【注意】秋葉原ヨドバシ8階のBARで「○○」と言うとヤバイことが起きる / 好奇心では絶対言うな!!

未知のものに対して興味を惹かれる好奇心。根源的欲求であるこの心が、ヒトの文化を発展させてきたと言っても過言ではないだろう。

しかし、秋葉原ヨドバシカメラ8階のBARでは、好奇心では絶対言ってはいけない言葉が存在する。「○○」と言うとヤバイことが起こってしまうからだ。

・秋葉原の達人に聞いた噂

そんな噂を私に教えてくれたのは、秋葉原に20年以上勤める会社員・ジェフ秋達さん。さっそく、噂の真相を確かめるべく、私(中澤)はヨドバシカメラ秋葉原へ向かった。

飲食店が集まるヨドバシカメラ秋葉原の8階。そのBARとはフロアの片隅にある『クラフトビールタップ』という店。世界のビールが100種類以上揃うこのダイニングバー。食べ物も肉からピザまでビールに合いそうなもののオンパレードである。

・ヤバイ雰囲気はない

店は広々としておりオープンで明るい感じ。仕事帰りと思われる男女が楽しそうにグラスを交わしているが、こんな場所で一体何が起こるというのか?

席につくと、店員さんがすぐ注文を取りに来てくれる。「ドイツNo.1白ビール」という『ホフブロイ ヴァイスビア』を注文。「サイズはいかがします?」と店員さん。メニューを見ると、価格はSサイズ700円、Mサイズ850円、Lサイズ2400円と書かれている。

・ここ……!

だが、私はそのどれも選ばない。店員さんは私の言葉を待っている。バクバクと鼓膜をノックする心臓の音。ゴクリ。喉が鳴る音を聞き自分が唾を飲み込んでいたことを知る。今しかない……言え

2l

──そう、例の言葉とは『2l(リットル)』。前述の通り、メニューには書かれていないこの言葉だが、店員さんは「少々お待ちください」と言って下がっていった。通じた……そして、運ばれて来たものは……

ドォォォォオオオオォォォォオオオンッ

ズビズバァーーーーーーーーーンッ!!

ヤッヴェェェェエエエエ!!!

とんでもないサイズのビール……! 片手ではもちろん、両手で持っても手がプルプルする。巨人の国のビールですか? しかし、注文したからには飲みきりたい。そこで全力で飲んでいたら……

酔いつぶれました

・飲みやすいので逆に注意

ビール自体はめちゃくちゃウマく飲みやすいため、普段よりガバガバイケてしまう。それだけに、好奇心では絶対頼んではいけない。気づいた頃には結構ベロベロになっているからだ。

裏メニュー的なこのサイズ。価格は税抜き4800円で、店員さんに聞いてみたところ、『クラフトビールタップ』の中でも、ヨドバシAKIBA店しかやっていないらしい。飲める自信がある人だけどうぞ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 クラフトビールタップ 秋葉原駅前店
住所 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba 8F
営業時間 11:00~23:00
定休日 年中無休(施設に準じる)

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

3万円前後で最強のスーツケースはどれ? ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電気の店員に聞いたら「同じようなこと」言われた / 初心者向け

家電量販店では、たまに「それ家電なのか!?」と思わずにはいられないものが売られている。その1つが、スーツケースだ。全ての家電量販店でスーツケースを販売しているかどうかは分からないが、比較的大きめの店舗だと店内の一角にスーツケースコーナーを設けているところが多いように思う。

それはつまり、店員さんはスーツケースに関して色々と知っているということ。というか、家電量販店の店員さんといえば、私のような素人からすれば「尋常ではない知識を持っている」と感じることがしばしば。だったら、スーツケースについてもめちゃくちゃ知っているのでは!?

そう思った私は、ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機を回り、各店舗の店員さんに色々と聞いてみた。すると……

・オススメのスーツケースはバラバラ

結論から言うと、各店舗で店員さんが教えてくれた「オススメのスーツケース」は見事にバラバラであった。ちなみに、今回私が店員さんに伝えた条件は、

・海外に長期滞在するためのスーツケースを探している

・長期滞在するためなので出来るだけ大きいものがいい

予算は3万円前後

──この3つ。もちろん、ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機の各店舗で伝えたのは同じだ。にもかかわらず、オススメのスーツケースは何ひとつとして被(かぶ)らなかったのである。ただ……

・選ぶポイントは被った

各店舗の店員さんが教えてくれた「スーツケースを選ぶポイント」の中には、被っている情報もあった。まぁ、どの店舗でも同じようなことを聞いているので当たり前といえば当たり前だが、その “被りポイント” はスーツケースを探している人にとって役に立つのでは?

……と思ったので、以下でその情報を共有したい。ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機の店員さんが教えてくれた「スーツケースを選ぶポイント」の中で、共通する内容を噛み砕いて説明すると以下の4つである。ちなみに、タイトルにもあるようにこれらは初心者向けの内容となっているので、その点ご了承いただきた。

その1:キャスターを見ろ! 基本、キャスターがデカければデカいほど使いやすいぞ

その2:材質を見ろ!

その3:チャック式かパンッと閉まるタイプかを見ろ!

その4:軽さも大事な要素だからとりあえず手に持ってみろ!

・キャスターについて

もう少し補足しておきたい。まず『その1』に関してだが、スーツケースを初めて買う人は結構キャスターを見落としがちなのではないだろうか。一度でも使ったことがあれば、「デカいキャスターの方が持ち運びやす〜い! ちょっとくらい段差があってもス〜っといく〜」と感じる人は多いかと思うのだが、使わなければ気づきにくいことでもある。

ただし、店員さんによれば「一般的にキャスターが大きくなればその分価格が高くなりがち」らしく、「どんなに高いスーツケースで、どんなに大きなキャスターでも長く使えばいつかは壊れると思った方がいい」ようなので、そのあたりのバランスを考える必要があるだろう。

・材質

続けて『その2』。店員さんいわく「スーツケースの値段の差は、使われている材質の差によるところが大きく、基本的に高いスーツケースの方が丈夫」だそう。

しかし、「ショーケースに展示されているような高級スーツケースは頑丈だが、重さも結構ある。その分、持ち運びやすさに影響するほか、機内預け入れ荷物の重量制限を考えたら不利になるので、頑丈であればあるほど良いとは限らない」のだとか。

丈夫さと軽さのバランスを考えたら、たとえば「ポリカーボネイド」などはオススメ(byヨドバシの店員さん)らしいが、ひとくちに「ポリカーボネイド」といってもランクがあってピンキリだという。

・チャック式のメリットとデメリット

そして『その3』。スーツケースはチャックで閉めるタイプと、パカーンとやってカチッと閉めるタイプ(フレームタイプ)がある。チャック式の方が軽くて、限界まで荷物を詰め込めるが、セキュリティ面を考えたらフレームタイプがいいそうだ。

それから、意外と忘れがちなのが『その4』。スーツケースを選ぶ際、頑丈さやサイズ、デザインを重視している人は多いが、「持ち運びやすさも大事な要素なので、一度自分自身で触って確かめてみるのがいい」とのことである。

──以上。ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機の店員さんが教えてくれた「スーツケースを選ぶポイント」で、各店舗で主に共通していたのはこんなところである。

それでは最後に、各店舗の店員さんに聞いた「オススメのスーツケース」を紹介して、本記事を終わりにしたい。なお、以下はあくまで1人の店員さんに聞いた結果なので、「同じお店といえども店員さんが変わればオススメ商品も変わる」と思っていただけたら幸いだ。

また、店舗によってスーツケースの品揃えに差があるほか、今後は新商品が出たり価格が変わったりするから、時期的なものもある。つまるところ絶対の答えではないので、その点を留意してほしい。それではどうぞ〜

【ヨドバシカメラ】

A.L.I アジア・ラゲージ ALI-008-102

店頭表示価格:税込2万6780円

容量:108リットル + 12リットル

A.L.I アジア・ラゲージ(MF-5017)

店頭表示価格:税込3万200円

容量:約100リットル

【ビックカメラ】

デルセー TURENNE

店頭表示価格:税込3万7180円

容量:95リットル

【ヤマダ電機】

アウトドア od-0757-70

店頭表示価格:税込1万9580円

容量:100リットル

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「三大家電量販店で最強を探す


Source: ロケットニュース24