【今日まで】ミニストップで特茶(170円)1本買うと伊右衛門プラスコレステロール対策(160円)が1本もらえるので1ケース(24本)買ってみた

知人Aより「買ったか?」とのメッセージが入った。デジャブ……。この展開、前にもあった気がするぞ……。一応、何のことかと問うてみると「ミニストップで特茶だよ」と。…………うわああああああああぁぁっ! そうだった! 忘れてたーッ!!

ミニストップで伊右衛門特茶(税抜170円)1本買うと伊右衛門プラスコレステロール対策(税抜160円)が1本もらえるキャンペーン、今日(2020年10月26日)までだった……! 情報シェイシェイ! 私はすぐさま自転車にまたがりミニストップへ急行した。

もちろん、以前と同じく、今回も狙うは “24本の1ケース買い(1ケースもらい)” ただひとつ。1本買って1本もらえるのなら、1箱買って1箱もらったほうが、体感的な「お得度」は高い。私はすっかり “箱買いしての箱もらい” の虜(とりこ)になっているようだ。

ていうか……

なんと……

箱買い大歓迎ときた!!!!!!!!

ならばとばかりに、まずはサントリーの伊右衛門特茶を1ケース購入。ちなみに緑茶とジャスミンから選べるが、ジャスミン茶好きの私としては、当然『伊右衛門特茶ジャスミン』一択だ。んで、今回もまた……

レシートが……

なげええええええええ!!

無料引換券はレシートに印刷されるため、こんなにも長いレシートになってしまったのであるが、めったに体験できない長さなので記念写真でも撮っておくと良い思い出になると思う。

んで、このレシートをレジに持参すれば、『伊右衛門プラスコレステロール対策』と交換可能。ピッピピッピと店員さんはリズミカルにクーポンのバーコードを24枚分読み込んでいき……

1箱、まるまる、いただきました!

話をまとめると、1本170円(税抜)の伊右衛門特茶を24本(税抜4080円)購入したら、1本160円(税抜)の伊右衛門プラスコレステロール対策が24本(税抜3840円ぶん)も無料でもらえた……というわけである。

前回と比べると、お得感は少ないが、やはり箱買いってのは気持ちが良い。スペシャル感があるし、迫力もある。箱買いのロマンというか。ウム。

それにしても……

チャリで2箱はキツかった……。

なにせ重さを量ったら……

2箱で約26kgもあったから!

家に帰ると、汗びっしょり。よい運動になったうえ、家には、体脂肪を減らすのを助ける『伊右衛門 特茶ジャスミン』と、悪玉コレステロールを下げる『伊右衛門プラスコレステロール対策』が合計48本ぶんもあるときたら鬼に金棒。ダイエット成功まちがいなしだ〜ッ!٩( ᐛ )و

参考リンク:ミニストップ
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

ミニストップ『ゴーゴーカレーパン』がゴーゴーしすぎて武丸さんも事故るレベル! 真っ黒濃厚なルーが揚げパンと踊(ダンス)っちまってる

薄味と言われる関西の食文化。だが関西出身の私(中澤)でも、濃ければ濃いほど良いと思うものがある。カレーパンの具だ

上品なんて言葉はクソくらえ。揚げパンの強い味に負けないドロドロカレーがカレーパンにはふさわしい。2020年9月8日、そんな私にとって、どストライクなカレーパンがミニストップで販売開始した。その名も『ゴーゴーカレーパン(税込159円)』。名前だけで心がゴーゴーする!

・ゴーゴーカレー監修第2弾

その名の通り、この商品の監修はゴーゴーカレーだ。パッケージにも例のゴリラがいるし、黄色地に赤文字の色使いはパンコーナーの中でも見つけやすいだろう。

そう、以前の記事でご紹介したミニストップとゴーゴーカレーのコラボ商品第2弾の販売が開始したのだ。“コンビニで食べられるゴーゴーカレー” をテーマにミニストップの各商品担当者がゴーゴーカレーを表現したこのラインナップ。第2弾は、ゴーゴードライカレー、ゴーゴーカレーうどん、ゴーゴーカレーチキンカツ、そしてこのゴーゴーカレーパンだ。

・『特攻の拓』で言うなら武丸

ところでゴーゴーカレー監修のカレーパンと言えば、第一パンの「カレーチーズ デニッシュ」がある。あれはデニッシュでカレーを包んだ若干お洒落さの漂うものだったが、今回のゴーゴーカレーパンは……

完全なる揚げパン

やったぜ! カレーパンはやっぱりこうでなきゃ!! パンを油で揚げるという揚げパンのなりふりかまわなさがカレーパンには必要だ。『特攻の拓』で言うなら武丸である。断じて鰐淵ではない。“支配する者”──“統べる者”──“武丸”さんがお帰りになりましたァ!!

・下手したら本家より濃厚なルー

というわけで、私も拓ちゃんよろしく特攻(ぶっこ)むとしよう。い・・・行くっかないよね。気合いブリバリで食べてみたところ……

ドロドロルーが完全にゴーゴーカレーでドエレー “COOOL(クール)” じゃん……? 下手したら本家のカレーより濃厚かつコク深すぎるルーが揚げパンと踊(ダンス)っちまってる。そんなルーの色はカレーパンで見たことがないほど真っ黒。

コミックスの武丸の血かよ

ゴーゴーしすぎて武丸さんも事故るレベル。さすがはミニストップ。その特攻み具合は孤高のカレーパンと言って差し支えないだろう。

・ゴーゴー祭り

なお、現状、ゴーゴーロースカツサンドなど第1弾ラインナップも取り扱われていることを確認した。したがって、第1弾と第2弾が同時に並ぶここ1~2週間の間は、ミニストップはゴーゴー祭りと言える。ゴーゴーカレー好きはミニストップにゴーゴー! “待” ってたぜェ!! この “瞬間(とき)” をよォ!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【優勝】ミニストップ『ゴーゴーロースカツサンド』が最強すぎてずっと食べてたいので「いつまで売ってるのか」聞いてみた結果…

手軽に食べられるサンドイッチは時間がない時の強い味方。ただ、私(中澤)はいつも具を選ぶのに時間がかかってしまう。ガッツリしたカツサンドも食べたいけど卵サンドも捨てがたい。かと言って両方は多すぎるし、バラエティーパックみたいなのはボリュームが物足りない……。

なかなか納得できるバランスのサンドイッチが少ないのが実情だ。しかし、この度見つけた見つけてしまった! ミニストップで最強のサンドイッチを!!

・こんなサンドイッチ欲しかった

時は昨日2020年8月25日の深夜にさかのぼる。夕飯を食べていなかった私は近所のミニストップに出かけた。お腹は空いているが、ガッツリいけない時間帯である。そこでサンドイッチ1つを購入することにしたわけだ。

とは言え、こういうタイミングこそサンドイッチ選びは難航するもの。最初は卵サンドと決めていたのだが、実物を目にするとカツもちょっと食べたい。そんな時、目に飛び込んできたのが「ゴーゴーロースカツサンド(税抜き328円)」という商品

カツサンドと卵サンドのセットだと!?

しかも、カツは分厚いし卵サンドは輪切りのちょっとエエやつや

ピンポイントでストライクを取ってきた!! その精度は『おおきく振りかぶって』の三橋君なみではないか。キャッチャーミットにボールが吸い込まれるように即買い。税抜き328円という価格も内容に比べると安いと思う。

・ミニストップとゴーゴーカレーのコラボ商品

そこで調べてみたところ、どうやらこれはゴーゴーカレー監修のミニストップ新商品ラインナップの1つのようだ。リリース情報によると、“コンビニで食べられるゴーゴーカレー” をテーマにミニストップの各商品担当者がゴーゴーカレーを表現したラインナップとのこと。さっそくカツサンドを食べてみたところ……

ブリンッ

──! 噛んだ瞬間、肉が裂ける食感が伝わってくる!! さらに、ゴーゴーカレーの濃厚かつコク深いカレーソースの味もして肉々しいだけではない華やかさだ。ガツンと来るツーシームストレートである

もちろん、卵サンドにもカレーソースが入っているのだが、これも激ウマ。というか、組み合わせの妙で言うとこちらの方が上かもしれない

まろやかさの中からゴーゴーカレー味がどんどん花開き広がっていくのだ。その全てを受け止める懐の深い味は、見事速球系ピッチャーであるゴーゴーロースカツサンドの女房役をこなしている。

セットの内容といい、味といい、このサンドイッチは名バッテリーだ。これが税抜き328円って最強だろ。コンビニサンドイッチ甲子園優勝である

・展開期間

願わくばこのバッテリーをずっと見続けていたい。しかし、本商品は前述した通り、ゴーゴーカレーとミニストップのコラボだ。いつか展開が終了してしまうのだろうか? そこでミニストップに問い合わせてみたところ……

ミニストップ「9月8日に『ゴーゴーカレー監修』の第2弾が発売されるんですが、その頃はまだあります。商品によって期間がちょっと違うんですが、おおむね1カ月というところですかね」

──ゴーゴーロースカツサンドはいつまでですか

ミニストップ「こちらの商品は5週ですね」

──5週と言うと、8月25日発売なので9月21日までですね

ミニストップ「はい。ただ、それはデータ上のことで、ミニストップでは毎週新商品が出るので、よほど売れている商品でなければ新商品の入荷の方が多くなります。そのため、発売から時間が経つと店が入荷しないケースも出てきます。大体2~3週目までは入荷はされているかと思いますが」

──とのこと。なお、第2弾のラインナップは「ゴーゴードライカレー(税抜き420円)」「ゴーゴーカレーうどん(税抜き550円)」「ゴーゴーカレーチキンカツ(税抜き350円)」「ゴーゴーカレーパン(税抜き148円)」の4つで、こちらもおおむね1カ月の展開予定。

正直、「ゴーゴーロースカツサンド」はレギュラー商品にして欲しい。そう思っている私としては、やはり期間限定だったことは非常に残念だが、少なくともあと2~3週間は味わえそうだ。取り扱い期間伸びるくらい買いたい。

参照元:ミニストップ
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【クソデカ】ミニストップの「ぱんぱんパンケーキ」がバケツやん! いくら何でもパンパンすぎだァァァアアアア!!

それは先日のことだった。家で作業に明け暮れた昼下がり。小腹が減った私(中澤)はミニストップに向かった。ギラギラの太陽とじとじととした蒸し暑さ。ミニストップのひんやりした空調をオアシスのように感じたことを覚えている。

異変に気づいたのは、スイーツコーナーに差し掛かった時。いつもすました顔で選ばれるのを待っているスイーツたちが、なぜだかザワザワしている気がする。そこで、スイーツコーナーに立ち寄ってみたところ……なんじゃいこりゃあ!?

私は思わず心の中で叫び声をあげてしまった。それもそのはず、1つだけクソデカイカップがスイーツの顔して並んでいたのである。横幅は他のスイーツの2倍くらい、高さは棚ギリギリ。周りの華奢なコンビニスイーツと並ぶとカップと言うかバケツやん

・棚に引っかかるほどクソデカイ

パッケージを見てみたところ「ぱんぱんパンケーキ(税込453円)」という名前のようだ。パンケーキが3個詰め込まれているという「ぱんぱんパンケーキ」。スイーツ棚から取り出そうとしたところ、頭が棚板に引っかかってうまくいかない! パンパンすぎるだろ!!

っていうか、どうやって入れたんだよコレ? 入ってるんだから出せないわけはないよな? そう自分に言い聞かせ、高さと角度を調整しつつ慎重に取り出したところ、知恵の輪みたいにある角度でスポッと抜けた。もう1度言うパンパンすぎるだろ

・3つのパンパン

家に持ち帰り開けてみると、パンケーキだけじゃなくカスタードクリームや生クリームも結構ガッツリ入っているじゃないか。柔らかいスポンジケーキの隙間を埋め地層のように重なるクリームは、食べてみると、パンケーキをトロける甘さでドレスアップするかのような味である

そのカロリーは713キロカロリー。本来なら、シェアしたり、何回かに分けて食べるべきものなのかもしれない。しかし、甘いモノに目がない私。途中で止めることもできずに1人で食べきった結果……

胸がパンッパンや

というわけで、このパンケーキの「ぱんぱん」には3つの意味があることが判明した。1つ、パンケーキの数を表す「ぱんぱん」。2つ、売り場が「ぱんぱん」。最後に、胸が「ぱんぱん」である。いくら何でもパンパンすぎだァァァアアア!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【レジ袋有料化】カルディの紙袋1枚15円は高いのか? このくらいでも良いかもしれないと思う理由について

2020年7月1日より、全国でレジ袋の有料化が開始となる。それに先立ってすでに1枚数円程度で販売しているお店も増えている。そんななか、輸入食品等の販売を行ってる「カルディ」では、オリジナルブランドのマイバックを販売すると共に、紙袋を1枚15円(税込)で提供している。

うん? ちょっと高くないですか? と思ったが、よく考えたらこのくらいやった方が良いかもしれないと思った。実はこのカルディの仕組み、2020年4月1日から始まっていたことなのだ。

・1枚15円でも納得

レジ袋の有料化がスタートすることに先立って、「ミニストップ」では6月1日から1枚1円で販売を行っている。よく私(佐藤)が日用品の買い物で利用するスーパー「まいばすけっと」では、4月1日からMサイズ2円、Lサイズ5円での取り扱いをスタートさせていた。そのほかのお店でもおおむね “袋1枚10円以下” という印象を受ける。

そんななかで、カルディの紙袋(S・M・Lサイズ)1枚15円は、価格として頭ひとつ出ている感じ。一瞬「高!」と思わずにはいられない。ちなみにカルディではプラスチック製レジ袋の無料配布を終了しており、持参したマイバッグを利用するか、紙袋を購入するか、もしくは商品をそのまま受け取ることになる。

しかしすぐにその考えを改めた。なぜかというと、私のようにズボラな人間は、数円程度なら払ってもいいと考えてしまうからだ。1枚2円や5円なら、「ま、いいか」と思ってしまう。実際、まいばすけっとに行く際には、袋を持参したりしなかったりしてしまっている。これでは有料化された意味が半減してしまうというものだ。

その点、カルディの場合は15円となると、会計時に結構なインパクトを受ける。ビニール製のオリジナルエコバッグが税込250円なら、この際エコバッグを買ってしまった方が、長い目で見たら絶対お得だ。そう考えやすい。ゴミの減量も有料化の目的なのに、「数円ならいいか」で袋を買っていては、有料化の意味がなくなってしまう。いっそ15円以上でもよいかもしれない。そうしないと、「ま、いいか」を繰り返す気がするから。

マイバッグ1つあれば、お店を問わずに使いまわしができるので、これを機に購入してみるのも良いかもしれない。7月1日には義務化がスタートするので、その前に自分のお気に入りバッグを見つけておくと良いだろう。

参照元:カルディ、まいばすけっと ニュースリリース(PDF
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【2週間限定】ミニストップの新商品『肉が旨い! 牛ハラミ焼肉弁当』によって “焼肉欲” が満たされた

ここ数カ月、外食というものをほとんどしなくなった。そのぶんテイクアウトが充実しているので特に不満はないのだが、どうしても満たされない欲求が自分の中に一つだけある。焼肉行きてぇ──。こればっかりは、家の中ではどうしようもないのだ。

そんな中で発売されたミニストップの『肉が旨い! 牛ハラミ焼肉弁当』は、私(あひるねこ)のこの “焼肉欲” を満たしてくれそうな気配に満ちていた。カルビではなくハラミ。しかもコンビニで……! 私はお前のような弁当を待っていたのかもしれない。

・ミニストップの新弁当

本日2020年5月19日より全国のミニストップにて販売が始まった『肉が旨い! 牛ハラミ焼肉弁当(税抜555円)』。昨年発売され好調だったという『肉が旨い!』シリーズの中で、もっとも人気があった牛ハラミがパワーアップして帰ってきた。

・主役はハラミ

普通の焼肉弁当なら他のコンビニでもよく見かけるが、ハラミ弁当は地味にレアではないか。私はカルビやタン以上にハラミが大好きなのだ。ハラミさえあれば、きっとこの “焼肉欲” も満たされるに違いない。

ミニストップによれば、今回の牛ハラミ弁当は肉が10グラム増量、タレもよりハラミに合う旨辛に変更されているらしい。実際、にんにくとコチュジャンが効いたザ・焼肉な醤油ダレで、これなら ご飯も進むというもの。

ただ、全体的な量は少なめ。そのためやや高価な印象を受けるが、約7ミリに手切りしたというハラミの厚さはグッジョブの一言だ。

ご飯にのせた時の存在感も非常に焼肉的。焼肉を名乗るなら、やはりこのくらいの厚さがないとダメだろう。肉をギュッと噛みしめる感覚。これがない焼肉弁当は、牛丼とあまり変わらない。それではこの欲求は満たされないのである。

・ハラミ難民向け

肉質やタレの味付けに関して、これがベストとは正直思わないものの、柔らかく食べ応えのあるハラミがコンビニ弁当レベルで味わえるのは素直にありがたい。2週間限定と販売期間は短いが、私のようなハラミ難民は試してみるといいだろう。

参考リンク:ミニストップ(PDF)
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

深夜0時でも思わず買ってしまう「とろ生ケーキプリン」の魔力について

それは先日のこと。その日は家で作業に明け暮れ、ふと気づけば深夜0時を回っていました。寒い真っ暗なリビング。と、その時、私(中澤)は不気味な音を聞いたのです。ぎゅるぎゅる……ぎゅるるるぅ……腹減った

そう、夕飯を食べていませんでした。そこで、小腹を満たすため近所のミニストップに行ったところ、恐ろしい出来事に遭遇してしまったのです

・食べたら太る深夜0時

繰り返しますが、私がミニストップに向かったのは深夜0時。すなわち、食べたら太る時間帯。もちろん我慢した方が良いところですが、その時はちょっとだけ食べようと。サンドウィッチ1個程度なら問題なかろうと。これが全ての過ちの始まりでした

・ヤツとの出会い

闇夜の中こうこうと光るミニストップ。私はガチでサンドウィッチを1つだけ買って帰るつもりでした。しかし、入店した後、「せっかく来たから」と店内を見て回っている時、スイーツコーナーで見つけてしまったのです。

「とろ生ケーキプリン(税込302円)」を

な、なんじゃこりゃァァァアアア!?

ケース越しにも分かる圧倒的な生クリームの厚み。しかも、名前が「とろ生ケーキプリン」ってケーキなのかプリンなのかハッキリせいやッ!! 動揺のあまり、気づけば私はサンドウィッチと「とろ生ケーキプリン」をレジに置いてました。

この時間にこれはアカン……これはアカンでぇ! そう分かっていながらも家までの帰り道をダッシュしてしまう自分がいました。家に帰って開けてみたところ……

大・迫・力! カステラ地に挟まれたこぼれ落ちそうなほどの生クリームが、圧倒的な圧力で眼前に迫って来るではありませんか。まるで「食べてみろよ」と挑発しているかのように!! 食べてみると……

これはアカン……これはアカンでェェェエエエッ!!!

ふわふわしっとりのカステラとむっちりした生クリームがまことに罪深い。さらに、あろうことか、カラメルシロップまでかかっているではありませんか! この時間に怖すぎるッ! でも、食べちゃう!!

魔性のスイーツである本商品。目にしたら深夜だろうと何だろうと、その圧力に殺られてしまうことは間違いなし。販売元の洋菓子メーカー「モンテール」のサイトによると、2020年4月30日までの販売のようなので、ダイエット中の人はそれまで深夜のコンビニスイーツコーナーから距離をとった方が良いかもしれません。

参照元:モンテール
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【徹底比較】コンビニのフライドポテトはどこが最強? 大手4チェーンの商品を食べ比べたら、1つだけブッチギリで美味いポテトがあった!!

僕ピーターパン、ネバーランドから来たの──。子供の頃から味覚が大して進歩していない筆者は、いまだにポテトとかチキンとか子供好きしそうな食べ物が大好きである。

特にフライドポテトは大好物中の大好物。そこで今回は、コンビニ大手4チェーンのフライドポテトを徹底比較してみることにした。食べ比べた結果、チート級に美味しいポテトを発見したぞ……!

・大手4社の商品を比較

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ。各社の販売するフライドポテトを食べ比べ、どれが美味しいか勝手に順位を決めちゃうぞというのが今回の企画だ。まずは各商品の価格を見ておこう。

セブンイレブン → 162円
ファミリーマート → 158円
ローソン → 140円
ミニストップ → 203円

価格だけ見るとミニストップが唯一の200円オーバー。これがブッチギリで美味しいと思ってしまいそうだが、相手がコンビニ界の3強だけに勝負の行方はどう転がるか分からないところだ。それでは早速、第4位から発表していくぞ!

・第4位 ファミリーマート

Tポイントを10000ポイント以上所有している筆者としては残念だが、最下位はファミリーマート。購入したのはファミポテ(皮付き)で税込158円。

一言でいうと、ポテトに覇気がない……。食感がモサッとしているというか。ポテトは時間の経過により食感が落ちる面もあるし、たまたま購入した商品がそうだったのかもしれない。しかし店頭に並んでいる以上、筆者の手にした商品をもって「ファミマのポテト」だと評価されても、それは仕方のないことなのだ。

とにかくポテトは食感が命。食感が冴えないファミマを最下位とさせていただいた。

また、ファミポテは自分で塩をかけてシャカシャカして食べるスタイル。最初これは良いと思った。自分好みの濃さにできるからね。

ただ実際にやってみると、なかなかベストな塩加減というのが難しい。塩の小袋には「全量を目安に」と書かれているが、全部かけると辛いような気もする……。そして、シャカシャカしても各ポテトに均等に塩をまぶすのが難しい。

残念ながら、ポテトではあまり元気がなかったファミリーマート。ぜひ他の商品で巻き返してほしい。

・第3位 セブンイレブン

第3位はセブンイレブン。購入したのは「サクッとフライドポテト」で税込162円。

食感・塩加減ともに可もなく不可もなくといった感じで、評価に困る。商品名に「サクッと」とあるものの、そこまで食感がサクッとしているわけではない。ややパンチを欠いた印象。

そして価格は今回紹介する4商品のなかで2番目に高いものの、ボリュームは圧倒的に少なかった。

・第2位 ミニストップ

第2位はミニストップ。購入したのはエックスフライドポテトで税込203円。

これは今回の検証でコンビニ数店舗を巡った筆者の印象だが、他3チェーンではポテトを扱っている店舗とそうでない店舗がまちまちなのに対し、ミニストップではほぼ例外なくエックスフライドポテトを置いているような気がする。

主力的な位置づけの商品というだけあって、味は申し分なし。商品名のとおりエックス型の形状をしており、これが飽きの来ないサクサクした食感を演出している。今回紹介する商品のなかでは最もサクサク寄りの食感ながら、ポテト本来のホクホク感も残している。

価格は最も高いものの、味の良さを考慮すれば文句はないだろう。それでも2位に甘んじたのは、さらなるインパクトを残した商品があるということだ。その商品とは……!

・第1位 ローソン

第1位はローソン。購入したのはフライドポテトで税込140円。

一目見て、筆者は思った。こいつが優勝だな……と。だって「美味しいポテトの見本」みたいなルックスをしているんだもん。皮ごとザックリとカットされたポテトは、他3チェーンの追随を許さぬ圧倒的な「じゃがいも感」を放っている。

そして食べてみると、やはり感じるのは圧倒的な「じゃがいも感」! ホクホク加減がダンチなのだ。これですよ。これ。私がポテトに求めているものは。百年の知己に出会ったような気分である。

しかも、今回ラインナップした商品のなかでは断トツで美味しいにもかかわらず、価格は何と最安の税込140円……。圧倒的な差を付けての優勝である。

というわけで、大手コンビニのポテトを食べ比べる今回の企画はローソンの圧倒的優勝に終わった。しかしコンビニ商品は日進月歩のスピードで進化を遂げているだけに、新商品が投入されれば他チェーンの巻き返しも十分にあるだろう。それまで私はローソンのポテトを食いながら待つ!

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24