今さらだけど、ミシュランガイドに掲載されたラーメン「金色不如帰」のカップ麺を食べてみた / 本店の味とどう違う?

灯台下暗し。今さら説明するまでもないが、人は身近なことには案外気がつかないものだという例えである。こう切り出したのも、先日まさにそのような現象に遭遇したから。新宿二丁目にある編集部最寄りのローソンで、これまた新宿御苑前に本店を構える「金色不如帰(こんじきほととぎす)」のカップ麺を発見したのだ。目と鼻の先すぎるだろ!

しかし、それ以上に問題があって……同商品は2018年10月30日と1年以上前に発売されていたからおったまげ。今の今まで気づかなかったとはマヌケ以外に言いようがないが、本店の味を知っている身でやることは1つ。今さらながら食べ比べである……!

・ミシュランに掲載された有名店

金色不如帰は貝だしラーメンを代表する有名店で、ミシュランガイドに一つ星として掲載された実績がある。それだけにいつ行っても激混み。当編集部メンバーの金色ファンは、時間をズラしてランチ終了ギリギリで食べに行くことがほとんどだ。

で、そんな金色が「ローソン名店シリーズ」のカップ麺だと待つことなく税込258円で食べられるから嬉しい。作り方は他のカップ麺同様カンタン。まずはフタをちょっと開け、かやくと沸騰したお湯を入れる。

それから待つこと4分。そこにあと入れの液体スープを加えたら出来上がりだ。そしたらなんと……

トリュフと海鮮の匂いがふわっと香り立ってきた。これよ……これ……! こればかりは他のラーメン店にない金色らしさ!!

カップ麺ではスープに黒トリュフの香料を使用しているとのことだが、匂いの段階では “らしさ” が出ていると言っていい。これは期待っ……!

・本店の味を知る2人で実食

今回、レポートの精度を上げるため、金色ファンのGO羽鳥にも食べてもらうことにした。ちなみに羽鳥も、今の今までカップ麺の存在に気づかずにきた「今さら野郎」である。

揃ってズズズッーとちぢれ麺すすり、本店と同じく金色に輝くスープをじっくり飲んで味わってみた。もったいぶらず結論からいうならば……

アリだ

金色らしさを上手に再現していると言っていいだろう。というのも、カップ麺ながら貝と真鯛……海の上品さが感じ取れる。限られた予算内で本店の味に近づける努力が、スープや麺からしっかりと伝わってきたのだ。

まぁすべてにおいて洗練された本店の味の方が100倍ウマいが、こればかりはカップ麺の宿命。何より金色ってこんな店だよというのは十分伝わるし、遠方の人でも “らしさ” を味わえるのは大切なことだ。よってアリ、これはアリ!

それにしても……

3カ月前じゃなくて1年と3カ月前の発売とは……。

あぁ……

灯台下暗し……

参考リンク:ローソン研究所「金色不如帰」
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【韓国】ミシュラン掲載店「ファヘダン」のケジャンが人生屈指のウマさで震えた

人は本当に美味しいものを食べたとき、マジで震える。ミスター味っ子や西野カナさんではないが、マジでゾクゾクっと震えがくるものだ。つい先日、韓国のソウルで食べた「ケジャン」は久々に震えがくるほどウマかった──。

「ケジャン」とは生のワタリガニを調味料に漬け込んだ韓国料理のことである。ビビンバやチーズダッカルビと比べるとそこまで知名度はないが、そのウマさはハッキリ言って超ド級。個人的には牡蠣と並ぶ “最後の晩餐で食べたい料理” である。

・人生最高レベルのウマさ

冒頭でも述べたように、この世にあるあらゆるグルメの中でも牡蠣と並ぶほどケジャンが好きな私、P.K.サンジュン。なので、食堂であろうとデパートであろうと有名店であろうと、ケジャンでさえあれば基本的には美味しく感じる。だがしかし……。

この世に生を受けて41年、これほど美味しいケジャンに出会ったのは初めてだ。それこそが今回ご紹介する『ファヘダン』のカンジャンケジャンである。カンジャンとは醤油のことなので、日本語にすると「ワタリガニの醤油漬け」といったところだろうか。

・現地民に教えてもらった

つい先日、トランジット(乗り継ぎ)のために20時間だけソウルに滞在したときのこと。「ウマいケジャンでも食いてえなぁ」と思い、韓国に住むイトコに「美味しいケジャンの店を教えて!」と連絡したところ、教えてくれたのが『ファヘダン』であった。

韓国には他にもケジャンの超有名店が多くあるのだが、イトコいわく「どこも口コミがあんまり良くないね」とのことである。ただ『ファヘダン』は「ソウルも含めて2店舗しかないみたいだけど、ちゃんとカニの甘みが活きてるって評判だよ」と教えてくれた。

そうなのである──。ケジャンは生のワタリガニを醤油や漬けダレにぶっ込んだ料理なので、基本的には調味料の味が濃い。それはそれで美味しいのだが、あまりにも調味料が濃いと「しょぱいだけ」となってしまう非常に難しい料理なのだ。カニの甘みが活きているケジャン……それは楽しみだ。

・ミシュランガイド掲載店

『ファヘダン』はソウルの中心部からタクシーで20分ほどの「ヨイド」という街にある。カタカナで「ファヘダン」、もしくは漢字で「花蟹堂」で検索すると情報はいくらでも出てくるから、場所についてはそちらを参照して欲しい。アクセスは比較的容易なハズだ。

店はそこまで大きくなく、入り口には「ミシュランガイド掲載店」のステッカーが貼られていた。「カンジャンケジャンと釜飯」のセットは4万3000ウォンだから、日本円にして約4300円。決して安いランチではないが、ここまで来て引き返すわけにはいかない。

ケジャンの他には、釜で炊かれたお米とちょっとしたおかずが6~7品付いてくる。お釜にはオコゲがついており、その部分にはお茶を注いで食べるのが韓国流だ。それはそれで美味しかったのだが、真っ先にかぶりついたケジャンは……マジでヤバかった

・震えがくるウマさ

醤油ベースの漬けダレに浸されたケジャンは、ワタリガニのねっとりとした身が舌に絡みつき、驚くほど甘い。タマゴの部分も相まって前評判通り「カニの甘みが活きまくっているケジャン」だ。ケジャンを初めて食べてからおよそ20年、こんなに美味しいケジャンは食べたことがない

さらに美味なのは、甲羅の部分にあるカニミソのところ。甲羅にご飯を投入し、混ぜ混ぜしていただくのだが……もう言葉がないほどウマかった。震えがきたのはこの瞬間で、ちょっと今まで食べてきたケジャンとはワケが違う。元々ケジャンは最高に美味しいと思っていたが、ここまでとは……! 今後はソウルに来たら絶対に寄る。なんなら何回でも。


というわけで、『ファヘダン』のケジャンは得も言われぬウマさであった。ケジャンは中毒性が高く、好きな人は大好きなグルメである。もしケジャンがお好きで『ファヘダン』に行ったことがない人には是が非でもオススメしたい。至福のケジャンがそこにはある。

参考リンク:ファヘダン(韓国語)
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24