユーザーならおわかりだろう。少し値は張るが、今回は安心の純正品をGET。

で、こいつをiPhoneにつなげたら……

YES! YES! チョー簡単にホームシアターが楽しめるやないか~! これが本当の「New Cinema Paradiso」(映画天国)や~!!

もちろん映画だけでなく、スマホのゲームアプリを大画面で興じることだってできるぞ。

 

・あれ? 価格が……

いや~コレはいい買い物したなぁ~! 7180円つっても、安くはない買い物だからな! ほんと、増税前に買っておいて良かったよ~! この記事を書いている10月初旬には、ちょっと値上げしちゃってるんじゃないかなぁ~!?

──そう思って、何気なくAmazonの商品ページをのぞいてみたら……

 

値上げどころか、大幅に値下げしてやがった! 5380円(10月10日現在)って、2000円近くも安くなっとるやないか~い! 

増税前に駆け込みで大きな買い物をした方も多いと思うが、増税後になると商品がむしろ安くなるケースも少なくない。まさか自分が身をもってそのことを知ることになるとは……。たかが2000円とはいえ、非常に損した気分だ。

2000円といえば、モノホンの映画館で映画が1本見られる金額。購入するタイミングをほんの数週間、後にしていれば……。さっきまで「Cinema Paradiso」とかほざいて有頂天だったのが、一気に地獄の底へ突き落された気分だ。

とはいえ、今回購入したモノ自体にこれといった不満は全くない。いや、不満どころかむしろ大満足で、わたしの映画ライフは劇的に変化したと言える。「今日はナニ見よっかな~♪」と毎日ウキウキなのだ!

7000円……いや5000円(チキショー!)レベルのプロジェクターでこれほど簡単に大画面の映画を楽しませてくれるなら、十分に合格点をつけることができるだろう。

5000円前後のプロジェクターは他のメーカーからも多く販売されているようなので、「ホームシアター」に憧れを抱く映画好きは是非とも1台手元に置いてみてはいかがだろうか? ただし、Amazonは値段が頻繁に変動するので、安い時期を見極めて賢く買い物をするように!

Report :ショーン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24