【ポケモンGO】バトル大嫌いの私が「この3体のみ」でマスクド・ピカチュウをゲットしてしまったが … これガチ勢たちの気持ちはどうなるの?

今年1月のGOバトルリーグ実装時、バトルでしかゲットできないポケモン『ズルッグ』が登場し、個人的に引退を考えるほどの憤りを感じた件については当時の記事でお伝えした。しかしその後ズルッグはタマゴなどから頻繁に入手できるよう […]
Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】現在のマネネ出現率を検証したら悲惨なことになってた! 色違いは奇跡と思ったほうがいいかも

ヨーロッパ限定で新ポケモン「マネネ」の登場するイベントが開催されたのは、昨年9月27日〜10月1日のこと。そして偶然にも9月25日からヨーロッパ旅行を計画していたのは誰あろう、この私である自分のあまりの引きの強さに恐怖すらおぼえたものだ。

イベント期間の5日間でオーストリアとイタリアの街を歩いた私が、割ったタマゴはトータル220個。そのうち5kmタマゴ(マネネが孵化する可能性がある)は63個で、最終的にゲットできたのが11マネネ。1匹は念願の色違いだった。

イベントが終了した後も、引き続きヨーロッパでは5kmタマゴからマネネが孵化する。出現率について正式な発表はされていないが、果たしてイベント前後で差はあるのだろうか? 現地で検証してみたところ……とんだ地獄をみることになったのだっ……!

・調子こいてた

10kmタマゴの存在は痛かったものの、イベント中は5kmタマゴ7個中1個からマネネが孵化した計算だ。想像していたより高い出現率に、私が気を良くしたのも仕方のないことである。

特に色違いをゲットしてから、正直 “おさぼりモード” に突入していたことは否めない。

なにせヨーロッパ旅行は残り2カ月もあるのだ。このペースでタマゴを割っていたのでは課金破産してしまう。あとは気楽に旅していれば、色違いの2〜3匹はカタいだろう……そう信じていた。

それがいけなかった。

・思わぬ見込み違い

以前の記事でもお伝えしたが、私がイベント終了直後に移動したスペインおよびポルトガル南部では、ヨーロッパの代名詞たるバリヤードが出現しなかった。つまりマネネも孵化しない可能性が高い。私は大いに慌てることになったのである。

バリヤード出現地域に限定すると、私に残された日数はフランスとドイツの計13日間のみ。イベント終了後のマネネ出現率が仮に半分になっているとすれば、「追加で色違いゲット」に関しては微妙な日数である。

ともかくパリの地へ降り立った私は全力で街を歩き回った

雪が降っていた……。

・マジでヤッバイ!

ヨーロッパ旅行最後の13日間が終了。割ったタマゴは合計349個。そのうち5kmは133個で、気になる結果は……

3マネネ

一応お伝えしておくが色違いはゼロだ。イベント期間中に私が叩き出した “およそ11分の1” という割合がどの程度アテになるかは不明。しかし仮にそれに当てはめるとすると、“約1280個のタマゴを割らなくては色違いマネネは登場しない” 計算になる。

ヨーロッパへ引っ越すならいざ知らず、短期旅行での「色違いマネネゲット」は、現在のところなかなかの苦行……というかほぼ奇跡だ。そう言わざるをえないデータが、残念ながら今回はじき出されてしまった。

・どうか気楽に

とはいえポケモンGOとは運の要素も強いゲーム。日帰り旅行の一発目で色違いマネネが出る可能性も、決してゼロではない。

そもそもノーマルのマネネだって日本では相当にレアなのだ。現在マネネの出現率が下がっていることは、考え方を変えれば “マネネの価値が上がっている” ことに他ならない。それにマネネをゲットするコツが、たったひとつだけあるぞ!

それは……とにかく歩くことだ。

苦労の末にゲットしたポケモンは特に愛らしいもの。ヨーロッパを訪れた際はあまり意気込まず、マネネのキャッチフレーズともいうべき『観光』を楽しみつつ、…………精一杯歩いてきてくれっ!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】スペイン〜モロッコを船で渡れば海外限定ポケモンを1日で9種類ゲット!?…と期待して行ったら史上最大のNGルートだった

全トレーナーが欲してやまないもの……それは『海外限定ポケモン』。入手するには交換が一番現実的だ。できることなら ”あげる側” になってフレンドさんに感謝されたい。世界一周しちゃえる身分ならいいが、お金も時間も限られている。効率よくゲットする方法はないものか。

そんなある日「スペイン南部からモロッコへ船で渡れる」という情報を掴んだ。スペイン南部といえば “ヨーロッパ” なうえ ”ギリ西半球” に位置している。そしてモロッコは ”ギリアフリカ” だ。気になる船賃は……破格の3146円(片道)! 所要時間はたったの1時間半だと!?

そんなわけで今回は、より多くの海外限定ポケモンを「 ”丸1日” でゲットする」というチャレンジを敢行してみようと思う。週末しか休めないトレーナーたちの参考になれば幸いだ。

・謎の多い “出現地域”

海外限定ポケモンの出現地域に関しては、正式な発表がされていないものもある。よってクチコミで情報が伝達されるわけだが、ポケモンによっては「○○付近で目撃情報アリ」「なぜか○○大陸で○○をゲット」といったふうに、何が正しい情報か分からなくなっているものも多い。

また ”ヨーロッパと中東” や  ”西半球と東半球” のように、大陸の途中でエリアが変わる場合はどうなのだろう? ギリギリの境目では東西のポケモンが混在するのか? そういった情報を調べようにも、クチコミ頼りではなかなか難しいのが現状だ。

公式発表やネットの情報をもとに、今回のスペイン〜モロッコルートでゲットできる可能性が非常に高いと思われるポケモンは以下の5種類。スペイン南部とモロッコはともに西半球である。(※カッコ内は公式発表または目撃情報のある出現地域)

・バリヤード(ヨーロッパ)

・トロピウス(アフリカ・スペイン南部)

・バオップ(ヨーロッパ・中東・アフリカ・インド)

・カラナクシ / にしのうみ(西半球)

・クイタラン(西半球)

さらに以下の3種類に関しては、アフリカ大陸での目撃情報もあるようだが正確な出現地域がイマイチはっきりしない。モロッコはアフリカ大陸なのでおそらく出現すると思われるが……不安な気持ちで期待度は中とした。

・イルミーゼ(アメリカ・アフリカ)

・ハブネーク(アメリカ・アフリカ)

・ソルロック(アメリカ・アフリカ)

・マネネ(ヨーロッパで5km卵を孵化)

さらにさらに現在ヨーロッパ限定で、5kmタマゴから孵化する『マネネ』も忘れてはいけない。ただし実際にこれまでイタリアやオーストリアなどを旅した結果、歩きっぱなしでタマゴをガチ割りしたとしても、マネネは2日に1匹孵化するかどうか……という体感であった。半日のスペイン滞在ではやや厳しげなので期待度小だ。

これだけで9種類の海外限定ポケモンが、理論上はたった1日でゲットできる可能性がある。日本でユクシーが出現していた時期であれば、限定の『エムリット』も入手できたハズだ。まさにスペイン〜モロッコは夢のルート……かもしれない!?

・スペイン最南端

モロッコゆきの船が出ているのはスペイン南部の町『アルヘシラス』。スペイン各地からバスが出ているので、到着した空港から簡単にたどり着くことができる。

さすが海の向こうにモロッコが見えているだけのことはある。ここはヨーロッパでありながら雰囲気が “メチャ中東” なのだ。ド欧米をイメージしているとショックを受けるかもしれないぞ。

海沿いを歩くと「チケットセンターはこっちだ!」などと、しつこく手招きしてくる現地人に遭遇する。私は事前にチケットを購入していたので騙されずに済んだが、そうでなければ危うかった。チケットセンターはフェリーターミナル内なので注意しよう。

実は空港からアルヘシラスへ向かうバス内で、『バオップ』『カラナクシ / にしのうみ』は早々にゲットした。街を約5時間歩いてもトレーナーの姿は見当たらなかったが、ポケストップの数はそこそこだ。

『トロピウス』も難なくゲット! 大本命『クイタラン』の影が見えなかったのは無念だ。まぁ、これからさらに西へ向かうわけだから大丈夫だろう。

豪華客船と見まごうばかりの巨大フェリー内では、出国手続きを行うことができる。それはいいのだが……乗客全員の出国手続きが完了するまで出発しない様子だ。

そもそも搭乗案内が出発時刻の5分前だったあたりから、「ずいぶんノンビリしてるな」と思ってはいた。そこからまさかの全員出国手続きである。おまけにカウンターはたったひとつ。しかし乗客たちが怒ることも、船員が悪びれる様子もない。「ここは異国なのだ」と痛感する一幕である。

船が動き出したのは予定時刻から1時間15分後のこと。痛すぎるタイムロス……この先一体どうなってしまうのでしょうか……!

・あれ? アイツは?

ようやく出発した船上で離れゆくヨーロッパを見つめながら、私はとんでもない忘れ物をしてきたことに気づいてしまった。

そう……『バリヤード』である。

少なくともイタリアやフランスにおけるバリヤードの出現率はすさまじく、「日本でいうカモネギ」などという説明では足りないほど、そこらじゅうでその姿を拝むことができた。バリヤードに対して正直「またお前か」という気持ちを抱いていた私は、この日1匹も遭遇していないことに気づかなかったのだ。

もちろん偶然という可能性はある。他国に比べて出現率が低いのかもしれない。しかしこの数日後、私はスペイン南部へ戻り数日間を過ごしたが、ついにバリヤードと出会うことはなかった。

南部とはいえスペインは紛れもないヨーロッパである。『ヨーロッパの代名詞』ともいえるバリヤードがいないなんて……そんな話ってあるかよ……!

・悲劇のモロッコ編

わたくしごとで大変恐縮だが、モロッコ最北端の街『タンジェ 』へ到着してからはまさに地獄だった。1時間半で到着と聞いていた船が着岸したのは3時間後のことで、遅延と合わせて3時間近くのタイムロス。タクシーではボッタくられたうえに悪路で車酔いした。見知らぬ土地でプレイする際は予想外のアクシデントも計算に入れておかねばならない。

さらに……モロッコには「ポケストップが壊滅的に少ない」という辛い現実も待ち受けていたのである。

日本や私がこれまでに訪れた諸外国では、どんなに田舎であろうと、数が少なかろうと、ポケストップは少し歩けばあった。しかしこの街では「マジのド中心」に集中してポケストップがあり、そこから少し離れると全くなくなる。

これを東京で例えると「新宿3丁目には10個あるけど2丁目には1つしかない」くらいの感覚だ。当然中野や杉並には皆無だぞ。狭い範囲をグルグルするほかに術はない。ガイドブックの表紙を飾るような有名建築物を訪れても、ポケストップはない。これはギフトコレクターにとっても悲しすぎる。

・モロッコで収穫なし

1日のリミットは無情にも過ぎ、結局ゲットできたのはスペインのバオップ、カラナクシ、トロピウスの3匹だけという結果に終わった。ちなみにこの3匹はモロッコでもあっさり入手に成功。

諦めきれなかった私は翌日、タンジェから南西へ350km下った大都会・カサブランカへ移動してみた。少しアフリカの中心に近づいたわけである。しかし……新たな収穫はなし。ポケストップの総数は少し増えたが、やはり一極集中なため “観光しながらポケ活” とはいかない状況だ。

今回の調査で明らかになったのは「モロッコがアフリカ扱いされていない可能性」さらに「スペイン南部がヨーロッパ扱いされていない可能性」という、予想もしていないものだった。

ピンクのカラナクシがいたということは、ここが ”西半球” 扱いされていることに間違いはないとみられる。しかし同じ西半球限定のクイタランが、1週間の滞在で影ひとつ見えなかったことを考えると……偶然ということもありえるが……「出現地域は一筋縄でいかない」ということだけは確かなように思える。ちなみにこの後訪れたポルトガル(カサブランカよりさらに西)でも、クイタランを発見することはできず無念の極みだ。

当初の期待は大きく裏切られ、「絶対に真似してはいけないルート」のご紹介になってしまった本記事。海外限定ポケモン目当てに旅を計画しているトレーナーへ、ひとつだけ言えることは「出現地域ギリギリのところはチョイスするな」ということだろうか。

だがしかし……私は決してあきらめない。目標は自力で全ポケモンコンプリートである。今後も調査を継続し、いつか本物の「夢のルート」を開拓する所存だ!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:ポケモンGO 、Googleマップ(iOS)


Source: ロケットニュース24