【超速報】映画『ブラック・ウィドウ』の予告編が初解禁! スカーレット・ヨハンソン「この作品が終わりをもたらすために必要」

2019年6月に映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が公開されてから約5カ月。今や世界最強の爆売れコンテンツとなったマーベル映画だが、次回作までにこれほど間が空いたことは初期を除き記憶にない。きっとファンのみなさんは “マーベルロス” に陥っていることだろう。

そんな方はぜひ、2019年12月3日に公開された映画『ブラック・ウィドウ』の予告編動画を見てマーベル欲を満たして欲しい。本作でいよいよフェイズ4が幕を開ける──。

・現在は小休止中

2008年の映画「アイアンマン」以来、合計23タイトルが公開されているMUC(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品。これらの作品はフェイズ1~3までに区切られており、全ての総称が “インフィニティ・サーガ” と名付けられた。

現在、MCU作品が小休止中なのは、インフィニティ・サーガからフェイズ4への移行期間中に当たるためで、そのトップバッターを務めるのが2020年5月1日公開の映画『ブラック・ウィドウ』である。

・新キャラ登場

ご存じの方も多いと思うが、ブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)は「アベンジャーズ / エンドゲーム」にて衝撃的な結末を迎えた。映画『ブラック・ウィドウ』は彼女の過去に迫る内容となっており、新キャラとして「タスク・マスター」と「レッド・ガーディアン」の登場が判明している。

気になるのは、ブラック・ウィドウを演じるスカーレット・ヨハンソンが「この作品が終わりをもたらすために必要」と語っていること。果たして彼女が言う “終わり” とは何を意味するのか? 次回作以降の登場は? いずれにせよ、目が離せない。

予告編を見る限り、時系列的には「シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ」の直後となるようだ。先述の「タスク・マスター」や「レッド・ガーディアン」を始め、ホーク・アイやニック・フューリーなどお馴染みの顔も姿も確認できる。彼らとスカーレット・ヨハンソンの言う終わりの関係とはいったい……? 

なお、本作『ブラック・ウィドウ』の後は「エターナルズ」「シャン・チー」「ドクター・ストレンジ2」「マイティ・ソー4」……などが公開される見込みだ。これまで以上に壮大になる可能性大のフェイズ4は、2020年5月1日公開の『ブラック・ウィドウ』で幕を開ける。

参考リンク:映画「ブラック・ウィドウ」公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:(c)2019 MARVEL , ©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.


Source: ロケットニュース24

【残り2カ月】「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」最終予告編が公開される → レイとカイロ・レンの共闘がまたキタァァアア!

2019年は何かとトピックの多い年である。5月には元号が「令和」に改められ、10月は日本中がラグビーワールドカップに熱狂した。だがしかし、2019年最大級の衝撃はまだ始まっても終わってもない。そう、12月20日公開の『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』が控えているのだ。

1977年公開の「新たなる希望」を皮切りに、映画史に革命を起こし続けてきた一大スペースオペラも、いよいよ本作で1つの区切りを迎える。そして映画公開まで2カ月を切った10月22日、ついに『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の最終予告編が公開となったのでお知らせしよう。

・公開まで残り2カ月

本作は2015年公開の「フォースの覚醒」から始まった、いわゆる “続3部作” の最終作というだけではない。冒頭でもお伝えした通り、1977年から始まったスター・ウォーズ9部作のフィナーレであり、さらに言うならば「スカイウォーカー最後の物語」でもある。

View this post on Instagram

Sith Lord and son. Happy #FathersDay!

A post shared by Star Wars (@starwars) on Jun 16, 2019 at 8:38am PDT

SF・アクション・哲学・ヒューマンドラマ……などなど、様々な側面を持つスター・ウォーズは同時に「スカイウォーカー家の物語」でもあった。アナキン、ルーク、レイア、カイロ・レン。そしてダース・ヴェイダー。スター・ウォーズは全宇宙を巻き込んだ「スカイウォーカー家の物語」とも言い換えられる。

それに加え「ランド・カルリジアン」や「パルパティーン皇帝」など、旧3部作の主要キャラの登場までも予告されているから、本作はまさに “スター・ウォーズの集大成” と呼ぶにふさわしい。主人公のレイとスカイウォーカー家はどのような化学反応を起こすのか? 注目せずにはいられない。

さて、公開されたばかりの本予告編の最大の注目は、前作に続く「レイとカイロ・レンの共闘シーン」だろう。これまでも敵でありながら微かに心が通い合う様子が見て取れた2人だが、カイロ・レンもまた続3部作の主人公の1人ということを忘れてはならない。なにせカイロ・レンは、スカイウォーカーの血を受け継いでいるのだ。

とはいえ、予告編の中で2人が幾度となく対決を繰り返していることもまた事実。果たしてフォースはレイとカイロ・レンをどこへ導くのか? スカイウォーカー家は宇宙に何をもたらすのか? ルークの「フォースと共に。どんなときも」が実に意味深だ。

なお、前作の「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」は一部のファンが強烈な拒絶反応を起こしたが、本作でメガホンを執るJ・J・エイブラムは全方位を納得させることに長けたプロ中のプロである。SW同様、コアなファンが多いスター・トレックさえも華麗に仕上げたその手腕に期待しよう。

とにもかくにも、ついに『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の公開まで残り2カ月を切った。いよいよ、いよいよ、伝説が幕を閉じる。映画『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』は12月20日公開だ。

参考リンク:映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. / RocketNews24.


Source: ロケットニュース24