「じゅう兵衛はらみ堂」で舟盛り焼肉ランチ(松:2500円)を頼んだら、大変厳かな焼肉になったでござる!

「焼肉」というと大勢でワイワイやりたいが、コロナ禍の今はできるだけそのような形での食事を控えた方が良いだろう。たとえ1人焼肉だとしても、網の上に肉を盛大に並べてお祭り気分を味わいたいところだ。しかし私(佐藤)は気づいた。それだけが焼肉の楽しみ方ではないことを……。

最近訪ねた東京・五反田の「じゅう兵衛はらみ堂」でランチをした際、1枚ずつ肉を焼くことこそ本当の焼肉ではないか? と気づかされたのだ。ここの舟盛りランチは私の予想を超える、厳かなものだった……。

・舟盛りだと!?

お店の運営元は「株式会社うる虎ダイニング」。黒毛和牛を一頭買いする “和牛一頭流” をコンセプトに、都内で店舗展開している。その中のハラミを売りにするお店がこのはらみ堂である。もちろん私はハラミを食う気満々でお店を訪ねた訳だが、メニューを見てその考えが変わった

舟盛りがあるじゃないか! 舟盛りといえば、スシローの居酒屋「杉玉」で思わぬ当たりメニューに遭遇した経験がある。もしや、ここも当たりなのでは!? そう思い、舟盛りの「松」(税込2500円)を注文してみた。

・1度に全部のせたら一瞬で終わってしまう

テーブルにはロースターがないので、まずは七輪登場。そしてすぐに料理が運ばれてきた。ご飯・スープ・サラダ・韓国のりの佃煮、それに舟盛りの肉!

うお! 思っていたのよりもずっと上品だ。私は近頃、300グラムとか400グラムのステーキや、食べ放題の焼肉屋とかばっかり行っているせいで、量の感覚がマヒしているらしい。舟盛りと目にしただけで肉がたっぷり出てくると思っていたが、上質な肉が8切れだった

これは1度に全部網にのせて肉を焼き切ったらもったいない。1枚ずつ味わって食おう。限られた時間で大量に食う。そんな焼肉の食べ方しかしてこなかった自分を顧みる次第だ。さて、舟に搭乗している面々を紹介しよう。まずは上タン塩。

次にみすじ。

最後に三角。

いずれも凛々しい面構えをしている。色味の鮮やかさは、私の肉人生で1・2を争うレベルである。

・厳かなる作業

これをだだっ広い七輪の網の上で1枚ずつ焼く。まるでプロのピアニストが、初めて触れるピアノの音色を確かめるために、1音1音鍵盤の鳴りに耳を澄ませるような……。そんな厳かな作業だ。

上タン塩は肉厚で、中に旨味をギュッと閉じ込めている。食べると、その閉じ込められた肉汁が口の中にほとばしった。なんという上品な味わい。食べ放題の紙切れのように薄いタンとは訳が違うな。

続いてみすじを焼こう。七輪の炎をバックにして、浮かび上がる肉の姿は広告用写真のように見えなくもない。絵になるなあ~。

みすじとは腕の一部分の肉を指す。歯ごたえはあるのに柔らかで、たんぱくな味わいだ。クラスに1人はいる、存在感はそんなにないけど、めちゃくちゃ頭が良くて運動もできる優等生。そんな感じの味だ。とにかくクセがない。

最後に三角である。今まで数えきれないほどの焼肉体験に置いて、さんざん網を汚してきたが、今日この場の焼肉では汚れることはないだろう。何しろ肉が美しいのだから。

三角には恐れいった。まるでシルクのような口当たりと噛み応えだ。いや、「噛む」ということさえもムダに思えるほど、肉が静かに溶けていく。まさか舟盛りを頼んで、こんな肉に出会うことになるとは思ってもみなかった。

このコロナ禍で1人焼肉を楽しんでいる人も多いと思う。たまにはランチを奮発して、高級1人焼肉を楽しんでみるのはいかがだろうか。私は1枚ずつ焼くスタイル、「肉と対話するような静かな焼肉」を今後も楽しんでいきたいと思う。そして次こそは、はらみ堂でハラミを食おう。

・今回訪問した店舗の情報

店名 じゅう兵衛はらみ堂
住所 東京都品川区西五反田1-32-2 1F
時間 ランチ(平日)11:30~14:00(L.O.13:30)、ディナー(全日)17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 なし

参照元:株式会社うる虎ダイニング
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【コスパ検証】「焼肉きんぐ」のランチ100分焼肉食べ放題(税別1980円)はお得なのか?

8月29日は「焼肉の日」。1年に1度の記念すべきこの日に、焼肉を食おうぞ! ということで、皆さんに代わって焼肉を食って来たぞ! 訪ねたお店「焼肉きんぐ」は食べ放題形式で知られる焼肉店である。ここのランチ焼肉食べ放題(税別1980円)はお得なのか? 実際に利用してコストパフォーマンスを確かめてみた!

・魚が突き刺さっている……

お店を運営するのは、愛知県に本社を置く「株式会社物語コーポレーション」だ。「焼肉一番かるび」や「熟成焼肉 肉源」、「牛たん大好き焼肉はっぴぃ」なども運営しており、とにかく焼肉に注力しているようだ。今回私が訪ねたのは、焼肉きんぐ駒沢公園店である。店舗の看板を見ると、「肉」の文字に魚が突き刺さっている……

お店のキャッチコピー「魚も嫉妬する」を表現しているらしいのだが、お店のテレビCMを知らないと、結構ビビるかも……。

・お店の衛生管理

お店では新型コロナウイルス感染拡大防止の衛生管理を徹底している。スタッフは全員マスクを着用し、手指消毒用のアルコールを店内各所に設置。注文用のタッチパネルを使用後に都度消毒すると共に、店内は常時換気を行っている。

・メニュー内容は充実している

注文するのはもちろんランチ焼肉食べ放題! 食べ放題の時間は100分で、ラストオーダーは終了時刻の20分前までとなっている。料金にフリードリンク(ソフトドリンク)も含まれているので、その分ちょっとだけお得な気がする。また肉のほかにスープやサラダ、シメの食事メニュー、デザートなども含まれているので、内容は結構充実している。

・カルビ、ロース、ホルモンは牛

早速注文開始! 最初にシーザーサラダを注文し、続けて「カルビ(塩)」「炙りバラカルビ」、それに「やわらかホルモン」を1人前ずつ頼んだ。肉の7割が豚肉・鶏肉だが、カルビ・ロース・ホルモンは牛だ。したがって、この3種を食べている限りは牛焼肉を楽しむことができる。

・炙り肉から目を離すな

最初の肉を焼き終わる前に「きんぐ塩タン」「やみつきハラミ(塩)」「炙りロース(塩)」をそれぞれ1人前ずつ追加注文した。「炙りカルビ」、「炙りロース」ともに肉はかなり薄いので、焼き過ぎに注意したい。目を離すと焦げ付いてしまうので、炙り肉を網にのせている時は焼きに集中しろ!

・短時間でも満足

この後に再びカルビ(塩)を2人前注文し、最後のシメのそうめんを頼んで食べ放題を終了した。もっとゆっくり肉を堪能したかったのだが、次のスケジュールのためにオーダー可能時間20分を残してお店を出なくてはいけなくなった。う~ん……これからカルビを集中的に食べようと思ったのに、残念……。

短時間の利用ではあったが、内容にとても満足している。品数が多くて、ソフトドリンクからデザートまでついているのは、かなりうれしい。しかも小学生は半額、幼稚園児以下は無料なので家族連れには有難いお店だ。食べ方を工夫すれば、かなり高いコスパを実現できるはず! お得にランチしたい人は、焼肉きんぐに行くべし。

・今回訪問した店舗の情報

店名 焼肉きんぐ 駒沢公園店
住所 東京都世田谷区駒沢5丁目1‐3
時間 11:30~22:00(2020年8月3日~8月31日まで短縮営業)

参照元:焼肉きんぐ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【並ばない優良ランチ】秋葉原の達人がオススメする『ちゃくら』が穴場! ご飯お替わり無料で刺身や唐揚げやハンバーグなどから2品を選べる

並ぶくらいなら別の店に行く。私(中澤)は、それくらい行列が苦手だ。とは言え、話題のものや高コスパな優良店には行列ができるのが世の常である。特に高コスパグルメがあふれる街・秋葉原のランチタイムは、行列になっている店も多い。

だが、事情通は知っていた。並ばない優良店を。「秋葉原の達人」がオススメするランチが、まさにそんな店だったのでご紹介しよう。

・ジェフ秋達さん

秋葉原に20年以上勤めるジェフ秋達さん。日々、秋葉原でランチを食べ歩くジェフさんは人呼んで「秋葉原の達人」だ。そんなジェフさんがオススメしてきたのが『ちゃくら』のランチである。

夜は居酒屋のこの店。昼に行くと高コスパなランチメニューが展開されているのだとか。さっそく、記者(私)は『ちゃくら』があるという計測機ランドビルへと向かった。

・昼時でも行列なし

地下1階にある『ちゃくら』だが、ビルの軒下に掲げられた赤い幕の看板は遠目からも見つけやすい。しかも、訪れたのは昼時。にもかかわらず、行列は皆無

ジェフさんは「2品選べるところが良い」と言っていたが、オカズのラインナップは言っていなかった。ひょっとして、選べるオカズが少なかったりするのだろうか? 店外メニューを確認してみたところ……

「海老カツ」「鶏の唐揚げ」「ハンバーグおろしポン酢」「カレーライス」などの定番をきっちり押さえつつ、「まぐろのお刺身」をはじめ「豆腐と海鮮のチゲ」「海鮮刺身サラダ」などの海鮮系まで網羅している。

そんな「お好みランチ(税込900円)」とは別に丼ものもあり、「もつ煮丼(税込800円)」「海鮮胡麻醤油丼(税込800円)」「海鮮丼(税込1000円)」「海老と鶏の天丼(税込1000円)」まで。しかも、ご飯の大盛・お替わりは無料のようだ。やるやん

・男のロマンセット

入店すると、カウンター席と机が並ぶ隠れ家的な雰囲気が出迎えてくれる。カウンター席に座ってもゆったりしていて居心地が良いところはさすが居酒屋。さて、まぐろの刺身も良いけどカレーライスも捨てがたいなあ……よし

ハンバーグ+唐揚げDA

断言しよう。初めて来た男は8割方この組み合わせを頼んでしまうと。それほどにハンバーグと唐揚げには男のロマンが詰まっているのである。ハンバーグがマズイ定食屋は信用できねぇ。

というわけで、ハンバーグを食べてみると、ふわっと柔らかい肉におろしポン酢がスッキリしていてウマイ。やるやん

塩味のきいた唐揚げもご飯が進む味。昼からロマンを味わえてリッチな気分になることができた。大変満足である。次はまぐろのお刺身も食べたいな\(^O^)/

食べてる途中なのに次回来店の注文まで考えてしまうこの店。味や混み具合、雰囲気などを総合的に見ると非常に穴場と言えるだろう。まさに通う人だけが知っている情報。さすが秋葉原の達人である。

・今回紹介した店舗の情報

店名 旬彩Dining ちゃくら
住所 東京都千代田区外神田1-3-12 計測機ランドビル B1F
ランチ営業時間 11:30~14:30
定休日 日・祝

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

600円で麻婆豆腐とご飯食べ放題! おまけに激ウマ小籠包もついてくる秋葉原『ドラミ』のランチが有能すぎィィィイイイ!!

ドラミと言えばドラえもんの妹。同じ缶のオイルで作られた兄妹でありながら、ドジなドラえもんよりもはるかに有能な猫型ロボットである。そんなフィクションのドラミちゃんとは別に、秋葉原にも有能すぎる「ドラミ」がいることをご存知だろうか

秋葉原駅の昭和通り側、路地裏に佇む中華居酒屋の「ドラミ」である。なんとこの店、ランチは600円で麻婆豆腐とご飯が食べ放題! おまけに小籠包もついてくるのだ!! そんな夢みたいな話……大好きなの!

・ジェフ秋達さん情報

この店の存在を教えてくれたのは、秋葉原に20年以上勤める会社員男性・ジェフ秋達さん(仮名)だ。以前、幻の鮪丼を紹介してくれたジェフさん。そんなジェフさんをして「この店のコスパはヤバイ」という。そこで、さっそく「ドラミ」に乗り込んでみた。

・ドラミ一色

ランチタイムは11時30分から14時で夜は居酒屋・ダイニングとして営業しているこの店。店内は席の感覚が広めで、なかなか落ち着ける雰囲気である。おまけに、昼時にもかかわらずスッと席につくことができた。さっそく、ランチメニューを見てみたところ……

「ドラミ定食(税込600円)」のみだ

まさかの単騎待ち。ドラミ一色である。ドンジャラで言うとドラミのミラクルセット。その潔さのために、普段はメニューをなかなか決められない私(中澤)もすぐに一歩を踏み出すことができた。

と、安心するが早いか、注文直後に運ばれてくるドラミ定食。はっや! 三倍時計ペタンコかよ!!

それもそのはず、メインである麻婆豆腐とご飯は作り置きで鍋が設置されている。そして、この鍋から自由にお代わりができるシステムのようだ。

嬉しいのは小籠包2個とスープもついてくる点。安いからと言って、麻婆豆腐とご飯だけみたいな素っ気ない定食ではない。この時点で十分元は取れたくらいの満足度がある。まずは、小手調べに小籠包を食べてみよう。

皮を箸で割いてみると……

ブシャァァァッ

あふれ出す肉汁!! あいやー! ジューシーな肉あんと分厚い皮のハーモニーがとても美味アルよー!! ピリッと痺れるような辛さの麻婆豆腐と合わせてご飯が進みまくる定食だ

そう、ご飯が進む。ということは、自然と目を向けてしまうのが米の炊き加減などのご飯のクオリティー。おかわり自由だけど、ご飯がべちゃっとしている店ほどテンションが下がることはない。私がこの店で良いと思ったのがまさにそのご飯のクオリティーである

一粒一粒がピッと立ったご飯は、それだけで食べても十分ウマイ。まさにおかわりしたくなる米なのだ。

おかわりがなかったとしても安く感じるこの店。このクオリティーの麻婆豆腐とご飯がおかわり自由なのは確かにとんでもないコスパである。さらに、空いていて落ち着けるところも好(ハオ)

さすがは秋葉原に20年以上勤める達人も認める店。その有能さは「ドラミ」という看板を背負うにふさわしい。秋葉原の腹ペコたちをお世話するドラミ。その面倒見の良さは穴場アルよー!!

・今回紹介した店舗の情報

店名 ドラミ
住所 東京都千代田区神田和泉町1-1-8 小林ビル1F
ランチ営業時間 11:30~14:00
定休日 日・祝日

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24