2014年に大ヒットした『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』がひそかに進化して完全に別物になってる……

みんな、もうとっくの昔に忘れちまってるだろう。2014年に発売前からネット上で爆発的な話題となった山崎製パンの商品のことを。あるパンの一部だけを商品化した、アレだよ、アレ! 『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』だよ! 当時、関西で先行発売されると聞いた私(佐藤)は新幹線に飛び乗ったのだが、その日に全国発売が発表されたのはいい思い出だ。何しに大阪に行ったんだ……。

そんなメロンパンの皮が、ひそかに進化して発売されていた! 私はとうの昔に別れた恋人とすれ違ったような衝撃を受け、思わず手に取り心の中で叫んだ! 「メロンパンの皮、会いたかったよ~!!」と。

・年々進化

さて、いつもの前口上はこれくらいにして……。本当に忘れてしまった人のために説明すると、この商品は2014年10月頃に、Twitterで商品が紹介されたことをきっかけに注目を集め、関西で先行発売されたものだ。「こんなの待ってた!」や「関西に引っ越したい」との声まで出ていたのだが、その後、本当に関西に引っ越した人がいるかは定かではない。

その翌年、2015年には『メロンパンの皮 焼いちゃいました。 2(ツー)』が発売されたが1(ワン)ほどは話題にならなかった。

さらにその翌年の2016年には、もう1段階進化した『メロンパンの皮 焼いちゃいました。 3(スリー)』が発売された。まるでドラゴンボールのスーパーサイヤ人のごとく、ここまでの3年間で2段階もパワーアップしたのだ。

年イチの進化に「オラ、ワクワクすっぞ!」となっていたのは、どうやら私だけで、1のインパクトが繰り返されることはなかった。私だけが注目していることに気付いた時、私の興味もそこで途絶え、その後に4(フォー)、5(ファイブ)と発売されていったかどうかは、確認できていない。

そして時は流れ……

・どうしたんだよ、皮?

2020年3月のある日のこと……、またまた立ち寄ったローソンのパンコーナーで……。見覚えのある顔(パッケージ)。これは!

別人のようになったメロンパンの皮が!?

どうした? 何があったんだーーーッ!!

何だかよくわからない源氏名(商品名)になっちまいやがって、なんだ? 『「メロンパンの皮 焼いちゃいました。に「チョコの山」のせちゃいました。』(税別151円)って何だよ? 会わない間にナニがあったんだ!!

・妄想会話

妄想癖のある私は、ついその商品名を見て、いらぬ妄想をかき立てられた。以下はメロンパンの皮と私の妄想会話の要約である

佐藤 「どうしたんだよ、そんなケバケバしい格好になりやがって」

 「ほっといてよ、あんたには関係ないでしょ」

佐藤 「関係あるよ! 昔はもっとけなげに自分の持ち味を生かして頑張ってたじゃないか」

 「フッ……」

佐藤 「鼻で笑うな。何があった!?」

 「アタイ、気づいたの。正直にやってたら、自分だけバカ見るんだなって」

佐藤 「そんなことないだろ。けなげに頑張ってたから、応援する人もいたんじゃないのか?」

 「応援? ふざけないでよ。デビュー前はみんなあんなにチヤホヤしてたのに、私なりに年々進化を続けたっていうのにさ。もう誰も見向きもしない。バカみたい。あんたもどうせバカだと思ってたんでしょ。だから、ほっといて」

佐藤 「皮ーーーッ!!」

・食べてみよう

という訳で、売れなくなったから、同じく山崎の商品「チョコの山」と合体したのかもしれない。ピンでは厳しいので、コンビを組んだと言ったところだろうか。開封してみると、見た目はほぼチョコの山である。持ち帰る際に、一部山が崩れてしまったのはご愛敬だ。

さて、食べるのに困った。チョコと皮を同時に口に入れるのは難しい。したがって、チョコの山を崩しつつ食べることになる。その結果……。

ただのメロンパンの皮になってしまった。合体した意味……

という訳で、『メロンパンの皮 焼いちゃいました。』は細々と進化を続けているので、あたたかく見守って欲しい。がんばれよ、皮!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【たまには食え】まるごとバナナはもっと評価されてイイ

出だしから唐突ではあるが、読者のみなさんに問いたい──。「まるごとバナナを最後に食べたのはいつですか?」と。そう、まるごとバナナとはバナナをスポンジで丸っと1本包んだあの洋菓子、ヤマザキの『まるごとバナナ』のことである。

正直に申し上げると、つい1週間ほど前にまるごとバナナを口にするまで、私(P.K.サンジュン)は少なくとも10年ほどは『まるごとバナナ』を食べていなかった。だからこそ提言したい。「たまにはみんな まるごとバナナ食おうぜ」と。久々に食べて悟った……まるごとバナナはもっと評価されてイイ。

・昔、めちゃめちゃハマっていた

思えば私は1日1本ペースで『まるごとバナナ』を食べていたのは、高校生の頃だったように思う。当時はコンビニスイーツが今ほど充実していない時代。当時から甘党だった私を満たしてくれたのは『まるごとバナナ』と『ミニストップのソフトクリーム』くらいであった。

少なくとも、まるごとバナナは1990年代初頭から店頭に並んでおり、およそ30年の歴史を持つスイーツだ。バナナ・スポンジ・生クリームの3つの食材だけで構成されたシンプルなスイーツなのに、この息の長さ……。この事実だけでも『まるごとバナナ』のスゴさがわかるというものだ。

もう1つ昔話をすると、当時『まるごとバナナ』に感動していたのは私よりも上の世代の人たちだったように思う。冷蔵庫を開けると高確率で丸ごとバナナが入っていたから、私の母世代の人たちにとっては、衝撃的なスイーツだったのだと推測される。

・コンビニスイーツの先駆け的存在

さて、そのまるごとバナナだが、考えようによっては「コンビニスイーツの走り」と言えるのではなかろうか? 今でこそスイーツはどのコンビニも専門店さながらのクオリティと充実度を誇っているが、少なくとも25年ほど前に今ほど自社製品は存在しなかった。

定番のプリンですらメーカー品がほとんどで「プッチンプリン」がメインストリームをいっていた当時。わずか200円ほどでケーキ屋クオリティの『まるごとバナナ』が、どれほど革命的なスイーツだったかは想像に難くない。

とはいえ、大切なのは今この時──。カール、ポポロン、森永チョコフレークの例を挙げるまでもなく、売れないものは姿を消すのが資本主義の大原則である。それでも10年以上ぶりに まるごとバナナを食べた私はこう思った。まだまだ第一線で戦える、と──。

・今でも十分にウマい

支えるだけで指の形が付くほどフワッフワのスポンジと、軽やかな口当たりの生クリーム。それらとねっとりとした食感のバナナが織りなすコンビネーションは相変わらず絶妙だ。これ以上なくシンプルなスイーツなのに、ここまでウマいとは……。しばらく食べてなくてごめんよ、まるごとバナナ。

このクオリティでコンビニ価格が税抜き200円なのだから恐れ入る。ボリュームを考慮すればコスパも非常に高く、数あるコンビニスイーツと比較しても上位に来るのではなかろうか? 久しぶりに食べた私が言うのもなんだが、まるごとバナナはもっと評価されてイイ。

やや難しいのは、今回まるごとバナナを求めて数軒のコンビニを回ったが、取り扱いのある店があまりなかったこと。体感ではあるものの、準絶滅危惧種くらいには感じた次第だ。だからこそ、かつてハマった経験があるは久しぶりに まるごとバナナを食べてみて欲しい。ホント、今でも全然戦えるから。

参考リンク:ヤマザキ「まるごとバナナ」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【1620円】「最高級食パン」といわれるヤマザキの『ゴールドソフト』を食べてみたよ!

毎日暑っついな~。暑い時こそ、ご飯をしっかり食べるべき……なのだろう。しかしながら、あまりに度を逸した暑さ故、食べる気分にさえならないというのが実情ではなかろうか。そこで今回は無理やりにでも食欲を沸かせるべく、とあるモノを紹介したいと思う。

その名は『ゴールドソフト』。ヤマザキパンが予約限定で販売している食パンだ。 “最高級” を謳っているのだが、一体全体通常のヤマザキ食パンと何が違うのか。注文して食べてみることにした。

・高級食パンの先駆けか

ヤマザキパンの『ゴールドソフト(税込1620円)』は、デイリーヤマザキとヤマザキショップで2週間に1度だけ販売されている予約限定商品。オンラインショップで購入すると、毎週金曜日に発送されてくる仕組みだ。つまりネットでポチっとすれば、後は到着を待つだけ。

なんでも、こちらの『ゴールドソフト』は1991年ごろから販売されているとのこと。発売から30年近く経つ、ロングセラー商品だ。近年流行りの高級食パンの先駆けのような存在、と言えるだろう。

・見た目からして違いは明確

記者は指定された日にデイリーヤマザキに行き、レジで『ゴールドソフト』を受け取った。渡された箱を受け取ると、思った以上にズッシリとしていてビックリ。危うく落としそうになった次第である。3斤分あるので、まあ当然かもしれないが、予想外の重さだったのだ。

家に持ち帰り封を開けると、フワっとバターのようなまったりとした香りがする。包丁を入れたところ、色が黄色い! 見た目からして、違いは一目瞭然だ。説明書きによれば、厳選した小麦粉や卵などの原料を厳選し、生クリームやバターは自社従来品の約2倍入っているらしい。

・そのまま食べても美味しい

ひと口かじると、そのままでも十二分に美味しい。食感はデニッシュに近く、サクサクッとしているぞ。オーブンで焼けば、より一層バターの香りが際立つ。口に入れると、焼く前よりもクリーミーさが増しているではないか。

念のため同社の「ダブルソフト」を購入して『ゴールドソフト』と比較してみたが、全く別の食べ物だった。どちらも美味しいが「ダブルソフト」はあっさりし過ぎており、味や香りのリッチさでは『ゴールドソフト』が勝っていることは明らか。

食欲がないシーズンでも『ゴールドソフト』であれば、もりもり食べられること間違いなしだ。少々値段が張るモノの、暑い中頑張る自分へのご褒美(ほうび)と思えば良いだろう。公式サイトによれば、冷凍すると約1カ月はもつらしいので安心してくれよな。

参考リンク:ヤマザキパン ゴールドソフト
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】ヤマザキの「まるでコロッケ」をコロッケそばにしたら美味いんじゃないのか? どん兵衛で確かめてみた!!

製パン会社の最大手『山崎製パン』は、2019年6月の新商品として、「まるでコロッケ」を発売開始した。この商品、コロッケの中身をパンで包んだ惣菜パンとのこと。

実物を見たら、たしかにコロッケだ。黙って食卓に置いてあったら、パンであることに気付かないかもしれない。逆に考えたら、これをそばにのせて「コロッケそば」にしたら美味いのではないか? 早速ためしてみた!

・「まるで」以上にコロッケ

袋に入った状態だと、「惣菜ドーナツ」と書かれていることから、パンであることがわかる。しかし袋から出して皿にのせてみると……

あれ? これパンだったよね。コロッケ? メンチカツ? 揚げ物でしょ? パンであることを完全に忘れる見た目。「まるで」どころか、コロッケそのものにしか見えない。

半割りにしてみると、ますますコロッケにしか見えない。再現度高すぎだろ。パン生地の薄さから、ヤマザキの本気がうかがえる。

食べてみると、限りなくコロッケに近い食感。ポテトのペーストがほのかに甘く、やっぱり夕食の食卓にあったとしても全然不思議ではない。これをおかずに白飯を食ってもいいのでは? と思えてしまうほどだ。

・VS どん兵衛天ぷらそば

さて、コロッケそばの検証をするために、用意したのはどん兵衛の天ぷらそば。残念だが、今回はボーカルの天ぷらの出番はない。天ぷらには “そばのステージ” から降りてもらおう。

かわりにゲストボーカルとしてステージに姿をあらわしたのは、まるでコロッケだ。存在感は十分。ほぼ1人でステージを占領しているような状態になってしまった。

その上から! 熱湯を投下!! まるでコロッケは温めた方が美味しいらしいので、そばと一緒にコロッケも温める。はたしてどうなるのか?

……待つこと3分……

できた! まるでコロッケそばッ!!

ただでさえ容器に対して大き目だった まるでコロッケが、お湯を吸ってさらに肥大化。これはもはやコロッケの大陸と言ってもいい。

食べるにあたって、最初に気付いた問題はそばが取りにくいことだ。はっきり言って、まるでコロッケが邪魔である。仕方がないので、まずは まるでコロッケを箸で割る。

コロッケ大陸を引き裂きつつ、そばをすする。その繰り返しとなった。

食べてみた率直な感想は、アリといえばアリかな。パンのままで食べていると、それほど甘さは気にならないのだが、出汁に浸すとその甘さが際立って感じられる。食えないほどではない、しかし気にはなる。

当初の疑問「美味しくなるのでは?」に対する答えとしては、「美味しくはない」だ。でも食える。つまるところ、この食べ方は短時間でお腹を膨らますのには向いているのかもしれない。

時間がない! でも腹いっぱい食っておきたい! という人はお試しあれ。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24