『ルパン三世 THE FIRST』のルパンは史上最高にイケてた! これが3DCGの力か…!! カリオストロのルパンを彷彿とさせる仕上がり

生まれてはじめて映画館で見た作品は『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』。峰不二子のような女になりたくて、香水はシャネルの5番を愛用する日々。もちろん初恋の相手はルパン三世だ。そんな記者が、どれだけこの日を待ちわびていたか……。

ルパンシリーズ初となる、フル3DCG長編アニメ『ルパン三世 THE FIRST』が2019年12月6日より公開されたのだ。はやる気持ちを抑えながら見たところ、史上最高にイケてるルパンを拝むことができた。コレはヤバい。隠れていたルパンの魅力に、みんなが気付いちゃう!! 

・3DCGの力が素晴らしい

『ルパン三世 THE FIRST』は3DCGアニメということもあり、上映前から賛否両論あった。個人的には2Dだろうが3Dだろうが、そこにルパンが居てくれるのであれば、何ら問題はない。しかし、違和感を覚えた人もいるという。その気持ち、わからなくもない。

実際に目にしてみた感想は「2Dよりルパンがカッコいい!!」ということだ。立体感があり、動きが滑らか。スクリーンの中に引き込まれ、スピード感も抜群だ。要所要所でルパン一味がポージングを取る様も、めちゃめちゃイケている。

アニメでありながら、まるでルパンたちがリアルに生きているかのよう。思わず、スクリーンの中のルパンに「私も連れてって。泥棒はまだできないけど、きっと覚えます」と語りかけたくなるから不思議だ。これが3Dの力か……!

・宮崎駿版ルパンが好きな人にオススメ

さてここで、ざっと『ルパン三世 THE FIRST』のあらすじをお伝えしよう。今回のお宝は、かのルパン一世も狙っていたという “ブレッソン・ダイアリー” 。謎を解いた者は莫大な富を手にすることができるとされ、第二次世界大戦中にはナチスがその行方を追い求めたという。

ルパン一味や本作のヒロイン・レティシア、そして彼女の育ての親を名乗るランベールと謎の男ゲラルトたちが、この宝をめぐり争奪を繰り広げるのだ。本作を通じて最も強く感じたことは、『カリオストロの城』色が強いということ。

ルパンが優しすぎるところや、不二子ちゃんのお色気シーンが少ないこと。登場人物たちのセリフや行動、それらすべてが宮崎駿版ルパンに通じるところがある。2019年はカリオストロが公開されて40周年であるが、そのあたりも意識されているのだろうか。とにもかくにも、宮崎駿版ルパンが好みである人には、激しくオススメできる。

・4DXは迫力抜群

本作を見るにあたり、個人的に失敗したなと思ったことがひとつだけある。せっかくの3DCGアニメなので、3D上映を見るに限るだろうと、わざわざ前日に4DXの予約を取った記者。4DXといえば、視覚だけに頼らず五感に訴えて上映する方法だ。

となれば、当然3Dで見られるものと思っていたのだが、なんと2D4DXだったのだ。とは言え、4DXで見る同作の臨場感はいうまでもなくキレッキレ。あちらこちらに仕掛けがあり、迫力抜群だ。機会があれば、4DXで見てみると良いだろう。

ポスターにもなっている、ルパンのビジュアル。シルクハットとステッキを携えたルパンの、その姿の意味が理解できるシーンは特に4DXで見る価値アリだ。アクションシーンなのだが、本作イチの見せどころだと言っても過言ではないだろう。

・ありがとうモンキー・パンチさん

惜しむらくは、この作品をモンキー・パンチさんに見ていただけなかったことか。彼が3DCGを楽しみにしていたことは、生前のコメントより明らかになっている。きっと制作陣も、同じ気持ちだったのだろう。

作品を見ると、モンキー・パンチさんに対する敬意の念が込められていることが良くわかる。特にエンドロールに注目だ。いやはや、今こうして私たちがルパン作品を楽しむことができるのも、すべてはモンキー・パンチさんのおかげ。改めてご冥福をお祈りいたします。

まあ正直なところ、『ルパン三世 THE FIRST』は往年のルパンファンにとってみれば、いまひとつ物足りない気がしない……ではない。とは言え、本作は多くの人に長く愛される作品のひとつになったことは確実

3DCGアニメということもあり、新たなルパン像がここに作り上げられたと言えるだろう。だまされたと思って、あなたも見てみるといいだろう。見た上で「思ってたんとちゃう!」「想像以上に素晴らしい作品じゃないか」なんて言わないでね。だって、裏切りは女のアクセサリーでしょ? 

参考リンク: ルパン三世 THE FIRST
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【賛否両論】ルパン三世が3DCGで映画化!『ルパン三世 THE FIRST』予告映像にネットが真っ二つ「うん、残念」「絶対観に行く」

根強い人気を誇る『ルパン三世』シリーズ。1971年にアニメ化され、現在もテレビスぺシャルが放送され続けている国民的アニメである。そんなルパンの23年ぶりとなる劇場版『ルパン三世 THE FIRST』の予告映像が公開された

ファンの多くが待ち望んでいたであろう本作。だが、今回のルパンはひと味違う。なんと、フル3DCGアニメーションなのだ。そのため、ネットでは公開直後から賛否の声があがっている。

・故モンキー・パンチ先生待望の作品

ディズニーはじめフル3DCGアニメが珍しくない時代となったが、ルパン三世が3DCGになる時代か……。子供の頃から二次元ルパンに慣れ親しんできた私(中澤)としては、一体どういったものになるのか予想が全くつかない。

しかし、これは2019年4月に他界した原作のモンキー・パンチ先生がずっと待ち望んでいた作品のようだ。劇場版『ルパン三世 THE FIRST』の公式サイトには、そんなモンキー・パンチ先生からも「ワクワクしています」というコメントが寄せられている。

・表情に宿るルパンっぽさ

公開された予告映像を見てみると、アクションはさすが3DCGのなめらかさ。さらに、各キャラの表情にもルパンっぽさがちゃんと感じられ、クオリティーの高さが垣間見える。

だが、やはり国民的人気作だけに、これまでのルパンから変えてほしくないというファンもいるようだ。ネットでは賛否の声があがっている。

・賛成派

「ちょっと見たい」
「作品のクオリティが忠実に再現されてそうなので 、絶対観に行く」
「普段ルパン三世をあまり見ない人にも興味を持ってもらえそうな予告動画だと思う!!」
「ルパン三世も3Dになる時代かぁ!」
「これは期待しかない」
「ゴエモンがイケメン」

・否定派

「楽しみにしてた分、なんかなぁ。うん、残念」
「3DCG……なんで……」
「ルパン三世は面白いのと面白くないのの差が激しいからなぁ」
「アニメは平面派」
「あまり期待はしてません」

──ネットの意見は真っ二つに。個人的な意見を言わせてもらえるなら、正直否定派の気持ちも分からんでもない。が、予告を見ると、予想よりずっとワクワクする内容だったため俄然楽しみになってきたのが本心だ。

なお、本作は『ALWAYS 三丁目の夕日‘64』『STAND BY ME ドラえもん』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』などを手掛けた山崎貴さんが監督・脚本を務める。

日本のVFXの第一人者の手によりルパンはどう生まれ変わるのか? 天国のモンキー・パンチ先生も公開を心待ちにしているに違いない。全国公開は2019年12月6日だ。

参照元:ルパン三世 THE FIRST
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24