キャットウォーク、食事&トイレ専用スペース…猫が喜ぶ工夫がいっぱいの家

2面バルコニー&角部屋のメリットが活かされたリビング

2人目の子どもが生まれたことで賃貸マンションが手狭になり、住み替えを考えたSさん夫妻。「賃貸でペット可の広い物件となると、家賃が割高になると思って、マンションを購入することにしました」(夫)。

駅近で角部屋、ルーフバルコニーつきで富士山も望めるという好条件のマンションを購入し、キャットウォーク、食事スペース、トイレの定位置などを設け、2匹の猫たちが快適に暮らせる住まいを実現しました。

シンプルモダンな空間に、猫と人にうれしい機能を盛り込む

設計・施工は、住宅のプロに出会えるマッチングサイト「SUVACO」の専門家紹介サービスで条件に合った会社を探してもらい、施工事例を見て自分たちのイメージに合うと感じた古谷野工務店に依頼しました。

「話しやすさと、私たちの細かなリクエストを受け止めたうえで全体のバランスを考えたプランを一緒に考えていきましょう、と言ってくれたことが依頼した理由です」(夫妻)。

内装と設備は一新しましたが、個室と水回りの間取りは変更せずに、工事費 880万円(税・設計料込み)で満足のいくリノベを実現しました。LDK全体を見渡せるダイニングキッチン

壁に囲まれていたキッチンは向きを変え、LDK全体を見渡せ、眺めも楽しめるオープンタイプに。和室を取り除いてLDKを広げることで、2面バルコニー&角部屋のメリットがより生かされています。

右奥はスタディスペース兼、猫がキャットウォークへ上り下りする際の足場になっており、同居する猫たちが喜ぶ機能もしっかりと盛り込まれています。

スタディスペース兼キャットウォーク

キャットウォークの端材でつくった右端の台は、猫たちの食器を置くためのもの。スタディスペースのカウンターに置いてあり、猫にとって重要とされる上下運動が自然にできる工夫も。キャットウォークへの上り下りにも使われています。

カーテン上の木枠の幅を伸ばして設置したキャットウォーク

キャットウォークはカーテン上の木枠の幅を伸ばす形で設置。正面から見ると普通の木枠に見え、LDKに違和感なくとけ込みます。梁がある部分は少し狭いですが、狭いところが大好きな猫の習性にはぴったり。

明るいうえに広く感じられるリビング

2面バルコニーの角部屋は内装の白も手伝って、LDKは明るいうえに広く感じられます。キャットタワーはデザイン性が高く、インテリアにも馴染んでいます。

キャットインテリアタワー「NECOTA」

キャットウォークに上るための足場にもなるキャットタワー

キャットタワーはカインズホームのキャットインテリアタワー「NECOTA」。キャットウォークへ上るための足場の役割も果たします。

冷蔵庫もすっぽり隠れる、大容量のキッチン収納

キッチンの背面収納

キッチンの背面は収納になっており、冷蔵庫から調理家電、食器、食材、リビング回りで使う雑貨まで、すっぽりと収まる大容量。内部には手持ちの収納家具も設置し、コストを抑えました。

スライド式の建具で隠す背面収納は猫が入り込めない

背面収納はスライド式の建具ですべて隠せるようになっていて、猫が入り込んでしまうのを防いでいます。建具を閉めていると壁のようでもあり、LDK全体をすっきりと見せる要因のひとつになっています。

和室を取り除き、便利な収納スペース設置

子どものクローゼット兼次女のおむつ替えスペースとなっているリビング収納

既存では和室の収納だった部分をリビング収納として継承し、布団などが置けるようにしました。今は子どものクローゼット兼次女のおむつ替えスペースとしても使っています。

「最初はなくてもいいと思ったのですが、古谷野さんの提案で残しました。とても重宝しています」と妻。

壁の角を丸くしたリビング収納

リビング収納の壁は角を丸くし、空間のつながりがより感じられるよう工夫。キッチンからリビングへの見通しもよくなりました。

猫のトイレスペース

パイプスペースを囲むようにつくられた扉つきの収納の下をオープンにし、猫のトイレスペースにあててます。ほどよいこもり感があり、猫も落ち着いてトイレができているそう。

奥行きが十分にあるため、トイレ自体は人の視界に入らず、言われないとその存在に気づかないほど。上部の収納には日用品のほか、猫用品も入っています。

水回りはナチュラルな色調で爽やかさを演出

爽やかな色調の洗面所

タンクレスに見えるTOTO「リフォレ」

水回りはナチュラルブラウンの木目と黄緑色をアクセントウォールとすることで、爽やかさを出しました。便器は後方にキャビネットがあり、タンクレスに見えるTOTO「リフォレ」。夫が「すっきり見えるように」と選んだもの。

ランドリースペース

洗濯機の上部まで無駄なく使えるよう収納とハンガーがかけられるスペースに。

猫が自力では開けられないようにレバーハンドルを垂直に

猫が外へ出てしまうのを防ぐため、玄関ホールの正面にドアを取り付けました。

以前の住まいでは、猫が飛びついてレバーハンドルを下げ、ドアを開けてしまうことがあったそう。そこで、新居ではすべてのドアのレバーをあえて垂直に立てて、猫が自力では開けられないように工夫しました。

猫たちの食事スペース

猫も人も心地よく過ごせる、機能性とデザインのバランスが取れた住まいとなったS邸。「これまでも猫と暮らしてきましたし、何回か賃貸で住み替えたことで、リノベでかなえたいことが具体的だったのもよかったと思います」とリノベ成功の秘訣を教えてくれました。

設計・施工/古谷野工務店
撮影/水谷綾子
※情報は「リライフプラス vol.35」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい

もしもの時はどうする?考えておきたいシニアによる犬の飼育

定年退職したり、子どもが成長して独立したりすると、犬の飼育を始めるシニアが多くいるといわれています。

ペット食育協会ペット食育士でもあるマルヤマミエコさんによると、シニアになってから犬を飼うと、これまでよりも健康になったり、人付き合いが良くなったりと、プラスの面がたくさんあるのだとか。
その反面、若い頃と比べて体力面で心配なことも出てくるといいます。もしもの時は、どこかに預ける必要もあるでしょう。

そんなシニア世代が直面する犬の飼育について、ペット食育協会ペット食育士であり『愛犬のしつけ+15のトレーニング』の著者でもあるマルヤマさんにお話を聞きました。

シニア世代が抱える飼育の悩み3つ

シニアと犬

画像:写真AC

例えば、みなさんが50代で犬を飼い始めるとします。
愛犬が10歳を迎える頃には、飼い主さんは60代ですよね。今は元気でも、60代になると加齢による足や腰の痛みが出てきたり、そのほかの病気によって、犬の飼育が困難になるかもしれません。

また、犬のほうが老齢になって病気や介護が必要になることも考えられます。

では、既に犬と暮らしているシニア世代の飼い主さんたちは、一体どのようなことに悩んでいるのでしょうか?

1.体力が不安
・自分の体力が落ちてきたので、犬の世話まで手が回らなくなってきた
・足腰が弱ってきて、犬の散歩が困難になってきた

2.預け先で迷っている
・ケガや病気で入院することになったが、ペットが心配で入院できない
・犬を誰かに預かってもらい世話して欲しいが、どこに預ければいいか分からない

3.愛犬の健康面への不安
・犬を動物病院に連れて行くのが困難
・犬に介護が必要になっても対応の仕方が分からない

経済的な理由や自分の健康上の問題だけでなく、情報収集が満足にできていないために、犬の飼育に対する不安が大きくなっているケースもあるようです。
くれぐれも個人で抱え込まず閉鎖的にならないように、犬の飼育に関しての情報にアンテナを張るようにしましょう。

愛犬の世話の状況をチェックをしよう

犬

なかには、犬の飼育について悩んでいるうちに、どんどん深刻な状況に陥ってしまうケースも……。
そうならないように、愛犬の世話の状況について日頃からチェックしておきましょう。みなさんの愛犬、こんなことになっていませんか?

・ブラッシングやシャンプーが十分でなく、被毛が毛玉だらけになっている
・エサや水を十分に与えていないために、犬がやせてきた
・散歩に連れて行くことができない
・犬の体調が悪い、もしくはケガをしているが、動物病院に連れて行けない
・ケージから出してあげていない

以上の項目に一つでも該当した場合、そのまま放置していると、犬も飼い主さんも不幸になりかねせません。
自分だけでなんとかしようとせず、すぐに犬に詳しい人に相談するか、もしくは周囲に助けを求めましょう。

愛犬の預け先をみつけておこう

ケージの犬

飼い主さんがシニア世代の場合、自身のケガや病気によって、通院や入院を余儀なくされることもあると思います。また、健康であっても、体力的に愛犬の世話までは手が回らなくなることもあるでしょう。

もしもの時、みなさんはどうしますか? 以下を参考にしてみてください。

親戚や友人に頼む

犬仲間や親戚で、犬自身がよくなついている人に世話をお願いしましょう。緊急の場合でも対応してもらえるか、事前に確認しておくといいですね。
また、預け先で犬を飼っている場合、犬同士の相性が良いことが重要条件となります。もし、犬同士の相性が良くなければ、別の預け先を探しておくことをおすすめします。

ペットホテルや老犬ホーム

ペットホテルの場合、料金、詳細な利用条件、送迎の有無などを事前確認しておくことが大切です。いきなりのお泊まりだと犬が馴染めないこともあるので、飼い主さんが元気なうちに事前にお試しでお泊まりさせておくのが良いと思います。

その他に、老犬ホームというものもあります。契約と入所費用が必要ですが、食事の世話や散歩、健康管理まで、飼い主さんに代わって犬の面倒をみてくれます。

トリミングサロン

シャンプーやカットなどのトリミングは、送迎可能なトリミングサロンを利用するのがおすすめです。

ペットシッター

散歩や食事の世話が難しい場合は、ペットシッターに依頼するのも良いと思います。
ただし、ペットシッターは事前の契約が必要となります。ペットシッターに犬が懐いていないと犬のストレスとなる場合があるので、相性には注意しましょう。

小型犬

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

犬を飼い始めた時は元気な飼い主さんも、年齢とともに徐々に体力が衰えていきます。シニアになってから犬を飼うのであれば、体が大きすぎず、力が強すぎない犬種を選ぶことをおすすめします。

また、犬の面倒をみるのが困難になったらどうするか、日頃から家族で話し合っておいてくださいね。

 

【参考】
※ 『ペットと暮らすシニア世代の方へ』(東京都福祉保健局)

Source: 日刊住まい

猫が喜ぶ快適な住まいのつくり方、建築家のアイデア満載の実例選

猫は飼いやすさもあって、最近は犬より人気のようです。

とはいえ、やはり猫も人も快適に暮らすには、住まいにそれなりの工夫が必要です。

過去にご紹介した事例の中から、猫との快適な暮らしを楽しんでいる3軒のお宅をご紹介します!

縦格子の引き戸がポイント!

9匹の猫と暮らす神奈川県川崎市のHさん宅は、猫のための住空間づくりを手掛ける「猫と建築社」に相談して、戸建てに猫が暮らしやすい工夫を施しました。

猫の習性をふまえ、採用したのは、縦格子の引き戸。

風も視線も抜ける格子戸で部屋を仕切り、猫の安全を確保しています。

和モダンな雰囲気でインテリア性も兼ね備え、また、縦格子のため、猫がよじ登る心配もありません。

キャットタワーやゲージ、トイレ、猫用ベッドなど、猫を飼うときに必要なアイテムと配置もご紹介しています。

詳しくは記事をチェック!

猫が自由に行きたいところへ行ける家

東京で家族4人と愛猫とで仲良く暮らすOさん一家。

もともとの所有地に隣の土地を購入して、L字型の敷地に家を建てることになりました。

設計を依頼したのは「アトリエA5」。

高い所が好きな猫が寛げる家にしようと、リビングの壁面に大きく湾曲した棚を設置。

棚を歩いている途中で外を眺められるように小窓を設置したり、ステップを作ったりと、猫の気持ちに寄り沿ってキャットウォークをデザインしています。

網戸に取り付けるタイプの猫ドアもあります。

これなら気が向いたとき、いつでも猫がテラスで日向ぼっこをすることができますね。

猫が自由に家の中を動き回れるように、細かい配慮が行き届いています。

詳しくは記事をチェック!

急な来客でもサッと片づけられる猫トイレ置き場は?

東京都品川区に住むKさん夫妻は、昭和45年築のマンションを空間社に依頼して、工事費700万円をかけてリノベーションしました。飼っている猫は3匹。

多頭飼いでは、猫トイレも複数用意しなければならず、置き場所に頭を悩ませます。

Kさん宅では、猫トレイを1つは洗面台の流しの下、もう1つは下駄箱の下に設置。

普段の生活に邪魔にならない位置で、しかも来客時にも目立たないようにさっと隠すことができます。

リビングのドアには、猫が通りやすい素材で作ったオリジナルのキャットスルーもついています。

詳しくは記事をチェック!

Source: 日刊住まい