イメージしていた屋根と全然違う!確認漏れが招いた家づくりの悲劇

リフォーム工事中の室内

家づくりでは、壁や床の素材、窓やドアの位置など確認すべきことが山ほどあります。それだけに、どうしても確認漏れが生じることも…。

棚受けの色といった小さなものから、屋根の素材といった大きなものまで、落とし穴はいろいろとあるようです。リフォームの際に「痛恨のミス」をしてしまった体験を、日刊住まいライターが語ります。

棚板に気を取られて棚受けの色をよく確認しなかった

オープン棚の棚受けの色がそろっていない

筆者の場合、オープン棚の棚受けの色が盲点でした。棚板の色ばかりに気を取られていたため、可棚受けの色にまで頭が回りませんでした。

何か所かオープン棚を新たにつくってもらったのですが、棚板とセットで売られているものを取り付ける箇所と、大工工事で取り付ける箇所があったため、シルバーとブラックの棚受けが混在する結果に。

棚受けは意外に存在感があって目立つので、見た目がちぐはぐな印象になってしまいました。大工さんの好意で大工工事分の棚受けは交換してもらえましたが、打ち合わせでしっかり確認しておけば良かったと反省しています。

壁に下地材を入れる場所は何度も確認を

壁面収納の予定だったが壁下地が入っていない

壁に下地材を入れる場合、しつこいくらい何回も確認することをおすすめします。壁の下地は完成してしまうと簡単にはやり直しがきかない場所です。クロスを貼り終えてから「違う」と思っても遅いです。

下地材を入れる場所は図面上で確認できますが、素人なので、工事が始まってから「ここにも入れればよかった」と気づくことも…。

我が家では1か所だけ希望通りの場所につけられなかったのですが、よく確認しなかったこちらの責任もあるので、諦めることにしました。有孔ボードを付けて壁面収納にする予定だった場所なので、後悔しています。

屋根は「既存の屋根と似た材質」にするはずが…

既存の屋根と増築の屋根が合っていない

増築をしたため、新規で屋根が追加されました。事前の打ち合わせでは「既存の屋根と似たようなものを合わせてつける」という話だったのですが、工事が完了してみると増築部分は既存とまったく違うトタン屋根になっていました。

打ち合わせ記録には屋根についての記載がなく、口頭での説明だけだったため、今となっては証明のしようがありません。しっかり確認しなかったことが悔やまれます。屋根はなかなか確認しにくい部分なので、とくによく確認するべきでした。

不安な点はその都度細かく確認を

家は3回建ててやっと気に入ったものができる、などとよく言われますが、住んでみて初めて「こうすれば良かった」と後悔することも少なくありません。

しかし、それだけではなく家づくりへの関わり方や対応力というのも、数回経験を繰り返すことでやっと納得のいくレベルに成長するのかもしれません。とはいえ一生のうちで家を建てる機会なんてそう何回もあるものではありません。

打ち合わせシートや図面があるから大丈夫、と安心せず、不安な点はその都度細かく確認することが大切だと感じました。

Source: 日刊住まい

施主支給でトラブル「その室内物干し竿は、取付不可だった」

2階LDKと増築部分

家づくりのコスト削減のために行われる「施主支給」。簡単に説明すると、設備や建材の発注を自分たち(施主)ですることですが、注意しないと後悔することに。

リフォームの際に、室内物干し竿を施主支給したところトラブルになってしまった…。そんな体験を、日刊住まいライターが語ります。自分が施主支給する商品を確実に設置するためにも、関係者との情報共有は大切。失敗談から、注意すべきポイントを学びましょう。

室内物干し竿を購入後、取り付け不可の商品だったことが発覚

リフォーム工事中の2階LDK

天井に室内物干し竿を設置したい、と相談したところ、「自分たちで商品を探してネットで購入する、いわゆる施主支給にすれば、設置料と合わせてもそのほうが安く済むかもしれません」とリフォーム業者から提案されました。

ただ、希望する商品が本当に設置可能かどうかが不安だったため、現場立ち合いに来ていた担当者に商品情報のURLを見せて確認してもらいました。

その際「設置可能です。一応URLを送付してください」との回答でしたので、購入後にLINEでURLを共有しました。

すると2週間後、その担当者から「こちらの商品は勾配天井には取り付け不可なので購入しないでください」との連絡が入り大慌て!

同時に代替商品の提案をされました。ただ、その時点では、購入済みの商品をどうするか、返品できるのかどうかもわからない状況。そもそも勾配天井になることすら、筆者には伝えられていなかったため、てんやわんやの状態でした。結局返品はできませんでした。

商品購入時に「勾配天井には設置できません」との注意書きも目に入りましたが、その時点で勾配天井にするとの説明は一切受けていなかったので、スルーしてしまったのです。

担当者は「購入前に連絡を入れてほしいと言ったつもりだった」とのこと。最初から勾配天井であることを私たちが認識していなかったために、こうしたすれ違いが起きてしまいました。

気になったことはその場で確認してトラブルを予防

室内物干し竿を設置した天井

最終的には、代替商品を業者に手配し直してもらうことに。コストを抑えるつもりが、結果的にはふたつ分の費用がかかってしまうという結果に。

いざ工事が始まると、当初予定していた仕様から急に変更になることも少なくありません。気になったことは「あとでいいか」と後回しにせず、その場でひとつずつ確認していったほうがトラブルを未然に防ぐことができます。また、関係者としっかり情報共有し、しっかりと打ち合わせをすることが大切だと思います。

Source: 日刊住まい

リフォームトラブル体験談:基礎の上に柱が半分しか載っていない

リフォーム中の室内

実家を二世帯住宅にリフォームしたライター・小林ユリさんは、基礎打設時の採寸ミスで、基礎の上に柱が半分しか載っていないというトラブルが起きてしまったそうです。どのような状況でトラブルが起きてしまったのか、それに対してどう対処したのか、体験談をもとに語ってもらいました。

慎重に進めていたのに着工早々トラブル発生

実家の外観

実母が暮らしていた築7年の家の1階部分を大規模にリフォームして、夫と母の3人で暮らす二世帯住宅にしました。可能な限りの増築もして、居住スペースを広げています。

大がかりなリフォームなので、事前の打ち合わせ回数は10回以上、期間としては約3か月を要しました。

打ち合わせ後には当日の内容を再度確認し、疑問や希望を洗い出す作業も丁寧に行いました。筆者としてはできる限り慎重に進めていったつもりだったのですが、着工早々にトラブルは発生してしまったのです。

採寸ミスで、基礎の上に柱が半分しか載っていないことが発覚

基礎の工事中

今回のリフォームでは増築部分があったため、新規の基礎コンクリート打設が必要となる箇所がありました。まず基礎工事が入り、続いて大工、最後に電気と内装をほぼ同時に行うという、いたって普通の流れです。

基礎コンクリート打設を済ませ、1か月ほどして上棟。基礎打設の際に起こっていたミ採寸ミスはそのときに発覚しました。確認すると、基礎の上に柱が半分しか載っていないという状況でした。

このミスは、現場で作業をしていた大工さんが発見しました。リフォーム業者は確認に来ていなかったので、発見が遅れたようです。

しかしリフォーム業者からは「数日後に簡易的な補強工事を行います」とだけ連絡が入り、ミスが起きてしまった原因や補強工事の内容に関する説明は一切ありませんでした。

「簡易的な補強工事で大丈夫なのか」「全体の工期に遅れは生じるのか」など、不安は払拭しきれません。

第三者機関に間に入ってもらい、話し合いで解決

スマホで調べ物をする

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

まずはリフォーム業者にミスの詳細についての説明を要求し、状況を詳しく把握することから始めました。同時に補強工事の内容についても説明を求めましたが、納得のいく説明を受けることはできませんでした。

リフォーム業者はただ謝罪の言葉と責任の所在が下請の基礎工事の請負業者にあることを繰り返すばかり。そこで次の手段として、弁護士と、第三者機関に相談することに。

しかし弁護士事務所は新型コロナウイルスの影響で対面で相談できるところがかなり少なく、電話での簡易相談という形に。ですが、法律的な観点からアドバイスをもらえたことは、その後の工務店社との話し合いをスムーズに進める上で大いに役に立ちました。

同時に「強度的には問題はないが、かなり大きなトラブルで金銭を請求できるレベルのミスだった」ということが第三者機関の調査によって発覚。第三者機関の担当者に間に入ってもらって話し合いの場を設け、無事解決に至りました。

業者におまかせではなく、施主もチームの一員であるという意識を

通常であれば基礎打設後に監理者が確認や立ち会いをするらしく、事前にリフォーム業者から「設計士が随時確認をとっていく」という旨の説明もされていました。ただ、今回はその確認をしなかったため(コロナの影響で忙しくて確認を怠ったとのことでした)発見が遅くなったそうです。

今回のことで、納得のいく家を建てることは決して簡単ではないのだと痛感しました。基礎、大工、電気、内装など、それぞれのプロが力を合わせた最終形態が「家」なのだということがよく分かりました。

様々な業者がそれぞれの仕事を請け負うとなれば、その中で伝達ミスが起きたり、確認もれが発生する可能性は十分にあります。とはいえ、そうしたミスを施主である自分たちで発見することはなかなか難しいもの。

施主もチームの一員であるという意識を持ち、業者におまかせではなく、しっかりと家づくりに参加することが大切だと思います。

Source: 日刊住まい