便器には惜しみない投資を。使う人も掃除をする人も断然快適に

平家の我が家はトイレが1つです。

平家を新築する場合は希望しない限りトイレ1つが標準だと思いますが、屋根裏部屋や子供部屋だけが2階にある戸建てやワンフロアのマンションでも、トイレが1つということは多々あります。

この1つのトイレを複数人で使用するお宅でこそ、ハイスペック便器は真の実力を発揮します。

ドアを開けた瞬間から始まる慌ただしい自動運転で、長居させない!

トイレ

トイレが2つあれば長居もできますが、トイレが1つしかない家でそれは禁物。

いかに早く次の人へ譲れるかが、まず大きなポイントになってきます。

我が家の便器はふたの開閉、汚れを防止する除菌水洗浄、用を足している間の脱臭、最後の洗浄まで、全て自動運転になっています(自動運転は、それぞれ手動で切ることができます)。

トイレ

不要な自動運転は手動でOFFに

 

そして、この自動運転はなかなか忙しない。

何かしらの自動運転が始まると、カタカタ!ウィーン!ゴーッ!などの機械音を発するので、人によっては落ち着かない環境になります。

夫は1日に1回は長めにトイレに入るのですが、初めの頃は、なんだか追い立てられてるみたい……と言っていました。

実際、トイレに入っている時間はアパート時代より短くなっていて、同居人の私はうれしい限りです。

驚異の脱臭機能で次の人の不快感を軽減!

トイレ

前の人のニオイって気になりますよね。

お父さんが入った後のトイレには入りたくない!と言う女子高生と同じく、私も賃貸アパートに住んでいた頃は夫が長居した後に入るのは気が引けたし、必ず消臭スプレーをまいて出てくれと頼んでいました。

しかし、ハイスペック便器と暮らしている今、ニオイ問題に悩まされることはほぼなくなりました。

脱臭機能は使用中はもちろんのこと、誰も入っていない時でも定期的に作動しています。

念のため、消臭スプレーは常備しているものの、使用頻度が少なくなっているせいか1年以上買い換えていません。

優れた防汚機能で便器の中はいつもピカピカ!

トイレ

防汚のための除菌水洗浄も脱臭機能と同じように定期的に作動してくれるので、ニオイの元となる汚れは溜まりにくいです。

便器のお掃除は縁周りや便座を拭くことしかしていませんが、便器の中に黄ばみや黒ずみができたり、「さぼったリング」ができたことは一度もありません。

また、トイレ使用前はふたが開くと同時に除菌水で便器内をコーティングしてくれるので、汚れのこびり付きがなく、いつも本当にピカピカ。

前の人が出たすぐ後にトイレを使っても、お掃除直後のように清潔なのでとても気分が良いです。

便器を検討していた当時は、通常の倍以上の値段がするハイスペック便器を採用する必要があるのか悩みましたが、トイレが1つしかない我が家ではここを節約しなくて大正解でした。

トイレ

電気も人感センサーで自動的にON

それと、我が家のトイレはドアを開けると自動で電気が点きます。

人感センサーなので、じっとしていると急に消えてハッとすることがあり、これも長居防止に役立っています。

お家にトイレが1つというご家庭こそ、便器への惜しみない投資をおすすめします!

Source: 日刊住まい

ウォークスルーできない!? 帰宅時の動線がストレスになる間取りとは

2017年に建てた我が家も、この夏でいよいよ3年目に突入します。

家を建てるにあたっては、いろいろ調べて、想定して、考え尽くしたつもりですが、2年も住んでいると気になることがちょこちょこと出始めました。

今回はその一つ、夫が感じた帰宅時の動線の違和感についてお話しします。

 

ウォークスルーできない土間収納の弊害

小さな土間収納

小さな土間収納。正面の壁にコートを掛ける予定でしたが……

我が家の玄関には1畳半くらいの小さな土間収納が付いています。

正面は壁になっていて、コートなどの上着はここに掛けてリビングに上がる予定でしたが、昨年の冬、夫が「自分の動線と違って使いづらい」と言いだしたのです。

間取りを見てみると、まず玄関から入って、直進して土間収納。コートを掛けたらホールに戻って靴を脱ぎ、リビングに上がるという動線になります。

コートを掛けたら少し戻ってホールへ

コートを掛けたら少し戻ってホールへ

夫は、この行って戻る動きがストレスになっていたようです。

戻るといってもほんのちょっと。数十センチの話です(苦笑)。ちなみに私は全く気にならなかったです。

ただ行き止まりの閉塞感は狭い空間だと小回りが必要になり、さらに増すように思います。

夫は私より体が大きいので、余計にストレスを感じてしまったのかもしれません。

この問題は、ウォークスルーできる土間収納だったら解決したかもしれませんが、30坪程度の面積しかない我が家でそれをやるとリビングの収納が減ってしまう……。

ウォークスルーにすると、リビング収納が減る

ウォークスルーにすると、リビング収納が減る

我が家にとって、ウォークスルーの土間収納はなかなかハードルの高い選択肢になります。

 

行動のクセはなかなか変えられない

回遊性を重視した間取りには行き止まりのない自由な動線ができ、作業効率も良いし、動きもスムーズになりますよね。人気があるのも頷けます。

でも開口部や移動通路が多いと物が置けなくなるので、我が家のような小さい住宅では収納が減り、逆にストレスを抱えそうです。

ただ、それでも行動のクセはなかなか変えられないものなので、物を減らす方向で動線重視の間取りを考えてもよかったかなと思うことがあります。

結局我が家の場合は持ち運びできるおしゃれなコート掛けを購入して、ダイニング横の畳コーナーに置くことになりました。

持ち運びできるので来客時はこのまま寝室

持ち運びできるので来客時はこのまま寝室へ

 

疲れている帰宅時の動線こそ優先的に考えたい

大人も子どもも、帰宅時はだいたい疲れているものです。

だからこそ、玄関周りは「帰宅時にストレスのない動線」を優先的に考えておくと、家族みんながより暮らしやすくなるはすです。

上着を掛ける場所だけでなく、外遊びが大好きなお子さんやランニングが趣味のご家族がいる場合は、玄関からすぐ行けるところにバスルームを作るとか、重たい買い物袋をずっと持ち歩かずに済むように、玄関からすぐキッチンに行けるようにするなど。

人によって異なるこだわりがあると思うので、間取りの検討中は忘れずに考えてみてください。

コートが丸見え。ちょっと生活感が出るのはご愛嬌で

コートが丸見え。ちょっと生活感が出るのはご愛嬌で

いかがでしたか。

「家は3回建てると理想の形になる」とはよく言いますが、もうすぐ3年目を迎える我が家においては、なんとなくその真意がわかる気もします。

決して後悔はないのですが、もう少し検討すべきことがあったのではないかと……(笑)。

そんな筆者の小言も、これからお家を建てられる方の一助になれば幸いです。

Source: 日刊住まい