【待望】松屋の最強ステーキ業態「ステーキ屋松」2号店が東京・下北沢に本日オープン! 店舗拡大で「いきなりステーキ」をぶっ壊しにかかる!!

あなたは覚えているだろうか? 今から約半年前、東京・三鷹にオープンした松屋の新業態「ステーキ屋松」の衝撃を。私(あひるねこ)も開店初日に現場へ駆け付けたが、圧倒的なまでの味とコスパには驚かされたものだ。ありゃスゲぇぞ……。

ただ、三鷹という少々行きにくい立地は人を選んだのも事実。指をくわえて見ているだけの松屋ファンも多かったのではないか? 今回はそんなあなたに朗報である! 「ステーキ屋松」の2号店が、東京・下北沢にオープンしたのだ!! 悪いことは言わん、今すぐ行け。

・待望の2号店

本日2019年10月1日、下北沢にオープンした「ステーキ屋松」2号店。前日行われたプレオープンに参加してきたので、その模様をお伝えしたい。小田急線下北沢駅から歩くこと約5分。建物の2階に上がった私を、松屋が誇る最強ステーキ店が出迎えてくれた。

松屋らしく先に食券を購入してから中に入る。料金は一部メニューを除き、基本的に三鷹店とほぼ同じと思っていいだろう。おそらく客のほとんどが注文するはずの『松ステーキ 200g』は税込1000円だ。もちろんサラダバー・スープバーがセットになっているぞ。

・サラダ&スープはセルフ

このダブルバーが相変わらず充実しており、サラダは生野菜の他にコーンやポテサラが用意されている。スープ用にワカメが置いてあるのも嬉しいね。このバーだけでもだいぶ戦えるのは言うまでもない。

・最強ステーキ

ただね、やはり主役は肉なんですわ。牛の肩甲骨付近の部位であるミスジを使った『松ステーキ』……。私も対面するのは半年ぶりだ。紙エプロンを身に着け待っていると、ジュージューといい声で鳴きながら溶岩石に乗せられたステーキが到着! キタキタァァァァァアアア!!

諸君、これが松屋が誇る……

『松ステーキ』だッッ!

200gとは言え、まさに肉の塊的ルックスのミスジステーキは迫力満点。ほとばしる熱気とともに、「ワテ、肉やで!」という熱いドヤ感がひしひしと伝わってくるではないか。そこにナイフを……刺す!

・すべてお好みで

見た目以上に柔らかい肉質の『松ステーキ』だが、中はかなりレアな状態だ。ここからは肉を溶岩石に押し当て、自身の好みの焼き加減に調節していこう。

調味料は各種ソースに塩・胡椒、醤油にわさび、おろしにんにくなど何でも揃っている。つまり焼き加減、味付けは客側がすべてコントロールするわけだ。各自、いろいろ試しながら食べ進めていってほしい。で、肝心の肉だけど、これがやっぱりウマいんだよなぁ。

・絶妙なコスパ

肉っぽいゴツっとした食感ながらも肉自体は柔らかく、なのに脂身がとことん少ないのが『松ステーキ』の特徴である。三鷹店の時も思ったが、これでピッタリ1000円というのが極めて絶妙だ。1000円の割にはちょっとだけ上質で、ちょっとだけ高級。よって客の満足度はすこぶる高い。上手い。

・ぶっ壊す

もうね、ぶっ壊しにかかっていますよ。いきなりステーキを。笑顔で握り拳を作りながら「いきなりステーキをぶっ壊す!」と言っている姿しか見えないではないか。怖えーよ、マジでやりそうだよ。

・拡大予定?

というのも、松屋の広報によると「ステーキ屋松」は、今後さらに店舗を増やす可能性があるようなのだ。新宿や渋谷のような都心、そして東京以外の県への出店も十分あり得るとのこと。もちろん詳細はまだ未定だが、なんとも期待が膨らむ話である。

・頑張れ

しかし、そうなると本気で いきなりステーキのことが心配になってしまうな。それくらい「ステーキ屋松」は圧倒的なのだ。心配なので、とりあえずエールを送っておこう。頑張れいきなりステーキ! 負けるないきなりステーキ! みんな、いきなりステーキを応援しよう!!

– 完 –

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ステーキ屋松 下北沢店
住所 東京都世田谷区北沢2-14-2 ジョー3ビル 2F
時間 11:00〜22:00
休日 なし

参考リンク:松屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ジロリアン速報】ラーメン二郎・目黒店の助手が開店した「らーめん玄(下北沢)」へ食べに行った結果 → いきなりブレまくりで笑った

『二郎系』『二郎インスパイア』と呼ばれるラーメン店が次々と生まれる昨今だが、いざ食べに行ってみると「……な~んか物足りないんだよなぁ」と不完全燃焼に陥ることが少なくない。というか本家の「ラーメン二郎」でさえ、店舗によっては “コレジャナイ” と感じることもあるのが、これまたツライ。

そんな私とジロリアンたちに朗報! ラーメン二郎直系の老舗・目黒店で修行を積んだ方が新店をオープンしたとの情報が舞い込んできた。期待マシマシで開店初日に突入したぞ~!

・目黒二郎発「スピンアウト系」

訪れたのは、古着や雑貨、そして「演劇の街」で知られる下北沢。隠れたラーメン激戦区ではあるものの、「二郎」不毛の地……と見せかけて、隣町の新代田にはすでに「ラーメン二郎 環七新代田店」があり、多くのジロリアンたちの腹を満たしている。

いわばジロリアンのテリトリーとも言える、ここ下北沢で7月26日にオープンしたのが「らーめん玄」である。「ラーメン二郎 目黒店」で助手を務めていた方が独立し、開店したようだ。

店先の看板には『インスパイア系? NO! 「スピンアウト系」なんです!』とある。 “インスパイア” というほど本家「二郎」との関係は薄くないものの、直系の「のれん分け店」でもない、いわば独立ブランドということだろうか?

ともかく狭い路地裏の道を進んでゆくと、お店の前に到着。開店祝いの花の香りと、店内から漂ってくるニンニク臭が混ざりあって、ある意味 ”異様” なスメルがその場に立ち込めている。俺が死んだら棺桶にはこの匂いを充満させてほしい。

店の外に設置されている券売機を見てみると、「小の小らーめん(650円)」という珍しいメニューがあったので、今回はそちらを購入。麺200g、豚(チャーシュー)は1枚とのことだ。

・コレが「小の小らーめん(650円)」だ!

入店後、8席ほどのカウンターで待っていると店主から「ニンニク入れますか?」の確認が入るが、今回は “お手並み拝見” の初訪問なので「ニンニクだけ」をコール。すると、ついに「小の小らーめん」が登場! 

ちょ……『どん兵衛』の天ぷらかな? と見間違えるほどのニンニクの量。「ニンニクだけ」のコールで、この量!? 完全に「ニンニクマシマシマシ」の量だろコレ! と、のっけから翻弄されながらも、心の中でガッツポーズをとるニンニク大好きMANの筆者。

しかも「豚1枚」のはずなのに「2枚」入っているし! ちょっとした煮卵ぐらいのブ厚さだし! ニンニクといい、いきなりブレすぎでしょ(笑)だが、こういうブレ(嬉しい誤算)をカマしてくるあたりが、実に「二郎イズム」を感じて良いぞ~! 

──いや、“ブレ” と言ったが、今回が初訪問。コレがこの店のスタンダードなのかもしれない……。

スープは、表層に液体脂が浮いている ”非乳化系” のスープで、目黒店のそれをしっかりと継承している。すすってみると……うむ。シャープな醤油の味が口の中に切り込んできます。表層脂のおかげで、スープの温度がアツアツに保たれている。

続いてヤサイだが、9:1で「モヤシ」が多めの配分。個人的にはもう少しキャベツが欲しいところだが、モヤシはシャキシャキとしていて好(ハオ)です。量も「マシ」にしなくても充分なボリュームだ。

で、おそらく前前前世が「煮卵」の豚は、肩ロースと思われる大ぶりのモノ。ほどよくタレがしみていてジューシーです。

そして、主役の麺。持ち上げてみると平打ちタイプで、ゆるやかなウェーブを描いている。さらによく見てみると、麺に細かく傷が入っているが、おそらくスープを絡みやすくするために “あえて” そうしているのだろう。

デフォルトで硬めのゆで加減だが、それでいてモチモチとしている。噛むごとに小麦粉の味わいが広がり……う~ん、これこれ! これぞ、二郎! 

・ビギナーは「小の小らーめん」(ニンニク少し)でいっとけ

前述のとおり、「小の小らーめん」の麺の量は200gだが、一般的なラーメンは大体120~150gと言われている。つまり「小の小らーめん」は事実上、そこらへんのラーメンより1.5倍増しのボリュームだということだ。

また、トッピングに関してもサービス精神マシマシのオフェンス型のようなので、この手の店に初めてチャレンジされる方は、「小の小らーめん + ニンニク少し」をオススメする。

『インスパイア? NO!』だが、『ジロリアンでも満足できる? YES!』なスピンアウト店、ビギナーも玄人も一度足を運んでみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 「らーめん玄」
住所 東京都世田谷区北沢2-28-7-103
時間 11:30~14:30 / 17:00~21:00
休日 水曜、ほか不定休

Report:ショーン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24