パリの『マンガ通り』で人気のジャパニーズMANGAベスト5を聞いてみた結果 →「 パリジェンヌは少年ジャンプと刀がお好き」!?

日本のアニメやマンガが海外でも人気のようだが、中でもフランスは特に熱狂的だと伝え聞く。首都パリに通称 “マンガ通り” なる区間があると知り、訪れてみると付近には多くの日本食店や日本の雑貨を扱う店も並んでいた。日本好きの人が集まるゾーンなのかしら?

以前の記事で “スペインの人気コミックベスト5” をお伝えした。スペインで1番人気の『鬼滅の刃』を私は知らなかったのだが、調べたら相当な人気作品と知り反省。アニメを見て予習してきたのである。隣り合うスペインとフランスでランキングに差が出るのだろうか?

そのあたりを探るべく通りをウロチョロすると、目につくのはコスプレ衣装を扱う店の数々。パリのコスプレ人口ってこんなに多いのか……! マンガ通りに数軒あるマンガショップの中で、とりあえずひときわ人の出入りが激しい店に突撃取材を敢行してみたぞ!

・圧倒的品数

今回訪れたのは『MANGA DORI』というお店。

店内は常に客が入れ替わり、立ち読みなどしている隙間はない。

パリジェンヌパリジャンたちはみな狙いを定めて来店しているのだろうか? 商品をパパッと選ぶと、迷うことなくレジへ向かう様子である。

整然とマンガが配置されたスペインのショップと比べると、「狭いスペースでいかに多くの商品を置くか」が店のテーマとも感じられる。日々大量のマンガが売れてゆくとみえて、奥には在庫の入ったダンボールが山積みだ。

店内の本棚をよく見ると、なんと “手前の本の奥にもう1列、別の本が並んでいる” 状態! この画期的手法によって、漫画本を従来の2倍展示することが可能となっている。そして “集英社ごと” “講談社ごと” などに分けられていないため、お目当てを探すのが大変だ。何か別の法則にそって並べられているのだろうか……?

・使い道が気になる

それはそうと入店時から気になっていたのは、店内じゅうに並べられた大量の「刀」である。

それは壁一面……とにかく空きスペースの全てを活用して陳列されていた。

刀のひとつひとつにはマンガ(アニメ)のキャラクターとおぼしき顔写真と名前が添えられている。おそらく作品中でそのキャラが使用している刀のレプリカなのだろう。

刀だけでなく “アックス” とか “ランス” と呼ばれていそうなものも。


ハイリアの盾や……

かぎ爪に……

忍の武器……

ハンマー……

悪魔の実もあるぞ!

マンガ通り周辺にコスプレショップが多数存在していたことからも推測すると、おそらくコスプレの小道具と思われる刀類たち。さすがはファッションの街・パリである。パリジェンヌ・パリジャンたちはマンガを読むだけではなく具現化するのもお好きなようだ。

・人気トップ5を発表

「日本から来た」と告げるとスタッフや周りの客も親切に接してくれた。ランキングを尋ねると売上データを集計した正確な回答をもらえたぞ!

第5位:『ブラッククローバー』

よかった! 知っている作品だ! ……と、言っても読んだことはない。しかし予習が功を奏し、かろうじてタイトルと “魔法モノ” だということは分かるぞ! 舞台が異世界だと外国の人にも受け入れられやすいのかもしれないな。

第4位:『約束のネバーランド』

お店の人は英語をあまり話せないとのことだったが、タイトルを全て日本語で教えてくれたので問題なくコミュニケーションを取れた。第4位の『約束のネバーランド』はちょうど在庫切れらしい。ちなみに簡単には入荷できないのか、店内では “1巻と2巻だけ売り切れ” という状況が多発していた。海外の漫画ファンには苦労も多いのだろう。

第3位:『鬼滅の刃』

ななんと! スペインでは1位だった『鬼滅の刃』が3位にランクイン。『DEMON SLAYER(デーモンスレイヤー)』というかっこいいタイトルがついている。入荷状況等もあるかもしれないが、同じヨーロッパ内でもランキングは微妙に違うようである。

第2位:『ワンピース』

根強い『ワンピース』が第2位。ここまで4つ全てが週刊少年ジャンプの作品だ。なんだかんだ言ってやはりジャンプは王様なのだな、海外でも。そしてワンピースを抑えて1位に輝くのは……もしかして私も大好きなドラゴンボー……

第1位:『僕のヒーローアカデミア』

と、いうわけで『僕のヒーローアカデミア』がこの店で人気ナンバーワンの作品でした!

……タイトルを聞いたことはあるが、漫画知識に疎い私にはイマイチ実感のわかない第1位である。よってこの結果についての見解をきくため、当サイト1の漫画ツウことK.Masami記者に国際チャットを飛ばしてみたぞ。

──『僕のヒーローアカデミア』は日本でどういった位置づけの作品なんでしょう?

「『ヒロアカ』はジャンプの看板作品です。もうすぐ日本で映画が公開される人気作ですよ」

──『ヒロアカ』って言うんだ! どういう内容なんですか?

「言い方は悪いですけど……周りに比べて力を持っていない落ちこぼれな子が、努力と周りからの支援によって段々とヒーローになっていくという王道ストーリーです」

──さすがマサミ記者! じゃあパリで人気というのも納得?

「そうですね。わかりやすいストーリーなので外国で人気なのも分かります」

・やはりパリはガチだった

人気トップ5が全てジャンプ作品という結果になったパリ取材。1位の『僕のヒーローアカデミア』を購入し読んでみた。

価格は1冊5ユーロ(約602円)。コミックの種類にもよるだろうが、全体的にスペインよりもだいぶ割安な印象だ。

さすがフランスというべきか、翻訳の手法が職人技である。効果音に付属するルビも作画を完璧にコピーした字体。場面によっては「海外の作品です」と言われても信じてしまいそうだ。

スタッフのお兄さんに「好きな作品は?」とたずねると、日本語のタイトルをド忘れしてしまったらしく「オーマイガー! 俺はバカだ!」としきりに憤っておられた。そんなの分からなくて当然じゃん、と思ったが、海外ファンにとってそこは譲れぬこだわりなのかもしれない。

パリジェンヌ・パリジャンたちの日本に対するリスペクトがヒシヒシと感じられる店『MANGA DORI』。ここへ来ればひょっとして日本でも手に入らぬ品が見られるかも? パリ中心部からもほど近いマンガ通りへ、漫画好きでなくとも一度足を運んでみてほしい!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

店名 MANGA DORI
住所 23 Rue Keller, 75011 Paris, フランス

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

初めてスクラッチくじを1万円分買ってみた! 当たらないのに買い続ける人に捧ぐエレジー(哀歌)

見込みのないものにお金と時間を費やすことを「無駄」という。仕事をするにしても。趣味に興じるにしても、何か自分が求めるものが返ってくるからこそ、お金も時間も費やすことができるのだ。何も返ってこないかもしれない。いや、確率的にいえば、返ってことないほとんど確定している。それなのに、お金を投じてしまう人たちがいる。

身近でいえば、当編集部のGO羽鳥と原田たかしは、宝くじやロトを定期的に購入している。当たらないのに……。たぶん彼らは “持ってない” 星の下に生まれたのだろう。それなら、私(佐藤)が! “持っている” この私が購入し、くじの購入には向き不向きがあることを教えてやろう!

そんな訳で、人生で初めてスクラッチくじを1万円分購入してみた!!

・ビギナーズラック狙い

ある日のことだ。いつものように羽鳥と原田は「今日どうだった?」と話している。購入しているくじの結果の話をしているのだ。「いや~、渋いねえ……」、大抵このやり取り、彼らにとって結果が渋くなかったためしがない。いつまで無駄なことにお金を費やしているのか? 私は見兼ねて声をかけた。

佐藤 「おい、お前ら」

佐藤 「お金は大事に使え。どうせ当たんねえんだから」

羽鳥 「買わなきゃ分からんでしょ」

原田 「そうですよ、僕たちは『夢』を買ってるんですよ」

佐藤 「当たんねえのに何が夢だよ。そんな時ばっかりキレイに物事を言うじゃない。ヨシ! ここはひとつ、俺が手本を示してやろう。 “持ってない” お前らがいくら買っても意味がない。 ”持っている” 俺が、ビギナーズラックで当たりを引き当ててやるわ!

・初めて購入

そんな訳で、近くの宝くじ売り場に一走(ひとっぱしり)。ギリギリ営業時間に間に合った。

実は、スクラッチくじを買うのは初めてのこと。いくつか種類があって、何を買うのがもっとも良い選択なのかわからない。そこでおばちゃんに「初めてなんですけど」と正直に話すと、いろいろ細かく教えてくれた。良いめぐり合わせの兆候だ。これは当たるな……。1万円分購入して、駆け足で帰ってきた。

買ってきたよ~!

・削る、ひたすら削る

購入したのは、東京都のワンピーススクラッチだ。10枚2000円を5つで合計1万円である。

このくじは、6つの枠を削るスクラッチだ。枠は線で結ばれてより、三角形の形をしている。どの辺でも良いので同じ図柄が並んでいたら、当たりである。

1等は300万円! 2等5万円、3等1万円。以下、6等まで設定されている。50枚もくじがあったら、300万出るっしょ!

当てるでぇ~~!!

………… そして、ひたすらスクラッチを削り続けること約30分 …………

すべてを削り終えた。その結果……。

ハズレ44枚! アタリ6枚!!!!

宝くじを買う人ならご存じかと思うが、購入金額の1割は当たるようにできている。つまり 200円 × 5枚 の1000円は当たっている訳だ。

では、残ったのアタリの1枚はいくらか? その金額はなんとッ!

1000円です……

トータル2000円のアタリです……

言えない。いくらの金額が当たったかなんて、アイツらに絶対言えない。

幸いアイツらは、「いくら当たったの?」と聞いて来ない。このままこの話はなかったことにしよう。そして私は心に固く誓うのだった。もう2度と宝くじは買わないと……。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【スペイン】『ジャパニーズMANGA』ショップで人気漫画ベスト5を聞いてみた結果 → 1位はドラゴンボール…じゃねぇ! スペイン人半端ねぇ! ってなった

スペインの街を歩いていると、突然視界に飛び込んだのは『心』という漢字の書かれた看板だ。よく見ると横に「MANGA」の文字もある。MANGAとはおそらくあの「漫画」だろう。欧米では日本の漫画が人気と聞くけれど、まさか専門店まで存在していたとは。

海外の人が日本の文化を好きでいてくれるのは非常に嬉しいことだ。秋葉原などへ行けば熱心にアニメやゲームを眺める外国人がいて、図らずも「ありがとうな」という気持ちになる。スペインでは一体どんな漫画が流行っているのだろうか? たぶんドラゴンボールだろうな!

・高2までジャンプ買ってたもんね

店内は壁一面にギッチリと漫画やフィギュアが並べられている。BGMはアニメソングとおぼしき日本語の曲だ。ひっきりなしに出入りする客同士の会話は、スペイン語のため私には理解できない。しかしその端々に「ファイナルファンタジー」「エヴァンゲリオン」といった作品名がハッキリと聞き取れた。

自慢じゃないが私は高2まで『週刊少年ジャンプ』を買っていたのだ。女子にしてはかなり長いほうであったと自負している。『スラムダンク』と『幽遊白書』の話なら任せてほしい。あと『花とゆめ』も中3まで買ってたぞ! しかし……

目立つ位置に並べられた漫画のほとんどが「全く知らん作品」であったため、少し挙動不審になってしまったことをお伝えしておきたい。

果たしてこれらは日本でも人気の作品なのか、あるいはスペインでのみ支持されているのか……私にはサッパリ判断がつかない。記者として誠に遺憾である。

海外のアニメファンといえばドラゴンボール、あるいはワンピースとかセーラームーンを好きなのだとばかり思っていたが、現実はもう一歩先の次元だったようだ。タイトルもセリフも全てスペイン語に翻訳されているため、余計にどういう作品なのか判別できないぞ……。

・スペインがよく分からなくなった

逆に古すぎて分からない作品も多かった。歴史モノや、日本の古い時代背景を知らないと難しいんじゃないの? という作品もある。1000円前後で売られる単行本とは違い、それらは辞典ほども分厚くて高価だ。でも……存在しているということは需要があるのだろう。

俺ぁスペインがよく分かんなくなってきたよ……。

ホッ! 我らが水木しげる先生の妖怪本を発見! ちゃんと「YOKAI」と書かれている。

それから渋すぎる『子連れ狼』に……

日野日出志先生のホラー本も大量陳列だ!

日本で発売された漫画本の中で、スペイン語に翻訳されるのはごく1部のはずだ。なのに店内ラインナップの3分の1くらいは、おそらく “30年以上前の漫画” という事実。もしかしてスペインの漫画ファン、めちゃくちゃコア?

・人気トップ5を発表

つたない英語でお店の人に話しかけてみることにした。彼女の名はマリアさん。残念ながら英語はあまり話せないそうだが、翻訳アプリでの会話に応じてくれた。もの欲しげな顔をして「あのぅ……私日本人です」と告げてみれば、「ワ〜オ!」との返答だ。

日本の漫画が大好きだというマリアさんに、この店の人気コミックベスト5をたずねてみた。テキパキと本棚から5冊を抜き出してくれる。わりとハッキリ順位は出ている様子である。

第5位:『イサック』

恥ずかしながら私が全く知らなかった『イサック』は、古代ローマで日本人の傭兵が活躍するという物語らしい。ヨーロッパ人の親近感を得た……のかどうかは探り出すことができなかったが、テーマ的には非常に納得のイッサクである。

第4位:『カードキャプターさくら』

少女コミックが唯一のランクイン! 『レイアース』世代の私にも親しみやすい、さくらちゃんの登場だ。日本っぽくない世界観が外国人にウケた……のかと思いきや、横には学園ラブコメ作品も山積みされているんだよなァ……。

第3位:『ドラゴンボール超』

ダントツ1位と思われたドラゴンボールがまさかの第3位! しかも「超」って何!? 「悟空いつのまに髪の毛赤くなったんだろう」と思い調べたら、これは “スーパーサイヤ人ゴッド” という形態であるらしい。スーパーサイヤ人、ついに神の領域へ!

実は魔人ブウを倒して連載終了した後、ドラゴンボールは正式に続編がスタートしていたようなのだ。ドラゴンボールの話にすらついていけてなかった私って一体……。

第2位:『ワンピース』

なんと『ワンピース』まで登場してしまった。言わずと知れたこの作品について、今さら私が語ることは何もない。それにしてもドラゴンボールよりワンピースより上って何……?

第1位:『鬼滅の刃』

知らねぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

『GUARDIANES DE LA NOCHE』というスペイン語タイトルが印字されているにもかかわらず、マリアさんは「キメツノ、ヤイバ!」と日本語で教えてくれた。一体この漫画はどういういきさつで、スペインでそれほどに支持されているのだろう? もしかして舞台、スペイン?

・ん? 面白そうかも?

『鬼滅の刃』(1冊8.1ユーロ / 約980円)をとりあえず購入して読んでみた。もちろんスペイン語なためストーリーは分からないが、なかなか面白そうである。

作中の効果音には全てルビが付いており、「ガクッ=CLOC」「ズズズ=BLUB BLUB BLUB」「ぽろぽろ=CREC CREC」など、翻訳漫画ならではの工夫がなされていて興味深い。

もしかするとこれは、日本でもそれなりに人気のある漫画なのかもしれないな。そのあたりを聞くため、当サイト1の漫画ツウことK.Masami記者に国際チャットを飛ばしてみた。

──『鬼滅の刃』という謎の漫画を知っていますか?

謎とか言わないでください! それ、めちゃくちゃ面白いやつですよ。

──さすがマサミ記者! じゃあ日本でもそこそこ人気の作品なんですかね?

人気なんてもんじゃありません。大人気です。なんなら今季1番人気だったかもしれないです。アニメが絶好調で、映画化も決定しています。

──……へぇ……スペインで1番人気の漫画らしいんだけど……

納得の1位ですね。

・本当にすみませんでした

日本で現在1番人気かもしれない漫画がスペインでも1番人気という、「そりゃそう」なんだか「衝撃的」なんだか分からないランキング結果となった。日本の漫画ファンと同じ熱量で、スペインのMANGAファンもまた “ガチ” なのである。

そして私は地中海より深く反省せねばならぬ。漫画知識がドラゴンボールまででストップしていることを棚に上げ、欧米の人たちの知識レベルを自分より下と思い込んでいたのだから。帰国したら十数年ぶりにジャンプを買おう。『鬼滅の刃』を全巻読破しよう。アンダルシアの大地にそう誓った。

ちなみに『KOKORO』店内はMANGAファン同士の交流の場にもなっている様子である。私ですら男性客に「ポケモン好きなの?」と声をかけられ、マリアさんとともに話が盛り上がったぞ。海外旅行でMANGAショップを見つけたら、漫画ファンは臆せず入店してみてほしい!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

店名 KOKORO MANGAS
住所 Calle Nosquera, 6, 29008 Málaga, スペイン

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

『ONE PIECE』を野性爆弾くっきー!が表現した結果 → チョッパーがとんでもないことに

世界的な人気マンガ『ONE PIECE』。敵も味方も魅力的なキャラたちのオンパレードである本作において、マスコットとして不動の地位を築いているのがチョッパーだ。ひねくれたオッサンである私(中澤)もチョッパーを見る度に思わずにはいられない。「クソ可愛い」と

だがしかし、野性爆弾のくっきー!が『ONE PIECE』を表現した結果……チョッパーが……チョッパーとんでもないことに!!

・BUSTERCALLプロジェクト

そんなイラストが投稿されたのは、『ONE PIECE』のアートプロジェクトである「BUSTERCALLプロジェクト」のインスタグラム公式アカウント(@bustercall_onepiece)だ。全世界から総勢200名のアーティストが参加するこのプロジェクトは、『ONE PIECE』を様々なアーティストが新たに表現するというもの

2019年10月4日には、第一弾参加アーティスト30名が発表され、公式アカウントでは続々と作品が投稿されている。その中に「肉糞太郎」の名前が

・肉糞太郎とは

肉糞太郎と言えば、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!がアーティスト活動をする際に使っている別名である。およそ常人には理解できない作風である肉糞太郎だが、世界的に評価され、その模様がTBSの番組『情熱大陸』でも放送されたことは以前の記事でお伝えした通りだ。

・肉糞ワンピ

ある意味かなり前衛的な肉糞太郎の作風。『ONE PIECE』の世界観とマッチするとは思えない。はたして、どうなっているのか? 「BUSTERCALLプロジェクト」の公式インスタグラムでは、そんな肉糞ワンピが公開されている。

全裸でくっきー!の顔をしたルフィ。こうなることは大体予想できていたが、チョッパーまでとんでもないことになっている……! あらゆる意味で野生がむき出しでマスコット感が一切ねェェェエエエ!!

・表現したこと

ちなみに、それぞれのイラストには作者のコメントが添えられている。このイラストのコメントは「“尻喰らい” 人間と動物の本来の力関係」だ。どういう力関係

本イラストについては、色んな見方があると思う。それはそれぞれ楽しんでいただくとして、公式インスタグラムの投稿一覧で見た時に、一発でくっきー!の作品と分かるインパクトはさすがだ

なお、本プロジェクトの参加作品は、11月にアメリカ・ロサンゼルスで開催されるストリートカルチャーの祭典「ComplexCon in Long Beach」に出展されるとのこと。自由に表現される全く新しい『ONE PIECE』は必見?

参照元:Instagram @bustercall_onepiece
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

【衝撃】ワンピースの尾田栄一郎先生が「ハマった」という漫画『異世界おじさん』を読んでみた結果 → 思ってたのと全然違った

ここ数年、タイトルに「異世界」と名の付くライトノベルやアニメ、漫画が増えている。超乱暴に言うと、冴えない主人公がある日異世界に転生し、無双することで現地の女の子にモテまくるみたいなジャンルのことだ(すべてがそうではない)。人気の裏には、人生をリセットしたいという世間の願望が潜んでいる……のかもしれない。

さて、話は今週発売の「週刊少年ジャンプ」に移る。『ONE PIECE(ワンピース)』の尾田栄一郎先生による、巻末の作者コメントに注目だ。ここで尾田先生が紹介しているのが、なんと『異世界おじさん』という漫画なのである。異世界……おじさん……? 何なのだそれは。

・尾田先生がハマった?

今週の週刊少年ジャンプ26号で、尾田先生が何やら謎の漫画を紹介している。これはネットでもちょっとした話題になった。その時の作者コメントがこちら。

「『異世界おじさん』の2巻を買ったということは僕はこの漫画にハマったんだろうか。」

ハマった! というよりは、どういうわけかハマっている的なニュアンスの一文だ。とはいえ、あの『ワンピース』の作者が紹介している漫画である。恥ずかしながら初めて耳にするタイトルだが、漫画好きとしてはチェックせねばなるまい! というわけで、さっそく本屋へGO。

・買ってみた

「KADOKAWA(カドカワ)」から出版されている『異世界おじさん』は、現在2巻まで発売されているとのこと。それらしき棚の前に立ってみると……おいおいおい。何だこりゃ! いくらなんでも異世界モノ多すぎるだろ!! 探しづれーーーッ! が、よく見ると平積みにされているな。ほほう、かなり売れているようだ。

とりあえず1、2巻を購入し、予備知識なしで読み始めることに。『異世界おじさん』というタイトルから、おじさんが異世界に行く話だとばかり思っていたのだが……その予想は最初のページをめくった瞬間に覆されることになる。

・異世界モノではない

書いたところでネタバレにはならないため書いてしまうが、舞台は異世界ではなく、我々が暮らす現実の世界だ。17歳の時にトラックにはねられて以来、17年間も昏睡状態だった おじさんがついに目を覚まし、その甥っ子が病院を訪ねてくるところから物語は始まる。

・帰還者だった

実はおじさんは17年間を剣と魔法の異世界で過ごしており、この度ようやく現実に帰ってくることができたのだ。一見すると完全にヤバイおっさんのため甥っ子も最初はドン引くが、マジで魔法が使えることが分かると態度が一変。おじさんを引き取り、その力を金にかえて食っていくことを心に決めるのである。

・皮肉っていくスタイル

そう、これは異世界冒険譚などではなく、ガチガチのコメディ作品なのだ。しかし、作中で回想されるおじさんの過去は壮絶そのもの。顔の醜さを理由に迫害されるわ、科学を披露すれば吊るされかけるわと散々極まりない。世に蔓延する異世界モノへの痛烈な皮肉が、これでもか! というくらいに効いているぞ。

それだけではない。異世界モノに必要不可欠な可愛い女の子との恋愛フラグをも、おじさんは自らバキバキにへし折っていく。それも無意識のうちに……。他の作品のキャラクターたちは異世界に行くことで尊敬と名誉、そして女の子を得るが、おじさんにはそんな特典は一切ないのである。お、おじさん……!

・ハマるのも納得

この記事を書いている時点で1巻まで読み終えたが、早く続きが読みたくて仕方ない自分がいることに気付く。もしかすると、尾田先生もこんな気持ちだったのかもしれない。『異世界おじさん』……当初抱いていたイメージとはまるで異なる奇妙な作品だが、かなり笑えるのでオススメである。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24