夢の食べ物「メロンパンの皮をクリームパンに、のせちゃいました!!」が98円なのにメロンパンの弱点を完全に克服していた! ヤマザキパン「メロクリ」

皮が本体と言っても過言ではないメロンパン。「メロンパンの皮焼いちゃいました」の大ヒットにより、多くの人が思ったはずだ。メロンパンにパンは必要なかったんだ──と。

そんなメロンパンの概念に一石を投じた山崎製パンが、またもやメロンパン界に問いを投げかけているためお伝えしたい。今度は「メロンパンの皮をクリームパンに、のせちゃいました!!」DA

・新商品

その名の通り、クリームパンの皮がメロンパンになっているこのパンは略して「メロクリ」。私(中澤)がメロクリと出会ったのはイトーヨーカドーだ。菓子パンコーナーで新商品として税抜き98円でシレッと販売されていたのである

税抜き98円と言えば、普通のメロンパンと大して変わらない価格ではないか。しかも、大きさもヤマザキの「高級クリームパン」くらいのサイズであり特に小さいわけではない。私がこのパンを購入するのに迷いはなかった。

・言うまでもなく激ウマ

ヤマザキのサイトによると、どうやらメロクリは2020年11月の新商品であるもよう。メロンパンとクリームパンを合わせたハイブリッド菓子パンとのことだ。一体どんな味なのだろうか?

と、思う余地もなく大方の予想通り激ウマである。外側のクッキー地はヤマザキ従来のメロンパンと同じくサクッと甘い。その中から口の中にクリームが広がり、天使が微笑むような甘みのハーモニーが奏でられる。

・予想外だったポイント

個人的に衝撃を受けたのは食感だ。中身がクリームパンのためか、しっとりしており、のどに詰まるような感じがないのである。

──メロンパンを食べる者は、その甘みの代償に口の中の水分を差し出さなければならない。得ようと思ったらまず与えよ! それがメロンパンだと思っていた。

だが、メロクリにはそんなゲーテ的厳しさは存在しない。あるのはただ優しさのみ。クリームのなめらかなのど越しのためか、パンが非常に活きている。メロンパンにパンは必要だったんだ

欲を言えば、クリームがもう少し入っていても良いとは思う。が、逆にこれくらいだからこそパンが活かされている気もするため、そこは好みの問題かとも思った。

「メロンパンの皮焼いちゃいました」から6年、またもやメロンパン界にコペルニクス的転回を突き付ける山崎製パン。再びヒットとなるか。今、我々のメロンパン観が問われている。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

奇跡のコラボだと? フジパン「メロンパン ハッピーターン味」を食べてみた結果…

アリなのか、それともナシなのか? 2020年9月「おいしそう!」とも「引くわ~」ともならないどっちつかずの新商品が発売された。その名も『メロンパン ハッピーターン味』──。お分かりの通り、亀田製菓の大ベストセラー「ハッピーターン」のコラボ商品である。

製造は大手パンメーカー「フジパン」なので、ぶっ飛んだ商品ではないハズ。とはいえ、合法麻薬とも称されるハッピーパウダーをメロンパンで再現できるのだろうか? 確認のため購入して食べてみたのでご報告しよう。

・自称「奇跡のコラボレーション」

フジパン公式ホームページによると『メロンパン ハッピーターン味』は、2年の時を経て開発された超本気メニューらしい。「日本を応援したい」などと もっともらしい説明がされているが、気になるのは自ら「奇跡のコラボレーション」と称していることである。

ぶっちゃけ、企業同士のコラボレーションなどさして珍しくもないため、奇跡を生んでいるのは「メロンパン」と「ハッピーターン」ということなのだろうか? それにしてもメロンパンとハッピーターン味とは……全く味の想像がつかない。

・謎のチーズ風味

というのも、パッケージには「チーズ風味のメロンパン」、肝心のハッピーターンは「ハッピーターン味クリーム」と記載してあるからだ。なんで全く関係ないチーズ風味……? どこから来たんだチーズ風味……! 迷走している感は否めない。

それでも『メロンパン ハッピーターン味』が美味しければ問題ナッシング。同時に「ハッピーターン」を感じられればなお良しだ。さあ「自称・奇跡のコラボレーション」の実力を見せてみろ……!

というわけで、近所のスーパーで購入してきた『メロンパン ハッピーターン味』をいざ試食。価格は税抜き98円だ。香りはというと……なるほど、確かにチーズである。クリームに辿り着かない限り、基本的にはただの「メロンパン(チーズ風味)」でしかない。

・食べてみた

で、問題のクリームだが、確かに甘じょっぱい系の味付けではある。……が、

全然ハッピーターンではない。

これが個人的な結論だ。ハッピーパウダーを目指し、甘じょっぱい系の味付けを目指したことはわかる。おそらく粉をパンにまぶすより、クリームにした方が美味しかったのだろう。それでもこれはハッピーターン味ではない

単純にハッピーパウダーの味とは遠いこともあるが、いかんせんパンのボリュームとクリームのバランスが悪い気がした。「せんべい + パウダー」と「パン + パウダー味のクリーム」とでは、感じるインパクトが全く違う。

・どこからツッコめばいいのか?

さらに言えば、そもそもハッピーターンは食べた瞬間からハッピーターンである。一方の『メロンパン ハッピーターン味』は、ぶ厚いパンを突き抜けクリームに辿り着いてようやくハッピーターンっぽい味。端的にどこからツッコんでいいのか迷うほど、ハッピーターン感は皆無だった。

少々厳しい感想になってしまったが、変わりダネのメロンパンとしては普通に美味しいことは記述しておく。ただしハッピーターンの気配はしない、というだけの話だ。開発に2年、そして奇跡のコラボレーションとは何だったのか? 謎は深まるばかりである。

というわけで、菓子パンとしては及第点ではあるものの、個人的には「超オススメだよ!」と言うことは出来ないフジパンのメロンパン ハッピーターン味。もし第2弾があるなら、ビビるほどスゴイのを作ってみろ……! 両社の挑戦に期待しています。

参照元:フジパン「お知らせ」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

2014年に大ヒットした『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』がひそかに進化して完全に別物になってる……

みんな、もうとっくの昔に忘れちまってるだろう。2014年に発売前からネット上で爆発的な話題となった山崎製パンの商品のことを。あるパンの一部だけを商品化した、アレだよ、アレ! 『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』だよ! 当時、関西で先行発売されると聞いた私(佐藤)は新幹線に飛び乗ったのだが、その日に全国発売が発表されたのはいい思い出だ。何しに大阪に行ったんだ……。

そんなメロンパンの皮が、ひそかに進化して発売されていた! 私はとうの昔に別れた恋人とすれ違ったような衝撃を受け、思わず手に取り心の中で叫んだ! 「メロンパンの皮、会いたかったよ~!!」と。

・年々進化

さて、いつもの前口上はこれくらいにして……。本当に忘れてしまった人のために説明すると、この商品は2014年10月頃に、Twitterで商品が紹介されたことをきっかけに注目を集め、関西で先行発売されたものだ。「こんなの待ってた!」や「関西に引っ越したい」との声まで出ていたのだが、その後、本当に関西に引っ越した人がいるかは定かではない。

その翌年、2015年には『メロンパンの皮 焼いちゃいました。 2(ツー)』が発売されたが1(ワン)ほどは話題にならなかった。

さらにその翌年の2016年には、もう1段階進化した『メロンパンの皮 焼いちゃいました。 3(スリー)』が発売された。まるでドラゴンボールのスーパーサイヤ人のごとく、ここまでの3年間で2段階もパワーアップしたのだ。

年イチの進化に「オラ、ワクワクすっぞ!」となっていたのは、どうやら私だけで、1のインパクトが繰り返されることはなかった。私だけが注目していることに気付いた時、私の興味もそこで途絶え、その後に4(フォー)、5(ファイブ)と発売されていったかどうかは、確認できていない。

そして時は流れ……

・どうしたんだよ、皮?

2020年3月のある日のこと……、またまた立ち寄ったローソンのパンコーナーで……。見覚えのある顔(パッケージ)。これは!

別人のようになったメロンパンの皮が!?

どうした? 何があったんだーーーッ!!

何だかよくわからない源氏名(商品名)になっちまいやがって、なんだ? 『「メロンパンの皮 焼いちゃいました。に「チョコの山」のせちゃいました。』(税別151円)って何だよ? 会わない間にナニがあったんだ!!

・妄想会話

妄想癖のある私は、ついその商品名を見て、いらぬ妄想をかき立てられた。以下はメロンパンの皮と私の妄想会話の要約である

佐藤 「どうしたんだよ、そんなケバケバしい格好になりやがって」

 「ほっといてよ、あんたには関係ないでしょ」

佐藤 「関係あるよ! 昔はもっとけなげに自分の持ち味を生かして頑張ってたじゃないか」

 「フッ……」

佐藤 「鼻で笑うな。何があった!?」

 「アタイ、気づいたの。正直にやってたら、自分だけバカ見るんだなって」

佐藤 「そんなことないだろ。けなげに頑張ってたから、応援する人もいたんじゃないのか?」

 「応援? ふざけないでよ。デビュー前はみんなあんなにチヤホヤしてたのに、私なりに年々進化を続けたっていうのにさ。もう誰も見向きもしない。バカみたい。あんたもどうせバカだと思ってたんでしょ。だから、ほっといて」

佐藤 「皮ーーーッ!!」

・食べてみよう

という訳で、売れなくなったから、同じく山崎の商品「チョコの山」と合体したのかもしれない。ピンでは厳しいので、コンビを組んだと言ったところだろうか。開封してみると、見た目はほぼチョコの山である。持ち帰る際に、一部山が崩れてしまったのはご愛敬だ。

さて、食べるのに困った。チョコと皮を同時に口に入れるのは難しい。したがって、チョコの山を崩しつつ食べることになる。その結果……。

ただのメロンパンの皮になってしまった。合体した意味……

という訳で、『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』は細々と進化を続けているので、あたたかく見守って欲しい。がんばれよ、皮!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【事前措置】「死んでも地獄に落ちない」って名前のメロンパンを食ってみた!

私(佐藤)の夢は穏やかに暮らすことだが、その夢は果たされぬままに人生の半分が過ぎ去っている。できれば、誰に迷惑をかけることなく静かに暮らし、天に召されることを思い描いてきた。しかし、その願いとは裏腹に多くの人に迷惑をかけ続けている。このまま行くと、死後、地獄に落ちる可能性がある。それもかなり高い確率で……。

生きているうちに手を打とう! そう思い、私はたまたま見つけた興味深いメロンパンを食べることにした。その名前は「死んでも地獄に落ちない」である。これを食って、あらかじめ地獄落ちの確率を少しでも低くしたいところだ……。

・埼玉のキッチンカー

この商品を販売しているのは、さいたま市を中心に移動販売をしているキッチンカー「メロンパン秘密基地 HAPPyHAPPy」だ。西武池袋本店のイベント「食べ旅にっぽん グルマンマルシェ」に出店しているのを発見した。

パッと見はメロンパンの専門店と思いきや、並んでいる商品の名前がとてもユニークだ。看板商品の生クリームを挟んだメロンパンは「上司の話は聞きたくない(540円)」

チョコレートクリームをサンドしたのは「腹黒ポケット(540円)」

生クリームにキャラメルソースがたっぷりかかったのが、「深夜のおやつジャンキー(540円)」

・名前の理由

今回購入したのは、「上司の話は聞きたくない」のほか、「必殺! 業務命令だ」「反抗期」。それに「死んでも地獄に落ちない」の4つ。

どうしてこんな名前になったのだろうか? お店の人に尋ねると、それぞれ理由があるそうだ。まず「上司の話は聞きたくない」は、上司の話とメロンパンはシンプルな方がいいという理由からこの名前になったそうだ。

次に「必殺! 業務命令だ(648円)」は、話を聞かない部下への圧力。ちなみにこのメロンパンには、マンゴーのフィリングがサンドされている。

続いて「反抗期(648円)」は、ちょっと塩気のあるチーズを使用していることから、甘いだけじゃない味の『反抗』を意味しているとのこと。

そして最後の「死んでも地獄に落ちない(648円)」は生クリームとカスタードクリームの2つを贅沢に使用しており、天にも昇る美味しさからこの名前がついたとのことである。

・頼む!

それでは、地獄落ちの確率を少しでも低くするため「死んでも地獄に落ちない」を食べてみよう。口に入れると、メロンパンの生地は表面サクサク。中はふんわり。口に入れるとスッと溶けるような、柔らかな食感。

2つの濃厚クリームの甘さは、まさに至福! たしかに天にも昇るような幸せな気持ちにしてくれる。

頼む! このままずっと夢を見させておくれ。現実世界はあまりにも薄汚れていて、これ以上見たくないんじゃあ~!

終わり……

・イベント詳細

名称 食べ旅にっぽん グルマンマルシェ
会場 西武池袋本店 7階催事場
住所 東京都豊島区南池袋1-28-1
会期 2019年10月26日~11月4日
時間 10:00~21:00、日祝10:00~20:00、最終日は16時まで

参照元:西武池袋本店
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24