【競馬予想】盆休みの小遣いを早めにゲット! 小倉記念&レパードステークスを有力馬から馬単攻め!!

早いもので、もうすぐ盆休み。休みの日程は人によって異なるかもしれないが、今から旅行やお出かけのプランを練られている方も多いのではないだろうか。

しかし、どこへ遊びに行くにもお金は必要。今週は小倉記念&レパードステークスを予想して、盆休みの小遣いゲットを目論みます。サクッと当てて、ゆとりのある夏休みを迎えよー!

・池江厩舎は小倉が得意?

日曜小倉のメインは、芝2000mで行われる小倉記念。サマー2000シリーズの第3戦で、今年は「ディープインパクト追悼競走」の副題を付して実施される。

過去の結果を振り返ると、池江厩舎の馬が好走していることに気づく。近10年で延べ5頭が6回も馬券に絡んでいる(13年ラブリーデイ2着、14年サトノノブレス1着、15年&16年ベルーフ2着、18年サトノクロニクル2着、マウントゴールド3着)ほか、さらに遡ると08年ドリームジャーニー1着というのもある。

そこで今年は3頭を出走させる池江厩舎(①カフェブリッツ、②アイスバブル、⑬ストロングタイタン)から、最も勢いのある②アイスバブルを狙ってみたい。昨夏から順調に昇級してきた上がり馬で、重賞初挑戦となった前走の目黒記念でも2着と健闘。小倉コースも2戦して2連対と好相性だ。

脚質的にも融通が利くタイプで、軸馬には最適。そういえばこの馬、POG(仮想馬主ゲーム)で指名してたなあ……。もうちょい早く活躍してほしかったけど!

そんな愚痴はさておき、馬券は馬単で勝負。②アイスバブルを軸にして、相手は①⑦⑧⑫⑬。池江厩舎は全頭おさえます。

・ヴァイトブリック、発馬順調なら

日曜新潟のメインは、ダート1800mで行われる3歳馬限定の重賞・レパードステークス。レースの傾向としては、圧倒的に先行馬有利。ある程度ポジションを取れる馬から買いたい。

本命は④ヴァイトブリック。実はユニコーンステークスの予想をした際も、この馬を本命にしている。そのときも書いたが、先行押し切りの安定感ある競馬が魅力。ユニコーンステークスでは11着と不発だったが、これはゲートで大きく出遅れ追走に脚を使わされたのが全て。度外視でいいだろう。

2月に行われたヒヤシンスステークスでは、今回人気を集めそうな⑩デルマルーヴルに先着。スタートさえ無難に決めれば実力上位とみて、再び本命に指名する。今回こそ、頼みますよ。いやマジで。

馬券はこちらも馬単で勝負。④ヴァイトブリックを軸にして、相手は⑥⑩⑫⑭⑮。

2019年7月30日、日本競馬界の至宝・ディープインパクト号が天国へと旅立った。無敗で達成したクラシック3冠、失意の欧州遠征、有終の美を飾った有馬記念……一挙手一投足が国民の注目を集める、史上まれに見るスターホースだった。成し遂げられなかった凱旋門賞制覇の夢は、きっと彼の子供たちが叶えてくれることだろう。今はただ、冥福を祈りたい。

参考リンク:JRA公式サイト
予想・執筆:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【競馬予想】北海道シリーズ開幕! 函館スプリントSは持ち時計最速のタマモブリリアンがドカンと穴を開けます / ユニコーンSの予想もあるよ

春の総決算・宝塚記念を翌週に控えるなか、今週からは函館競馬が開幕。少しずつ夏競馬の足音も聞こえはじめている。

函館スプリントステークスには、高松宮記念で1番人気に推されたダノンスマッシュ(結果は4着)が再起を期して参戦。さらにユニコーンステークスにはダート界のスター候補生が勢揃い。今週も競馬から目が離せない!

・持ち時計がキラリ、タマモブリリアン

函館競馬の開幕を飾る重賞レースは、芝1200mで施行される函館スプリントステークスだ。ファインニードルの引退で混沌としている短距離路線。ダノンスマッシュの復活はあるのか、はたまた新たなスター誕生となるのか。

洋芝への適性が問われる函館コースだけに、過去の戦績から予想を組み立てていきたい。今回のメンバーのなかで函館・芝1200mへの出走経験がある馬は8頭。当コースにおける各馬の最速走破タイムを比較すると……

①サフランハート → 69.7秒
③シュウジ → 67.7秒
⑤リナーテ → 68.7秒
⑥ダノンスマッシュ → 68.4秒
⑧トウショウピスト → 68.8秒
⑨ユキノアイオロス → 68.0秒
⑪アスターペガサス → 69.4秒
⑫タマモブリリアン → 67.6秒

⑫タマモブリリアンが2017年のHTB杯で記録した67.6秒が最速となる。つまり、当コースで最も速いタイムで走った実績があるということだ。

走破タイムには展開や馬場差も影響するため、必ずしもタイムの早さ=馬の強さではない。しかしそれを差し引いても、この67.6秒というタイムは優秀だ。過去の函館スプリントステークスを振り返ってみても、67.6秒より速い勝ちタイムで決着したのはわずか1度のみ(2017年の66.8秒)。持ち時計という観点から、⑫タマモブリリアンは当レースで勝ち負けする資格が十分にあるといえる。

また、昨年の函館スプリントステークスにも⑫タマモブリリアンは出走している。5着だったものの直線で外に被されて微妙に追い出しが遅れており、悲観する内容ではない。しかも昨年の1~4着馬は今回不在。穴を狙うならこの馬だ。

3歳以降は毎年函館に遠征しており、今回は5カ月半の休養を挟んでの叩き2走目。ここを目標に仕上げてきた可能性は高い。

馬券は⑫タマモブリリアンを軸に、ワイドで流す。相手は③④⑤⑥⑬。高松宮記念から巻き返しを狙う⑥ダノンスマッシュは陣営のコメントが煮え切らない。相手まで。

・ユニコーンステークスはヴァイトブリックに注目

東京のメインはダート1600mのユニコーンステークス。昨年の勝ち馬、ルヴァンスレーヴは今やダート路線の主役を張る1頭。今後を占う意味でも目が離せないレースだ。

本命は③ヴァイトブリック。近3走は先行して、それなりに速い上がりでまとめる内容。自分の好走パターンを持っている点を評価して軸に据える。ちなみに父・シンボリクリスエスは昨年1着のルヴァンスレーヴをはじめ、2014年3着のバンズーム、2017年3着のサンライズソアを輩出している。鞍上の戸崎騎手は過去に当レース2勝と、こちらも好相性だ。

馬券は③ヴァイトブリックを軸に、馬連で勝負。相手は⑧⑩⑪⑭⑮。

ちなみに穴馬でも短距離なら「どさくさに紛れて何とかなるかも」と思ってしまうのは筆者だけだろうか。競馬あるあるだと思うが……。いずれにせよ、宝塚記念まで1週間。今週はダブル的中でグランプリの軍資金をゲットしよう!

参照元:JRA公式サイト
予想・執筆:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24