テレワークしながら料理もしやすい。新しい生活にフィットする間取りの考え方

リビングダイニングを見渡せるオープンな対面キッチン

コロナ禍をきっかけにすっかり増えてきたテレワーク。通勤時間がなくなる分、家事や趣味に時間を使えるメリットや、食事をゆったり楽しむこともできるように。

となると、ますます大切になるのは家の環境です。テレワークをしながら仕事がはかどり、料理もしやすい。これから建てる家には、そんな性格が求められています。新しい住宅のあり方について、建築家の新井崇文さんが自身の作例を交えながら解説してくれました。

仕事の気分転換に料理!オープンな対面キッチンで心地よく家事を

オープンな対面キッチンに立つ夫
テレワークでは、朝・昼・晩と一日三食料理をつくって食べる機会も増えるでしょう。特に昼食は、仕事時間の合間における貴重な気分転換にもなります。食べる時だけでなく、どうせなら、つくる時間も快適で楽しいものになれば最高です。

リビングダイニングから庭まで眺めながら作業できるキッチン

例として取り上げたこちらの家では、オープンな対面キッチンのプランに。シンク前に立った時に、リビングダイニングから庭まで眺めながら作業できます。明るく広々した空間を感じながら、心地よく料理ができる仕掛けに。

庭や眺望が楽しめる間取り

特にお庭や眺望を重視して家づくりをする方にとって、在宅ワークはいいチャンスと言えます。仕事の日でも、昼間からわが家の庭や眺望が楽しめるのですから。

庭や眺望に感心を持っていなかった方でも、在宅ワークが多いのなら「キッチンやワークスペースからお庭や眺望が楽しめる間取り」を検討する価値はあると思います。また、敷地選びの際に、意識してみるのもよいのではないでしょうか。

ワークスペースには、籠もり感と開放感のバランスが大事

ワークスペース
同じお宅のワークスペースです。ここは、一日の大半を過ごす場所。仕事に集中でき、かつ快適な空間であれば理想的です。

ダイニングキッチンのそばにワークスペースを設置

ワークスペースは、ダイニングキッチンに面しています。家事や休憩など、何かと過ごす時間の多いのがダイニングキッチン。その近くにワークスペースを設けることで、動線が短縮され、日常の移動がラクな間取りになっています。

籠れる雰囲気のワークスペース

ワークスペースとダイニングの間は腰壁や垂れ壁で柔らかく仕切り、少し籠れる雰囲気にしました。ワークスペースの床をダイニングから1段上げることで、仕事モードへと気持ちの切り替えができる仕掛けに。

ワークスペースからダイニングごしに庭の緑がよく見渡すことができる

ワークスペースの床をダイニングから1段上げた効果は、ワークスペースに座った時の見え方にも表れます。奥まった位置にあるワークスペースの椅子に座っても、ダイニングごしに庭の緑をよく見渡すことができるのです。
仕事の合間にふと前を見ると庭の緑が目に入ってくる…そんな環境であれば、仕事の疲れも癒されそうです。

ワークスペースのデスク背面に壁面収納を設置

気持ちよさも大事ですが、ワークスペースには機能性も求められます。在宅ワークでは、仕事の書類や道具類がお家に持ち込まれることに。適切な収納場所がないと、それらがリビングやダイニングなどくつろぎの空間にあふれてしまいかねません。
このおでは、ワークスペースのデスク背面に壁一面の収納棚を造りつけることにしました。書類や道具等を十分収納できるようにしています。

ピクチャーウィンドウにもなっている高窓

ちなみに、収納棚上部には高窓が。北側からの優しい光がワークスペースに降り注ぎます。また、この高窓はピクチャーウィンドウにもなっており、隣地の緑を借景として美しく切り取っています。

ワークスペースとキッチンが繋がると毎日がとても便利に

パントリーを介して直接行き来できる間取り
この家では、ワークスペースとキッチンが、パントリーを介して直接行き来できる間取りになっています。仕事をしながら、料理のお湯を沸かし始めたり、ワークスペースのパソコンモニターで料理レシピを確認しながらキッチンと行き来したり。この位置関係が「使いやすいです!」と住まい手さんにも好評です。

回遊できる間取り

「ダイニング→キッチン→パントリー→ワークスペース」と間取り全体を回遊できる動線することにはほかにもメリットが。ご夫妻はもちろん、訪問者など複数人で共同作業をしても、キッチンへの出入りや動作がしやすくなっています。

在宅ワーク中の昼食を楽しむ二人

こちらでは、夫婦ともに在宅ワーク。息の合った2人で、さっと昼食をつくり、楽しく食べているそう。そんな暮らしも素敵ですね。

●教えてくれた人/新井崇文さん
「新井アトリエ一級建築士事務所」主宰。横浜市在住。植栽を大切に外部から内部までトータルで考える心地よい空間デザイン、暮らしやすさに配慮した収納計画や造作家具、健康で快適な自然素材を大切にした住宅の設計を手がけている

Source: 日刊住まい

キッズデスクでワークスペースをリビングに構築してみた。このサイズ感絶妙すぎ

テレワーク用にキッズデスクを配置

「在宅で仕事をする機会が増えたけど、自宅に決まったワークスペースがない」という人は多いのではないでしょうか。

「ダイニングテーブルでのパソコン作業はなんだか不便」「仕事に集中できない」という悩みを解決するべく、日刊住まいライターがネットで見つけたのは、DOSHISHA(ドウシシャ)の「キッズデスク」。

価格もリーズナブルなので即購入!さほど広くないリビングに快適なワークスペースが生まれました。実際の使い心地をレポートします。

これなら、将来、子どもの学習机としても活躍しそうです。

部屋に決まったワークスペースがほしい!コンパクトなキッズデスクを購入

キッズデスクはパソコンデスクにもいいサイズ

これまで、ダイニングテーブルでパソコン作業をしていた筆者。しかし、食事前のパソコンの移動がなかなか面倒でした。

仕事用のパソコンデスクを置こうにも、部屋自体があまり広くないため置くスペースがありません。また、「この先ずっと在宅で仕事をするとも限らない…」という思いもあり、デスクの購入を悩んでいました。

そんなときに「楽天市場」で場所を取らないコンパクトなデスクを発見。

キッズデスクを学習机として使用
DOSHISHA(ドウシシャ)の「キッズデスク60W ナチュラル」は、価格も4980円(税込み)とリーズナブル。このデスクなら、在宅での仕事をしなくなったときにも、子どもの学習机として活躍すると思い購入に至りました。

限られたスペースでも問題なし!キッズデスクがテレワークに使える

キッズデスクとテレワーク用の椅子

実際に使ってみて感じた魅力は以下のようなものでした。

ちょっとしたスペースに置ける

部屋のスペースに限りがあるわが家では、コンパクトなことが必須条件。今回購入したキッズデスクのサイズは、幅60㎝×奥行42㎝×高さ84㎝。すでに置いてあるチェストと壁の間に収まるコンパクトなサイズ感。シンプルなつくりなので、圧迫感もなく快適に使用できます。

軽いので持ち運びもラク

キッズデスクの重さは、約5.5kgと軽いので移動も簡単にできます。引っ越しが多い転勤族にもおすすめ。掃除や模様替えのときに簡単に持ち上げられるのもうれしいポイントです。

パソコン作業には十分な広さ

縦40㎝×横56㎝の天板サイズなのでパソコン作業にも十分な広さ。背板とサイドフレームもついているため、本を並べておくこともできます。物が落ちるのを防いでくれるのも魅力です。

キッズデスクがあるリビングは、仕事に集中できおうち時間も快適に!

キッズデスクを購入して、仕事もはかどりおうち時間が快適になりました。

パソコンを移動する手間がなくなった

ダイニングテーブルにパソコンを置いておくと、なんだか部屋が散らかった印象に。そんなストレスが解消され、パソコンを移動する手間もかからなくなりました。

仕事に集中できるようになった

キッズデスクを導入したことでプライベート空間ができた
コンパクトなスペースですが、ワークスペースを決めたことにより、仕事がはかどるようになりました。また、子どもが産まれてから自分だけの空間がありませんでしたが、自分専用のデスクを導入したことで、プライベート空間を味わえています。

まだ足は届かないけど2歳の息子もお気に入り

キッズデスクと幼児

在宅での仕事は子どもが小学校に上がるまでと考えているため、その後は子どもの学習机として使用する予定です。2歳の息子はまだ足が床に届きませんが、将来的にも活躍してくれそうです!

Source: 日刊住まい

ワークスペース、書斎、和室。8年住んでわかった「あってよかった」スペース

廊下に設けた夫のワークスペース
しっかりとプランニングをして家を建てたつもりでも、しばらく住むうちに部屋の使い道が変わったり、あまり使っていなかった部屋が急に役立ったり、という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

8年前に自宅を新築した日刊住まいライターは、ワークスペースや書斎、和室など、「あってよかった」と感じているスペースがいくつかあるといいます。

廊下に小さなワークスペースをつくっておいてよかった

夫の小さなワークスペース

筆者は8年ほど前に自宅を新築しました。その際、夫が「書斎で仕事をすることは少ないから、廊下にデスクがあるくらいのスペースでいい」と言うので、2階の廊下の端にデスクを造作し、その横に夫のクロゼットを配置しました。

ところが、夫は自宅に仕事を持ち帰っても、ダイニングテーブルか和室ですることがほとんど。せっかくつくった2階のワークスペースはほぼ使われないままでした。

コロナの影響でテレワークをする時間が増え始めた昨年からはワークスペースの稼働率がグンとアップ。1階では子どもたちが遊んでいて集中できないので、このスペースがあって本当によかったです。小さなスペースではありますが、パソコンや書類を置いて仕事をするのには十分な広さ。

廊下なので、電話やオンライン会議などは少しやりにくいらしく、別の部屋でしています。ただ、それほど頻度は多くなく、出社することも多いので、このくらいのスペースでちょうどよかったのかもしれません。

寝室の隣に引き戸付きの書斎をつくって正解だった

書斎の棚

筆者は音楽関係の仕事もしていて、曲や楽譜を制作することもあるため、寝室の隣に書斎をつくりました。広さは約2畳ほどで、手を伸ばせば本や書類、鍵盤が届くコンパクトなスペースです。

この書斎は屋根ドーマー(屋根の上に突き出た、小さな屋根付きの窓のこと。屋根窓ともいう)にあり、ちょっとした隠れ家のような雰囲気が気に入っています。ただ、屋根ドーマーは外壁の傷みが早く、夏はものすごく暑く、冬は寒いのがデメリット。

引き戸で仕切れる書斎

隣の寝室で寝ている子どもたちの様子を見ながら仕事ができるので、ここに書斎をつくって正解でした。引き戸で仕切れるようになっているので、音が気になるときは閉めて作業に集中できるのも、助かっています。

和室は来客時にも便利。ふだんは子どもスペースとして大活躍

リビングの先にある4畳半の和室

リビングの先にある4畳半の和室は、夫婦ふたりのときはそれほど活用していませんでしたが、子どもが生まれてからは大活躍。おむつを変えたり、おもちゃを広げて遊んだりも気兼ねなくできますし、ハイハイの練習もしやすいです。

障子を閉めた和室

障子を閉めると個室のように使うこともできるので、友人や親族が泊まりに来たときなどにとても便利。ふだんは戸袋に障子を引き込んでいるのでリビングを広く感じられます。

和室の障子
社会環境の変化や子どもたちの成長によって、部屋の使い方は今後も変化していくと思いますが、柔軟な発想でうまく住みこなせていけたらと思っています。

Source: 日刊住まい

自宅ワークスペースを快適に。思い入れのある家具をリメイクしてみた

手持ちの家具をリメイクしたデスクと、オーダーしたオープンシェルフ

新型コロナウイルスの影響で、自宅にワークスペースを設ける人が増えています。そうなると必要になるのがデスクや椅子。新たに購入するのが手軽ですが、思い入れのある手持ちの家具を活かすのもあり。リビングテーブルを家具屋さんでリメイクし、それに合わせてオープンシェルフもオーダーメイドした事例を紹介します。

座卓で仕事をすると腰に負担がかかる…

寝室の一角に座卓を置いて確保したワークスペース

夫がこの春からテレワークになり、取り急ぎ家にあった座卓を用意し、寝室の一角になんとかワークスペースを確保しました。

でも、座卓でずっと仕事をするのは腰に負担がかかり、つらそうな様子。そのため、デスクの導入を検討し始めました。

思い入れのある家具をリメイクしてデスクに

15年ほど前にウォールナット材を使ってオーダーメイドしたリビングテーブル

元々このスペースには、義理の両親の写真などを飾るためにこのリビングテーブルを置いていました。

このリビングテーブルは15年ほど前にウォールナット材を使ってオーダーメイドしたものです。このリビングテーブルの天板をデスクとして使えないか家具屋さんに相談し、リメイクすることに。

15年の間に日焼けしてしまった天板は、削ってオイルを塗ってきれいにしてもらい、脚を新たに付け直すことで、デスクとして蘇りました。同時に、デスクと同じ高さのオープンシェルフもオーダーしました。

コンセントを設置するなどして使いやすく

注文してから約1か月半で、デスクとオープンシェルフが出来上がりました。寝室のベッドと同じウォールナット材なので、統一感があります。

完成したデスクとオープンシェルフ

元の用途が飾り台だったため、奥行きは45cmと若干狭いのですが、幅を120cm確保することができたのでパソコン作業などは問題なくできそうです。

オープンシェルフにコンセントを設置

同時にオーダーしたオープンシェルフにコンセントを設置してもらったので、パソコンやスマートフォンの充電にも便利です。

右側のデスク部分の天板は経年変化によって柔らかな色合いに

同じウォールナット材ですが、右側のデスク部分の天板は経年変化によって柔らかな色合いになっていて、筆者宅の歴史を刻んいるようで嬉しく思っています。義理の両親の写真は、オープンシェルフに飾っています。

シェルフの下部分にもコンセントを設置

また、シェルフの下部分にもコンセントを付けたので何かと便利に使えそうです。

デスクチェアは入荷を待っている状態で、家にあるスツールやダイニングチェアを使ってしのいでいます。ちなみに費用は、デスクのリメイク、オープンシェルフの造作と合わせて約19万円ほどでした。

既製品に比べるとどうしても割高になってしまいますが、思い入れのある家具を活かすことができましたし、室内のインテリアにもマッチしているので、良い選択だったと思っています。

Source: 日刊住まい