卒業式間近!ランドセルをリメイクして、財布やオルゴールなど思い出の品に

使わなくなったランドセルをリメイクする

小学校の卒業式も間近。6年間を共に過ごしたランドセルですが、もう背負うこともなくなります。とはいえ処分するのは忍びないもの。

そこで注目されているのがリメイクです。長財布やキーホルダー、オルゴールなどにして思い出の品にして残すという方法。

ご本人も依頼したという整理収納アドバイザーの山口真未さんに、その方法やかかった費用などを教えてもらいました。

リメイクすれば形を変えて、思い出を身近に置いておくことができる!

卒業間近、最後のランドセル
整理収納アドバイザーの筆者として発言させていただくのならば、もう使わないことが分かっているランドセルをそのままの状態で家に保管しておくことはおすすめできません。

お子様がランドセルに強い愛着を持たれていてそのままの状態で近くに置いておきたいというのならば、その気持ちが強いうちは部屋の見えるところに飾っておくのも素敵だと思います。

そこまでではないけれど、長年使ってきたのに捨てるなんて気持ちになれない、そんな方にオススメなのがランドセルリメイクです。形を変えて、思い出を身近に置いておくことができます。

オルゴール付きミニランドセル、長財布、キーホルダーで1万980円

ランドセルをリメイクして長財布やミニランドセルに
昨年長男が小学校を卒業したわが家では、リメイクを選択しました。試しに、インターネットで「ランドセル リメイク」と検索してみてください。多くのリメイク業者さんやリメイクまとめサイトが出てくると思います。楽天市場だけでも10店舗近いお店を発見することができ、「鹿児島県姶良市」や「神奈川県藤沢市」では、ランドセルリメイクがふるさと納税の返礼品にもなっていました。

筆者は、楽天市場の「ランドセルリメイク工房 花鯨」を利用しました。

依頼したのは「よくばりセット」。ミニランドセル(曲が選べるオルゴール付き)、長財布、イニシャルキーホルダーの3点セットで、値段は1万980円(税込)でした。実際に負担する金額は商品の価格だけでなく、指定倉庫までのランドセル配送料も自己負担となりますのでご注意ください。

卒業式後からしばらくは集中してランドセルが倉庫に送られるとのこと。筆者は4月後半に依頼したのですが、5月下旬以降に送ってくださいとのお願いの手紙が、注文確認書などと一緒に届きました。

倉庫への商品送付から家への商品到着までの予定は8か月。実際に8か月後の1月中旬にリメイクされたランドセル商品が戻ってきました。注文される時期やお店によると思いますが目安として参考にしてください。

長男は、当時よく口ずさんでいた米津玄師さんの曲をミニランドセルのオルゴールに選び、机の上に飾っています。

ランドセルをリメイクした長財布
長財布は、長男と相談して私が使わせてもらうことにしました。一見ピカピカ、新品同様の革財布のようです。でも、さすが、男の子が6年間使ったランドセル。お店できれいな部分を選んでくれたのでしょうが、横からよーく見ると、あちらこちらに擦った後などが確認でき、それがまたひとつしかない息子の思い出として愛おしく感じられます。

開け閉め用のマグネット付き。カードポケットが6個ありとても使い勝手が良いです。

リメイクには興味がないという方には、寄付という方法も!

使わなくなったランドセルを寄付するという方法もある

国際協力NGOジョイセフが行っている「思い出のランドセルギフト」では、日本で役目を終えたランドセルを、おもにアフガニスタンに寄贈するという国際支援活動がされています。

海外輸送費として1800円プラス指定された国内倉庫に送る送料分がかかります(2021年2月現在)。しかし大切なランドセルがまたほかの国でお役に立てて、思い出が引き継がれていくという考えに賛同される方にはおすすめです。

ランドセルの素材「クラリーノ」を製造されている株式会社クラレでも、「ランドセルは海を越えて」という活動をしています。使われなくなったランドセルに第二の活躍の場としてアフガニスタンに届けるというもの。ホームページ上で2021年度のランドセル送付応募を受け付けています(予定応募総数に達したら受付終了。首都圏にある指定倉庫までの送料負担)。

リメイクや寄付が気になる人は、どこで頼むか決めて早めに行動を!

ランドセルからつくったミニランドセル

少しでもお金になればと考えている方には、リサイクルショップへの持ち込みやフリーマーケット、ネットオークションやフリマアプリで販売する手も。ただ、同じような考えの持ち主も多いもの。中古需要は多くないためになかなか売れないそう。6年間使用したランドセルとなるとほとんど利益も期待できないようです。

6年間、充分にお役目を果たしてくれてありがとうございました。その気持ちがあればランドセルは必要ないので潔く処分する。そんな考えを持つ方も年々増えてきているように思います。最後のお別れ前に、一緒に写真を撮っておけばいつでも写真で見返すこともできますね。

卒業された後のランドセルについてわが家の例を中心にお伝えさせていただきました。リメイクや寄付が気になる人は、どこで頼むか決めて早めに行動を!

リメイク注文から発送までの数か月どこに保管しなければいけないとか、受付終了して寄付ができないということも防げます。

様々なお店や団体があります。あとでこんなつもりではなかったと後悔しないように、依頼する前にしっかり内容や評価などのご確認をしてください。お子さん本人としっかり相談をして、納得のいく選択ができることを願っています。

●教えてくれた人/山口真未さん
整理収納アドバイザー。片付けられる仕組みができていれば、散らかしてもすぐにきれいな状態に戻せるという信念のもと、その仕組みづくりを研究中。色彩能力検定級3級、アロマテラピーアドバイザーも保有

Source: 日刊住まい

卒業後のランドセル、どうする?手放し方から再利用法まで

小学校6年間、ほぼ毎日使ったランドセル。卒業後にすぐ手放したいけれど、思い出がたくさん詰まっていてなかなか踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。それでいて、保管するにはある程度のスペースが必要となり、邪魔に…。

そんなランドセルの手放すタイミングやその手段について、整理収納アドバイザーの大木 聖美さんに教えてもらいました。

卒業したらランドセルってすぐ手放すの?

ランドセル

ベネッセ教育情報サイトが実施したアンケート結果(2017年発表)によると、「使い終わったランドセルはどうしましたか?」の問いに対し、約60%のご家庭が「自宅でそのまま保管」と答えたそうです。

小学生のうちはほぼ毎日お世話になっていても、卒業した途端、使い道がない「不必要なもの」に変わってしまいます。ですが毎日使っていたものだけに、卒業を迎えたからといってすぐに手放すと決断できる子どもは少ないようです。
親もランドセル購入から小学校卒業までの記憶が新しいだけに、なかなか手放せないものかもしれませんね。

ランドセル

わが家には現在高校生と中学生の息子がいますが、やっぱり2人とも卒業後すぐにランドセルを手放すという決断ができませんでした。なのでクローゼット上段の棚に見えるように保管し、翌年3月に再度「ランドセルどうする?」と問いかけました。

中学生の次男は翌年には「もういらない」と返答。普段から物持ちの良い長男は数年考えていましたが、高校入学と同時にあっさり「いらない」と気持ちが切り替わっていました。
子どもも日々成長していきます。その過程で、物の持ち方についても気持ちに変化が生まれていくのですね。

親としても当初は手放すのにためらいがちでしたが、数か月経つともう「手放してもいいかな」と気持ちが変化していきました。

一度保管すると決めても、年月の変化とともに気持ちが変わっていくこともあります。残す必要があるかないか、定期的に見直すことが何よりも大事なのではないかと感じました。

その1:寄付する

ランドセル

ベネッセ教育情報サイトによると、約20%の方がランドセルをゴミとして処分したそうです。汚れや欠損が激しい場合は仕方がありませんが、まだ充分に使えると判断できるランドセルだったら発展途上国など必要としている場に送り、役立ててもらう「寄付」という選択肢もあります。

わが家のランドセルは2つとも子どもたちが寄付する道を選びました。丁寧に拭いてから、ランドセルリサイクル業者に送りました。送料や手数料がかかりますが、どこかで誰かがまた使ってくれるという気持ちから、より積極的に手放すことができたようです。

その2:リメイクして保管する

ミニランドセル

miriambee / PIXTA(ピクスタ)

ランドセルの一部を思い出として保管するという方法もあります。小型のランドセルに作り替えてオブジェとして飾る方法もありますし、革の一部をペンケースや定期入れにリメイクして別のものとして使い続けるという方法もあります。

ランドセル販売元がリメイクまで請け負ってくれる工房もありますし、リメイクを専門に扱っている業者もたくさんあります。ご興味ありましたらネットで「ランドセルのリメイク」と調べてみてください。

その3:収納として使い続ける

ランドセル

小学校時代の成績表や文集、思い出に残っている作品などをランドセルに詰めて収納ボックスとして使い続ける方法もあります。収納ボックスを含めた丸ごと一式が小学校の思い出となり、気兼ねなく保管することができます。
ただし思い出の品はこの中に入るだけとし、増やしすぎないよう気をつけましょう。また、定期的に中身も含めて「必要か否か」をジャッジすることも大切です。

手放すと判断したら、どのような方法で手放すかを決め、すぐ実行に移しましょう。手元に残すと判断しても、思い出としての気持ちは年月とともに変化していきます。お子様とともに定期的に見直すことで、思い出との付き合い方を共有できたらいいですよね。

大切に使ってきたランドセルだから、最善の方法をぜひじっくり考えていただきたいなと思います。

【参考】
※ ベネッセ教育情報サイト

Source: 日刊住まい

ラン活は済んだ?2020年度のランドセル人気の傾向を大発表

小学校入学を控えた子どものランドセルを購入するための活動「ラン活」。昔と比べると色や形のバリエーションが豊富で、また工房系ブランドの人気の高まりもあり、個性的なランドセルが当たり前になっている昨今、希望のランドセルを購入するために苦労をする親も増えているそう。

すでに2020年のラン活も始まっている今、ランドセルの情報サイト「ランドセルの通知表」が2020年度入学予定の家庭を対象にした調査を実施。調査結果から、ラン活をとりまく現状が見えてきました。

男子は定番の黒!女子は赤やピンク、紫が人気

ランドセル

今回の調査は、2019年3月~5月にすでにランドセルを購入した300名を対象に行われました。まず、ランドセルの購入金額については以下の通り。

調査結果

もっとも多かった回答は「5万~6万円未満」、次点で「6万~7万円未満」でした。さらに「8万円以上」の合計は10.4%に。比較的早い時期にランドセルを購入した家庭の多くが、高級ランドセルを選んでいるようです。

調査結果

次に、購入したランドセルの色を男女別に調査。男の子で最も多かった色は「黒」(75.6%)でした。黒を含むコンビカラーを入れると全体の約85%となり、ランドセルが多様化しているといってもまだまだ黒が定番であることが分かります。

調査結果

一方、女の子では「赤」(29.0%)とこれまた定番色が最も多かったものの、「ピンク」(24.7%)、「紫(ラベンダー)」(16.1%)と続きました。「水色」(10.8%)や「キャメル」(8.6%)、「ブラウン」(6.4%)など、一見すると男の子に人気そうな色もランクインし、女の子のランドセルが多様化していることがうかがえる結果となりました。

クラリーノ?牛革?価格にも左右される素材選び

続いて、ランドセルの素材について聞きました。すると、ランドセルの主力素材である「クラリーノ」(39.3%)、「牛革」(22.5%)が順当にランクイン。

調査結果

クラリーノは比較的安価ですが軽くて丈夫なつくりになるため、多くの人が選ぶ素材です。一方で牛革や「コードバン」(2.9%)は高価なものの、光沢や風合いがあるのでランドセルに品格が出ます。
「不明」と回答した人も17.3%いるものの、見た目や価格に影響する素材はランドセル選びの重要なポイントになっているようです。

ランドセル

実際に購入にあたってもっとも重視した点を聞いてみても、ベスト3は多い順に「デザイン」(35.8%)、「背負いやすさ」(18.5%)、「価格」(15.0%)となりました。

調査結果

今回の調査は2019年3月~5月にランドセルを購入した方が対象ですが、この期間中のランドセル購入月で最も多かったのは「2019年5月」(49.1%)でした。

調査結果

これは、5月に販売を開始した工房系ブランドが多かったためと推測されます。一方で、今年から一部の人気ブランドが年度が変わる前から新作ランドセルの販売を開始したこともあり、「2019年3月」(35.8%)と回答した人も少なくありませんでした。

ランドセル

購入にあたって重視した点の第2位は「背負いやすさ」ですから、早い時期に購入した人はより早い時期に展示会などに参加して、ランドセルを試したあとに購入したと考えられます。

人気のモデルはすでに売り切れていることも

今回の調査結果から分かった人気カラーや人気素材のランドセルは、他のモデルに比べて早期に完売する可能性が高くなります。これから購入予定の方は、早めに検討したほうがよさそうです。

【参考】

2020年度ラン活の傾向は?ランドセル購入に関するアンケート調査結果発表

Source: 日刊住まい

夏休みは子どもの持ち物を見直すチャンス!

夏休みも後半に入りましたね。

今のうちに、ランドセルや学用品など、子どもの持ち物を点検しておくと、新学期になってから慌てなくてすみます。

また、工作や絵など、普段ついため込んでしまいがちな領域の整理にも手を出しやすいタイミングです。

このチャンスを逃さず勢いにのることができれば、サクサク子ども用品の整理が進みますよ。

夏休み後半でやっておきたい、子どもの持ち物チェックポイントを、まとめてご紹介します!

学用品のお手入れで新学期の心の準備を

夏休み中にランドセルや道具箱のチェックと掃除を子ども自身にさせると、新学期に向けて心の準備も整います。

道具箱は中身を全部出して、失くしてしまったものや、足りなくなっているものはないかをチェックしてみましょう。

中身をいったん全て出すことで物の有無が確認しやすくなりますし、また、再度収納する際にも物を詰めやすく、キレイに整頓する力も身に付きます。

ランドセルも同様に中身をチェック。

合わせて拭き掃除も行い、気になる汚れを落としておきます。

子どものカバンが重すぎる問題・対策2つ

「子どもの通学カバンが重すぎる」として話題になっているのはご存知でしょうか。

実際に計ってみると、10キロを超えることが判明。

成長期の子どもの体への負担を考えると、ちょっと不安になる重さです。

夏休み中にできる対策は2つ。

まず1つめは、カバンの中身を見直して、不要な教材や学用品が詰め込まれていないかチェックすることです。

親が一緒に中身を確認しながらアドバイスした結果、2.2キロ分の荷物を減らすことができました。

もう1つは、「かばん用パッド」で肩への負担を軽減することです。

パットを付けると、荷物の重さが分散されて、肩紐の食い込みが和らぎます。

思い立ったらすぐにできる子どものカバン問題への対策。

試してみる価値アリですよ!

子どもの作品整理のための4つのステップ

子どもが作品を持ち帰るタイミングは、学期末。

1学期に持ち帰った作品は、夏休み中に整理を済ませておきたいものです。

とは言え、たとえ子どもに「いらないから捨てていいよ」と言われたとしても、そのままゴミ箱にポイっと捨てる気にはなれませんよね。

「子どもの頑張りを褒めてあげたい」と思うのが親というもの。

しかし、単に作品を溜め込むばかりでは、いつまで経っても片付きません。

そこでオススメなのが作品整理のための4つのステップです。

1.【まずは鑑賞】季節ものは家族みんなで十分に愛でる
2.【とりあえず保存】「とりあえずのかご」にポンポン入れる
3.【作品ファイルに保存】幼稚園の工作は専用ファイルに収納
4.【思い出保存】写真の中に思い出を閉じ込めよう

家族みんなが満足する片付けの方法を、ぜひチェックしてみてください!

 

Source: 日刊住まい