【裏メニュー】なか卯の「麻辣親子丼」を食べたことがある? 七味と山椒を越えた味わい! 究極のだし旨×シビ辛だった

だし旨プルプル卵の親子丼が人気の「なか卯」。そのなか卯で、こんな「裏メニュー」ができるようになったことをご存知だろうか? それは「麻辣(マーラー)親子丼」だ。

あの優しい味わいの親子丼を麻辣化だなんてなんたる暴挙!……と思うのは少し待ってほしい。だって、ウマかったんだもの。

・なか卯で食べる「麻辣親子丼」

最初に断っておくが、麻辣親子丼はオフィシャルのメニューではない。親子丼とサイドメニューの組み合わせ、要するに裏メニューである。そんな麻辣親子丼のオーダーは以下の通り。

好きなサイズの親子丼を注文

サイドメニュー「麻辣たれ」を一緒にオーダー

このたれを親子丼にかければ、麻辣親子丼が完成する。麻辣たれは2020年3月12日に登場した「麻辣坦々うどん」用のたれだ。これを単品購入するのである。なお、たれの価格は40円。

・ウマい!

このたれ、チェーン店のものだと侮ってはいけない。かなりのシビレと辛さを持つ本格的なヤツだ。たれだけで食べると麻辣好きの私もむせてしまった。だがこれを親子丼にかけると……新しい味わいが生まれる! 親子丼のだしの味わい、そして甘さがたれのシビ辛をフワーッと広げ、絶妙な甘辛シビ料理へ変貌を遂げるのである!

その絶妙さは、歌舞伎揚げやぼんち揚げの甘辛さを彷彿とさせるもの。ちょうどそこに花椒(ホァジャオ)のシビレがプラスされたかのようなイメージなのだ。甘くて辛くて、後味シビレて……もうたまらないですね!

・よく考えてみてほしい

麻辣親子丼と聞いて、なかには「結局、麻辣が好きな人向けなんでしょ?」「親子丼じゃなくて麻辣が食べたいだけでしょ?」と思う人もいるかもしれない。だがよく考えてみてほしい! そもそも親子丼には七味をかけないだろうか? 山椒をかける人だっている。そう、私たちは意識するしないにかかわらず、親子丼と刺激が合うことを知っているのだ。

麻辣は、花椒のシビレ「麻」と唐辛子の辛さ「辣」の組み合わせ。つまりシビレる山椒と辛い七味がマッチする親子丼に、麻辣が合わないわけがなかったのだ! 

これまで日本人は山椒系、唐辛子系とそれぞれの刺激を楽しんでいたが、麻辣によるダブルの刺激はかなり新鮮だろう。でもウマい! なか卯の麻辣親子丼は辛いもの好きな人には是非試してほしい裏メニュー。麻辣たれの提供は4月中旬頃までなので、気になる人はお早めに。

参考リンク:なか卯
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

フジパンさん、麻婆豆腐をサンドイッチに入れてしまう 『スナックサンド花椒香る四川麻婆風』はどれほど四川で麻辣なのか? 実際に食べてみた

中国人にはトーストにラー油を塗って食べる人がいるらしい。そんな情報を元に、以前の記事で、中国伝説のラー油「ラオガンマー」を挟んだサンドイッチを紹介したが、日本にもピリ辛中国料理を挟んだパンが存在した。

2019年10月にフジパンが『スナックサンド花椒香る四川麻婆風』を発売! その味はどんなものなのか実際に食べてみた。

・『スナックサンド花椒香る四川麻婆風』

『スナックサンド花椒香る四川麻婆風』は、四隅を閉じたサンドイッチ「スナックサンドシリーズ」の新作だ。フジパンはこれまでに、同シリーズは過去に「麻婆豆腐」などを発表。いつも攻めたラインナップであるが、今回、花椒推しとは麻辣ブームを意識されてますよね!?

・花椒香る? 香らない?

こんな変わり種の麻辣で、本当に花椒の香りがするのか。フジパンと麻辣好きとガチンコ勝負! 早速、パカっと開封すると……ただよってきたのはソースカツのような香りだ。あのスキッと刺激的なシビレ系の香りはしない。まさかただブームに乗っただけのビジネス麻辣!?

だが一口食べると一瞬ビリッとしたシビレが来た! あの花椒独特のフルーティな香りはなかったが、味はほんのり麻辣だ。麻辣を感じたのがほんの一瞬だったのは、辛さよりパンの甘味が勝ってしまったためだろう。

・トーストするのが正解

味はするのに、香りがないとはどういうことなのか。麻婆豆腐フィリングを見てみると、なんだか肉同士がうっすらと油をまとって固まってしまっている。これでは香りを放てないのは当然だ! そこで肉同士を開放すべくトーストしてみたところ……

ああ、なんだか花椒の香りが少ししてきたかも! そして口の中での香りの弾け具合が全然違う。麻辣度が一気に倍になったのだった。

これはトーストするのが正解。本物の麻婆豆腐だって冷めてしまっては美味しくないもの。専門店では花椒の香りを最後まで楽しめるように、石焼き鍋に入れた麻婆豆腐だってあるくらいなのだ。これから食べる人は是非トーストしてから食べてみてほしい。味わいが格段に異なるはずだ。

【マーラーリストデータ】

麻辣度:★☆☆☆☆(温めると★2)
中国度:★☆☆☆☆
特徴:花椒の香りは温かい方がより際立つ、改めてその事実を教えてくれました。中部エリア(愛知、三重、岐阜、福井、石川、富山など)限定

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

何度でも言うけど「麻婆豆腐」の “麻(マー)” の意味は「シビレの “麻(マー)”」じゃないからね / 本当の意味を知ってる? 知ってる人は自慢していい

知っている人にとっては “当たり前”。でもよくよく見まわすと、あれ、意外と知られていなかった!? 誰だってそんな知識の1つや2つをお持ちではないだろうか。

今回、ピックアップしたいのは『「麻婆豆腐」の “麻(マー)” の意味は「シビレの “麻(マー)”」ではない』という知識。これ、意外と知らない人は知らないみたい! 知ってる人は自慢してエエんやで!

・「麻婆豆腐」の “麻(マー)” は「シビレの “麻(マー)”」じゃない

マー活ブームのおかげで、麻辣=「シビれる山椒の辛さ=麻:マー」と「唐辛子の辛さ=辣:ラー」である、といちいち説明しなくても通じるようになった今日このごろ。

そんな昨今だからこそ『「麻婆豆腐」の「麻」はシビ辛の意味!』という誤解が、生まれたのだろう。麻婆豆腐は確かにシビ辛い四川料理だ。しかし、麻婆と麻辣では同じ “麻” でも全く違う意味なのである。どんな意味かというと、その歴史を見ればすぐにわかる。ザックリ説明すると……

むかしむかし、清の時代。四川省・成都に、ひとりの未亡人がおりました。亡くなった夫の姓は陳。そして彼女の顏には小さなあばたがありました。

そんな彼女が作った豆腐料理が大評判。シビ辛、なめらか豆腐がアラ美味しい。皆はその料理のことを、「陳さんところのあばた(麻)のおばさん(婆)が作った豆腐料理」ということで、「陳麻婆豆腐」と呼ぶようになったのです。

これが麻婆豆腐というワードの誕生ストーリーである。

・偶然の “麻” かぶり!

そう、中国語の「麻(マー)」には、「しびれる」の意味のほかに「あばた、ザラザラした、くぼみのある」という意味もあるのだ。つまり麻辣と麻婆は偶然の “麻” かぶりということ! しかも麻婆豆腐が四川生まれのシビ辛料理だったがゆえ、ときに混同されているのだ。

・麻辣豆腐というものもある

何度でも言うけど、「麻婆豆腐」の“麻(マー)”はシビレの“麻(マー)”にあらず! シビレの“麻(マー)”にあらず!! よーく覚えておこう。知っていた人は引き続き自慢していいですよ。ちなみに中国には「麻辣豆腐」という料理もある。こちらは正真正銘「シビレ味」の「麻:マー」だ。

執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【麻辣コラム】結局のところ “麻辣(マーラー)” って何なの? なぜ今になって流行し始めたのか


2019年は空前の “麻辣(マーラー)”ブーム! 2017年「マー活」という言葉が生まれ、もはや「麻辣」がどんな味かは注釈をつけなくても、何となく伝わる時代になったのではないだろうか?

2003年に中国に渡り、麻辣に魅了された私(沢井)としては、嬉しい限り! でもどうして今になってブームになっているのか? そもそも麻辣って何なのさ。

・中国の四川省発祥の “味”

麻辣とは、皆さんご存知のとおり花椒(ホァジャオ)由来の痺れる辛さ「麻:マー」と、唐辛子の辛さ「辣:ラー」が合わさった“味”。中国の四川料理の特徴である。英語で花椒のことを「Sichuan Pepper(四川コショウ)」というくらいだ。

……と、すっかり四川=麻辣のイメージが定着しているが、その歴史自体は比較的新しく、唐辛子が中国に入ってきた17世紀以降だと考えられている。

しかし、355年に編纂された地誌『華陽国志』によると蜀人(四川人)の好みについて「好辛香」という記載がある。ザックリいうと四川エリアでは唐辛子が伝来する以前から花椒やショウガなどの刺激的な味が好まれていたということ。麻(マー)文化には、めちゃくちゃ長い歴史があったようだ。

・なぜ日本でブームに? 「新しい味覚」と「映え」

そんな麻辣、とくに「麻(マー)」の歴史から見たら、2010年代の麻辣ブームはめっちゃ今更かもしれない! 日本では重視されなかった “味” がどうして今になって受け入れられたのだろうか? 

私は、かねてより日本で “リアル中国” の味を探していたのだが、思えば2015年前後から市場がパクチーブームに次ぐ新しい味を探していたように思う。

そこで、消費者の動向にマッチしたのが麻辣だ。ちなみに、ほぼ同時に出現した四川料理の味「怪味(グアイウェイ)」はメディアでも取り上げられたものの、あえなく消えてしまった……。

怪味でなく麻辣が生き残った理由は2つ。日本人がエスニックな味に慣れてきて、シビレという過激な感覚を受け入れる土壌ができていたことだろう。麻婆豆腐ひとつとっても、日本での普及から約50年かけて日本風にアレンジされたものより、いまは本場のものが好まれるくらいだ。

そしてもう1つは強烈なビジュアルではないだろうか。真っ赤な麻辣料理はとにかく写真に映える!

・麻辣は季節を問わない

さらにダメ押しでいうなら、麻辣は季節を問わない。暑い時期に食べると汗をかいてスッキリ、寒いときなら身体がポカポカだ。麻辣ブームは2019年夏が最高の盛り上がりと言われるが、秋以降も展開可能。このままスタンダードになっていくのかもしれない。

参考リンク:四川美食網(中国語)
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【麻辣】UHA味覚糖『麻ピー』がガチで本場の味! レジェンド菓子アライド『麻辣ピーナッツ』とどちらがシビれるのた食べ比べた結果

近年、ブームがきているという「麻辣(マーラー)」。花椒のシビれる辛さ「麻:マー」と唐辛子の辛さ「辣:ラー」な味がする中国四川を代表するシビ辛味のことだ。食べると食欲が揺り起こされ、ビリリッとシビれた後に飲む冷たい水がたまんねーッ!! 

さて、2019年夏も様々な麻辣お菓子が発売されたが、8月6日に『麻ピー』なるものが登場していたのをご存知だろうか。食べたところ、まぁ麻辣。レジェンド超えなのでは? というウマさだったのでご報告だ!

・『麻ピー』

2019年8月6日よりファミリーマートで先行発売した『麻ピー(税抜170円)』。麻ピーと書いて「マーピー」と読む。その名のごとく「シビ辛いピーナッツ」ということだ。

メーカーは『コロッケのまんま』でお馴染みのUHA味覚糖。同社は激ウマすぎる麻辣お菓子『鶏とナッツ炒めのまんま』でマーラーリストたちの心を奪っていたことを覚えている人もいるかもしれない。

私(沢井)のなかで、麻辣に関して、亀田製菓、アライドコーポレーションと並んで超信頼しているメーカーのひとつだ。これは期待!

・目を閉じると……キレイな中国!

ピーナッツと花椒、唐辛子を一度にとりパクっと食べてみる。うん、好吃!(ハオチー:美味しい) 目を閉じると……中国! とても本場の味っぽい!! 

現地の麻辣ピーナッツと違いをあげるなら、材料の質が均質であるということ。真っ黒なナッツが入っていたり、ジャリジャリする花椒にブチ当たることもない。どこをとってもウマイ。クリアな青空が広がるような清潔感いっぱいの中国が浮かんだのだった。

・アライド『麻辣ピーナッツ』と対決させてみた

かなり、いや相当美味しい『麻ピー』。これは全国のマーラーリストの皆さんに一度は食べてほしい味だ。だが、麻辣なピーナッツと言えば忘れてはならない存在がある。それはアライドコーポレーションの『麻辣ピーナッツ』。中国からの輸入菓子なので、麻辣菓子のグランドラインと言ってもいいだろう。そのレジェンド菓子と食べ比べてみた! 

すると、食べた感覚だとシビれ具合はほぼ互角。ただ『麻ピー』の方が幾分か塩気が強いようだ。どちらがどう、ではなくどちらもウマイ。しょっぱいのが好きか、マイルドめが好きか、好みで選ぶといいかもしれない。

・感覚的にシビれ方は互角! なので花椒を数えてみた

両者の違いは塩気だけなのか。参考にと、それぞれのピーナッツと花椒、唐辛子の量を測ってみたところ……

【麻ピー】ピーナッツ54g、花椒4g(30個)、唐辛子6g

【麻辣ピーナッツ】ピーナッツ65g、花椒2g(9個)、唐辛子2g

──という意外な結果になったのだった。マジか。内容物の量は袋によって異なるため参考になるか微妙な数字ではあるが、麻ピーの本気度はよくわかった気がした。ブームに乗っかった “ビジネス麻辣” ではございません! 日本メーカーによるリアル麻辣だと言えるだろう。

【マーラーリストデータ】

麻辣度:★★★☆☆
中国度:★★★★☆

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【麻辣】8番らーめんの「野菜麻辣らーめん」がウマすぎた! 香り高いシビ辛味と甘め肉味噌のコラボが神 / これは日本風麻辣の最高峰だ

おーい! みんなマー活してるかーッ!? 2018年頃よりブームがきた「麻辣(マーラー)」。一言でいうと「中国・四川の味」。花山椒の痺れる辛さ「麻:マー」と唐辛子の辛さ「辣:ラー」が合わさったシビ辛味のことだ。

私(沢井メグ)も麻辣を愛する者であり、麻辣をうたう新商品を食べては「目を閉じれば中国」だの「ビジネス麻辣は滅ぶのみッ!」と、つぶやき続けていた。麻辣にはウルサイ方だと自負している。そんなある日、めちゃくちゃ感動した麻辣に出会ったので報告したい。それは8番らーめんの「野菜麻辣らーめん」だ!

・8番らーめんとは

まず8番らーめんについて簡単におさらいしておきたい。以前の記事でも紹介したように、8番は石川発、富山、福井、長野、愛知、飛んで岡山で展開を持つラーメン屋だ。


「なんでやろ8番」というキャッチフレーズのとおり、「他にウマイものはあるが、なぜか食べたくなる」と思わせる味。特に北陸民にとってはいわばソウルフード的存在だ。野菜たっぷりなのが特徴で、素直にウマイ。

・野菜麻辣らーめん

さて、そんな8番らーめんがついに、ついに麻辣ブームに波乗りピカチュウ! ピークからはやや遅れてきた感じはするが、逆に期待できる点もある。それは急いでブームに乗ったヤツらにはできないこと……マーラーリストたちの欲求を研究しつくした可能性があるということだ。

期待を胸に、野菜麻辣らーめん(790円)の説明を見てみると、

「四川赤花椒の強烈な痺(シビ)れと華やかな香りに、ぶどう山椒の爽やかな柑橘系の香りを加えた、香り高いらーめんです」

「「痺れる(麻)・辛い(辣)」だけでなく、トッピングした肉味噌の旨みと、麻辣オイルの香ばしさで味の奥行きを感じられる、8番ならではの特徴ある商品に仕上げました」

とのこと。聞いただけで美味しそう! さらに+40円で追い麻辣も可能となっている。これは嬉しい。

・食べてみた → 感動!日本式麻辣の最高峰


では待ちに待った実食だ。まずは追い麻辣せずにプレーンでいただく。……好吃(ハオチィィィィッ / おいしい)。

クリアな香りの麻辣スープに、甘めの肉みそが溶けだし、「麻(マー)」「 辣(ラー)」「 甜(ティエン:甘い)」の 3方向に味が広がっていく。これだけでも十分なのだが、そこに8番らーめんならではの野菜炒めの油と旨味が混ざり合い……このウマさ、マジで神。横にいた息子のことを忘れるほどウマイではないか!


さらに追い麻辣を2つ追加すると……ああああ、ぽい! 中国っぽい!! ベースが8番らーめんなので、8番と言えば8番で、中国の食堂の味ではないのだが、上質な麻辣の味わいに私の麻辣心はすっかり満たされていった。いわば日本式麻辣の最高峰である!

ちなみにこの追い麻辣オイル、餃子につけて食べるとこれまた美味しいのでオススメだ。

・8月中旬までの期間限定

ローカルすぎると言われるかもしれないが、あまりにも美味しく、全国のマーラーリストたちに伝えたかったので許してほしい。ほら、これから帰省や旅行シーズンだしさ!

なお、この野菜麻辣らーめんは8月中旬までの期間限定商品だ。8月中旬まで……ッ! ちょうどお盆の時期だ。北陸と言えば寿司だけど、麻辣好きなら8番も要チェックである。

参考リンク:ハチバン「野菜麻辣らーめん」
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24