らあめん花月嵐の「店舗ランキング」で上位の店舗は他店と何が違うのか? 調査しに行ったらなぜかニンニクを数える羽目になった

全国展開しているラーメンチェーン、らあめん花月嵐では「店舗ランキング」なるものが存在することを皆さんはご存じだろうか。調理や接客などの質に応じて各店舗をランク付けするというものだ。

となると気になるのは、上位ランクに格付けされている店の実力。本当に他を圧倒するような、明確な違いがあるのだろうか? 利用者目線で探ってみた!

・何が違うのか?

北は北海道から南は沖縄まで、一部地域を除き全国規模で店舗を展開している花月嵐。一度は食べたことがあるという人も多いのではないだろうか。

その花月嵐では独自の「店舗評価基準表」を用いて、各店舗を計8段階のランクに格付けしている。マニュアル遵守が徹底されているか、客への気配りが行き届いているか、そういった点に評価の重きが置かれているようだ。

最上級ランクの【特】、その次に位置する【上】に格付けされている店舗のみホームページで店舗名が公表されている。

こういったランキング的なものを見せられると、上位ランクの店で食事をしたいと思うのが人間の性(さが)。しかし一方で「何が違うの? チェーン店なんだから味もサービスも一緒じゃないの?」とも勘ぐってしまう。そのへんどうなのか、実際に検証してみることにしよう。

・検証スタート

まず筆者は都内某所にある花月嵐へとやってきた。こちらの店舗はホームページでランクが公表されておらず、すなわち【並】以下のランクということになる。

食べ終わった皿が放置されている点が気にはなったが、それは注意して見ているから気付いただけで、普段ならさほど気に留めないかもしれない。

そしてラーメンは普通に美味しい。今回注文したのは嵐げんこつらあめん(720円)で、濃厚な豚骨スープに醤油の塩気がよく立っている。仕事終わりに食べると最高なやつだ。

特別に愛想の良い店舗という印象は受けなかったが、ひととおりの挨拶はしてくれるし文句を言いたくなるような不満はない。ラーメン屋の接客としてはこれで十分な気もする。そう思っていたとき、予期せぬ事案が発生した……!

・ガーリックインシデント

花月嵐では無料で生ニンニクをもらうことができる。メニューの記載によると、一人前は3粒。希望すれば最大6粒までもらえるとのことだ。

筆者は3粒もあれば十分だと思ったので、普通に「ニンニクください」とオーダー。しかし運ばれてきたニンニクは……!

なんと……!

7粒! いや大判振る舞いかよ!!

これは太っ腹と評価するべきなのか? それともメニューの記載と違うことをやっているわけだから、やはりオペレーションが雑と見なすべきなのか? 

正解は分からないが、筆者は7粒もニンニクを食べるのは嫌だったので、申し訳ないが余分に提供された4粒は残すことにした。つまり4粒のニンニクが誰の胃袋にも収まることなく儚く散ったことになる。

食品ロスの軽減というグローバルな視点で考えれば、やはり意味もなくメニュー表記より多い数量を提供するというのは、良くないことでは?

・ランク上位店の実力は

特に大きな不満はないと思いきや、ニンニクで詰めの甘さを露呈した通常店。その翌日、今度は待望のランク上位店へとやってきた。

訪問したのは分倍河原店で、筆者が取材に訪れた時点(2019年11月13日)では【上】に格付けされていた。ランキングでいうと【特】に続く2番目に高いランクだ。

入店すると店員さんから「いらっしゃいませ」の声が飛び、ラーメンが到着すると「注文の品は全てお揃いでしょうか?」と丁寧に確認してくれる。そして豚骨醤油のラーメンは普通に美味しい。

全く問題はないのだが……前日に訪問した店舗と明確に違う点があるかと問われると、答えに窮する。筆者の舌で確認したかぎり、ラーメンの味も前日食べたものと同じである。

ではランク上位店の真髄はどこにあるのか。厨房を小まめに清掃したり、見えないところで努力しているのかもしれない。しかし残念ながら、それは筆者には伝わらない。

はっきりと分かる通常店との違い、それを見せつけてくれ……! そのためには、もうあれしかない……!

そう、ニンニクだ!

ラストチャンスにかけるべく、ニンニクをオーダー。ちゃんと正確に3粒もってくるのか? ひとり緊迫しながら待つ筆者の前に姿を現したニンニクは……!

ニンニクは……!

3粒! うん、それ正解!!

ということで今回は花月嵐のランク上位店に潜入してみたわけだが、「正確にニンニクを3粒もってきた」という点を除けば、他店と比べて特別に褒めるべきところはなかったというのが正直なところだ。

逆にランク上位でないからといって不快に感じることもなかったので、とりあえず花月嵐が食べたくなったら近所にある店舗に行くのが正解だと思うぞ!

参照元:らあめん花月嵐「店舗評価基準表」、「店舗ランキング」※随時変動
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】「色違いポケモン」レア度ランキング 2019年10月度版

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も色違いポケモンが欲しくて欲しくてたまらないかな? あの “キラキラッ” とした瞬間は、脳汁があふれ出るよな? 特になかなか捕れてなかったポケモンの場合はヤバいよ! 色違いポケモン……恐ろしいコ。

それはさておき、一口に「色違いポケモン」と言っても、その中にも格があることは紛れもない事実だ。そこで今回は2019年5月に引き続き『色違いポケモンレア度ランキング』の第2弾をお届けしたい。果たして、いま1番レアな色違いポケモンとはいったい……。

・あくまで目安

最初に断っておくと、この手のランキングで「全員が納得する格付け」は非常に難しい。無課金とガチ勢でも大きく違うし、ずっとプレイしているトレーナーと復帰組でもかなり違う。なので今回も「ポケモンGOをずっとプレイしている結構なガチ勢」視線でレア度ランキングを作成した。

また当然ながら「日本在住のトレーナー」を大前提としていることは、あらかじめご了承いただきたい。「納得いかねえ!」などとあまりカリカリせずに “あくまで目安” としてご覧いただければ幸いだ。

全トレーナーがお兄さんの味方になったところで、さっそく2019年10月度版の『色違いポケモンレア度ランキング』を以下で発表しよう。

・レア度1

フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ、ピカチュウ、コダック、カイロス、イーブイ、ミニリュウ、チコリータ、ヒノアラシ、ワニノコ、メリープ、ウリムー、ヨーギラス、キモリ、アチャモ、ミズゴロウ、ハスボー、キャモメ、ラルトス、ナマケロ、プラスル、マイナン、ロゼリア、ヒンバス、パールル、ポワルン(ポワルンのすがた)、タツベイ、ダンバル、ナエトル

「コミュニティ・デイ」「リサーチイベント」「世界イベントの一部」で発生したポケモンをレア度1とした。要するに「その気になれば超高確率で色違いがゲットできたポケモン」が対象になっており、多くのトレーナーが所持しているものと思われる。

・レア度2

ラプラス、フリーザー、サンダー、ファイヤー、ミュウツー、ライコウ、エンテイ、スイクン、ルギア、ホウオウ、ラティアス、ラティオス、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ギラティナ(アナザーフォルム)、クレセリア、コリンク、ライチュウ(アローラ)、クチート、ヤミラミ、ギアル

結構なガチ勢は、プレミアムレイドパスの購入をためらわない。なので、数をこなせば何とかなりやすい伝説系の色違いはレア度2である。万が一捕り逃しても交換相手は比較的見つけやすく、またコリンクなどは1人でもクリアが容易なので、同様にレア度2とした。

・レア度3

キャタピー、ポッポ、コラッタ、コラッタ(アローラ)、アーボ、ライチュウ(アローラ)、サンド、ディグダ、ディグダ(アローラ)、マンキー、ガーディ、ニョロモ、ワンリキー、イシツブテ(アローラ)、ポニータ、カモネギ、ベトベター、シェルダー、スリープ、ナッシー(アローラ)、カラカラ、ドガース、タッツー、コイキング、オムナイト、カブト、オタチ、ネイティ、エイパム、ヒマナッツ、ヤンヤンマ、ヤミカラス、ムウマ、クヌギダマ、ブルー、ツボツボ、デルビル、ポチエナ、ジグザグマ、スバメ、マクノシタ、ココドラ、アサナン、キバニア、ホエルコ、バネブー、チルット、ドジョッチ、リリーラ、アノプス、カゲボウズ、ヨマワル、ラブカス、フワンテ、ミミロル、メルタン、ミネズミ、ヨーテリー

フィールドに出現するポケモンの多くはレア度3。さらに言うならば、実装された直後は「確率が高かった」もしくは「爆湧きしていた」ものをメインとしている。とはいえ、通常モードだとなかなか狙いにくいから、捕れたら素直に喜んでいいポケモンだ。

・レア度4

ニドラン♂、イシツブテ、コイル、ニューラ、ユキワラシ、ストライク、グライガー、パウワウ、ゴース、イワーク、ラクライ、ザングース

野生でも出現するけど「レア度3」よりは湧きにくく、場合によっては「巣に行かないと厳しいポケモン」をレア度4とした。実装直後、どこが巣になっているかによって捕獲率が大きく変わることもレア度4の特徴だ。

・レア度5

ロコン(アローラ)、ニャース(アローラ)、ベトベター(アローラ)、ガラガラ(アローラ)、ピチュー、ピィ、ププリン、トゲピー、ムチュール、エレキッド、ブビィ、ルリリ、アブソル、ソーナノ、スボミー、ウソハチ

ここは賛否両論あるかと思われるが、主にタマゴからしかかえらない色違いポケモンはレア度5で統一。もちろん約2年前に実装された「ピチュー」と、最近追加された「ウソハチ」では市場に出回っている数が明らかに違う。つまり、実装された日が浅いポケモンほどレア度は高い

とはいえ、実装時期まで考慮すると取り留めがつかなくなるので、今回は割愛。また、伝説レイドより人が集まりにくい☆4レイドの「アブソル」や「ガラガラ(アローラ)」もレア度5とした。

・レア度6

ニドラン♀、ズバット、クラブ、デリバード、ドーミラー、プテラ

レア度4より出現しにくく、さらに「実装直後に爆湧きしなかった」「一定期間しか出現しない」などのポケモンはレア度6。クラブ、ドーミラー、プテラは、実装からしばらくしてイベントで多めに湧いたり、リサーチの報酬にもなったので迷ったが、それでもレア度4よりレアな印象だ。

ちなみに「ズバット」はレア度7にするか迷ったほど全く見かけないし、捕れる気がしない。今後もし有名なスポットが「ズバットの巣」にでもなったりしたら、多くのトレーナーが押し寄せることだろう。

・レア度7

ルナトーン、パッチール

狙わないと捕れず、だからと言って狙っても捕れないのが「ルナトーン」と「パッチール」である。基本、夜しか出現しないルナトーンはそもそも遭遇するチャンスが少なく、パッチールもタスク集めの難易度を考慮するとレア度7が妥当だろう。持っていたらすかさず相棒にしたい。

・レア度8

特別な色違いピカチュウ、ピチュー、イーブイ

一定期間しか出現しなかった特別なピカチュウ、ピチュー、イーブイはレア度8とした。後述するレア度9のポケモンより低く格付けしたのは「図鑑に反映されないこと」を最大の理由としている。とはいえ、本物のガチ勢たちがもっとも集めたがっているのがこの「レア度8」であろう。

・レア度9

ガルーラ、バリヤード、ケンタロス、ハブネーク

地域限定ポケモンは、文句なしのレア度9。ただし「日本でも1度はゲットするチャンスがあったポケモン」を対象とした。持ってるだけで大勝利、家宝として末代まで受け継ごう。

・レア度10

マネネ、ソルロック

2019年10月の現時点で、レア度MAXは「マネネ」と「ソルロック」の2種類。どちらも地域限定ポケモンで、なおかつ「日本でのゲットチャンスが1度もないポケモン」である。現在のところ、皮膚がとけるまで指をくわえて待つしかない。シクシク。

先述の通り、全員が納得するランキングは非常に難しい。というか、無理だ。それでも今回のランキングが、交換などの目安になってくれたら幸いだ。あー、それにしてもオタチの色違い5匹もいらないよ。マネネが欲しいィィィイイイイ! ではグッドラック。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

いくつ分かる?「実は意味が分からずに使っているビジネス用語ランキング」が笑えない / コミット、バッファ、アジャイルなど…よく見るけど間違って使ってたかも?

社会に出たなら必ず耳にするビジネス用語。年々スピードアップしていく現代では、現場ではどんどん新しい言葉が生まれている!! 社会人なら自分でモノにしていかなくっちゃ!

というのはわかっているけど、日々の忙しさからしっかり調べて理解するところまでいけてるか微妙。いまさら「それ、何て意味ですか?」と聞きづらいし……そんな社会人の皆さんが震えるようなランキングは発表されたので紹介したい。「実は意味が分からずに使っているビジネス用語ランキング」。あなたはいくつ知っているだろうか?

・実は意味が分からずに使っているビジネス用語ランキング

これは2019年8月に20~50代の会社員男女300名を対象に、あらかじめ選定された25のビジネス用語について行われた調査だ。


アサイン、ASAP、グロースハック……うーん、どれも見事にカタカナ&アルファベット表記で、目が回りそうだ。そのなかで、多くの人が「実は意味がわからないのに使っていた」と回答したのは以下のとおりである。

【実は意味が分からずに使っているビジネス用語ランキング】

第1位:コミット、ローンチ
第3位:KPI
第4位:バッファ
第5位:アウトソーシング、ブレスト、アジェンダ
第8位:シナジー
第9位:プライオリティ、スキーム、ブリーフィング
第10位:ユーザーインターフェイス(UI)、アサイン、コアコンピタンス、アジャイル

なんと! ランクインしたのは、新しいワードというより、近年よく目にするビジネス用語ばかり。そして上位を見て「えっ」と思う人も多いだろう。特に1位の「コミット」なんてCMでよく聞くじゃないか!

だがしかーし、よく聞く=理解しているとは限らない。これを「外来語抜きの日本語で言い換えや説明ができる?」と聞かれたなら、どれだけの人がキッチリ説明できるか怪しいものである。

だからこその「実は意味が分からずに使っているビジネス用語ランキング」。私もうっすら使っていたけど、ちゃんと説明できるか怪しいのもチラホラ……。ググった瞬間にわかったつもりになって、瞬時に忘れてたかも! うわあああああ恥ずかしいぃぃぃぃぃ!

・誰か翻訳して

この調査を行ったのは長野県に本店をおく安曇野食品工房だ。ヨーグルトなどを製造している同社がなぜ? 何でも同社のデザートを通して激動の時代を生きるビジネスパーソンを応援するキャンペーンであるというが、商品の説明を見てみると……

「『SWEET CAFE 珈琲ゼリー 230g』はカットされた珈琲ゼリーがあらかじめクリーミーソースとからまっているので「かける・混ぜる」工程を省略できる!珈琲ゼリーのUI(ユーザーインターフェイス)をアップデートした珈琲ゼリーです!さらに、細長いスリムボディにたっぷり230g入った小腹を満たせるジャストなスキームでオンタイムの間食をサクセス!ほどよい甘さの珈琲ゼリーで気分はリフレッシュ、頭脳はリラックス&リブートで、課題解決にコミットすること間違いなし?!(リリースより引用)」

人気商品を意識高くビジネス用語で表現したようだが、ちょっと何言ってるかわからない(笑)。ビジネス用語難しすぎ! 誰か翻訳できる人、お願いします。

参照元:Valueプレス安曇野食品工房
執筆:沢井メグ


Source: ロケットニュース24

認知度と関心度「タレントパワーランキング2019」が発表される → 急上昇1位は米津玄師、総合1位は…

2019年7月23日、流行情報誌「日経エンタテインメント!」が『タレントパワーランキング2019』を発表した。これはタレントの「認知度」と「関心度」の調査をもとに2つのデータを掛け合わせ “タレントパワー” を算出したもので、いわば「より多くの人の関心を引くタレントは誰か?」のランキングと言えるだろう。

また「タレント」というのもポイントで、アイドル・女優・アーティスト・お笑い芸人……と、幅広い顔ぶれがランクインしている。果たして、世間からの認知度が高く、また興味を持たれているタレントは誰なのか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

・マツコさん4連覇なるか?

今回、合計1280組のタレントから導き出されたタレントパワーランキング。中から「総合トップ10」と「急上昇トップ5」をご紹介するが、1280組の中からランクインするということは、それだけで「メチャメチャ人気のあるタレントの証」と言っていいハズだ。

昨年まで3年連続1位だった「マツコ・デラックス」さんは4連覇なるのか? 「総合トップ10」と「急上昇トップ5」を続けてご覧いただこう。

・タレントパワーランキング2019「総合トップ10」

1位: サンドウィッチマン
2位: マツコ・デラックス
3位: 綾瀬はるか
4位: 新垣結衣
5位: 嵐
6位: 北川景子
7位: 相葉雅紀(嵐)
8位: 深田恭子
9位: サザンオールスターズ
10位: 伊達みきお(サンドウィッチマン)

・タレントパワーランキング2019「急上昇トップ5」

1位: 米津玄師
2位: チョコレートプラネット
3位: 中村倫也
4位: 今田美桜
5位: 平野紫耀(King & Prince)

というわけで、総合1位は今や “愛され系芸人” の筆頭格「サンドウィッチマン」であった。現在、テレビレギュラーは12本、花王「サクセス」やローソン銀行などCMでもよく見かける2人。個人としても、伊達さんが10位、富澤さんが14位にランクインしている。

また、意外にもTOP10入りしたお笑い芸人はサンドウィッチマンだけで、何かと話題の吉本興業所属の芸人はランク外であった。また8位は “深キョン” こと深田恭子さんであったが、現代に生きるリアル女神であることを考えれば、実質的には堂々の第1位だったと言っても過言ではあるまい。

View this post on Instagram

気がついたら6月、今日から梅雨入りしたみたいですね🥺☔ 私は7月スタートのフジテレビ木曜ドラマ「ルパンの娘」にクランクインしています🎩毎日、刺激的なシーンの連続でわくわくしながら撮影させていただいています🌈泥棒一家に生まれてしまったことに葛藤しながらも夜になると泥棒スーツ?を着て街に繰り出すのです🐾泥棒一家に生まれたら確かに葛藤していまいますね….🤔💦私の苦手なアクションもあるみたいですどうしよう😣💦 #ルパンの娘 #令和元年7月期 #皆様の葛藤ってありますか #私は美味しいものが好き #我慢できないっっっ #kyokofukada

A post shared by 深田恭子 (@kyokofukada_official) on Jun 6, 2019 at 6:30pm PDT

・好感度も抜群

また、急上昇ランキング第1位には米津玄師さんが輝いた。2位にはTT兄弟でブレイク中のチョコレートプラネット、3位には映画アラジンでアラジン役の声優も務めた俳優の中村倫也さんがランクインしている。

やはりと言うべきか、ランクインしている顔ぶれは認知度と関心度が高く、さらに言えば好感度が高いことも特徴ではなかろうか。いよいよサンドウィッチマン時代が訪れるのか? 来年以降のランキングに注目だ。

参照元:日経エンタテインメント!
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24

【スポーツ】みんなが選ぶ「世紀の大誤審」ランキングが発表される / ぶっちぎりの1位となったのは…

人間が審判を務める以上、スポーツの誤審は避けられないことなのかもしれない。とは言え、「どう見てもおかしいだろ!」という判定には腹が立ってしまうもの。映像でもう一度しっかり確認せんかいと言いたくなるのも無理はない。

今回は、そんなスポーツの誤審に関する興味深い調査結果をお伝えしよう。正確に言うと「国際スポーツのルール」に関する調査なのだが、その中に「もっとも印象に残る世紀の大誤審、疑惑の判定は何か?」という項目があるのだ。これは気になる。

・スポーツに関する調査

株式会社エアトリが、20代~70代の男女713名を対象に行った今回の調査。この結果を見て私(あひるねこ)は、回答した人たちはかなりのスポーツ好きであるという印象を持った。なぜなら、「海外でスポーツ観戦をした経験がありますか?」という質問に対し、4割以上が「ある」と答えているからだ。

「ある」と回答したのは41.9%で、「これから観戦する予定がある」と答えた2.2%と合わせると、半数近くの人が海外でのスポーツ観戦経験があるということになる。日本国内ならまだしも、観戦のために海外まで行くなんて相当なガチ勢であるように思うのだがどうだろう? 

・気になる誤審ランキング

そんなガチ勢たちが選んだ、今までの国際スポーツ試合の中でもっとも印象に残る「世紀の大誤審、疑惑の判定」が以下の5つだ。1位から5位まで一気に発表しよう。

1位:柔道(2000年シドニー五輪)篠原信一、決勝戦での「内股すかし」の有効判定による銀メダル
2位:卓球(2019年世界選手権)みまひなペアダブルス、早田ひなサーブのネット判定
3位:ボクシング(2017年WBAミドル級王座決定戦)村田諒太の判定負け
4位:フィギュアスケート(2013年GPファイナル)浅田真央、トリプルアクセルの回転不足判定
5位:ボクシング(2006年WBA世界ライトフライ級王座戦)亀田興毅、1ダウンからの判定勝ち

・圧勝の1位

1位の柔道シドニー五輪は投票率が34.8%と、2位の11.2%を大きく上回る結果となった。ランキングを見る限り、やはり自国の選手が受けた誤審は印象に残りやすいようだ。基本的に日本人が負けた判定が上位を占めているものの、亀田選手だけは勝ったのにランクインしていてちょっと笑える。

他にも「マラドーナ神の手ハンド」「日韓ワールドカップでの韓国対イタリア」など、日本以外の試合も挙がったとのこと。韓国対イタリアというと先日、主審を務めた主審バイロン・モレノ氏が誤審を17年越しで認めたことでも大きな話題となった。

・来年はオリンピック

審判とは言え、彼らも同じ人間だ。間違いを犯すのは仕方ないことだと思う。しかし、金や政治が絡む意図的な誤審が存在するのなら、いっそのことすべて映像判定にして欲しいものである。来年開催の東京オリンピックでは、そんなことがないよう心から願う。

参照元:エアトリ
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24