【100均検証】なにこれマジか! ダイソー『高音質ステレオイヤホン(300円)』が予想外に高性能で衝撃!!

最近やたらとダイソーの電気コーナーで見かける商品、それが300円(税別)の『高音質ステレオイヤホン』である。はっきり言って100円のイヤホンは使い物にならないが、「300円なら……」という期待は少しある。 しかしながら、 […]
Source: ロケットニュース24

【コロナ禍】「このままじゃ文化として終わる」老舗ライブハウスの店長に聞いた営業再開が難しい理由

この数カ月、ライブハウスは厳しい立場に立たされていた。新型コロナの感染経路として注目されたことで、行ったことがない人たちまでライブハウスを見張り語る。私(中澤)はバンドマンだが、全然嬉しくない注目のされ方だった。

まるで腫れ物に触るように後手となったライブハウスへの対応。2020年6月13日、ついに政府が休業要請を解除する方針を示した。ガイドライン付きで19日から解除の予定とのこと。しかし、ライブハウスには営業再開が難しい理由がある

・ライブハウスに関するガイドライン

まずは、西村康稔経済再生担当相が発表した ”夜の街” ガイドラインで、ライブハウスに関するものをまとめると以下の通りだ。

・店内における対人距離の確保や人数の制限(できるだけ2m、最低でも1m離す)
・テーブルやカウンターへのアクリル板やビニールカーテン等の設置
・客や従業員へのマスク(適宜フェイスシールド)などの着用
・店内の換気や消毒の徹底
・顧客の名簿管理、体調チェック
・出演者と観客の距離はなるべく2m確保。できない場合は飛沫が拡散しない対応(発声部分を中心に透明の遮蔽物を設ける等)を実施
・オンラインチケットの販売やキャッシュレス決済を推奨
・公演前後および休憩中に、人が滞留しないよう段階的な会場入り等の工夫

──以上のことに取り組む事業者については、持続化補助金によってサポートしていくとのこと。個人的には、ライブハウスで難しいのは距離かと思う。そこで、下北沢CLUBQueに協力してもらい、この距離感で立つと実際どういう感じになるのか再現してみた。

・キャパ「280人 → 50人」

下北沢CLUBQueは通常ならキャパは280人。有名アーティストのライブしか行ったことがないリスナーなら「狭い」と感じるだろうが、インディーズバンドマンにとってはまあまあ広いライブハウスだ。

以前、私が音楽事務所に所属していた時も、「下北沢CLUBQueを埋められたら次の目標は渋谷クアトロかな」と言われたことを覚えている。まあ、埋められなかったんだけどね……。

と、私の話はさて置き、ステージから2m、客間1mをあけて立ってみたところ、客側の気持ちとしては結構快適だ。しかし、これ、キャパどれくらいになるんだろうか

ステージからCLUBQue初代店長で現プロデューサーの二位徳裕さんに確認してもらったところ、「50人くらいかな」とのこと。これで運営ラインにしようと思ったら、チケット代はいくらになるのか

二位徳裕「仮にチケット代が1万円とかだったら成り立つか? そんなゴージャスなアーティストは多くいないし、いたとしても多額のギャラが必要になる。なのでチケット代を1万円にしたとしても、運営は成り立たないんですよね」

──とのこと。参考までに、私がCLUBQueに出演する時のチケット代は大体2500~3000円くらいだ。インディーズバンドのライブハウスイベントでチケ代1万円とか、もはやギャグの領域である。

・文化として終わる

とはいえ、そのために持続化給付金があることも事実。CLUBQueも物販、YouTubeチャンネルなどでの配信に給付金を含め、黒字にならないまでもなんとか収益を作り社員に給料を与えている状態だという。

二位徳裕「ガイドラインについて? それによる仕事に対する意識は変わらないですね。感染しないように真面目に取り組むだけです。もっと大変な職種の人もきっといるでしょうし。

話は変わりますが、給付金やクラウドファウンディングで今を生きながらえたとしても、ライブハウスが持つ風潮が今のままだと延命にしかならないと感じています。このままじゃ文化として終わるのではないか……と」

──と言うと?

二位徳裕「そもそも、ライブハウスシーンの斜陽はコロナに始まったことではなくて、しっかりとしたエンターテイメントを発信していかないと他の娯楽に勝てないと思うんですよ。それはずっと個人的に感じている問題でした。そこにコロナが来てしまった。

今後、運良くコロナ禍が終わったとしても、むしろライブハウスという職業の本当の危機はこれからという気持ちです」

──19日に営業再開したら何か変わると思いますか?

二位徳裕「何も変わらないでしょうね。ガイドラインと言われるものも予想の枠を超えていないし……というか、まともなライブハウスは19日から通常通りに営業再開というのは難しいのではないでしょうか

──それはなぜですか?

・営業再開が難しい理由

二位徳裕「出演者側の準備が整っていないからです。ライブハウスのブッキングは通常、3カ月前から行います。『営業再開していいよ』と言われて、店を開けても出演者がいないのです。バンドに『明日でてくれる?』といって決まるものではありません

しかも、この数カ月はスタジオも閉まっていたし、バンドもリハーサルができていません。まずは、バンドが動き出し、その後やり取りをして時期を決めるので、ライブハウスの予定が埋まり出すのは、第2波とかなく順調に進んだとして……3〜4カ月後くらいでしょうね

──バンド側の意見を言わせてもらうと、今から「6月中に出てくれ」は大抵断りますね。状況を見るに、7月もOKするかちょっと悩むところです。

二位徳裕「ライブには練習と告知期間が必要ですし、そうやってバンドが積み上げて来たものが出るのがライブです。なにより、人が楽しむ良いライブって、曲のクオリティー以上に空気感や場を掌握する力がものを言う。そういう勘のようなものがやり続けていないと鈍ってしまう

そう考えると、全てが止まったこの数カ月は、プラマイゼロどころか大きくマイナスだと思います。演者にとっても。ライブハウスにとっても」

二位徳裕「それでも、この状況の中で我々に何ができるのか考えなきゃいけない。かつてライブハウスには文化があった。それを守り進化させる努力はライブハウスと名乗る者の務めだと思っています。本気で努力しなければいけないのは解除後、平時になってからですね

参照元:YouTube「ANNnewsCH
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

「音楽が廃れたのはJASRACのせいなの?」老舗ライブハウスの店長たちに聞いてみた結果

JASRACが悪い! JASRACが日本の音楽を衰退させる!! 音楽著作権の管理団体『JASRAC』が何か動く度にネットではそういった声があふれる。

事実、現在日本の音楽業界は衰退していってるように見えるが……我々一般ピーポーよりも音楽業界と深くつながっている人達はそこら辺をどう見ているのだろうか? 音楽業界に勢いがあった時代から老舗ライブハウスで店長をしている人達に聞いてみた。

・新宿LOFT

聞いた質問は「音楽が廃れたのはJASRACのせいなの?」というもの。まずは、新宿LOFT

出演者のみ知る情報として、新宿LOFTの控室からステージの間の通路には、スピッツやeastern youthなどレジェンド級バンドのセットリストが貼ってある。そんなLOFTの店長を2006年から2018年まで務めた大塚さんの回答が以下の通り。

大塚さん「音楽業界が衰退したのはJASRACのせいでは無いと思います。もちろん問題点は多少なりともあると思いますが、それが音楽業界の衰退に繋がったとは思いません」

・四谷アウトブレイク

次に訪れたのは、四谷アウトブレイクだ。まさにイメージ通りのライブハウスのアングラ感を地で行くこのハコは、ダイヤモンドも石コロも同じ鍋に入れて煮込んだような雰囲気。

だが、いつだって新しい表現は、意味不明なものの中から生まれる。そんなライブハウスシーンを14年間見守ってきたのが、現店長の佐藤 “boone” 学さん。佐藤店長の回答は……

佐藤店長あまり関係ないように思います。衰退というよりは他のエンターテイメントや楽しいことが爆発的に増えて、音楽に使える時間とお金が減ってきているだけ。

SNSをはじめ個人が発信力を持って来てる今だからこそ、新しい音楽や表現も生まれていて面白くなってきていると思います。話はそれますがJASRACの包括契約に関しては個々のアーティストに、公平に分配されるなら喜んで払いますが不透明なままなら払いません

・下北沢CLUBQue

最後に、話を伺ったのは下北沢CLUBQueの店長・二位徳裕さんである。氣志團、エレファントカシマシ、くるり、フジファブリック、ハイロウズ、フラワーカンパニーズ、怒髪天、ミッシェルガンエレファントなどなど、これまで出演したバンドはそうそうたる顔ぶれ。

バンドマンの間では言わずと知れた下北沢のレジェンドライブハウス・CLUBQueで20年以上シーンを見てきた二位さんは、以下のように語った。

二位徳裕「率直にJASRACが音楽を衰退させたとは思いません。それより2000年以降レコードメーカー、各事務所、ロックがうるおいすぎて、勘違いしたのでは?

もちろん、僕らの周りには音楽愛があるプロダクションやメーカーの方々が、沢山いらっしゃって日夜身を削って音楽に従事している姿を見る。けど、一部の人による青田刈り状態もヒドイ。

当時、ロックがうるおうキッカケは街の小さなライブハウスと、そこで純粋に、時に激しく、奇想天外に音楽を奏でたバンドマンたちだった」

「ところが、ビジネスに明け暮れる業界人がその面白さに気が付いた頃から今まで、小さな芽を刈りまくって酷い有り様になってる。輸入禁止の生き物を連れて来て高値で売るような商売と同じ。そんなことが続けば、その生物は絶滅するだろう。

例えれば士農工商で言う『農』に当たるのがライブハウスと下層バンドたち。その末端を大事にしない業界が廃るのは当たり前だと思う

──なんと、長くシーンを見て来たライブハウスの店長たちは全会一致で「JASRACは関係ない」という答えだった。また、二位さんによると現在は逆にチャンスでもあるのだとか。

二位徳裕「2019年以降、音楽が金を生まない時代だからこそ、しばらくは業界人に見つからずにこっそり進化を遂げるチャンスがあると思う。そして『ある日大発見!』……そうなることを望んでる

そんな中で、JASRACが私利私欲で運営せず、本来の音楽家の権利を守ることに従事すればいい。そのために決死の覚悟で働くなら日本の文化の未来は明るい。ガラパゴスのイグアナからまで、市民税を取るようなことはしなくてよいのでは?

──とのこと。なお、全てのコメントは店長たちの個人の意見であり、ライブハウスを代表するものではないのでご留意いただきたい。

なお、今回、答えてくれた店長たちは、2019年6月17日に下北沢CLUBQueで行われるトークイベントに出演予定である。ライブハウスの歴史や裏事情などを話すこのイベント。質問コーナーなどもあるので、最前線の裏側を知りたい人はぜひ。

「ロックは死んだ」と誰かが言った。しかし、最前線では、それぞれが今も戦っている。これを「JASRACが悪い」で終わらせていいものだろうか? 最後に二位さんがつぶやいた言葉をお伝えして筆を置きたい。

「ノーフューチャー……それもロックだけど、ジョー・ストラマーが生きてて、今物言うなら『ロックこそ生き残って未来へ繋げ』と、そう言うと思う」

・イベント情報

イベント名 ライブハウスの秘密を暴く!“ロックライブハウス and イベントヒストリー” トークショウ!! at 下北沢CLUBQue
住所 東京都世田谷区北沢2-5-2ビッグベンビルB2F
問い合わせ番号 03-3412-9979
入場料 無料(1drink+1food付き1000円)
時間 開場18:30 / 開演19:00


Source: ロケットニュース24