【無料配信】ベルばら池田理代子 原作の伝説アニメ『おにいさまへ…』がYouTubeで見られるよーッ! なんと全話を公開予定! おにいさま…涙が止まりません…

ある一報を受け取ってからというもの、手の震えがとまらない。90年代にNHKで放送された伝説のアニメ『おにいさまへ…』が全話無料配信されているというのだ!

『ベルサイユのばら』の池田理代子先生の同名の漫画をアニメ化した同作。公式サイトに「その衝撃的な内容は当時地上波ではまず考えられない」と言わしめたあの作品がYouTubeに帰ってきたぞーッ!

・『おにいさまへ…』が伝説である理由1「世界観が激ヤバい」

『おにいさまへ…』が視聴できるのは、YouTubeの手塚プロダクション公式チャンネルだ。2019年11月8日より配信開始。月~金に毎日1話ずつ公開されており、12月4日現在、全39話中11話までが公開されている。

配信スタートから少し日は経ってしまったが、“おにいさまへ友” から連絡を受け、ファンとしてこれは世界中にお伝えせねば……という謎の使命感を覚えてしまった。ということでまずはあらすじを紹介させてほしい。

「私立青蘭学園高等部の入学した主人公の御苑生奈々子(みそのお・ななこ)。青蘭学園には『ソロリティ』と呼ばれる “選ばれた者” だけが入ることが許される社交クラブが存在した。

ソロリティメンバーズは良家の令嬢や容姿端麗な生徒ばかり。 “庶民の子” である奈々子は自分には縁のない世界だと思っていたが、なぜか『ソロリティ』の候補者に選ばれてしまう。後に、奈々子のソロリティ入りの裏では学園の女王的存在・宮さまこと一宮蕗子(いちのみや・ふきこ)が動いていたことがわかる。そこには奈々子の知らない愛と憎しみが渦巻いていた……。」

こんな舞台設定だけでも心ときめくが、ドロドロなストーリーを華やかにしてくれるのが華麗な登場人物だ。『おにいさまへ…』には宝塚の男役のような麗人キャラが2人登場する。「薫の君」と「サン・ジュスト」だ。

本名ではなく彼女らを慕う女子生徒がつけた愛称なのだが、その由来がヤバい。薫の君は『源氏物語』に登場する右大将・薫の君から。そして「サン・ジュスト」はフランス革命でロベスピエールの右腕として活動し、その美貌と冷徹さから「死の天使長」と呼ばれた「ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト」から、その名がとられているのだ。


ストーリーは奈々子、宮さま、薫の君、サン・ジュスト、そして奈々子のクラスメイトでソロリティメンバーのひとり信夫マリ子(しのぶ・まりこ)を中心に進む。なかなかエキセントリックな世界観ではあるが、それだけに愛情、同情、憎しみ、嫉妬など人の持つあらゆる感情が際立ち、その渦に視聴者は引き込まれてしまうだろう。

・伝説な理由2「声優が胸アツ」

さてストーリーもなかなかすごいが、アニメ版は声優陣が豪華なことでも知られる。たとえば、薫の君は戸田恵子さん、サン・ジュストには島本須美さん、そして宮さまには小山茉美さんなどなど……! 詳しい方ならハッとするはず。

戸田恵子さんと言えばアンパンマン、島本須美さんはナウシカやしょくぱんまんを演じている。そして小山茉美さんと言えば『Dr.スランプ』のアラレちゃんじゃないか!

女子高を舞台に、アンパンマンとしょくぱんまんがタカラヅカのように華麗にかけあい、たまにアラレちゃんが絡んでくるという……そんな妄想もはかどる作品である。

・伝説な理由3「劇画、まさに劇画」

そしてアニメで印象的なのが演出だ。重要なシーンで「シャキーン……ッ」と効果音と共に画面が劇画タッチの絵にさしかわる「止め絵」という技法が多用されているのである。たとえるなら『あしたのジョー』や『エースねらえ!』を想起されるあの演出だ。

それもそのはず。『おにいさまへ…』の監督は、『あしたのジョー』や『エースねらえ!』の製作にも関わった出崎統(でざき・おさむ)監督なのである。

私(沢井)は90年代後半に見たのだが、90年代のクリアで滑らかなアニメーションのなかに突如登場する「止め絵」のインパクトは一周回って新鮮、そして強烈。アニメ版『おにいさまへ…』ファンは必ずこの止め絵のことを話すくらい印象深い演出なのだ。これから見るという人は、ぜひ目に焼き付けてほしい。

・配信は2020年1月21日まで

そんな『おにいさまへ…』の配信は、無期限ではなく期間限定。といっても2020年1月21日14時までと比較的長期である。ヨカッタ……! もう正月休みは『おにいさまへ……』一気見で決定だ。ちなみにだがアニメ版は原作とは異なるラストを迎えるので、両方を比較しながら見るとより楽しめるだろう。

それにしてもこの21世紀に『おにいさまへ…』を再び見ることができるなんて、なんと幸せなことか。胸アツすぎて……おにいさま……涙が、止まりません……。

参照元:手塚治虫公式サイト『おにいさまへ…』YouTube
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【ベルばら】中年男性(37)が生まれて初めて少女漫画を読んだらドハマりした話 / あるいは『キングダム』マニアの視点で考察する『ベルサイユのばら』

少女漫画の一体どこが面白いのか? 付き合ったとか、別れたとか、イケメン転校生と席が隣とか、教科書見せたら手紙渡されたとか、両親が海外に行っているから実は家で2人きりだと判明とか、友達以上恋人未満とか、F4とか、大っきらいとか、やっぱり大好きとか……どうでもええねん! 

──と思ってる男性、世の中に一定数いるはずだ。かくいう私がまさにそうで、37年もの間少女漫画を敬遠して生きてきた。ところが先日、ふとしたきっかけで『ベルばら』こと『ベルサイユのばら』を読むことになり……って話を紹介したい。

・『キングダム』マニアの目線

最初に言っておきたいのだが、私は漫画『キングダム』の熱烈なファン。その目線で『ベルばら』の素晴らしさを紹介しているため、キングダムのことをよく知らない人はなに言ってるかサッパリ分からない可能性がある。あらかじめご了承いただきたい。

ちなみに、私がどれくらい『キングダム』を好きかというと、木曜日発売のヤングジャンプを待ちきれず、水曜の夜にコンビニに行き、店員さんが棚に陳列し始めるタイミングで購入するレベル。近所のコンビニの “ヤンジャン陳列タイミング” は完璧に把握している。

もう1つ言うならば、「キングダムのような歴史系の漫画は他にないか?」と検索しまくり、見つけたら片っ端から読みまくり……。やがて読むものが無くなったので、少女漫画に手を出すレベルだ。

・Kindle版の1巻を購入

つまり、私が『ベルばら』を知ったのは歴史ものを探していたら引っかかったから。それだけの理由で、ひとまず購入はしたものの……正直に言って私の中の期待値は激低だった。なにせ少女漫画だし。

大変失礼な話なのだが、「つまらない可能性大だから、買うのは1巻だけにしとこう」という気持ちでKindle版をダウンロードした。

そして、読み始めたところ……

オスクウァァァァアアアアアル!

アンドゥゥゥレレレレレェェェェ!!

マリーアントゥゥワヌェエエットゥゥゥゥ!!!!

──気がつけば、全巻制覇していた

さらに、同作の作者・池田理代子先生の他の作品も読みたくなり、ダウンロードしまくったところ……

Kindleパンクすますた。

・なぜ面白いのか?

こうして、「少女漫画はつまらない」という自分の考えが完全に間違っていたことを痛感したわけだが、同時に、私はこう思った。「ベルばらはキングダムのようだ」と。

なぜか? それはなにも、両漫画ともに歴史的事実をベースにアレンジを加えた作品というだけではない。ジャンル的に似ているとかそういう話ではなく、また、類似しているとかパクリとかそういう恐れ多い話ではない。

ただ、『キングダムマニア』の視点で『ベルばら』を読んでいくと、なんでも『キングダム』に当てはめて考えてしまうということだ。たとえば、冒頭部分は……

・『ベルばら』に漂(ひょう)がいる

『キングダム』の読者ならご存知の通り、序盤で登場する漂(ひょう)は非常に重要な存在である。漂がいるからこそ、主人公の信(しん)が天下の大将軍を目指す理由がはっきりするからだ。なんなら、読者が信や飛信隊を応援しちゃう理由の多くは、漂がもたらしたものと言えるかもしれない。

そんな “漂的” 存在、『ベルばら』にも登場するように思う。マリー・アントワネットのお母さん、マリア・テレジアだ。同作の序盤では、マリア・テレジアがマリー・アントワネットを心配するシーンが描かれており、だからこそ多くの読者が物語に引き込まれるのではないだろうか。

というのも、あの序盤のシーンで、読者は「マリー・アントワネットは母親に愛された1人の人間」という印象をいやが応でも抱いてしまう。だからこそ、読んでいる方はマリー・アントワネットを見捨てられない。政治能力的には問題がある人物と思っても、応援しちゃう。

そんな応援を無視するかのように、マリー・アントワネットは無茶苦茶する。考えられないようなことを、やりまくる。「もっと空気読めや!」と思いつつも、読んでいる方はハラハラ……。え、どうなっちゃうの? 気になるんですけど!? マリー・アントワネットが死ぬのは嫌なんですけど……!!

──って気持ちに読者がなっちゃう要因の多くは、マリア・テレジアが生み出している……という気がするのだが、どうだろう。

もちろん異論はあるだろうが、私はマリア・テレジアが出てきたとき、「こりゃあ漂だな」と思わずにはいられなかった。ほかにも、オスカルは羌瘣(きょうかい)。黒い騎士は当然ながら王翦(おうせん)。苦労をしていて、頭の切れるロベス・ピエール李牧(りぼく)。

オスカルの演説は、蕞(さい)での政(せい)のようだし、ヴァレンヌ事件は、紫夏(しか)と政のエピソード……。このように、全部キングダム当てはめて考えてしまったのは、マリア・テレジアが、キングダムファンの私にとってはあまりにも漂だったからだ。

──と、キングダムを知らない人にとってはさっぱり意味が分からないこと(もしかしたら同作を知っていても意味が分からないこと)を長々と語ってきたが、とにかく本記事で私が言いたいのは……

「ベルばらはマジで面白いぞ〜! 歴史ものが好きな人はハマる可能性だぞ〜! 特に男子〜! 少女漫画だからって敬遠すんなよ〜! 食わず嫌いはもったいないぞ〜!」

ってことだ。今まで自分が少女漫画を敬遠していた反省を込めて、これを締めの言葉とさせていただきたい。記事は以上! ……よし、これから『ママレード・ボーイ』読むぞ〜!

参考リンク:Amazon「ベルサイユのばら(1)」、「キングダム(1)
Report:和才雄一郎
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24. / Wikimedia Commons.[1][2]


Source: ロケットニュース24