いくらにソックリな『ラー油ビーズ』で軍艦巻きを作ってみた → ガチでいくらと区別がつかない事態に

赤くて丸くて、プチプチした食感のいくら。寿司や丼ぶり、おせちなんかにも使われるが、いくらにソックリなのに別の味がする物体を見つけてしまった。

その名も『ラー油ビーズ』。名前の通り、ビーズ状になったラー油だが、驚くほどいくらに似ている。これ、パッと見では見分けがつかないし、軍艦巻きを作ったらどうなるんだろう……。

・『ラー油ビーズ』、ガチでいくら

『ラー油ビーズ(税込594円)』は、静岡にある140年以上続くわさびの老舗・田丸屋本店から2019年9月15日に発売されたビーズ状のラー油。しかし、瓶に「ラー油」と書かれていても、その姿はいくらにしか見えない。

そこで、いくら先輩にもお越しいただいた。え〜、『ラー油ビーズ』とガチで区別つかない! これは本当に、軍艦巻きにしたらどっちがいくらで、どっちがラー油か分からなくなってしまうのでは?

さっそく、『ラー油ビーズ』の軍艦巻きと、いくらの軍艦巻きを握ってみると……うわ〜、もう完全にいくらの軍艦巻きが2貫並んでいるようにしか見えないいいい!!

握った本人ですら、『ラー油ビーズ』の軍艦巻きといくらの軍艦巻きの位置を入れ替えられたら、区別がつかなくなりそう。罰ゲームとかに悪用されたらどうしよう……

しかし、よ〜く目を凝らして見てみると、いくらは粒全体に色がついているのに対し、ラー油ビーズには透明の部分があることに気づいた。おお、見分けがつくようになると、ちょっと嬉しい!

さて、握ったからには美味しくいただきたいのだが……思いつきで『ラー油ビーズ』の軍艦巻きを作ってしまったものの、見た目がいくら『ラー油ビーズ』としても、あくまでラー油。めっちゃ辛いのでは? 恐る恐る食べてみると……

あれ? 意外とイケる。確かに辛いが、決して暴力的ではない、程よい辛さだ。しかも、ごま油の香ばしさが良い! 本物のお寿司同様、ほんの少しだけお醤油をつけていただくと、ごま油の香ばしさと唐辛子のピリッとした辛さも旨味のアクセントになる。これなら全然、罰ゲームに悪用される心配はなさそうだ。美味しくてむしろご褒美になりそう。

・お料理のアクセントに

『ラー油ビーズ』は、いくらと別ベクトルの美味しさを持つ素敵な「ラー油」だった。いくらっぽい見た目とは裏腹に、ピリリとした辛さと香ばしさをもたらしてくれるし、気になった方はぜひお試しあれ。

参照元:田丸屋本店
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

『嵐にしやがれ』で紹介された「牛タンラー油」が飛ぶように売れてたので実際に食べてみた結果…

一昔前に「食べるラー油」という言葉が流行ったのを覚えているだろうか。新語・流行語大賞のトップテン入りしたのは2010年で、今から約9年も前のことである。ちなみに同年の大賞は「ゲゲゲの〜」、トップテンには「〜なう。」「AKB48」などが選ばれている。

それを聞くと時の流れの早さを感じずにいられないが、いまだに食べるラー油の人気は健在なう。何なら、杜の都(もりのみやこ)こと宮城県仙台市では、進化した形で売られていた。なんと牛タン入りだ!

・嵐の番組などで紹介された商品

記者が「牛タン仙台ラー油」を発見したのは、仙台駅構内のお土産ショップを訪れたときのこと。あらかじめ地元の人から「ラー油が美味しくて、お土産にもオススメ」と情報を得ていたのだが、実際に商品を見てビックリ! そう……

『嵐にしやがれ』で紹介されましたとあるではないか!!

しかも、販売元の「陣中」の公式サイトを調べたところ、最近『マツコ&有吉かりそめ天国』でも紹介されたらしい。過去を遡れば『ペコジャニ8』『大食い女子決定戦』など、テレビで取り上げられまくり!

これはぜひとも試してみたい……とすぐさま買いたい衝動に駆られたが、まずはお客さんがどれくらい買うのかウォッチングしてみた。1人、2人、3人……次々にお客さんが来店し、飛ぶように売れていく。750円とそこそこ値段するのに、みなさんお構いなしだ。

しかも老若男女が買っていくあたり、さすが嵐効果……いや、マジでウマいからこそ買っているのだろう。ちなみにラインアップは「仙台ラー油」とその「辛口タイプ」。そしてせっかくなので、どう考えてもウマそうな「仙台みそ南蛮」「仙台そぼろ」も買ってみた。さてさて、お味はいかに!

・白米と食べてみた

まずはオーソドックスな「仙台ラー油」から。具の9割が牛タンという贅沢な一品で、ホカホカ白米との組み合わせは天国へ行けるだろう。とりあえず一口……

あ、あれっ、意外と普通の「食べるラー油」じゃね……?

と最初こそ思ったが、記者の貧乏性が牛タンラー油のポテンシャルを引き出せていないだけだった。というのも、実際ケチらず豪快に乗せて食べたら素直にGood。牛タンから肉の甘みがジュンジュワーと溢れてきて、白米をかき込めば……この世の幸せである。牛タンとラー油、それらと白米のコンボが抜群すぎる。考えた人、天才か!

次に辛口タイプを食べてみることに。容器の中を覗き込めば、紅に染まっていてすでにウマそうだ。分かる……これって食べなくてもウマいことが分かる……

と言いつつも食べるのだが、これまたピリリッとしたアクセントが素晴らしい。まあまあ辛いので好みが分かれると思われるが、刺激のある牛タンラー油も白米で死ねるくらいウマい。あと「仙台そぼろ」は、思った通り米との相性が天井をつけ抜けるくらい良かった。これ、米三合はイケるやつ!

・ライザップサラダと食べてみた

唯一、食べ方に困ったのが「仙台みそ南蛮」。これに関しては野菜系かなってことで最近話題のライザップサラダと食べてみたが、想像以上にピリッとしていてザップのヘルシーさを食ってしまう。ご飯でも試してみたが、温野菜のディップなどの方が相性良さそうだった。それにツマミでお酒なんて組み合わせがベストかも。

・通販でも買える

食べてみると売れているのも納得だった「仙台ラー油」。販売元である陣中の直営店舗は県内に6店舗。高速道路SAなどでも購入が可能だ。また、通販もやっているので気になる人は試してみるといいだろう。食べるラー油ファンは要チェケラ!

参考リンク:陣中オンラインショップ
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24