【中国で人気】すき家の限定メニュー『お好み牛玉丼』はあっさり自作可能!…なのに全くの別モノを作り出してしまった “世紀の凡ミス” とは

夏に中国を旅行中のこと。日本食が恋しくなった私は近くのすき家へ駆け込んだ。日系外食チェーンの中国進出はめざましく、おなじみの店舗を簡単に見つけることができるのである。麻辣、香辣、火辣などなど中国っぽい牛丼メニューが並ぶなか、日本食を欲している私にはスタンダードな『牛丼』一択! と、思いきや……

『大阪焼風味牛丼』(22元/約340円)なる珍メニューを発見し、フラフラと注文してしまった。牛丼の上に生キャベツのみじん切り、ソースにマヨネーズ、かつお節と青のりが乗っている。そういえば「大阪焼」と聞いて日本人の私は即座に「お好み焼きだな」と判断したけれど、中国においても「大阪焼=お好み焼き」の方程式は成り立つのだろうか?

・衝撃的な中毒性

ただでさえ味の濃い牛丼の上にソースとマヨぶっかけ、という暴挙である。「上品な薄味でないことだけは確かだろう」そう思いながら食べてみると……うん。やはり下品で濃厚な味わいだ。まさにジャンク。“牛丼にソースとマヨぶっかけた味”としか言いようがない。しかし……

下品で濃厚で超ジャンクなのに……なぜだろう。「悪くない」と思っちゃってる自分がいる。

「悪くない」が「好きかも」へ変わるのに時間はかからなかった。私は本来このようなジャンクフードを好むタイプではない。自分でも分からない。でも止められないこの想い……ヤンキーに恋しちゃう女子中学生の気持ちが今なら分かる気がする。

なぜこんなにウマいのだろう? そう考えるうち、「これはむしろ“牛丼風お好み焼き”なのではないか」と悟るに至った。米入りのお好み焼きだと思えば全然ジャンクじゃない。結局中国滞在中に3回も食した『大阪焼風味牛丼』との別れは辛かった。

・日本で発売しとるやないかーい

日本へ帰国後、悲しみに暮れながら東京の街を歩いていた私。ふと通りかかったすき家に目をやると……見慣れたメニューが「発売中」とあり、マジでひっくり返りそうになる。

『お好み牛玉丼』……!

似てる。似てるぞ……ってか同じだろうコレは。『大阪焼風味牛丼』と激似メニューの『お好み牛玉丼』を、並べて食べ比べたわけではない。だが私の舌が記憶する限り、おそらく味は同じである。唯一の違いは中国の温玉に対して日本では生卵なことくらいか。

実は『お好み牛玉丼』は以前期間限定で発売されたことがあったらしく、今回は「限定復活」とのこと。復活したということは、日本にも私のような支持者がいるということである。さらに中国ではレギュラーメニューであることを考えると、中国人により強く好まれているといえそうだ。理由は分からないけれど。

・もう2度と離れたくないから

早すぎる再会を喜んだ私はひと夏の間『お好み牛玉丼』を大いに味わった。しかし販売期間は無情にも10月中旬まで。中国へ行けばまた食べられるとはいえ、できることならもっと手軽に入手したい。

と、なれば自作するしかないだろう。用意する材料は以下のとおりだ。

・すき家の牛丼
・キャベツ
・お好み焼き用ソース
・マヨネーズ
・生卵
・かつお節
・青のり

まず刻んだキャベツ適量を牛丼に乗せたなら……

ソースとマヨ……

生卵にかつお節、青のりをお好みで振りかければ……

あっさり完成! メチャ簡単! 本物の『お好み牛玉丼』と並べても見分けがつかない仕上がりだ!

・世紀の凡ミス

ところが実際出来上がったものを食べてみると……本物とは明らかに味が違うのである。キャベツの生っぽさ、マヨの量などは適切だというのに。

悩むまでもなく、違うのは「ソースの味」なのだった。

今回なんとなく購入したのは近所のナチュラルローソンで売られていたお好みソースである。恥ずかしながら私は30余年の人生で、お好み焼き用のソースにこれほども味の違いがあることを知らなかったのだ。なんてこった……「すき家の秘伝ソース」を出されたら再現なんて不可能じゃねぇかよ……!

途方に暮れつつ、あわよくば成分でも公開されていないかとネットで調べてみることに。すると……そこには衝撃的な「答え」が記されていたのである。

正解はズバリ『オタフクソース』と公表されていました!

・あるいは可能性への挑戦

とんでもない凡ミスにより再現チャレンジは失敗に終わってしまった。しかし、だからといって完成品がマズかったわけではない。本物に比べると甘さ控えめな大人の味。むしろこちらのほうが好きだという人も普通にいる気がする。

ひとまず販売終了後も『すき家のお好み牛玉丼』を食べたい! というファンの方へは、上記レシピでかなり忠実に再現が可能であることをご報告しておこう。ただしソースだけは絶対に「オタフク」をチョイスしなきゃダメだ。

その上でさらにコアなファンは「本家超え」のオリジナル牛玉丼作成にチャレンジしてみてほしい。お好み焼き用ソースは様々なメーカーから発売されているので、自分の好みがきっと見つかるはずである。さぁ……ともに「お好み牛玉丼界」を盛り上げていこうぜ!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【11時間の旅】中国の寝台列車で一夜を過ごして得た「たったひとつの教訓」

日本でかつて長距離移動の主力選手だった夜行列車は、現在かなりその数を減らしている。わずかに残った寝台列車も移動の手段というよりは、その情緒を楽しむという存在意義が大きいようだ。

片道数万〜数十万円する豪華寝台が大人気で、チケットが抽選になるというニュースをたまに耳にする。飛行機や新幹線の何倍もの時間とお金をかけて乗車する価値が、寝台列車にはあるのだろう……たぶん。「よくわかんないけど1度乗ってみたい」と思っている人は多いはずだ。

日本の約26倍の面積を有する中国では、現在も多くの夜行列車が運行しているのだという。庶民にもお手頃な価格設定だ。せっかく中国へ遊びに来ているので、チョッピリ怖いけど乗車してみることにした。異国の列車で夜を明かすなんて、旅のプロみたいでカッコいい!

・ビビらなければ簡単

今回乗車するのは『D列車』というタイプで、寝台列車の中では一番ランクが高いもの。上海〜深センを11時間強で結ぶ。中国の列車にはランクがあって、同じ区間を約2倍の時間かけて激安走行する列車も存在しているが……初心者なので無難なチョイスで勘弁して頂きたい。

運賃は日によって変動し、この日は760元(約1万1900円)。これは飛行機と大差ない。しかし1泊ぶんのホテル代が浮くので、ものは考えようである。下段ベッドだと830元と言われたが、違いが分からず安い上段ベッドを予約した。これがのちに悲劇を招くとは思いもしなかった。

チケットは日本語サイトで簡単に予約可能である。パスポートの提示が絶対なので忘れないようにしたい。窓口でもゲートでもパスポートを見せれば「ああ、外人ね」と行くべき方向へ手招いてくれるので、とにかく行っちゃえばなんとかなる。言葉が分からなくても無問題だ。

高速鉄道専用の駅は空港のよう。日によってはメチャ混むらしく、出発2時間前くらいには到着しておくと安心である。

窓から内側をのぞき込むと……

ワーーーーッ! なんか素敵じゃん! 過ごしやすそうジャン!

・人生最大のミステイク

結論から先に申し上げると、私がこの旅で学んだ「皆様にお伝えしたいこと」はたったひとつ。とても重要なことなので、できれば声に出して読んでいただけると幸いだ。せぇ〜の……

「中国で寝台列車に乗るときは、日程をずらしてでも下段ベッドを予約するべし」

4人1部屋の個室ドアを開けてビックリ……なんと、上段ベッドからは鉄道の醍醐味たる「車窓の景色」が見えない仕様なのだ。景色を見ないで11時間も何すんの? おまけにハシゴも見当たらない。同部屋の男性にたずねると……

壁に収納されたちっちゃい出っ張りに片足をひっかけ、「よっこいしょ」と勢いをつけてよじ登るシステムとのこと。パンツ丸見えであるうえに、これは想像以上に筋力を要する。年配や足腰の弱い人には登ること自体が困難なのではないだろうか。

サイドには手すりがあるのみだ。大きく揺れたら簡単に落下しそうだけど大丈夫なのか? 寝相が悪い人は注意が必要。

見下ろすとゾッとする高さである。

荷物を置くとスペースは結構キツキツ。大きなスーツケースがあったらジ・エンドだ。

隣の人との間隔はごくわずか。ちょっと隙間の空いたダブルベッドやないか。座ると天井に頭がぶつかるし、寝る以外何もすることがないぞ……。

それにひきかえ下段は、ベッドがソファの役割も果たしていて寝ようが座ろうが自在だ。床スペースの利権について詳細は不明だが、実質下段の人のものという雰囲気なので荷物も置き放題。しかもテーブルに飲み物までついている。

下段の2人は、過ぎゆく景色を眺めながら楽しげに酒など飲み始めた。いっぽう私は足も伸ばせず揺られるのみだ。たまに隣のお兄さんと目が合えば若干気まずい。トイレへ行くのもひと苦労。たった70元(約1090円)でこれほどの差が生じていいものなのだろうか?

わずかな金をケチるかケチらないか。その選択を迫られる場面が人生には幾度となく訪れる。たいした考えもなくケチり続けてきた私は、上段ベッドで天井を見つめながら「人生を見つめ直そう」と思ったね。マジで。

・安住の地それは食堂車

どうしても車窓を眺めたかったので車内を探索することにした。通路には折り畳みの椅子が備え付けられており、座って外を眺めることも可能ではあるのだが……

すげぇ邪魔なので座りづらいのだ。

歩きざまにヨソの個室に目をやると、同じベッドでイチャつくカップルなどが目に付く。あんなのと同室になったら行き先は地獄であろう。私の同室は穏やかな中国人男性3人で、いびきは少しうるさいが平和であった。席運も列車旅の重要なポイントだ。

しばらく歩くと、はじっこにお待ちかねの食堂車を発見した。

食べ物はスナック類と、チンするタイプのラーメンか弁当しかないという。ウマいわけはなさそうだが、旅の記念に30元(約470円)のラーメンとジュースをオーダー。この金で下段ベッドに寝たかった……という話はもう忘れたい。

ラーメンはぬるくてホニャホニャ! これも旅の醍醐味というやつな気がする。

この車両は食堂車というより憩いのスペースで、注文しなくても利用可能であるようだ。ビジネスクラス並にゆったりフカフカな椅子、大きな机、流れる景色……。寝台にいるよりよっぽどいいと思ったが、利用者は少なめである。旅情を楽しみたい派は中国には少ないのだろうか。

食堂車で3時間ほど過ごし、寝台に戻るとお弁当が置かれていました。外国の日常は我々の非日常なのだな。

・うーん、寝ちゃった

横になるだけのつもりが寝てしまったようで、気づけば夜は明けていた。狭いだの怖いだのと文句を言っていたわりに、ベッドは非常に快適な寝心地で疲れがバッチリ取れている。転落した形跡もない。

車窓から眺める景色は田園風景から次第に「伸びゆく中国」といった風情の都会に移りゆき、目的地はもうすぐである。

体感としては本当に「あっという間」に深センへ到着!

人々が車内でタバコを吸ったり通路にゴミが散乱しているような、古き良き「中国の長距離列車」の光景には今回遭遇できなかった。それらはどこか別の路線にあるのか、もしかするともう存在していないのかもしれない。ちょっと残念だけど、また機会があれば別タイプの車両にも乗車してみたいと思う。

「D列車」に関しては日本の新幹線と変わらない乗り心地なので初心者も安心である。中には目的地まで数日かかる路線もあるので、鉄道ファンなら一度は中国を訪れてみるべきだろう。その際はどうかどうか下段ベッドを予約してほしい。

参考リンク:Trip.com
Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【現地レポ】『千と千尋の神隠し』が中国で18年越しの公開! 初回上映の様子を正直にお伝えするぞ!!

本日2019年6月21日は日中両国にとって記念すべき日となる。言わずと知れたスタジオジブリの大大大ヒット作『千と千尋の神隠し』中国全土で初上映されるのだ。ちなみに中国のタイトル表記は『千与千寻』。「神隠し」がどこ行っちゃったのか気になるところである。

公開にあたって宮崎駿監督が中国ファンに向けて書いたメッセージとイラストがお披露目されるや、中国版ツイッター『微博』には6000近くのコメントが寄せられた。中国版ポスターが「美しい」と話題になるなど、注目の高さがうかがえる。

私は幸運にも、この歴史的瞬間を中国の地でむかえることになった。こうなったら朝一番のチケットを予約するほかないではないか。今日は熱気に沸く現地の様子を余すことなく、日本の皆さんにお伝えしたいと思う!

・そもそも……

本作が日本で公開されたのは18年前のこと。中国では外国映画の上映が制限されてきた背景があり、ジブリ作品の公開は昨年の『となりのトトロ』に続いて2作品目だ。そもそも中国の人たちはジブリ作品を知っているのだろうか?

中国人の友人に聞いてみると、正直なところ海賊版が出回っているので「日本人と同じくらいジブリ作品を見て育った」のだそうだ。何度も見ているのに今さら映画館に行くのか? と尋ねると「正式に見たいに決まっている」と怒られてしまった。

なるほど映画の口コミサイトを見ると、公開前にもかかわらず超高評価だ。「嬉しい」「この日を待っていた」などのコメントが並んでいるのを見ると、日本人として嬉しい気持ちになる。

なお、中国の映画館はチケットをアプリで購入するのが基本で、時間帯や映画館によって料金が異なる。窓口で買うとかなり割高になってしまうが、外国人観光客がネット決済を行うのは難しいのが現状だ。ただし場所や時間を調べることは可能なので、アプリを有効に活用したいところ。

・行列はどこですか

さて、9時35分の上映に向けて、映画館が入るショッピングモールに1時間前に到着した。開場を待つ長蛇の列の中には「カオナシ」のお面をかぶった熱心なファンの姿も見られ……

……ない。なんなら建物自体が閉まっているじゃあないか。不慣れな中国語で「入り口はどこアルか」ときけば「1時間後に来い」とそっけない返答。不安な気持ちで上映15分前に戻ると、鍵を開けて開店前のデパートにひとり放り込まれた。日本ではあまりないシステムだ。

くらーいデパートをトボトボ歩き……

引き返そうかと思い始めたころ……

ようやく人を発見!

よかった! 行列はまだ見当たらないものの、ここで合ってるようだ。ドキドキしながら扉を開けると……

客、すくねぇぇぇぇ!

・そりゃ急ぐ必要ないよね

あとから中国人の友人に聞いたところ「だってもう見たことあるんだから急ぐ必要ないじゃん」との返答。全くもってその通りである。だって平日の朝だもの。そりゃそうだ。そりゃそうだけど……初公開だから何かあるのかも? って思っちゃってた……。

「でも必ず期間中に見に行くとみんな言ってるよ」とも付け加えてくれた友人。新しいもの好きの日本人は何かあるたび徹夜で行列したり、コスプレで集結したりしがちだけれど、中国人はあまりそういうことはしないそうである。

ただし上映中はこの少人数にもかかわらず、大きな笑い声やときに拍手も起きるなど、中国の皆さんは全身で作品を楽しんでおられる様子である。きっと彼らは、この国のスタイルで18年越しの公開を祝っているに違いない。

・こんなに素晴らしい作品だったっけ

映画が始まって驚いたのは「吹き替えじゃない」ということ。私の認識不足かもしれないが、アニメ作品は吹き替えが当たり前と思っていたのだ。有名タレントが声優に起用されたというニュースも耳にしていたので余計である。これまた中国人の友人にきいてみたところ……。

「中国人は吹き替えを好まない。オリジナルの雰囲気を感じたい」のだそうだ。「中国人の声優は下手くそで聞いていられないし」というのはあくまで友人の個人的意見であるが……。今度ディズニー映画を字幕で見てみることにしよう。

私は『千と千尋』をのべ10回は見ているはずだが、「こういう展開だったっけ」と感じる箇所がいくつもあった。やはりテレビで見るのとスクリーンとでは別モノなのだ。この映画が最高だということを知っていたはずなのに、今日知ったような気もする。

誰もが仕事を持たなければいけないこと。世話になった相手にはお礼を言うこと。去り際にはお辞儀をすること。作品を見た外国の人たちは、千尋たちのあり方を日本人の姿と受け止めてくれているのかもしれない。ならば自分もそれに外れない生き方をしなければと思う。

・パンフ、グッズ、ポスター……なにもない

今回の公開にあたって「中国版のポスターが美しすぎる」と日本でも大きく話題になっていた。そのためポスターをじっくり見ることも目的のひとつだったわけだが……映画館内どころかデパート内のどこを探しても見つからなかった。逆にどこに貼られているのかが気になる。

おまけにパンフレットもグッズも一切売っていない。複数の中国人に聞いたところ、そもそもそういう文化がないらしいのだ。少し物足りない気持ちになるが……まぁ映画が面白かったのだからオールOKということにしよう。

……と、思ったらデパート内にあった日本でもおなじみのジブリショップ『どんぐり共和国』で千と千尋キャンペーンが開催中! チケット半券を見せれば記念のバッヂがもらえた。

中国では今後も順次ジブリ作品の公開が予想されている。あの作品をもう1度スクリーンで見られるチャンスだ。好きな人は思い切って渡航を検討してはどうだろう。ちなみに私は『耳をすませば』が見られるならブラジルへでも行くつもりである。

以上、現場からお伝えしました!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【おふざけなし】中国の回転寿司を食べてみたら本物だったので逆にショック / 6月18日は「国際寿司の日」

中国といえば『パチモン天国』『著作権無法地帯』などのイメージがある。日本のキャラクターや店名を「パクられた!」とプリプリ怒っていた人も多いだろう。しかしそんな日本人の心に、最近では「それはそれで中国の個性」と逆に楽しむ姿勢も芽生えているような気がする。

欧米圏などでいう『SUSHI』の中に、日本人の知る寿司とは似ても似つかぬシロモノが含まれていることは知られた話だ。これが果たして中国の手にかかればどうなってしまうのだろうかと、私は期待に胸膨らませ上海の地に降り立ったワケなのだが……。

回転寿司屋の店先に置かれたメニューからは、おふざけ要素が全く感じ取れないではないか。あまりにもマトモすぎるネタのオンパレード。おいおいおい、逆に大丈夫かコレ? 頼むぞ中国……信じてる中国……ここは空気を読んでくれ……!

・褒めるところしかない

チェーン店とおぼしき『合点寿司』は、パッと見では外国とわからぬほど和風なたたずまいだ。今どき日本の寿司屋だってもっとケバケバしいものも多いというのに。入店すると元気よく「イラッシェィモァセ!」と声がかかって清々しいなぁ。

2段重ねが基本らしい寿司皿には「北海道産」「鹿児島産」などの説明書きが。1周する間に無くなっている皿が多く、日本以上に「回転寿司」のていをなしているのが素晴らしい。だいたい日本人は回転寿司に来といて注文しすぎなのである。まったくもう。

しょうゆとお茶は日本と遜色ない。

ガリも日本スタイル……。

フリーわさびってイイかも……。

「しょうゆはシャリじゃなくてネタにつけましょう」という細かい注意書きに日本へのリスペクトが感じられる。

・うまいよぉぉ

とりあえず回ってきた真鯛を取ってみた。17元といえば約270円なので日本と比べると割高だが、彼が空を飛んで来ていることを思えば全然安い。そしてネタが分厚い。切り方にも何ら不自然さはない。これでおいしかったら大変なことになるけど……

果たしてお味は……ああ、なんということでしょう!

メチャウマいは言い過ぎだけど、日本の平均よりは全然ウマい!

これ一番困るやつ!

ホタテも分厚くて炙り具合が絶妙……! 25元(約390円)。

茶碗蒸しと味噌汁のセット。非常にダシがきいていて懐かしい。茶碗蒸しにはタケノコ、味噌汁にはハマグリが静かに潜んでいる。自己主張が強いことで知られる中国において、この望外な奥ゆかしさよ……。セットで22元(約350円)。

「おすすめ」と書かれた炙りのセット(48元 / 750円)に、ようやく期待できそうな寿司を発見した。得体の知れぬ「鳥の肝」の寿司と、ウナギには謎の白い物体が乗っている。マヨか? マヨなのか? マズそう! ドキドキ!

クソっ、ウマい!

焼きたての鳥肝はまるでフォアグラ……意外にも米と合う。白い物体は恐らくクリームチーズで、ウナギの甘いタレと不思議な一体感を生む絶品……みんなも試してみてくれよな!

胃袋が限界に近づいてきた。メニューの中で異彩を放っていた「やきとり」を最後にオーダー。

メチャ辛いのが出てくるかと期待していたが……

日本の心・照り焼き味でした。

・複雑な気持ち

ちなみに合点寿司の店内で流れていたBGMは「つじあやの」。内装からメニューに至るまで、これは恐らく日本人の指導が入っているとみて間違いない。しかし驚くべきはこの真面目すぎる日本スタイル回転寿司が、異国の地でそのまま受け入れられているという点だ。

最近じゃ日本の回転寿司のほうがよっぽど奇をてらったり、外国人の好みに寄せた寿司を提供しているなんて皮肉な話である。中国人店員の包丁さばき、寿司を握る手さばきは見事なものであった。日本人が忘れかけている回転寿司の原点を中国の地に見たり……!

……と、いってもこれはあくまで大都会・上海に限った話である。中国はとっても広いのだ。いつかビックリするような寿司に出会えると信じて、今後も各地を巡っていきたいと思う。頼むぜ中国……!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

・今回ご紹介したお店の詳細データ

施設名 合点寿司 久光店
住所 上海市静安区南京西路1618号久光百货B1F
時間 10:00〜22:00
定休日 無休


Source: ロケットニュース24