ヴィーガン向けの、卵も白砂糖も入ってないアイスを食ってみた / 細菌で着色したものや、炭のジェラート

肉が好きだ。そして砂糖も大好きだ。私は「野菜を食え」と言われたら、オリーブオイルをぶっ掛けて「野菜だ」と言い張るレベルの肉食主義者。人類が新たなステージを迎えるための鍵は「MAXコーヒー」にあると考えているほど甘いものが、つまりは砂糖が好きである。

そんな具合なので、ヴィーガンたちは実に味気ない食生活を送っている……そう思っていた。肉だけじゃなく、卵も白砂糖もNGだというのだから。しかし、世の中にはそんなヴィーガン向けのアイスがあるというではないか。果たしてちゃんとウマいのか食ってみることに。

・ウマかった

ぶっちゃけ最初は期待していなかった。例えば、肉を使わないハンバーグというのがある。あの手のものは結局どこかで植物チックな味がして「あ、肉じゃないわコレ」となってしまう。それと同様に、卵も白砂糖も使わないアイスなど、どこかで「何か違う」と感じるのだろうと。

そんな感じで食べてみたが……結論から言うと、ウマかった。コンセプトやフレーバーについては実に独特だと感じたものの、少なくともアイスに関しては、ヴィーガン向けでもそこまで違和感は無いなと。

・青いソフトクリーム

ちなみに、今回ヴィーガン向けのアイスを食べに行ったのは、渋谷の「Super ice Creamery」というお店。そこの「ブルーアーモンド(税込み518円)」なるソフトクリームである。

牛乳を使ってないので厳密にはソフトクリームではないのだと思うが、見た目的にはソフトクリーム。面倒なのでソフトクリームと呼ばせてもらおう。

色が青ということで、インパクトがある外見をしており、その方向で突っ込んでもいいのだが……やろうと思えば、昨今は何でも青くできる。今回は色について特にリアクションしないでおこう。

それよりも興味深いのが、青い色の出どころである。この色は、ある細菌……シアノバクテリアを使って着色したものらしい。ちまたでは「スピルリナ」とか呼ばれているヤツだ。きっと、何か青色1号とかではダメな理由があるのだろう。

ヴィーガン向けなので牛乳も白砂糖も入っていないが、看板を見るにココナッツミルク、アーモンドミルク、そしてbrown rice milk……つまり、玄米の粉乳的なものだろうか? そのあたりを使ってソフトクリーム的なものにしているらしい。

たとえヴィーガンとて、ソフトクリームが恋しくなるものなのだろう。まあ赤ん坊の頃からヴィーガンだった人はいないだろうし。動物由来の食い物を完全に排除して人間が健全に成長できる保障は無い。母乳すら動物性なのでNGになってしまうし、倫理的にどうかとも思う。

つまり、ヴィーガンとて人生のどこかで甘いソフトクリームを食った記憶があるわけだ。そしてヴィーガンとなってからも、食べたいという欲求が出てくるのだろう。この青いソフトクリームには、それを叶えるための創意工夫を感じる

味のほうは「ちょっと変わったウマいソフトクリーム」である。やはり牛乳が無いからだろうか。クリーム部分のこってり感やコクのようなものは控えめだし、甘さも控えめ。

かなりライトでサラっとしている。しかしちゃんと甘いし、結構ウマい。個人的にアイス関連はクリーム系よりもシャーベットとかの方が好きなので、このあっさり感はむしろ好ましい。

「牧場絞りたてで超絶こってりハイパー濃厚ソフトクリーム」的なものが好みの人からすれば物足りないかもしれない。でもそういう濃厚過激派じゃない限り、「普通にソフトクリームやん」となるクオリティ。よくできている。

・炭のジェラート

そしてもう一つ好奇心をかき立てられたのが、ケースに入っている真っ黒なジェラート。なんやこれ……とメニューを見るとCharcoalと書いてある。Charcoal、すなわち……

_人人人_
> 炭 <
 ̄Y^Y^Y ̄

一体何の炭なのかは分からないが、とにかく炭である。どういう思考の果てに炭をジェラートにしようなどと思ったのか全く分からない。分からないが、炭ジェラートなんて面白そうではないか。

程なくして提供された、炭ジェラート。ジェラートの上に、細切り的なココナッツやら、大豆などがふりかけられていた。

食ってみると……

_人人人人人_
> 甘い炭 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

甘い炭とか何を言っているのか分からないと思うが、私も何を食っているのかよく分からない。炭と聞いてイメージするであろう、苦い感じは微塵も無い。今までに味わったことの無い炭である。

ココナッツはともかくジェラートに大豆というのも珍妙に感じたが、なるほど炭に大豆は良く合う。スイーツというよりは、むしろサラダみたいな感じがする。そして根拠は無いのだが、なんだか意識が高い系の味な気がする。

悪い意味じゃなく、ガチに素直に「変わったもの食うんだなぁ……」というのがトータルでの感想。ウマいかマズいかで言えば、確かにウマい。よくできている。特に、好奇心が満たされる感は半端無い。

ただ味そのものについては、別に炭じゃなくてもいいんじゃないかなぁと思わなくも無い。まあ炭の味は炭にしか出せないのだろうし、唯一無二なのだろう。あるいは……ヴィーガン食には全く詳しくないのだが、もしかして炭はわりとその界隈じゃメジャーなのだろうか?

・興味深いです

なんとなくこれらの味は、非ヴィーガンであればまず行き着くことの無い世界のモノな気がする。ソフトクリームも炭ジェラートも、制約の中で色々と試行錯誤しまくった果てに生み出された的な。

ヴィーガン向けの食べ物……好奇心を満たすという方向においてはかなり強い気がする。まだまだ非ヴィーガン的に未知のものが沢山あるのではなかろうか。ヴィーガンになる予定は全く無いが、新しい食体験が待っていそうな気がする。

参考リンク:渋谷ストリーム
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

肉を毎日食っているメタボ男性が『ヴィーガン専門のコンビニ』に行ったら「毎日でも食べたいもの」があった

結論から言うと、である。弁当に入っていたご飯が、めちゃくちゃ美味かったのだ。そのご飯は、玄米と黒米を混ぜて炊いたっぽいから、よくある白米じゃない。慣れたお米じゃなかったけれど、最高だった。

何が違うかと言われたら、 “炊いた感” と言うべきか、“手作り感”と言うべきか。まぁ、そのコンビニは店内でお米を炊いているから、“手作り感” があるのは当然と言えば当然なのだが。

──と、私がもっとも惹かれた点を記したところで、そのコンビニついて触れていきたい。

・浅草にある『ヴィーガンストア』

タイトルにもあるように、それはヴィーガン専門のコンビニである。ではヴィーガンとは何か? 知らない人もいるだろうから簡単に説明すると、「ベジタリアンをさらにストイックにした人たち」と言ったところだろうか。

ヴィーガンの人たちは、肉や魚だけでなく、卵、牛乳や乳製品、蜂蜜なども食べないらしい。それどころか、衣服、その他あらゆる形態の動物から摂取したものを取り入れないそうだ。

ざっくり言えば、ベジタリアンは「基準が人それぞれの菜食主義」なのに対して、ヴィーガンは「完全菜食主義+ライフスタイル」……だと、姉妹サイト『Pouch』の記事に書いてあった

そんなヴィーガン専門のコンビニってことは、当然置いてあるものも “そういう系”。ヴィーガン認証マークを取得した商品を優先的に取り扱っており、おにぎり、サンドイッチ、お惣菜などの弁当類、ホットスナック、ヴィーガンソフトクリームなどの自社商品に関してはすべて店内で製造

植物性というだけでなく、添加物も使わずに手作りにこだわる……ってことも、これまた姉妹サイト『Pouch』の記事に書いてある

詳しい情報が知りたい方はそれらの記事を見ていただくとして、以下では私が生まれて初めてヴィーガン食を食べた感想をお伝えしたい。なお、私は毎日肉を食べる生粋の肉好きであり、高カロリーなものや甘いものを心から愛している

ゆえに、自分には合わない可能性大だと覚悟したお店に向かったのだが……結論を言うと、それは単なる思い込みであった。感想を1つ1つ紹介していこう。

・パスタ

「『ヴィーガン食』と言われなければ全く分からないない。特にキノコがうまい。ミルク的なもの(ココナッツミルク?)が全体をうまくまとめて良い仕事をしている。価格:1000円(2Fレストランメニュー)」

・スープ

コンビニのイートインスペースで出るレベルのスープじゃない。ただただ美味。私が訪れた時はカボチャのスープで、野菜の旨味が濃い。「スープって手作り感が大事よね」と確信させられる味。

余談だが、香りからして美味しそうだったので、写真を撮る前にひとくち飲んでしまった。価格:料理にプラス250円(2Fレストランメニュー)」

・さけかすヴィーガンケーキ

「ひとくち目は「こんなに媚びないケーキ、他にある?」と思ったが、次第に「媚びない甘さって、ええやん」となった。甘さという点では一般的なケーキに劣るものの、不思議と物足りなさが無いのは、酒粕の効き具合が絶妙だからだろう。価格:420円」

・ソフトクリーム

「プラス50円でローゼルシロップをトッピングしたソフトクリーム。これまた媚びない味。甘さのほとんどはトッピングのローゼルシロップによるもので、ソフトクリーム自体の甘みは少なめ。

このヴィーガンソフトクリームと普通のソフトクリームが並んでいたら、私なら普通のソフトクリームを選ぶだろうが、決してヴィーガンソフトクリームの味が悪いわけではない。アリ。価格:200円(トッピング+50円)」

・メンチカツ

「メンチカツ弁当に入っていたメインの具材・メンチカツだが、ヴィーガン向きなので当然ながら牛肉が使わているわけではない。『大豆まるごとミート』なるものが使わているようだ。早い話が豆なので、食感はややモサっとしている。

肉好きとしては、やはり牛肉入りのメンチカツの方が美味しいと感じたが、「こういう食材で味を寄せられるんだなぁ〜」という点が驚き。価格:ライス等が入って700円」

・ライス

「先述の通り。めちゃくちゃうまい」

──といったところで、少なくとも自分が食べた範囲で「合わない」と思うものは1つもなかった。

ちなみに、そのコンビニは2Fがレストラン(イートインスペース)になっているから、そこで済ますことも可能。さらに食べたければ持ち帰ればいいから便利である。私の場合、パスタ&スープを店で食べた後にメンチカツ弁当・スイーツ・ソフトクリームを持ち帰った。

そのメンチカツ弁当を食べたときに、冒頭で述べたようにご飯の美味さにやられた次第。お米を愛する身としては、これはポイントが大きい。肉好きがこんなことを言うのも変だけど、このコンビニ、近所に1つ欲しいかも。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 VEGAN STORE(ヴィーガンストア)
住所 東京都台東区西浅草2-25-9
時間 平日06:00~23:00
休日 月曜日

参考リンク:VEGAN STORE
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24