ものを持つヒント:引っ越しを機に処分した23の家具には、共通点があった

引っ越しで処分した家具

引っ越し先でも、家具やインテリアアイテムをうまく使いまわしたいもの。でも、「テイストが合わない」「サイズが合わない」「そもそも使いそうにない」…などの理由から、処分せざるを得ないことも。

日刊住まいのライターもそんなひとり。引っ越しの際に、ほとんどの家具が不要で、23アイテム捨てることに。不要になった家具にはいくつかの共通する傾向があることに気づいたそう。

なぜ、こんなことが起きるのでしょう?購入の際に気づきがあれば、エコに新しい生活をはじめることもできそうです。3年暮らしたアパートから、リフォームした二世帯住宅に住まいを移す際のことを振り返ります。

処分した家具はなんと23アイテムも

筆者が処分したのは以下の23アイテム。

  • ソファテーブル 1台
  • 二人掛けソファ 1台
  • デスク 1台
  • デスク用イス 1脚
  • テレビ台 1台
  • ダイニングテーブル 1台
  • ダブルベッドフレーム 1台
  • ダブルベッドマット 1枚
  • 食器棚 1台
  • タンス 2竿
  • シーリングライト 3つ
  • カーテン 3枚
  • ラグ 3枚
  • カラーボックス 3つ

よくよく見ていくと、いくつかの傾向があることに気付きました。

「間に合わせ」でとりあえず購入したもの

これは雑多なものを収納しておくのに重宝していたカラーボックスが代表的なアイテム。好きなインテリア、間取りにリフォームした空間にそうした「間に合わせ」でとりあえず購入したものを置くと、なんだかとてもチープな印象に。

少し高くても自分の好みの家具を揃えておけば、新居でも使えたかもしれないのに、と少し後悔しています。

部屋の雰囲気に合わないもの

新居のリビングの一角

写真は新居のリビングの一角。アジアンリゾート風の部屋に憧れ、今回のリフォームではインテリアをブラウン系のダークトーンでまとめました。

でも、以前の住まいで使っていてた家具は白やベージュなどのナチュラルな色味のものが多く、アジアンリゾート風のインテリアとの相性がイマイチ。そのため、ナチュラルな色味のものは仕方なく処分することに。

アパートの形状やサイズに合わせて購入したもの

新居の窓

写真は新居の窓です。窓のサイズに合わせてカーテンを新調しました。

以前の住まいでは、たとえばリビングの凹凸部分にはめこむようにして使用していたダイニングテーブル、部屋のサイズに合わせて選んだダブルベッドとベッドマットなど、部屋の形状やサイズに合わせて購入した家具が多くありました。

当然、新居にはフィットせず、気に入っていたものでも処分することになってしまいました。カーテンに関しても同様で、窓のサイズがアパートと新居で全く異なるため、処分せざるを得ませんでした。

造作したので不要になったもの

新居のダウンライト

リフォームでテレビ台や本棚、食器棚、デスクなどを造作したため、不要になった家具が多くありました。照明に関しても、室内のほとんどの照明をダウンライトにしたので、それまで使用していたシーリングライトが不要になりました。

使用頻度が高いもの

以前の住まいで使っていたソファ

ラグやソファ、ソファテーブルなどの使用頻度が高い家具は、ピカピカの新居に置いてみるとより古さが際立ちます。使っていたときは気付かなかった傷みや汚れ、ヨレ、塗料の退色などが新居に持ち込んだ途端に目につくようになり、こちらも仕方なく処分しました。

結局、筆者宅では引っ越しを機に新居の部屋の大きさやインテリアに合わせてほとんどの家具を買い替えました。でも、気に入っていてどうしても持ち込みたい家具がある場合は、その家具に合わせて空間をつくるという方法もあると思います。

部屋に家具を合わせるのか、家具に部屋を合わせるのか。理想の住まいにするために、自分のイメージに近い方を選択すると、ムダなお金と労力を減らすことができると思います。

Source: 日刊住まい

「不用品の処分>儲けたい」向け!激ラク買い取りサービス「モノチャージ」体験記

モノチャージに送る荷物を入れたダンボール

使っていないカメラやゲーム機、読み終わった本…。処分したい気持ちはあるものの、フリマアプリで売ったりリサイクルショップに持って行ったりするのが面倒で、ついそのままになってしまっている、という方も多いのではないでしょうか。

使わないものを段ボールに詰めて送るだけでキャッシュ化してくれる「モノチャージ」というサービスを利用して不用品を処分した、という日刊住まいライターが、利用してみた感想をレポート。どんなものを処分したのか、どれくらい利益が出たのか、など詳しく語ります。

「モノチャージ」はとにかく手間がかからないのが魅力

モノチャージのサイト画面
不用品を手放したいときに利用する方法といえば、リサイクルショップやフリマアプリを思い浮かべる人も多いと思います。

筆者も以前はよく不用品をリサイクルショップに持ち込んで買い取りをお願いしていましたが、ショップに持って行く手間もかかるし、査定を待つ時間がもったいないと感じるようになり、今はほとんど利用していません。

フリマアプリは撮影や購入者とのやり取りが面倒になり、こちらもほとんど利用していません。結果、「売る」よりも「捨てる」が多くなっていました。

でも、使えるモノを捨てることにずっと抵抗があり、捨てられずに手元に残っているものもありました。

そんなときに知った「モノチャージ」というサービス。とにかく手間が最小限で済むのが魅力です。スマホのアプリから依頼するだけでダンボールが届き、集荷もしてくれます。後日、アプリに査定結果が届き「Pollet」というVisaのプリペイドカードにキャッシュバックされる、という流れです。

手数料や配送料は無料なので、なるべく簡単にキャッシュ化して不用品を手放したいと思っていた私にぴったりのサービスでした。

ダンボールに査定を依頼したいものを入れて返送するだけ

「モノチャージ」に査定をお願いする不用品

使い方はとても簡単。アプリをダウンロードし、住所などの必要事項を入力します。ダンボールがなければ一緒に申し込むことができます。アプリ画面は感覚的に操作できるので、スムーズに進めることができました。

申し込んでから数日後に、自宅にダンボールが届きます。あとはダンボールに査定を依頼したいものを入れて返送するだけ。

フィギュアや貴金属、人気ゲーム機やCDなどは値段がつきやすく、30点以上入れると査定額がアップしやすいようです。ぬいぐるみやアパレル関連商品、ベビーグッズなどは対象外です。

査定金額は23点で462円だけど、手間がかからないので満足

CDや読み終わった本、使っていないゲーム機など23点をダンボールに入れる

筆者はCDや読み終わった本、使っていないゲーム機など23点を段ボールに入れました。発送伝票も手配してくれているので、あとは集荷にくるのを待つだけです。

今回査定をお願いしたのは、ほとんどが古いものばかり。値段がつくのか正直不安でしたが、少しでも値段がつくことを期待して発送しました。

集荷後、1週間ほどしてアプリに査定結果の連絡がきます。今回私が送ったアイテムの査定金額は全部で462円。購入した時の金額を考えると、ちょっと物足りないと感じるかもしれませんが、家にいながら眠ったままになっていたアイテムをキャッシュ化でき、クロゼット内を整理できたので、とても魅力的だと感じました。

もちろん中には査定金額のつかないものもありましたが、逆に古いCDでも金額がついたものもあったので、手間をかけずに早くキャッシュ化したいときなどは、これからも利用したいと思います。

プリペイドカード「Pollet」はいろいろなものをキャッシュ化できる

不用品を入れたダンボール

査定後にチャージされるプリペイドカード「Pollet」は、世界中のVisa加盟店で使用できるだけでなく、チャージ方法がたくさんあるのも大きなメリットです。

今回筆者が利用した「モノチャージ」以外にも「金券チャージ」や「ポイントチャージ」も可能です。

金券チャージは、商品券や外貨だけでなく書き損じの年賀はがき、切手なども対象になります。わざわざ郵便局に交換に行かなくても、アプリから申し込めば封筒に入れて送るだけでキャッシュ化できます。

他にも、少しだけ残ってしまっているポイントサイトのポイントなどをチャージして、Polletにまとめることもできます。

不用品の処分が面倒という方や、ポイントや金券をキャッシュ化したい、という方は利用してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

フリマサイトで絶対売る!買った人が喜ぶ「ラッピンググッズ&テク」とは?

フリマサイトで売る予定の衣類

家にあふれる不用品。いつか使うかもしれないと取っておき、何年も経ってからやっぱりいらないと処分することも多いです。使いもしないものに占領されたスペースってもったいないと思いませんか?

フリマサイトを使えば簡単にかつ楽しみながら不用品を販売することができます。上手に販売するためのラッピングのコツや、そろえておきたいグッズを、インテリアブログを主宰するワトコさんに教えてもらいました。

フリマサイトの発送で使えるラッピング方法

洋服は厚紙を使ってたたむ

洋服は厚紙を使ってたたむ

送料を安くすませるためには、梱包のテクニックが必須。規定内のサイズ(おもにA4以下)に収めつつ、清潔感のある包装を心がけたいです。

販売しやすいアイテムの中でも洋服は畳み方によってサイズが変わってきてしまうので、注意が必要です。一定の大きさ以下にするには厚紙を使うのがおすすめ。定規のように使うとコンパクトに畳むことができます。

雑貨はプレゼントのように包装

雑貨のラッピング

雑貨を販売する際には「可愛い」と思ってもらえるようにラッピングをします。中身の見える透明のOPP袋、マスキングテープやシールを使えば簡単にプレゼント包装が可能です。

購入してくれた人の喜ぶ顔を想像しながら包装してみましょう。

壊れやすいものは緩衝材で防御

緩衝材を使った梱包

フリマサイトでの商品の破損はトラブルになりがち。補償がある発送方法であっても破損しやすいアイテムには緩衝材を使うのがよいです。

雑に送られてきた商品は破損がなくても気持ちのよいものではありません。プチプチなどをうまく使って破損やトラブルを回避しましょう。

厚みがあるものは宅急便コンパクトが便利

宅急便コンパクト

フリマサイトでの売買で一番悩むのが厚みのあるアイテムの発送です。これを簡単に解決してくれるのが「宅急便コンパクト」。ボックスに収めるだけで簡単に梱包ができるので重宝しています。

100均や資材店でラッピング用品を揃える

フリマサイト用発送資材

私はフリマサイトは年間を通してよく使うので、必要な資材はまとめ買いをしています。以下に、紹介していきます。

OPP袋や封筒・テープなど梱包資材

商品を入れる透明のOPP袋や封筒はA4サイズのものがあると便利です。100円ショップなどでも入手できますが、割高になるので資材店でたくさん入ったものを購入しています。ガムテープなども一緒に買っておくと便利です。

マスキングテープ・シールなどの装飾品

マスキングテープやシールなどプレゼントっぽく見せられるようなアイテムもあるとよいです。おしゃれな梱包で届くと嬉しいですよね。100均ショップなどで購入できる簡単なものでよいので、いくつかそろえておきましょう。

メッセージを書くメモ帳

私は必ずメッセージをつけるのですが、「お手紙が入っていて嬉しかった」と喜ばれることが多いです。商品だけが届くよりも一言あると温かみが増します。

わざわざ買うのはもったいないと思う場合は、家にあるメモ帳を使ってもOK。感謝の気持ちを伝えましょう。

メジャーやスケール

大きさや重さを測るアイテムは必須です。さらに厚みを計れる定規があるととても便利! いろんな100均ショップで販売されていますが、キャンドゥの定規はプラスチック製で丈夫なのでおすすめです。

ものを循環させて片付いた部屋をつくる

洋服を収納した衣装ケース

不用品を販売してスペースをあけると、今まであまり使わなかったアイテムを使い始める機会を得たり、「今欲しいもの」を気持ちよく迎えることができます。

  • 買ったけれど使わなかった
  • 気に入っているけれどサイズが合わない
  • 頂いたけれど趣味が合わない

このようなものがある方はフリマサイトで販売して、部屋を使いやすく整理してみましょう。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中

Source: 日刊住まい

春の片付け術。ココだけ処分しておけば、新生活がスッキリ

新年度は就職や転勤などで引っ越しも多いシーズン。また、いまはコロナウイルスの影響で急にリモートワークになった方もいることでしょう。

環境が変わったときこそ、新生活に対応した片付けが必要です。

「外出自粛要請で、自宅にいる時間が長くなりました。忙しくてできなかった片付けをやるなら今のうちです」と話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。新しい環境に沿った片付け術を教えてもらいました。

その1:書類や郵便物はきちんと仕分けてから処分を

ラベルをつけてファイリング片付け

家の中でもっとも整理が難しいのが書類や郵便物などの紙類です。年度替わりは、役所の手続きや仕事関連の書類がもっとも処分しやすい時期といえます。

書類や郵便物は、届いたその場ですぐに仕分けるのがコツ。

  • 長期保存するもの
  • 一定期間保存するもの
  • すぐ処分するもの

上記の3つに分けるのがおすすめです。DMやチラシは少しでも放置するとどんどん溜まってしまうもの。これが散らかる原因です。いらないモノはすぐに処分してしまいましょう。

提出が必要な書類は目立つ場所に置き、長期保存するものはファイリング、一定期間保存するものは保存期間が分かるようにラベリング。このように、それぞれ溜め込まない工夫、自分なりに継続していける方法を考えてみてください。

その2:冬物の洋服は見直してから衣替え

処分に迷う服は保留ボックスへ

冬物のコートやセーターなどもそろそろしまってもいい時期です。衣替えは洋服を見直すチャンス。

  • 1度も着なかった
  • 色あせてボロボロ、破れがある
  • サイズが合わない
  • 似合わなくなった

上記にあてはまる洋服は思いきって処分してもいいかもしれません。クリーニングに出し、自分でお手入れや修理をしてまで残したい洋服かどうかが処分の判断基準です。

まだ着るかも…と迷う洋服もあると思います。そんな洋服は無理に処分する必要はありません。「保留ボックス」に入れておき、次のシーズンにまだ着るかどうかを判断すれば大丈夫です。

残す洋服は、きちんとお手入れしてから収納して、長く着られるようにしたいですね。

その3:趣味のモノも年に一度は整理を

ベランダのガーデニンググッズも見直しのチャンス

だんだんと暖かくなってきたので、そろそろ家の外や玄関にある趣味のグッズを片付けてもいい季節です。ガーデニングを楽しんでいる方は、草花の植え替えのついでに、ガーデニンググッズを見直してみましょう。

使わないポットや鉢などがあれば処分します。ガーデニンググッズは汚れやすいものばかり。見直すときに、収納ボックスや棚をついでに掃除するとスッキリします。

釣り道具やアウトドアグッズなどの趣味の用品も、一度全部出してみてください。使うモノ、使わないモノに分けて処分を検討しましょう。

趣味のグッズはなかなか捨てられないのに、ついつい増えてしまいがち。年に一度は見直していきたいですね。きちんと整理されていれば、活動的な時期になったときにサッと出し入れできてラクになります。

春は暑すぎず寒すぎず、年度変わりでもあるので、片付けがしやすい季節です。新生活が進むと、モノはどんどん増えていきます。

モノが増える前に、うまく収納できる仕組みづくりが大切。何を残して、何を処分するかをきちんと見極めて、スッキリした新生活を整えましょう。

Source: 日刊住まい